同居

 
14 :名無しさん@HOME 2004/01/23(金) 21:50:00
早速よいでしょうか・・・?

私は次男嫁です。
義理親が筋金入りの長男教で、今までさんざん私たち次男夫婦をバカに
してきました。
長男夫婦に援助しまくりの、物買いまくりの状態。
車・着物・お金などなど。

ところがなんと!
いきなり長男の嫁の父が亡くなったのをきっかけに
嫁実家に同居してしまったのです。

トメは「うらぎられた!」と泣きまくり、ウトは黙りこくり。
急に呼び出されて、なんだかへんな雰囲気に。
ウトは「これからはおまえたちが頼りだから」とか
寝ぼけた事言ってました。
私は内心、怒りながらなんて虫のいい話だ・・・と思っていたら
なんと夫が

「イヤ!!ジ ゴ ウ ジ ト ク だ!!帰る!」

と言ってくれました。
それも笑顔で!
なんだ言おうと思ってたのに~。
私の気持ちわかっててくれたのね!と嬉しくなりました。
続きを読む

 
479 :名無しさん@おーぷん 2016/03/18(金) 13:29:18 ID:dkb
現在姑と我が家で同居。
意地が悪すぎて娘の旦那に嫌われ仕方なく息子の家に来た。
この息子の家が我が家。夫は現在末期がんで入院中。
相続財産は私と娘のものになるのに、なぜか姑が息子がタヒんだら家を出ていけだと。
夫がもうだめだってのにどうしてこんなくそババアのことで頭を悩ませなきゃいかんのかと思うと
号泣してしまった。
さっき自転車こいで泣きまくってたデブのおばさんは私です。
びっくりさせてしまった世間の皆さんすまぬ。
 
続きを読む

 
602 :名無しさん@HOME 2007/05/13(日) 11:14:03
ウトメの片方がタヒんだことがきっかけになって
それまで潜んでいたエネ夫エネウトメが表面化することってあるよ。
遺された側が異様に寂しがって寄りかかってきたり
エネ夫が「可哀想じゃないか」と脳に花畑湧かせたり。

元夫とようやく縁が切れたのはウトタヒんで3年後。
ウトがタヒぬまではちょっと考え無しなとこはあれど大きな害はない
まあまあ平均的な普通の旦那だったと思う
トメに寄りかかられ、姉に「長男でしょ」と煽られて本性出したって感じ。

最後の一年はここで言うロミオメールだけじゃなく
トメからのジュリメール、ジュリ電話、ジュリイヤげもの満載でした。
弁護士と警察からがっつり諭されてようやく諦めた
続きを読む

 
76 :名無しさん@HOME 2015/08/30(日) 13:25:05 0.net
義父が亡くなった時義母に「家を建ててあげるから一緒に住んで」と言われて
私は断って義弟夫婦が一緒に住み始めた
今年義弟が亡くなって家には義母と義弟嫁とその子供の3人暮らし
土地は義母名義、建物も義母7義弟3の名義なのに
義弟嫁が義母の追い出しを図ってると聞いて夫が話に言った
義母の主張は「相続分はやるからこの家から出ていけ」
         「そしてこの家には長男(夫)夫婦が住め」
義弟嫁の主張「このままここに住むから義母が出ていけ」
夫(私の主張)「頼むから仲良く暮らしてくれ」
話が丸く収まる日は来るのか?
続きを読む

 
69 :名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金) 08:14:32 ID:hIe
旦那が子供と散歩行ってる間に書き逃げ。

うちの親戚はことあるごとに集まってワイワイやるのが好き。
今の本家はA伯父伯母で、おもてなし大好きですぐ招集がかかる。
本家の横は大きい駐車場兼倉庫兼家庭菜園になっていて、
親戚一同みんなそこに車を止めて本家に集まってきていた。

ある時、本家に同居していたA息子嫁が、子供もいる事だし
その駐車場に自分たちの家を建てたいと言ってきた。
A息子はなにもここじゃなくても近所でいいじゃんと言ってたけど
A息子嫁が強行に本家の隣が良いと。土地もタダだし!と。
どういう話し合いがなされたかは知らないけど、数ヶ月後に
駐車場も菜園も倉庫も潰してA息子夫婦の家が建った。
跡継ぎという事で、土地も家屋も税金もA親持ちだった。
A息子新居が土地一杯に建ててあって(豪邸!)、
車を止める場所はまったくなくなってしまった。

それ自体は他所のご家庭の話なので、特に感想はない。
しかしそれによって親戚達は本家に行かなくなってしまった。
本家は最寄り駅から徒歩30分、バス停からも徒歩15分。
緩やかな坂道が続く、街灯の無い住宅地。店もあまり無い。
集まるときは、みんなそれぞれ、食べ物なり酒なり品物なりの
自慢の一品(実際は10品位)を持ち寄っていた。
ようするに車が無いと行けないんだよね。
本家持ちで食事会って言ったって、まさか手ぶらじゃいけないし。
そんな訳でみんな集まらなくなった。
うちの親世代ももう還暦過ぎだし、私世代は幼児持ち。
この状況では足は遠のいても仕方ないと思う。
ずっと楽しい日々が続くと思っていた伯父伯母は悲しがって、
何かと誘うんだけど、行けても精々月一回、二時間で帰る。
事実上、本家にみんなで集まって食事会!の伝統は終わった。
続きを読む

このページのトップヘ