同僚

 

660: 修羅場ステーション 2018/06/08(金)21:19:21 ID:fKv
会社の同僚の神経がわからん。
台風直撃関連から災害の話になった。
同僚は東日本大震災で一度津波に流されて九タヒに一生を得た事があるらしい。
かく言う私は阪神・淡路大震災の被災者
災害の事になると「東北の津波に比べたらたかが家潰れたくらいでしょ?」
「俺なんて先輩流されて未だに行方不明だぜ?」とか言う
呆れて「どこであろうと災害にあった人は等しく心に傷を負うんだよ。比べるのが間違い」と言うと
「被害にあった事ないから分かんねぇんだって!」とか言われてブチ切れた
「目の前で親しい人が生き埋めになって、声が聞こえるのに、生きてるのに助けられなくて生きながら焼かれるの見守るしか出来ない気持ちなんてわかんないよね。」
「揺れたと思ったら2階が落ちてきて家族がその下敷きになった人の気持ちなんてわからないよね」
「どんな命だって尊いものなんだよ。人のタヒに大きいも小さいもないんだよ!」
「あんたみたいなのが「被災者様」って言われるんだよ」と捲し立てた。
同僚は目をカッと見開いた後、机を叩いて去っていった。
どこの災害が大きいとか小さいとかないよ。
熊本も新潟も阪神・淡路も東北も、みんなみんな大変なんだよ。
って思った。



続きを読む

 

1:修羅場コレクション2018/04/30(月)18:54:28ID:m7d
別れってこんなものか
切ないわ

続きを読む

 

250: 愛とタヒの名無しさん 2014/12/18(木) 14:08:08.50
新婦の妹らのサプライズ映像が新郎の浮気証拠映像集だったのにはびびった。スレみてーな事あんだなって思ったわ。

続きを読む

 

1: 2017/08/13(日) 12:29:16 ID:7bnr3/vh0.net
妊娠してました……

続きを読む

 

1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 20:32:13 ID:Si0ylBJP0.net
女結婚した 
しかも俺と仲の良い同僚と 

同僚には俺が振り向いてくれないことを相談して徐々に仲良くなったらしい 

因みに同僚は実は俺が女の事を好きであえて避けてたことを知ってて 
そのことを言わず女と付き合い奪い結婚した 

続きを読む

 

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/11(土) 07:22:32.17
嫁と俺は同じ職場で、現在嫁が妊娠4ヶ月。
安定期に入るまではいつ流れてしまうか分からないから言わないでおこうね。と嫁に言われていたんだけど、何人かに言ってしまったら、噂話の好きな奴らばかりのようで、みるみるうちに社内に広まってしまった。
嫁はいつまでも怒っていて「聞かれたら答えるし、そこまで隠していたという訳ではないかもしれない。でもこんな噂みたいな形で広まっていくのは本当に複雑。私の口から報告したかった。
せめて私に許可を取って欲しかった。口の軽い人ばかりで一人に言ったら広まってしまうなんて目に見えていたはずなのに。なにより報告する順番だってあるはずだ。」と責められる。

確かに嫁の言う通りではあるが、俺は謝ったしもう広まってしまったことをいつまでもネチネチ言われて疲れる。どうしたら機嫌をなおしてもらえるだろう。
 
続きを読む

 

894: 名無しの心子知らず 2011/07/07(木) 14:36:34.06 ID:3MbvlkwG
プチセコ話。 
うちのマンションは、廊下に鉢やプランターを置いている家が多い。 
私もいくつか鉢を置いて、全てバークチップでマルチングしてた。 
なんか、日に日にバークチップが減っていく。

一軒だけ、三段の階段式(?)の棚を置いて、大幅に廊下にはみ出し通行を妨害しているお宅がある。
その家族とは、子の年齢が離れているので、挨拶程度のお付き合いしかないのだが、
今まで土むき出しだった小さなプラ鉢に、バークチップがちまちま乗せられていた。

続きを読む

 

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/07/30(月) 08:02:14.74 ID:tbtSX3W90
まだ確信はしてない
誰か相談に乗って欲しい
 
続きを読む

 

816
: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)20:45:57 ID:y4y
自分がいわゆる「相談女」にひっかかって、しかも自覚がなかった。


続きを読む

 

895:名無しさん@お腹いっぱい。2011/05/16(月) 21:17:23.48
昼休み「俺さん、俺さん、仕事中にサイトはまずいですよ」と話しかけてきた嫁
喪男の俺は女をあきらめ、猫を飼い始めたところ
いたずらが過ぎるのでwebカメラをつけて、何やってるか見ていた
嫁は他部署の人で、俺の同僚(女)を誘って昼飯に行くところだった
俺はこの時初対面のはず、俺の名前知ってるのかが謎だった
「これ、俺が飼ってる猫なんですよ」
「可愛いですね~」から昼飯喰わずに猫談義

この同僚、結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
これが無かったら、結婚してなかったかも

続きを読む

このページのトップヘ