八つ当たり

 
893 :おさかなくわえた名無しさん 2005/08/19(金) 20:04:26 ID:htJdzJoM
大学生で禿げてる俺は一度だけ合コンに誘われた。
イケメングループからメンバーが足りないから頼む!と言われたので仕方なしにだった。
けれど、だんだんわくわくしてきて服を買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。
当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
「うっそ~!!ほんとに禿げてる!!」
「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
「うわ~キモイwww」
俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
「ほらこの頭見ろよ!すげー!!」
とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
母親も泣いた。俺も泣いた。
続きを読む

 
162 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/04(日) 21:51:25 ID:+gcxWevd.net
彼女が「海に入るとアレルギー起こすから嫌」
と訳の分からない事を言っていたが、
サークルの海水浴は実質全員参加だったので説得。
海に入らなくていいということで連れてく。

事情を知らない馬鹿が彼女へ海水を水鉄砲で噴射。
彼女の顔ボンボンに腫れてクリーチャー化。
この時点で微妙に萎えるが何とかしないとという気持ちが勝る。
しかし馬鹿が笑ったため彼女号泣。
しかも彼女、なぜか俺に対し八つ当たり。
「俺君が海に入らなくていいって言ったから来たのにぃぃぃぃぃぃ」

完全に冷める
続きを読む

 
245 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 19:55:41 ID:Y36
10年近く前、大学時代に働いていたバイト先で
「落ちこぼれのゴミ!どうせ頭の悪い高校を出てどこにも就職出来なかったんだろ!」と怒鳴りつけて来た基地外なおっさんが
俺が勤めてる会社の中途採用に応募して来たのは衝撃的だった
すっかり忘れてたけど、写真見たらすぐ思い出した

履歴書を見たら、バイト先で喚き散らしてた時期は一身上の都合で会社を辞めた直後だったらしいから、八つ当たりに来てたんだろうな
続きを読む

 
870 :名無しさん@おーぷん 2015/12/23(水) 14:20:58 ID:myQ
人のタヒに係ることなので注意してね

もう終わったことだけど、年末の飲み会で思いだした。
転職してから上司に他の社員とくらべて区別されてた、その上司が落としたものをひろったとするでしょ?そしたら
他の社員には「ありがとう」というようなことでも私が同じことしたら「ああ…(溜息)」って感じに区別されてた、表立っていじめられてるわけじゃないけども
こう…態度の違いが折につけ心にずっしりくる、そういう対応。
人の美醜で態度を変える人ではないし、古参の社員も「なんだろうね?」と首をかしげていた。

で、五年後の忘年会にその理由が判明した。
私が入社したときに結婚秒読みの婚約者を病気で亡くした八つ当たりだったってさ。

泣きながらごめんねって謝ってきたけど、それでゆるせる範囲はとうに超えてた。
上司自体は問題がなかったけども、長年にわたる区別で社員さんの間には私が入社以前に上司になにか
したんじゃないかと噂になってたし、私も嫌な思いをしたしね。
しかも、その忘年会は私の送別会を兼ねてて、今言っとかないと上司が良心の呵責に耐えたれないから
言っとこうという下心が見え見え…。

婚約者のことはかわいそうだと思うけども、ぶっちゃけそれ私に微塵も関係ないからね。

その理由を聞いてた同僚も「ないわー…」と小声で言ってたし、本当に無いわ。
幸いにして上司は酒の席のことは忘れる都合のいい頭をしているので、これは聞かなかったことにしてくれ
と同席していた同僚に釘をさしてそのままさよならした。

もう何年も前だけど他人に八つ当たりをしそうなときは思い出して自戒してる。
続きを読む

 
1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:51:06 ID:OICxeYSW.net
書き留めていないので遅くなります。
身バレが怖いので若干のフェイクを入れさせていただきます。
御了承ください。
続きを読む

このページのトップヘ