出産

 
387 :名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金) 08:51:40 ID:jBf
昔から「子供は絶対女の子がいいな~!」と言っていた姉。
家系的にも女系でここ何世代も男なんて産まれた事もなかったから、男女どちらでもいい派の私もなんとなく産む時は女だろうな~と考えてた。
時は流れ姉は結婚、2年後には子供を授かった。
妊娠中性.別を見てもらったところ女の子だと太鼓判をもらい姉は大喜び。
ピンクや赤、フリルやリボンたっぷりなまさに女の子!的な服などを買い漁ってた。
が、実際産まれたのは立派なモノを持った男の子。誰が見ても男の子。
皆が子供の誕生を祝う中、姉だけが呆然としてた。
出産の翌々日、姉旦那から母に電話が。
「私の子供は女の子!この子は違う!」と言って授乳やオムツ替えなどを一切拒否していると病院から連絡があったらしい。
ここからは直接見てないから聞いた話だけど、母と姉旦那が何度も病院に行き説得したが聞く耳を持たず、結局入院中は一度もお世話をする事はなかったそうだ。
退院後は本当に大変だった。
「こんな子私の子供じゃないのになんで家に置いとかなきゃいけないのよ!」と暴れるから姉の身体を落ち着かせる為に一旦姉を我が家(姉実家)、赤ん坊は姉旦那実家に移動させた。
ま、姉の身体云々はぶっちゃけ建前で、この状態の姉を赤ん坊の側に置いてたら何かしでかすんじゃないかと心配したからっていうのが本音。
物理的に距離を作った事、病院やカウンセリングに通わせた事で多少は落ち着きを取り戻したけど、それでも赤ん坊の話をたまに聞かせるとまた元の木阿弥。
1年半くらいはこんな状況が続いたと思う。
結局姉旦那が耐えられなくなり離婚となったけど、「あれ(赤ん坊)を持って行ってくれるなら私何もいらないしお金もいくらでも払う!」と清々しい晴れやかな顔で言った姉にはゾッとした。
まだ出産どころか結婚すらしてない自分だからわからないのかもしれないけど、子供の性.別ってそんな大事?
頭狂うほどの一大事なのか?
続きを読む

 
504 :名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火) 07:45:59 ID:qsL
独身時代、服飾の仕事やってた都合でよくハイヒールを履いてた。

結婚後に転職して、今は滅多にヒール靴履く必要ない仕事だし、子供2人の出産育児の期間に
すっかりヒール無し靴に慣れてしまって、今はスニーカー&カッターシューズ最高になった。
外反母趾気味になってたので、良い機会でもあったと思う。

しかし、夫は今でも私の誕生日だ、クリスマスだ、とヒールの靴を買おうとする。
「百貨店でいい靴見たよ。今度一緒に試し履きしに行こう」と言う。
「ヒールの靴は履きたくない、足が痛むので要らない」というとすごくガッカリした顔する。

無理強いはしないが「履け」と思ってるのは明らかで、靴以外にも、私に「20代独身、アパレル仕事
やってた時のようなキッチリお洒落をしてほしい」と思ってる節がある。
しかし今は子供も育ってきて家計に余裕ないし、以前よりカジュアルでも身ぎれいにはしてる
つもりだ。
だいたい昔ほどのテンションでお洒落したいと思わない。

夫は私に飽きてるってことなんだろうか。
あんまり靴靴言ってるから、「ハイヒールで踏んでやろうか」って言ったら、
怒られた。
そういうプレイってことじゃないのか。

じゃあお前が履け、または別れて養育費払って、ヒールの靴履く女と結婚しろと。
続きを読む

 
94 :名無しさん@HOME 2011/10/19(水) 14:41:43 0
義兄第一子とうちの第二子の出産が1週間ちがいだった。
そろそろ内祝手配しないとと思い、ほぼ同時期に親戚に贈ることになるし、
念のため義兄嫁に聞いたら、「内祝って何?」って言われた。
ポカーンとなりつつもしょうがないから説明して、
義母が3分の1から半返しの間で~と言ってたので、その旨も伝えた。
意思の疎通は図れたと信じて、うちは普通に3分の1~半返しの中間で手配した。
しかし後日「うちはお金ないから気持ち程度のものを贈るよ」とメールがきた。
気持ち程度!?ってなんだ?
旦那は義兄に最低でも3分の1だからって念押ししてた・・・
にも関わらず、どうやら2000円くらいのフルーツを贈ったみたい。

