勘違い

 
856 :sage 2016/04/22(金) 01:34:02 ID:zkJ
うちの新入社員が、「銀行のキャッシュカードは社会人になったら自動的にクレジットカード機能が付く」
と思ってたこと。
レジでキャッシュカード出してドヤ顔で「2回払いで。」とか言って店員さんを困惑させてた上に
あなたね、〇〇銀行はキャッシュカードもやってるの。レジに立つ仕事なのに勉強不足じゃない?
とかドヤ顔で説教し出して、連れに「アンタそれクレジット機能付いてないじゃない」と突っ込まれて
「は?先月からもう社会人ですよ?うちの会社はクレジットも使えないブラック企業ってことですか??」とか言い出したことで勘違いが判明。

こいつは仕事でも色々やらかして先週退職しました。
続きを読む

 
27 :名無しさん@おーぷん 2017/11/23(木) 18:14:31 ID:fXm
俺は両親のやってた自営業の飲食店を継いだ。
昔から料理するのが好きだったし
勉強も好きな方ではなかったので丁度よかった。

んで、俺には兄貴が一人いる。
兄貴は俺と違って昔から勉強が好きで、実家の店のことなんか興味もなく
大学進学をきっかけに家を出ると就職して結婚した。

今じゃなんか同期の人達と立ち上げたベンチャー企業を経て
それなりの役職と、なんとかアドバイザーだかなんだかで毎日忙しく稼いでるみたい。

そんな兄貴から結構前に嫁をパートでもいいから使ってくれないかって頼まれた。
何でも飲食店をやるのが夢だったみたいなので
人手は足りてたけど身内の頼みだし引き受けた。
ちなみに厨房に俺と料理の修行仲間、フロアに引退したけどやること無くて結局引退出来てない両親と
パートさんに学生アルバイト数名で回せる規模の店で
皆和気藹々の雰囲気でやってた。
で、兄嫁も初めこそ問題なく馴染んでたように思えたんだけど
なんか段々、パートさんとアルバイトを仕切るようになって
シフト決めも普段は持ちつ持たれつでパート、アルバイトの人達が相談しあって決めていたのに
勝手に一人で皆のシフト割り振ったりし始めたので流石に注意した。

なんかちょっと身内だからって勘違いしてんだろうなーと思いながら
その時はなんとか収まったんだけど、明らかに兄嫁うちを乗っ取るとまではいかないけど
事業主面することが多くなってきた。
今日なんか午後のシフトに飼ってる犬連れてきて
あろうことか店内に放ちやがった。
勿論、犬は見知らぬ空間に興奮して走り回って
ランチ食べに来てるお客さんにジャレたり
最後は厨房に駆け込んで来て走り回ったのでジ・エンド。
犬の走り回った厨房で料理続ける訳もいかず急遽店じまい。
ほんと嫌がらせかなんかの類いかと思って、口調強めに言ったら
犬を店のマスコットにしたくてとか、店内で名物犬として定着したらテレビ取材来るかもしれないとか
アホみたいなことを大真面目に語るもんだから
クビ言い渡して兄貴から連絡させるようにって帰らせた。
今は厨房全体、使用道具の大掃除を済ませて連絡待ち。
ほんとあり得ないわ……
続きを読む

 
885 :名無しさん@HOME 2011/09/16(金) 17:19:57 0
以前は良トメだと思っていたので、年に数回、義実家に行く時は、トメができるだけ
子供と遊んだり抱っこできるように気を使っていたが、その結果トメは勘違いし、
「ママよりばーちゃんといる方が良いのよねぇ」
「ママのご飯は不味いから残すのねぇ。可哀相ねぇ」
などの嫌みを言う様になった。
(私に懐かない、私のご飯を食べないなんて事は、一言も言ってないのに)
最初は自分が悪く取り過ぎ?、勘違い?と思ったけど、夫がいない時に限って言うので
悪意で言ってるんだなと解った。

