先輩

 
547 :おさかなくわえた名無しさん 2018/04/16(月) 14:30:52 ID:6Up4X9e1.net
会社の先輩が気持ち悪い。
俺は37歳で高校生の娘がいるんだが、
先輩「その歳だったらぶっちゃげ自分の娘でもネ果とか下着を見たら興奮するだろ?w」
とか事あるごとに言ってくる。
そんな先輩が最近「転職しようか迷ってる」と言い出して、その理由を他の人から聞いたんだけど
俺のデスクを間違って開けた時にたまたま確定申告の書類を見て、俺の方が給料が高かったかららしい。
そもそも俺のデスクを間違って開ける事自体無いだろうと思うんだが、プライドが高いせいか俺には
「googleから誘われてる。給料は今の倍になる」とか言ってる。
何度も仕事の尻拭いをさせられてるし、誘いが本当なら早く転職すればいいのにと思っているのに具体的な話が出てこないし
最近はずっとイジけてるだけで面倒臭い。
そのくせ娘イジリだけは酷くなってきたからさすがにぶん殴ってしまいそうになるしこれ以上酷くなったら上司に相談しようとは思うけど。
40過ぎてアニメ大好きだし女の子のフィギュアを会社のデスクに置いてるし本当に笑えない。
続きを読む

 
663 :おさかなくわえた名無しさん 2010/11/14(日) 13:13:21 ID:SaSmxz3E
チャイルドシートもないし、怖いから他人は乗せたくないと何度も何度も断ったのに
人でなし呼ばわりされて三歳の子連れの先輩を車で5分くらいの自宅に送り届けた後に言われたよ

私がいないと思ってすっごい大声で、

「まー、おっかなびっくり走るもんだからこっちこそドキドキよー!右折の時にもね、
何度も何度も何度も何度も右見て左見て右見て左見てって。
何度後ろからどついてやろうかと思ったわよ、ほんと。
しかもさ、うちの○クンがちょっと後ろから「おねーちゃん」って話しかけただけなのに
目え吊り上げちゃって。「ちゃんとシートベルトしてて下さい!」ってまー、ヒステリー起こす起こすwww」

話しかけただけじゃないんだよ、シートベルト嫌がるから~って勝手に外したらしくて子供は、
「俺そこ(助手席)がいいもんー!!」
って移動して来ようとしたんだよ。後ろからハンドルに捕まって。

最後に「ほんとね、あーんなびくびくしながら運転されちゃ、こっちの方が安心して乗って
られないっての。あの子免許取って何年よ?アタシ何度もあの道パパの運転で通ってるけど
あんなビクついた運転してる人いないってあはははははは」って大笑いした時に後ろの席に
バン!て音立てて荷物置いて座ったら、「あっ・・・・、」って言って物凄い慌ててた

やっぱりNOと言える日本人にならんといかんね。あれ以来誰も乗せてないけど。
続きを読む

 
165 :恋人は名無しさん 2012/03/19(月) 17:41:52 ID:dfXDGjnZ0
前の会社に勤めていた時の話です。
A先輩と私はあまり仲がよくありませんでした。
仲良くできない理由は、A先輩がやりたい仕事に後から入社した私が担当してA先輩に嫌われたというのがきっかけです。
趣味も違うしテンションも違うので、それが無くてもあまり親しくはならなかったタイプかもしれません。
しばらくして私はA先輩と同期のBと婚約しました。
A先輩からは「同期だから私の方がBくんと付き合い長いのよね~」と言われたりしてました。
Bに婚約指輪を買ってもらったのですが、「渡すのはまた今度でいい?」と言われ、何か決まった日にちでもあるのかなと了承しました。
すると数日後の月曜日、A先輩がその婚約指輪をつけてきました。
最初はソックリなだけと思い込もうとしてましたが、普通は大きな石のついたリングを職場につけてくる人はまずいないし
A先輩はこちらを見てニヤニヤするので、それが私の婚約指輪だと分かりました。
でもなぜ?と思いましたが、万が一違ったら大ごとだと思い、婚約者のBに聞きに行きました。
するとBはびっくりして「え?あいつ、職場につけてきてるの?非 常識だ」と怒りました。
その時はBが怒ってくれたので私の味方をしてくれてると思ってホッとしてました。
BがA先輩に話をつけに行き、興奮したA先輩が大声を出し始めたので、とうとう主任さんの耳にはいりました。
最初は主任さんと婚約者BとA先輩で話し合いをしてましたが、しばらくして私が呼ばれました。
するといつの間にか私が悪いみたいな流れになってました。
こんな高価なものを職場に持ってくるのは避けた方がいい、いくら親しくても自分の婚約指輪を他人に貸してはトラブルの元。
と、主任さんに注意されました。
なぜ私が持ってきたことになってるの?と思い反論しようとすると、私の肩を抱えて
「まあまあ、後でゆっくり話そう」とBが遮りました。
そして小さい声で「ここは丸く治めると思って。話あわせて」と言われましたが、
「私、持ってきてません。それに婚約指輪はまだ受け取ってません」と主任さんに伝えました。
続きを読む

