危ない

 

30: おさかなくわえた名無しさん 2007/07/27(金) 23:08:19 ID:OpyMDBeI
以前寮で一緒だったインド人君
来日半年程して国にビデオレターを送ると言うのでその場に居た寮生20人程で協力した

続きを読む

 
121 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16(日) 13:36:36 ID:MbMN+4ZN
高校3年の冬に、かなり長いマフラーを買った。
通学する際に駅まで自転車に乗って行ったのだが、
自転車に乗る時はその長いマフラーをしないで籠に入れて、
駅に着いたらマフラーをして電車に乗って通学するという具合だった。

でも3月のある日めちゃくちゃ暖かい日があって、
駅に着いた時に籠の中のマフラーの存在をついつい忘れてしまった。

それで高校に着いてからマフラーのことを思い出したんだが、
まぁ超安物だし誰も盗りはしないだろう…と高をくくっていた。

そして学校が終わり電車に乗って帰ってきて、駅の駐輪場に停めていた自転車の籠を見た。
そしたらマフラーはあってホッとしたのだが、
折り畳まれたチラシも入っていた。
何だコレと思って、高校生にありがちなただの好奇心で広げて見てしまった。
そうしたら「マフラー長い!危ない!タヒぬぞ!」と書かれていた。

わけ分からんなぁと思いつつ何となくマフラーを手に取ったら、
マフラーがハサミか何かで3分割されていたww

今でこそ笑い話だが、当時は「盗られるより腹立つわ」と思った。
そして本当にかなり衝撃を受けた。

愉快犯なのか…、多分違うと思うが親切でやってくれたことなのか、
未だに謎すぎるわ。
続きを読む

 
353 :名無しの心子知らず 2012/06/13(水) 18:18:10 ID:kyG1f6la
待ってたけど、出てこなかったよ…。

なんで自分が昔あったキチっぽいママ。
うちの子がヨチヨチだった頃に、向かい合わせで乗る二人乗りのブランコに
娘を膝に乗せて楽しんでた。
そしたら見知らぬヨチヨチちゃんが寄ってきたので、あわてて止めた。
少し離れた場所で母親がニコニコ見てるだけ。
ヨチヨチちゃんはよじ登ってくる。
「危ないですよ?」と声をかけたんだけど、ニコニコしてるだけ。
ともかく娘と帰宅しようと、手洗い行って車に向かっていると
さっきの母親が泣くヨチヨチちゃんを抱いて怒鳴ってきた。
「あんたのせいで、うちの子ケガしたじゃない!!」
意味がわからず「は?」と聞くと
「だから頭悪いの!!あんたが乗せないから、うちの子が一人で乗って
落ちてケガしたんじゃない!!」
と興奮状態。
ああ…この人は馬鹿なんだと思って「あんたの子じゃないの?」と無視して帰宅した。
おしまい
続きを読む

 
614 :名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金) 09:28:21 ID:UPe
エスカレーターの下りで手前の女性が丁度降りたところで顔見知りを見つけたのか
あろうことか、その場で立ち止まって久しぶりー!!なんて手を降るもんだから
後ろから俺が押し倒すような形になってしまった。
幸い後続の人はレーンを変えて大事故にはならなかったけど
押し倒してしまった時にその女性から
痴漢だの犯されるだのその場で騒がれたのが最大の修羅場だなぁ
続きを読む

 
160 :彼氏いない歴774年 2010/09/17(金) 07:06:32 ID:WOvpi3G3
小学生の頃、図工の時間に描いた絵に無駄に画鋲がつけられていた
まあいいかと流していたら今度は作った水時計風の置物(蓋が外れるしくみ)の
中に大量の画鋲が入れられていた
これはさすがに誰か触って怪我でもしたら危ないと思い担任に相談したら

「知らない、危ないなら手で取ればあ」と言われて一つ一つ手で取らされた
置物から出すときは手を怪我した
先生はそれを満足そうに見ていた

「何だか不気味なのでお母さん(超怖い)に言います」と言ったら

「言わなくても大丈夫よ、それやったの先生だから」と自白
絵の画鋲→余った画鋲を刺しただけ、先生悪くない
置物の画鋲→手が滑って入れちゃっただけ、先生悪くない

そんなことを笑顔で言う先生を見たとき色々と悟ってタヒにたくなった
続きを読む

715: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/09 22:37:06 ID:T+1dmIGk
動物園で、動物の柵の中に子供を抱えて動物の近づけて(子供宙づり状態)
怖がって泣きわめく子供をニヤニヤして見てる父親を見かけたことある
ちょっと動物から離して、子供が泣き止んだら、また近づけて泣かせてニヤニヤ
母親はそばで見てた

うちの父親は、断崖絶壁の名所に行くと、毎回わざと子供を崖の端っこに立たせてきた
(一応、落ちないように服をつまんではいる)
怖がって泣くと「怖がるから落ちそうになるんだ」と

子供で遊ぶ親、許せない

続きを読む

このページのトップヘ