先日義実家に行った時、娘が空気を読んだのか、トメの方に行こうとしない。
トメ、いくら呼びかけても娘が私から離れようとしないので焦ったのか、夫の前なのに
「何で来ないの?ママに何か言われたの?意地悪されたの?」
「ママよりばーちゃんの方がすきでしょ?」
を連発。
初めは「は?」な状態だった夫も、
「んな訳無いだろう!子供はお母さんが一番に決まってる。何を勘違いしてるの?」
と呆れながら言ってくれた。
トメはそんな意味じゃないって言ってたけど、帰りに何かを察した夫に聞かれたので、
陰で言われていた事を正直に話した。
家に帰ってから、電話でトメに色々言ってくれてたが、一番嬉しかったのは、夫が
普段私がトメに気を使っている事をちゃんと解ってくれて、感謝してくれていた事。
トメも「孫が懐くのは嫁のおかげだと解った。申し訳なかった」と謝罪してくれ、
反省してたので、許す事にした(←自分で書いてて、何だか上から目線でスミマセン)
多分、孫と遊べて嬉しくて、はっちゃけたんだろうなぁ。
今は元の良トメに戻り、何かと私に確認しながら子供と遊んでくれるようになった。
続きを読む

 
803 :名無しさん@おーぷん 2017/02/01(水) 01:03:23 ID:Xgm
昼ご飯を食べようと中華屋に入った
カウンターに座ったところで左隣の人がチャーハンと餃子を頼んだ
俺は、ラーメンとチャーハンと餃子2人前を頼んだ

ラーメンと餃子2人前はすぐ来たがチャーハンがいくら待っても来なかった
正直、チャーハンと餃子は一緒に食べたかったのだが、ちびちび食べてても餃子残り4個になってもチャーハン来なかった
ラーメンスープと餃子4個残してチャーハン待ちに入ったところで隣のにーちゃんが店員に
「餃子来ないんだけどどうなってんの?」と聞いたら店員が「えっ?」って言った
俺が「こっちもチャーハン来ないんだけど、注文通ってる?」と聞いたらまた「えっ?」って言った

おそるおそると言った感じで店員が「ラーメンとチャーハンと餃子2人前ですよね?」と聞いてきたので
「そうだよ、ラーメンと餃子は来たけどチャーハンがいつまで待っても来ないんだよ」と言ったらまた「えっ?」って

どうも左隣のにーちゃんと俺がツレで俺が2人分をまとめて頼んだと勘違いしたらしい
でもね、左隣のにーちゃんは俺が店入った時点で座っててメニュー見てたんだよ、店の入り口からカウンターまでそこそこ距離あるのよ
どー考えてもツレじゃないよね?

まあ、そこまでは分からなくもない、人間だれしもミスはする
でもね「ラーメンとチャーハンと餃子2人前なんて一人で食べるなんて普通思いませんよ」とか言いやがった
人がどんだけ食おうが勝手だろうが、そして、客のせいにするな、まず謝れよ
ちょっとイラッとした
続きを読む

 
1 :1 2014/12/29(月) 17:47:36 ID:tI9
駄目と言われても勝手に話す

書き溜めてるからあんま時間は掛からない
暇なやつだけ見てってくれ
続きを読む

 
481 : 2008/04/28(月) 13:47:06 ID:Gh4KrqMc0
微妙に男女の修羅場を思い出したので投下。
物凄く長くなりました。ごめんなさい。
中学時代のいじめからの脱出なので、嫌な方は読み飛ばしてください。

登場人物:当時全員中2
     ○○、私。女子。いじめられっ子。
     A、中学から一緒の男子。同クラス。野球部。
     B、私と同じ小中学校。男子。他クラス。いじめっ子。サッカー部。
     C、同上。Bの取り巻き。バレー部。
     D、同じクラスの女子。ちょとだけ仲良かった。

小中学生の頃、男子にいじめられてた。
女子には無視されてた。巻き込まれたくないからっていうのと、
男子のいじめ内容に引いて遠巻きに見られてたっていう感じだった。
先生にも親にも相談した事はあったけど、毒親だったし
一時的に収まるだけでしばらくしてからより陰険に酷くなったので
自分のどこが悪いのか分かってて直せる所は直してたけど、
目つきが悪い、貧乏とかは直しようがなくて
生きててごめんなさい位の勢いでひっそりというか、
こそこそと生活してた(それもいけなかった)。

