営業

 
422 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/25(日) 02:33:36
 取引先の営業から紹介された新人のアシスタントは、今まで
初対面では誰も読めなかった珍しい俺の名字を一発で読んだ。
「お、すごい。これいきなり読める人なかなか居ないんですよ」
「えと、高校の頃の知り合いに同じ名字の人が居まして」
 俺はそれが彼女との初めての会話だとずっと思ってた。

 実はそうじゃなかったって事は、彼女と付き合う様になって
しばらくしてから教えてもらった。それは俺高3・彼女高1の頃。
「どしたの?パンク?」
「いえ、チェーン外れちゃったみたいで」
 自転車で帰宅しようとして学校の駐輪場で困ってた彼女に、
最初に声をかけたのが実は俺だった。恩着せがましい事を言う
でもなく、手の油汚れを気にするでもなく応急処置を済ませて、
「一度自転車屋さんに見てもらってね、じゃ、気をつけて」
「あの、ありがとうございました」
 そのお節介焼きな物好きが生徒会長だということを、彼女は
数日後の全校集会で知った。
「それで、実は密かに憧れてたんですよ」
 でも、なんの接点も無い高校生の2年差はそれなりに大きく、
結局何もできないまま、密かな憧れのまま、生徒会長は卒業。

でも、印象に残った珍しくてめんどくさい名字は忘れられず、
だから、就職して初めて名刺交換した相手があの時の生徒会長
だと、実は疑いもせず確信していたらしい。
「忘れられませんよ、かっこ良かったから。あの頃は」
 でも、まさかその珍しくてめんどくさい名字を自分で名乗る
ことになるとはさすがに考えてなかった、と彼女は笑った。
続きを読む

 
324 :名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木) 02:28:48 ID:???
他スレで正社員・派遣・契約社員等の話が出ていたので思い出して投下

当時28歳の私はバリバリの営業だった
成績優秀で私の売上でで会社を支えてるように錯覚してた

でも走り続けなくてはならない営業は正直きつくて
いつまで走り続けるんだろう
いっそ出来婚でもして潔く専業主婦になってしまおうかと考えてた

当時の彼氏は大企業で安定した人
でも仕事が忙しく、毎日深夜まで残業
会社近くの独身寮に住んでたので週末しか会えないけど
私が営業職で、週末も微妙に仕事が入ったりですれ違い気味
倦怠期で冷めかけてたこともあり
ちゃんと話をして別れるか、結婚するならそろそろ具体的な話をすべきだし
彼の態度次第では潔く結婚して楽になるのもいいかなと思ってた


そんな時に外回り中に交通事故に遭い入院
家からも会社からも彼氏の寮からも車で2時間くらいの病院に入院してしまった
母親すら免許がなくて滅多に来れなかった

悲しいことにほとんどお見舞いに来てくれなかった

そして後からわかった話が、彼氏の会社でトラブルがあって
入院していた3週間、彼氏は一度も来なかった
続きを読む

 
352 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/26(日) 20:13:59
マイホーム相談に行ってきた。
簡単な間取りの話が始まって、営業のオッチャンが「床の間とかはお考えですか?」って言った。
俺は普通にウーンて考えたけど、なぜか嫁がソワソワモゾモゾ。
一応「床の間ほしいの?」と聞くと
「みなさん必要と言うんですか?」とか
「必要といえば必要だけど使わなくなったらどうするのか」とか
「今話すことじゃない」とかよくわからないこと言いながら興奮気味。
オッチャンも半分困っている。
俺「必要と思って作って、使わなくなるときってどんなときなの?」
嫁「子供2~3人産まれたときじゃない?」
あぁ、そうか。
床の間って子作りするスペースだと思ったわけか。仕切りのない半畳くらいでか?聞いたことないわ!
オッチャンにも通じてしまい、苦笑いしながら間取りのパンフもっと持ってくると言って席をはずしてくれた。
嫁に簡単に説明したら帰るまでトイレから出てこなかった。
続きを読む