この夫婦、結婚式がリゾートで、挙式のみだったんで、
お祝いだけ包んだんだけど、どうりで内祝が来ないはずだよね。
リゾート挙式だと安いのミャハ☆とほざいてたけど、
旅費は列席者負担、内祝もしなきゃそりゃ安くあがるよね。

なんか真面目にやってる私たちがバカみたいだ。
続きを読む

 
741 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/09/25(火) 09:04:49 ID:???
今月頭に出産したものです。
妊娠中に子供のためにベビードレス(ツーウェイオールと帽子とオーバードレスの3点セット)や
パイルのおくるみ、ラトルなどの小物をちまちまと作っていたのですが
産院で知り合った妊婦友達(以下A)からクレクレされました…

長くなったので分けます。
続きを読む

 
482 :1/2 2016/06/14(火) 15:58:03 ID:0f0
父が餓タヒしかけてたのを見つけたのが修羅場。
私は結婚して父とは中距離別居(うちから父宅まで40分くらい)なので、月1くらいで顔を見に行っていたが、出産と育児のため2ヶ月くらい顔を見れてなかった。
二週間に1度はメールで子の写メを送ったりしてたから、元気だと思ってた。

子も生後四ヶ月に入ったある日曜日の夕方に、父方伯母から私宛に電話が。
「貴方のお父さんから、『タヒんでしまう、助けて』とメールが入った!私が最速で見に行っても明日朝になってしまうから、様子を見に行ってほしい。」とのこと。
父は以前にも狂言があったので、とりあえずメールをしてみた。が、一時間たっても二時間たっても音沙汰がないので電話をしてみる。やっぱり出ない。
仕方がないので、乳飲み子を夫に見てもらって夜9時半に出発、10時に父宅に到着。

合鍵で入り、父のベッドに行くとそこには江頭みたいにガリガリの父が。(黒の長ズボンに何故か上半身ネ果だった)
『いつもの狂言じゃない!?』と血の気が引き、父を起こすと何とか話せたので救急車を呼ぶ事を伝え、電話したら5分くらいで救急車到着。
担架で運んでもらい、父の荷物を持って救急車に同乗した。
救急車内で聞いたところによると、4日ほど食べ物を食べず、水分もウィスキーだけしか摂取してなかったとか。

すぐに受け入れ先が見つかり、そこで血液検査をしてもらい、とりあえず朝まで父はその病院で寝かせてもらうことに。
私はというと、血液検査やら説明やら聞いて結局深夜2時に解放された。
続きを読む

 
736 :名無しさん@HOME 2015/10/30(金) 12:51:47 0.net
自分はデブが原因で不妊の義弟嫁を傷つけたことあるよ

もともと義弟夫婦の方が先に結婚していたけど子供がおらず
うちは5年付き合って義弟夫婦の結婚した2年後にやっと結婚で
翌年に妊娠して出産、2年後に二人目妊娠という感じだった。
義弟嫁は資格職でバリバリ働いていたし、
当時義弟嫁はまだ20代後半だったし
会うたびに「子供は特に欲しいとは思わない」「子供で繋がってる夫婦になりたくない」と言っていたので
自立した人なんだな、と思っていた。

私が二人目出産した後の何かの集まり(多分義父の誕生日か何か)で
旦那が「うちの経済力だと一人が限界なんだけど、うっかり二人目も授かってしまったので
頑張って働かなくちゃ」みたいなことを言った途端
義弟嫁が「なんで?デブなのに何でそんなボロボロ産めるのよ!デブの癖に!」って泣きながら喚いた。

後からわかったんだけど、義弟嫁は本当は子供大好きで最低3人、できたら5人くらい欲しいと言っていたらしい。
義弟嫁自身が5人兄妹で兄妹仲がよかったので、そういう家族目指していたって。
でも、1年経ってもできず、通常2年で不妊なんだけど焦りが出て産科に相談したけど
義弟嫁は特に問題はなく、義弟君の精/子の運動率がやや悪い程度だった
不妊というほどじゃない、と言われて安心してその後妊娠したけどすぐに流産
さらに二度流産を繰返して、不育症と診断された直後の集まりだった。