 
419 :愛とタヒの名無しさん 2016/03/24(木) 11:57:55 ID:dmMreEYi.net
過疎ってますし、私の不幸な結婚式の話でも。

大学時代のバイト仲間を招待したのだが、内一名バイト先輩(34歳女性.)に、私が盛大にビンタされた。
ビンタに至った経緯はこう。

普段から「ハイスペックな男性.を紹介して(30歳越えてから 紹介しろ に変化)」が口癖となっている彼女。

何人かを紹介したが、「全然ダメ」「こんなの私に釣り合わない」「最低でも年収××で年齢は××まで」とか無茶な要求&紹介した男性.にも失礼な態度だったためもう紹介しないことにした。

私の結婚式に出席したところ、彼女の要求に合う男性.がいた。

しかし私の旦那(新郎)だった。

「なんであんたが結婚する前に私に紹介しないのよー!」と激怒

「いやいや、自分の彼氏をフリーの男性.として紹介しないですよ」

「だったらあいつら(旦那同僚)紹介しなさいよ!」

「え…いや…あいつらって…」
(過去にそれとなく「こんな女性.(先輩のこと)どうですか」って話したら男性.側からNGが出たのだもの…無理やがな…)

ビンタ

披露宴後のお見送りで上記の行動ーをやらかしたため、二次会で先輩が男性.に熱烈アピールしても話をする男性.はいなかった模様。

披露宴の後でアルバム用の写真撮影があったのでビンタされた頬が腫れて残念な仕上がりに。

二次会から来た友達にも「場の雰囲気変じゃない?披露宴で何かあったの?」とか聞かれるし。
旦那ならびに招待客みんなに申し訳なかった。
続きを読む

 
833 :名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月) 01:13:16 ID:IHI
来週末はバレンタイン。
去年の私の恋心の供養の為に投下します!

長年片思いしていた大学のサークルの先輩。
彼女がいると聞いてアタックできなかったけど
ある時期からサークルOBの飲み会にフル出席するようになり
彼女と別れたと聞いたので、私は戦闘モードに入った。

積極的にアドレスを聞いて、先輩の趣味の知識を詰め込み
会社帰りの食事や、映画デートをする仲に発展。
距離が縮まる高揚感は今でも忘れらない。

毎晩LINEで会話する仲になり
ちょうど一年くらい前、バレンタインの前
「バレンタインにデートしてくれますか?」と聞いたら
「OK!」の返事が。

私の脳内はお花畑が満開になった。
バレンタインに告白→了承→晴れて彼女の座ゲット!

舞い上がっていた実家暮らしの私は親に
「飲み会行くけど、今夜は友達のところに泊まるかもグフフ」と用意周到。
いろいろ察してくれた姉がアクセサリーを借してくれて
コーディネートも完成させてくれた。
続きを読む

 
298 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:28:05 ID:TqkGDgpH0.net
会社の先輩に聞いた話 彼女との一夜

彼女と酒飲んで終電逃した夜だったよ。
時間つぶしに長々散歩して、通りすがりのバーによって
また散歩して、歩き疲れた頃にホテルに入った。
全然知らない街まで来てた。バーは感じ良かったし
ホテルもキレイだった。こんなの久しぶりだねって
彼女も本当に楽しそうだった。

一緒に仲良くシャワー浴びて、ベッドに入ってから
名状しがたい違和感に気付いた。
彼女とは体の相性.も良いし、とにかく好きなんだよ。
でもその時は、そういうのとは別に怖ろしいほど興奮した。
彼女も俺にしがみついて凄い声出してるし。
異様な違和感に追われて、追い詰められてるみたいだった。

目が覚めた時は、窓からしらしら明けの光が差してて
彼女はもう起きててぼんやりスマホいじってた。
抱き寄せても、キスしても何だかぼうっとしてるんだ。
寝起きで機嫌悪いのかな、こいつにしちゃ珍しいなと
思って放っといたら、そのうちこっちに乗り出して
夕べ変なことがあったって真剣な顔して話し出したんだ。

「夕べは途中から変なことに気が付いたの。
お願いだから頭おかしいって言わないで。
ちゃんと聞いて、すごく怖かったんだから。
でも言いたくても言えなかった。声も出ないし。
とにかく変なことばっかりだったよ。○○君だって
変だったよ。ホントはわかってたんでしょ」
続きを読む

