再婚

 
103: 1/1 2011/11/01(火) 21:39:12.72 0
糞トメと軽い女コトメ(不倫で出戻り)と同居していた。 
夫はママと妹に頼られてはっちゃけ発病した次男君。ウト長男はすでに鬼籍。 
嫌味三昧の生活で、私ら夫婦には離婚話が出ていた。 
そんななか、コトメが再婚を決めて出ていくからと言ってきた。しかもトメも連れて出ていくと。 
連れてきた相手見てびっくり。大学の時の同級生でやんの。 

どうも、私の留守中にその男が電話かけてきて。「嫁子の男!」とコトメ勝手に変換。 
軽い女のスイッチが入ってしまったらしく、猛アタック猛アタックで結婚にこぎつけた。 
田舎の農家の息子、ということでトメはいい顔をしなかったが、調べてみたらなんと大地主の息子! 
しかも「農作業はさせません、家事は手伝いが居ますから」「コトメさんだけでは不安でしょうから、 
よければお母さまも御一緒に。粗末ですが 家 を 建 て ま し た ので」の一言とともに、 
相手のパパンからいくらか積まれたらしいトメ、あっさり賛成派に寝返る。 
「跡取りが産まれるまで籍は入れない」いわゆる足掛け結婚だったのだが、「ということは、 
なにやっても不倫じゃないんだ!」と軽い女変換をかましたコトメ、トメを連れて喜々として輿入れ。 
「嫁一人説得出来ない能無し」「稼ぎの悪い駄目駄目男」と罵倒されエネ夫鬱病に。
続きを読む


559: :2016/08/28(日) 10:10:56.09 ID:

復讐したい人の書き込みもこちらで良いのだろうか?

続きを読む


943: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)12:50:53 ID:auq
元旦那に復讐できたかもしれない
前置きも含めてかなり長くなるから二つにわけます



元旦那の不倫相手が乗り込んできて、それから1週間後には離婚届を提出したのが6年前
子供は当時5歳と6歳で、上の子はあと半年で卒園だという時だったので本当に申し訳ないことをしてしまった

家計は元旦那が管理していたから私は文字通りの一文無し、頭を下げて実家を頼った
期限は三ヶ月
(同居したら母と私、互いに甘えが出てうまくいかなくなるだろうから今はまだ一緒に住む時じゃないという結論)
その間に役所、家裁、子供の手当などの手続き、慰謝料請求、アパート探し、保育園探し、所得証明の関係で離婚前に住んでいた地域(片道一時間)にも何度か足を運ばなければならずで
毎日毎日、どれだけ時間があっても足りないくらいだった


実家から徒歩10分くらいの近所にアパート見つけて
(私は専業からの無職だったから借りられずこの時は母名義)
保育園に入れて私が一人で動けるようになってからあちこち面接に行くも10社は落とされたと思う
元旦那から振り込まれる月6万の養育費は命綱だった
けどいつ振り込まれなくなるかわからないので、もし養育費がなくなっても困らないように必タヒに働いた
(ちなみに養育費は1年経たず途絶えた)


最初のころは参観日に行くにも職場には嫌な顔をされたけど、その分結果を出さねばと信用を得るために頑張れた
結果を出しても母子家庭に偏見を持つパートさんには色々と嫌な目にあったけど、雇ってもらえた感謝があるので恨んではいません
2年後には条件のいい職場に正社員として採用されて転職


昨年、あまりの団地落選続きで(団地新築ラッシュで競争率がかなり高い)
思いきって築7年の中古マンションを買った
子供の学区も変わらないし、物件て本当に縁なんだなって思った
私の名前でローンが通った、社会的信用を得られるようになったんだと嬉しくて泣いた


そして昨日、元旦那とバッタリ再会した
私に気付いて最初は気まずそうにしたけど私はもう未練もないし、お互い年取ったねとか、なんとか生活できてるという話をしたら気を許したらしい元旦那が離婚してから今までのことを話し出した

続きを読む

  290: :2016/08/29(月) 13:07:52.94 ID:
私は今の旦那と結婚する前バツイチ子持ちでした 
子供の親権は旦那側にありそっちで生活しています 
元旦那も私も今は別の方と結婚しています 

今度その娘が結婚します 
式に私を呼びたいと言ってくれています 
生みの母親だからもちろんそうしたいでしょう 

これってありですかね? 
行きたい気持ちはありますが、やはり元旦那の奥さんが承諾してくれるのが前提になりますかね?
続きを読む

595:名無しさん@HOME2007/06/10(日) 01:02:31
姉がバツイチ旦那の連れ子に、子供をおろせと言われてます。
旦那もなんとなくですが、堕胎してほしそう、辛い顔をするだけで
「おろせ」とわめく娘をたしなめないそうで。
連れ子は実母が育ててたんだけど、最近姉と夫の家のほうが
居心地いいのかしょっちゅう来るようになっていた。
続きを読む

このページのトップヘ