誰もその話を聞いていなかったので仕方ないとは思うんだけど
デブの癖に!って言われたのはやっぱり結構傷ついた。
結局、義弟夫婦のところは今のところは子供は生まれてない。

こういう時理不尽だなぁとちょっと思うわ。
うちは子供好きだけど経済的に本当にギリギリだし
子供はまあできたら嬉しいね、でもいないならいないでいいよね、という程度だったけど
特に何の問題もなく二人を授かれた。
義弟は一部上場勤務だし奥さんも資格職で経済的に余裕があるし
二人とも子供大好きなのに子供に恵まれず。
続きを読む

 
787 :名無しさん@おーぷん 2016/08/22(月) 12:04:06 ID:4rt
弟の嫁さんが箱入り娘で、一人じゃ電車に乗れない、買い物できない。
バス乗ったことない。運転免許ない、一人メシなどもってのほか。
一人でできるのは犬の散歩とコンビニでの買い物くらい。
お隣に回覧板を回すのさえ「弟くんついてきて~」「お義兄さんお願いします」
スーパーでさえ迷子になる。1万円持たせると一回で全額使い切る。

全てこの調子なので、一緒にいる人が彼女の面倒をみなければいけない。
俺&俺嫁はやりたくないので弟嫁さんと疎遠にしていた。
でも弟が「俺がいなきゃダメな嫁ちゃんカワイイ!」と萌えてたので特に問題はなかった。
ごくたまに「お義兄さん達~」と頼られることはあったが
弟に「ほら嫁ちゃんが困ってるぞ。お前の出番だ」と発破をかけると
「俺がやるよ嫁ちゃん!」と張り切ってくれるため円満だった。
適材適所というか割れ鍋に綴じ蓋というか、あれはあれでいい夫婦だと思っていた
続きを読む

 
752 :名無しさん@HOME 2012/09/23(日) 16:59:38 0
父が再婚して新しい母ができました。
私はなるべく打ち解けられるように努力してきたつもり。
けど、新しい母は妊娠して妹を出産。
何故かその時から自分の母が作ってくれたものは新しい母に殆ど捨てられました
生まれた時から一緒にいたクマのぬいぐるみにお弁当箱袋。体操袋に上履き袋。服にそのほか色々…。
使うことは無くても母との思い出の品だから大事にとっておいていたんです。
特にクマのぬいぐるみは足には体重、身長、生年月日に家族の名前が母の字で刺しゅうされていた一番大事なものでした。
それを捨てられました。
捨てられた以降、新しい母とは口もきいていません。父はそんな私達を見て困っています。
私が折れるべきなのでしょうか?父は「子供じゃないんだから我慢してくれ」と言います。
続きを読む

 
137 :名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金) 17:33:28 ID:mTZ
母が離婚を拒んだ、びっくりな理由。
昭和のこと、父が不倫相手と一緒になりたいんで離婚してくれと言ってきた。
私は小学生で、母を陰で泣かせている父が大嫌いだった。
母はとりあえずつっぱねて、私を連れて母実家に帰った。祖父母は優しかった。
そのうち不倫相手に子供ができた。
父は子供を私生児、婚外子にしたくないと、何度も離婚を頼んできたが、母は却下し続けた。
子供が生まれた。父待望の男の子で、離婚要請は激しくなったが母は(ry
そうこうしているうちに、昭和51年になった。
民法が改正され、離婚後でも結婚していた時の姓を名乗る事が出来るようになった。
それまでは離婚したら、旧姓に自動的に戻らねばならなかった。

母は手のひらを返したように、離婚に応じた。
実は、母の旧姓は、日本に数軒のいわゆる珍名さん。
父の姓は逆に、よくある姓ベストテンに必ず入る平凡さん。
母は昔から旧姓が嫌いというより、いろいろと不便でならなかった(第一に、普通に読めない)そうで、
「慰謝料も何も要らないけど、この平凡な姓だけは欲しい」と離婚を拒んでいたのだ。
それが離婚しても姓を変えなくてよくなったと知り、「民法ナイス!」と即、緑の紙にすぱーんとハンコ。
ま、弁護士入れて、慰謝料も養育費も払わせたけど。
母の兄弟は珍名を継いでいろいろと面倒くさいらしい。PCや携帯でも、まずは辞書登録しないとならんしね。
続きを読む

 
921 :名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水) 11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。
続きを読む

このページのトップヘ