同僚

 
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 17:40:46.22 ID:5fWF8BNU0
A「俺君、ちょっと汗臭いよ?」
続きを読む

  885: :2017/08/24(木) 05:58:19.26 ID:
世の中上手く付き合えてる人よりも 
不倫関係になってる人よりも 
片思いで焦げ付いてる人の方が圧倒的に多いんだよね… 

出張先のホテルが同じなのに部屋飲みにすら誘われない 
36独女って求められてないのかな
続きを読む

772:名無しさん@お腹いっぱい。2010/10/09(土) 06:35:49
この話は、知り合いの耳に入った時点で又聞き状態。聞いたときには
酒も入っていたので、詳細はあやふやで信憑性は?です。

なので、細かい部分については脳内補完を施してありますw

サレ夫は産業機器の開発者。 
人員削減のあおりを受け、2年前からサポートにも狩り出されるようになり、 
納入先への長期出張のほか、休日にも急な出張が入るようになった。 

ふと気付くと、夫婦の会話がごく事務的になっていること、夜の生活も 
いつからご無沙汰になっているのか思い出せないほどになっていた。 
忙しくて夫婦の時間がとれず、思った以上に関係が悪化しているようだ。 

以前は仕事を家庭に持ち込まない主義のサレ夫だったが、少しでも 
家庭にいる時間をとるため、簡単な報告書程度であれば持ち帰り 
自宅で済ますことが多くなっていった。 


あるとき、短い期間で家に戻れるよう、出張での業務を効率化したいと考えたサレ夫は、 
プリントアウトした客先担当者とのメール、スケジュールで埋め尽くされた手帳、 
作業日記として使っている大学ノートを用意し、ここ1年分の出張の記録を 
見直しはじめた。 
でも、日頃の疲れが溜まっていたせいか、資料を広げたまま寝込んでしまった。 

ふと、体に重さを感じ目を覚ますと、嫁がサレ夫に抱きつきながら号泣していた。 
手帳を目で示しながら、声にならない声で「今まで誤解していた」「ごめんなさい」と 
繰り返していた。 

ひどく取り乱した様子の嫁の姿に、俺の苦労を理解してくれたという安堵感と、 
これほどまでに追い込んでしまっていたのかという罪悪感から、、嫁に精一杯 
優しい言葉をかけ寝かしつけた。 


続く
続きを読む

 
815 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/21(金) 06:53:37.00
酔っての書き込みごめん。 
今日さ、可愛がってた後輩カップルから「俺達、結婚します」って報告貰ってさ。 
俺まで嬉しくなって、家に着くなり「お前のこと大好きだ!愛してる!これからも~」て言いかけで、ビンタ喰らってまさにバルプンテだわ。 
ど~なるんだよ。 
続きを読む

 
65: おさかなくわえた名無しさん 2011/08/15(月) 13:40:00.71 ID:DO9M4uCr
流れは無視します。 
友人の話です。 

会社を辞めて10年たちますが未だに当時のメンバーで年に数回飲み会ををやります。 
友人…私の後輩。現在30歳。現在は子持ち。 
上司…友人の12歳上。既婚者。 

働いていたころから上司と友人の不倫の噂はあった。 
けど二人ともイイ人たちで皆見て見ぬふり。 
はたからみても上司が惚れてるかんじがした。 
上司が仕事上でキレるようなことがあっても 
「ねー、カッコ悪いよ?もうちょっとスマートに抗議しなよ」 
って冷たく言ってみたり、仕事が成功すれば 
「さすがだね、イイコイイコ」 
ってニコニコで誉める。 
上司にそれはないだろー、って台詞も親しい飲み会仲間だし、友人が上司に言う分には何も問題なかった。 
上司も嬉しそうだったし、上司をコントロールしてくれるぶん、私たちもラクだった。 

私も友人も会社を辞めて数年たったころ、上司が倒れた。 
まだ社に在籍している仲間が一斉メールで教えてくれた。
続きを読む

このページのトップヘ