 
647 :名無しさん@おーぷん 2015/07/14(火) 13:40:40 ID:yc7
イライラが続いてるので書かせてもらうね

私の勤務先は一般企業の本社じゃなくて支社
地方都市のオフィス街の雑居ビルの中に事務所がある

雑居ビルといっても場末の飲み屋街のビルではなく
いろんな会社が入ってるだけで、きれいな高層ビル
でも自社ビルじゃないから誰でも入って来れて
受付もセキュリティゲートもないから
生保レディや営業の訪問の来ること来ること

私はただの事務員で、男性.の営業マンが出払ってる昼間はほとんど一人
受付嬢ではないけど、宅配便が来れば私が出て行くし
来客も対応してる

人材派遣会社・(オフィスの置き型)水の販売
弁当屋・近隣の飲食店の営業、法人向けオフィス用品の営業
保険や車の営業が多い

チラシや名刺を置いていくだけの会社には不満はないんだけど
最近図々しい営業が増えている
続きを読む

 
388: 可愛い奥様 2011/08/11(木) 00:16:39.10 ID:g+yuB9w0O

もう何十年も昔々の話。 

とある営業をしていて、すごくあこぎな商売をしてた 
痴呆のお婆さんに限度まで買わせたり、身寄りのない障害者を脅して買わせたり……


中々買わない人にはそんなんだからブスだ、障害者だ、売れ残りだ、幸せになれないんだ、と罵り、
書けないようなハンザイさえ犯していた。
でも当時は悪いだなんて全く思ってなかった。その時の私はお金が欲しければ奪うしかなかった。
年収は今の価値でいうと一千万ぐらいかな?本社から表彰もされたっけ。
でも全部浪費に消えてったな……
ありとあらゆる娯楽、非合法な遊びにもどっぷりはまって、ある日急に何となく都会に逃げた。
そこからはまあ平凡な生活。

未だにパトカーのサイレンをきくと、冷や汗が出てくるのに血が騒ぐ。
私の居場所はここじゃないのかもなぁ。
続きを読む

605: 名無しさん@HOME 2013/10/07(月) 03:57:27.09 0
夜中に投下する

嫁と一緒の会社なんだが、嫁は事務方で内勤、俺は外回りが多い
ある日、役員から「ちょっと、会議室まで来てくれるか・・・」て呼び出された

で、会議室に行ったら嫁も居る
役員が「君は外回りと言いながら、いかがわしい所へ行って何をしているんだ?」と・・・
何の事やらさっぱりわからないし、「は?・・・」って黙ってたら
「君の営業車のナンバーは○○-○○だね、何度もラブホテルで発見されてるんだよ!」

俺、そんな事してないし、嫁は役員の横で泣いてるし
いつ、誰がそれを見てるのかの報告を求めたんだが「それを言う必要は無い」と
どこで?と聞いたら、近くのラブホテル街で通りに面した駐車場で何度も目撃されていると

その日から営業日誌はより事細かに記載して提出
おそらく、同僚か上司が俺の営業車を見たと嘘を言って陥れようとしていると思ったから

数日後、営業先から帰社する際にふと思い立ってそのラブホテル街に寄ってみた

そしたら、俺の営業車と同じ車種で同じナンバーの車がラブホにあった

地域は同じで3桁数字は違い、ひらがなも違うが、大きい4桁は完全一致
すぐさまそのラブホの駐車場に入り、同じ車種の同じナンバーの車の横に駐車
通行人に頼んで俺が2台の真ん中に立ち、写メ撮って嫁と役員に送信

どうにか、誤解は解けたが
あの数日間は、会社にも家にも居場所が無くて
悪いこと何もしてないのに逃げ出したい気分だった
あと、俺を陥れようとしてるなんて思った同僚や上司に心の中でごめんってあやまった

確認はしてないがナンバーさらしてラブホに駐車するって事は多分業者だろうね
カローラワゴンなんて腐るほどあるからこんな事もあるんだな、気をつけろよ

続きを読む

このページのトップヘ