 
74 :名無しさん@おーぷん 2016/04/22(金) 19:12:27 ID:???
ムカつくことばかりだったけど、少し報われた

同年代の婆A、お互い中途でAが2年先輩
何かにつけてマウンティングしてきてウザい
仕事は中途半端、媚びることは一人前
中途半端やミスだらけのくせに、「私がやります!」意欲だけは旺盛
尻拭いは全部こっち
周りからの評価は「デキる女A」
反面、自分の評価は「仕事が遅い」
しかしこの新年度の配置転換で事態が表面化した
引き継ぎされた女性が暴露してくれた
「私さんはAさんの尻拭いしてくれてたんですね。Aさんから引き継いだ仕事、どれもこれも中途半端や間違いだらけです。
私さんが関わってる業務は私さんが修正していたんですね。」と
上に「Aさんの仕事は引き継げる状態ではありません。せめてきちんとした状態に直してからにしてください」と直談判したそう
たいした仕事量もなく最低限のことも満足にできてないのに、毎日遅くまで残業していたことも問題視され連日尋問されてるらしい
備品の紛失や消耗品の不自然な減り方も疑われてるらしく(自分は実際Aの所業だと思ってる)
日に日におとなしくなってきた
ちょっと可哀想な気もするけど、今までのこと思い返したら庇う必要ないかな
続きを読む

 
307 :名無しさん@HOME 2015/09/18(金) 01:40:48 0.net
◆現在の状況
先ほど旦那から離婚したいと言われ、旦那はホテル泊まると言って出て行ってしまった。
旦那は調停しても離婚すると言ってる。
◆最終的にどうしたいか
離婚したくない。仲直りしたい。
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
33歳、内勤、500くらい
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
33歳、営業、詳しく知らない(分担制なので生活費分と貯金分を出したらあとはお互い自由)
◆家賃・住宅ローンの状況
社宅なので家賃なし、ローンなし
◆貯金額
私個人のは600万くらい、二人のは500くらい
◆借金額と借金の理由
なし
◆結婚年数
3年
◆子供の人数・年齢・性別
なし。私はほしいけど旦那が少し考えさせてというから避妊してます。
◆親と同居かどうか
別居
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
どちらもなし
続きを読む

90:本当にあった怖い名無し2011/07/23(土) 12:34:27.29ID:VEGx6AcL0
凄い嫌な先輩に入社当初から(中途)、彼女の仕事以外の用事を、
押し付けられ、皆の前で出身地などを散々バカにされた。
彼女は私の出身地の馬鹿女子高出身ってことで、なんだか知らないが、
目を付けられた、ちなみに私はその地域の進学校出身。
本当に色々使われてたんだけど、私物の手紙出してとかも言われるように
なり、かなり重要な書類も出す嵌めに。面倒なので家で開封して、
生ゴミと捨ててましたw黒人との離婚歴ありには笑った!!!
〆切ある書類も当然ゴミの中へ。督促状も彼女に行ったでしょう。
税金書類関連も見てたんだが、給料少なくて可哀想に、、、っと
思った。日本人には珍しい名字ではあったが、在日と判明w
この人は、自分より後に入って来た人にが年上でも意地悪をするそうだ。
結局、郵便物が一切相手方に届かない事を知った彼女は、私を
問いただすことも無く、頼まなくなった。
続きを読む


964:恋人は名無しさん:2009/01/19(月) 01:13:11 ID:jEUSJk6F0
一昨年の話です。

私と彼男は同じ高校に通っていたものの、クラスも部活も違うのでほとんど
面識がなかったけれど、偶然同じ専門学校に進学してから仲良くなり、
いつしか付き合い始める事に。彼男はとても優しい人素敵な人だったんですが、
どちらかというと優柔不断で、長い物には巻かれるタイプ。時折イラッとする事も
ありましたが、そこはまあお互い様だろうし、在学中は特に揉め事も無く、
そのまま卒業を迎えました。

私は地元に、彼男は県外に就職が決まり、彼男は1年間寮生活を送る事に。
県外といっても車で1時間もあれば行ける所だったので、特に別れ話も出ず、
休日は彼男がこっちに帰ってくる(寮と職場位で何も無い場所だったので)か、
中間地点で会おうかー、なんて話をしていました。

実際就職して働き出すようになった後、時々昼と深夜にメールが届くように。
最初は「写メ送って〜」位だったのに、日を追うごとに卑猥な内容に。
(しかも必ず後から「書きすぎた、ごめん」等の謝罪が入る)
今までこんな内容のメールを送ってきた事も無く、変だなーとは思っていたけれど、
それ以外の時間帯にくるメールは今まで通りだったので、疲れてるのかな、
位にしか思っていませんでした。

その後何度か休みの日に彼男と会ったのですが、彼男はとても
疲れている様子で、私もメールの件を問い詰める事もなかったのですが、
変なメールが送られてくるようになった後から、彼男とのデートの度に
「こっち(寮)来て遊ばないか?」と誘われる事が増えたり、誰かと
遊びにおいでよと言われたりするようになり(これもいつもは積極的に
行動しない彼男にしてはおかしいと思ったのですが)、
寮は一応女性禁止になってるし、行っても遊ぶところないよ?と言うと
引き下がるので特に疑問も持たずにいました。

続きを読む

このページのトップヘ