中2の時に何故かそんな私に親切にしてくれる男子(A)が現れた。
そのA以外の男子たちには蹴られたり水かけられたり散々な目にあってたので、
Aに挨拶をされたり教科書を見せてとか言われるだけで、私は怖くて挙動不審になってた。
それでもAは私に親切にしてくれてた。

なんでAは親切なんだ、怖い、何か裏があるんだと怯えていたある日、
私の美術の提出物(絵)が他クラスに紛れ込んだらしくて、
放課後に小学校の時からいじめに参加してたBとCが持ってきた。
Bはただ「これ紛れてた、誰の?」と、声を掛けるだけだったけど、
Cは絵をラウンドガールみたいに高々と掲げて教室中の人に見えるように見せびらかしてた。
ていうか、名前が書いてあってすぐ分かるはずだからそれもいじめの一つだったんだと思う。
続きを読む

 
579 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/19(木) 21:30:22 ID:J6X66GZR
お袋が先月、独り暮らしの俺に電話をかけてきた。
お袋は「最近気付いたんだけど、炊飯器に『Oh』(オウ!)って表示される。何なの、あれ」と言った。
俺としては訳が分からなかったが、一応飯は異常なくちゃんと炊けているらしかったので、
「まぁ気にしなくていいんじゃない?」と、あまり慰めにならないことを言って電話を切った。

そして先週末俺は実家に帰ったんだが、その時に炊飯器の『Oh』が一体何なのか分かった。
飯が炊けてから『0h』ということだったw
つまり『0 hour経過しましたよ』の略で『0h』らしかった(1時間経過したら『1h』)。
お袋は0(ゼロ)をアルファベットのOだと思ってしまっていたようだ。

お袋にそれを教えると、
「良かったあ。何か異常があってこの炊飯器は『Oh no!』とか言いたいのかと思ったわ」と言っていた。
お袋の勘違いと解釈に衝撃を受けたわ。
続きを読む

 
373 :名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金) 20:36:49 ID:Zk9
結納まで済ませてた恋人に冷めた話。

入籍を目前にして浮かれた私、
彼氏のマンションのカギを預かって、料理や洗濯掃除などに通っていた。
気分は一足早く新婚さん。

ある日、ゆで卵を丸ごと包んだコロッケに挑戦。
変なふうに空気でも入っちゃってたのか、揚げてる最中に軽く破裂。
胸元に油が跳ねて火傷した。

慌てて冷やしたけど手遅れで、直径一センチくらいの水ぶくれが二つできた。
結婚式のドレスは、胸元が空いたデザインのもので決定済みだったので
結婚式までに痕が消えるかな、ああなんでエプロンしなかったんだと落ち込んだ。

もう病院は空いていない時間だったので、
とりあえず彼氏の部屋の救急箱からオロナインと絆創膏をもらって手当。
彼氏が返ってきたら慰めてもらおう、と(今思えば)甘ったるいことを考えていた。

そうこうしてるうちに彼氏が帰宅。
「おかえりなさい、あのねー」と泣きつこうとした私を凝視する彼氏。
いきなり私の髪の毛を掴んで、地面に引き倒しビンタしてきた。

そして「ふざけんなよこのクソアマ!」と怒鳴って、私の胸元の絆創膏を引き剥がした。
髪の毛掴まれて引き倒されて殴られて、何もできずに固まってたけど
火傷の痛さで我に返って、悲鳴を上げた。言えたのは「火傷!痛い!」くらいだったけど。
続きを読む

 
352 :名無しさん@おーぷん 2015/02/26(木) 12:27:45 ID:2ls
叩かれるかもしれないけど

私は、専業主婦ってある種の人達がなるものだと思ってた。

まず、実家が裕福でバックアップ体制万全の人。
本質的に働く必要がなく実家円満、家計に十分貢献できる。

それから、パーフェクトな本物の「主婦」。
複数人の子供を産みきちんと躾けて家事料理に人付き合い、
夫のフォローまでこなす、家庭における事実上のリーダー。

それ以外での専業主婦は、国家資格持ちや職歴十分など、
いざとなったら働けるけど現状その必要がない、あるいは
幼児がいる、要介護者がいる、本人が病気療養中など
働ける状況ではない…という人達だと思ってた。

上記が絶対!!強く主張します!!って言うんじゃなくて、
まあなんとなくそんな感じかなーと思ってたって位なんだけど。
完全に夫一人の収入しか無いならば、夫に見捨てられたら
終わりだよね。それはかなり不安なんじゃないのかなーって。
専業主婦としてとても有能ならその心配はないだろうけどさ。
もちろん男女関係なく、専業主夫でも。

ちなみに私はやりたい仕事に就けたので結婚出産後も働いている。
実母は専業主婦だけど親から継いだ不労所得で月額40万入る。
だからそんなもんかなと思ってた。

で、あるカルチャースクールで知り合って仲良くなったAさん。
明るくて話し易い人なんだけど、まさにそういう不安な人だった。
40代の専業主婦で、夫が高収入。学生を終えてから働いた事は無い。
息子さんが一人いて、中学に入った頃から御飯の支度以外に
面倒を見る事が無くなって、今は県外で一人暮らし。そして、
旦那さんは出張が多いので、普段は家に自分と自分の母しかいない。
だから、家事もほとんどする事が無い。そもそも苦手。
Aさん、見た目はピン子を柔和にしたような、良いお母ちゃん!て
感じだったので、ちょっと以外だった。

じゃあ毎日暇ですねえって私が言ったら、Aさんは
うん、でもここは私の地元だから友達がいるし、テレビ見たり
本読んだり、息子にメール攻撃したりしてるよ~。と。
続きを読む

 
478 :1/2 2011/01/01(土) 19:32:45
嫁は会社の同期だった。
女子校女子大で如何にもお嬢様って感じの美人なので新入社員教育の頃からモテモテだった。
俺は非モテ系だったし職場も違うので嫁は別世界の住人で会えば挨拶する程度だった。

そんな感じで時は流れ入社半年ほどすると同期のネットワークで嫁の悪い噂が流れだした。
・優しいのは外見だけで実は高飛車
・男を次々取り替えている
・コネ入社で仕事が出来ない
悪い事に全部事実だった。結果として嫁は会社内で嫌われ者になっていたのであった。

入社した暮れに同期だけの飲み会があったが俺は仕事が終わらなかったのでキャンセルした。
9時過ぎに嫁が俺のフロアにやってきてなにやら話しかける。
ちょうど仕事が終わった所だったので二次会に合流するのを止めて嫁と食事を取る事にした。

自分が浮いている事に気付いていた嫁は俺に色々言い訳めいた事を話した。
話を聞いている内に気付いた事は嫁は結婚相手を見つけるまでの腰掛のつもりで入社していて
男との付き合いは学生時代殆んどなくしかも重度のファザコンで、
父親が母親にしたような恋愛を望んでいるちょっと時代遅れの感覚の持ち主だった。

嫁は語る恋愛失敗談は男に対して経済的に完璧に頼れて嫁を優しくリードしくれて
我侭を聞いてくれて嫁をお姫様扱いしてくれるナイトになる事を要求したモノばかりだった。

「私、もう会社にいられない、どうしたらいいか分らない」という嫁にちょっとした助言をした。
高スペックの男を求める前に先ずは愛してくれる男を見つけろと。
収入が低くても、顔がブサ面でも、気が弱くて自分から告白できないよな奴でも許せと。

「そうかも知れないけれど、私の事愛してくれる人なんて居ないと思う」と言う嫁に、
グダグダ気味で早く帰りたくなってたので面倒になり、
君が気付いてないだけで必ずいる、案外身近にいると思う、と慰めた。

そうしたら何処をどう勘違いしたか
「え、そういう意味だったの?」って言った後、なにやら俺に向って急にニコニコし出す。
その日は直ぐに寝たかったので帰してもらえたが、
次の週から俺は嫁からロックオンされて猛追を受ける事になる。
続きを読む

このページのトップヘ