684 :名無しさん@おーぷん 2015/07/19(日) 15:46:06 ID:WOW
前の方の書き込みに比べるとすごいプチだった自分の修羅場

昔から男性.に興味がなかった。というか恋愛に興味がない。
ただ夢だけはあって、その夢に向かって20代、30代と邁進していた。
恋愛に興味がないので恋人もいなければ結婚願望もゼロ。子供もいらない。
母親は、そんな私に理解を示し、「夢があるのはいいことだ、結婚が幸せの全てじゃない。おまえは
おまえの生きたい道を行け」と後押しをしてくれていた。
感謝しながら生活し、夢も職業にも就け、そのためにいろいろ苦労してくれた親に
孝行のつもりで家を建ててあげたり、旅行に連れて行ってあげたり、関係は良好だったと思う
そんな母が35過ぎたときに「結婚しない女に価値はない。仕事なんてどうでもいいから
結婚して子供を産め。仕事なんてやめてしまえ!どうしておまえは他の家の娘みたいに「普通」
に育たなかった。私の育て方が悪かったのか」
と言い始めたときが修羅場

今までと正反対のことを言い始めたので、母は気が狂ったんじゃないかと思った。
「好きに生きろといっていたじゃないか」というと
「そんなこといってもさすがに30代になったら結婚すると思っていたからだ!本心じゃない!」
と言われたのが修羅場

30数年母親が私に本心を隠し通して夢を応援した振りをしていたのを知ったのが修羅場
続きを読む

 
140 :名無しさん@HOME 2011/08/30(火) 22:41:20 0
子どもの頃の話。
前提としてうちは田舎で、当時は日中はどの家も鍵なんかかけてなかった。

当時私は(たぶん)幼稚園児で、夏休みだったから家で昼寝してた。
ぱっと起きたら横に知らないおばさんと、自分と同じくらいの年頃の女の子がいた。
「誰?」
って聞いたらおばさんが
「あんたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの」
って言う。
「ここは私ん家だよ」
って反論したんだけど、おばさんは
「おまえなんか知らない!うちの子はこの子だけだ出てけ!」
と怒鳴った。
私はわけがわからなくて、親以外の大人に怒鳴られたのが怖くて家を飛び出た。

おうちがなくなってしまった。
おかあさんはどこにいったんだろう。
二度とおかあさんにも友達にも先生にも会えないかもしれない。絶望しながら遠くまで歩いた。
続きを読む

  180: 名無しの心子知らず 2013/07/14(日) 04:08:52 ID:DPMZj7sv
なんだか義姉がキチガイになってしまったよ。 

私は双子妊娠中なんだけど 
義姉の夢が双子を生む事だったらしくて 
義両親に報告し伝え聞いたらしく、数日前から電話と凸がひどい。 
凸にいたってはかなり義兄家とウチは離れてるから…何処にいるのかわからない。

堕ろせとも言われたし、実母が用意し始めたおくるみ?は私が未来に生む双子のなんだ!と泣き叫ばれた。 

後は、うちを交換しろとか。 
双子を育てるには義姉家だと狭いんだって(ちなみに中古で買った大きいおうち、うちはせまーいマンション) 
わけわかんないし、義兄に旦那が止めろと電話したけど… 
私さんが黙って聞いてたら収まるからと言われて兄弟喧嘩 

と言うか義兄はなんか諦めてる感じ、警察でもいけば?って感じ。 

電話無視しても自宅凸されるし 
軽くノイローゼ… 
スレチだったらすみません、お家クレクレとか、子供服よこせだったから…此処に晒してしまいました 
続きを読む

 
148: 名無しさん@おーぷん 2015/06/24(水)22:27:11 ID:Hni
閲覧注意な。お前らにも俺の衝撃と恐怖分けてやる。読むの辞めとけと一応言っておく。実話だしお前らも知らぬ間に経験してることかもしれないが。

去年の今頃のこと、夢の中で俺は実家で母親が作ってくれたサクサクの唐揚げ食ってたんだ。
何年も家に帰ってなかったからな。うめぇうめぇってとまらなくてさ。泣きながら食ったさ。
中農ソースかけたりマヨネーズかけたり色々味変えてさ。
スゲー美味かったんだ。おふくろもニコニコしてさ。
で、良い夢見たなぁっと朝起きたら口のとこに違和感あって触ったら明らかにゴキブリの足いっぱいついてた。

あれ以来俺は唐揚げも食えなくなったし夜寝る時はマスク常備になった。
 
続きを読む

 
750: 名無しさん@HOME 2014/02/20(木) 14:35:19.53 0
実兄がケチな犯罪で逮捕起訴され実刑くらって服役した。
両親は憔悴し、借金もでき、将来法律関係に進みたかった
自分の未来は潰された。結婚しようと思っていた彼女とも別れた。
今は別の仕事に就いて、誰とも深く関わらないように一人で
静かに生きている。でもずっと心は修羅場のままだ。
たぶんあいつがタヒなない限りこの修羅場は終わらない。

続きを読む

767: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/30(木) 14:18:11.60 ID:LSjdRjbi
初めて教会での友人の結婚式に出席したときの話。
バージンロードに一番近い席に私は座ってた。
扉が開いてウエディングドレス姿の友人が父親と並んでゆっくり歩いてくる。
拍手の音で何を言ってるのか聞こえないけど、花嫁と父親が何か呟きながら歩いてくるのは気が付いた。
「幸せになれよ」「お父さん、ありがとう」「キレイだな」「てへ」・・・とか
友人の方はベールに隠れて口元が動いてる程度しか分からなかったけど、
そんな感じだろうと想像しながら微笑ましく眺め、拍手をしていた。
ところが私のそばまで来た時、突然花嫁が父親の方へ身体を向けアゴにグーパン入れた。
ピタッと拍手が止み、そこにいた全員が固まった。
花嫁は扉の方へのっしのっしと戻って行った。
父親はその場に腰を抜かしていた。そして追いかける花婿。
かなりザワザワしたけど事情が全く分からず、15分ぐらい経ってから
今度は母親と一緒にバージンロードへ出てきて、そのあとは滞りなく終了。
その後カジュアルレストランで簡単な披露宴があって、そのまま県外に嫁いで行ったので
花嫁である友人には何も話を聞けず、私たち友人一同謎のままだった。
が、たった一年でその友人は離婚して戻ってきた。
そこでやっと明かされた当時の話。

続きを読む

318: 名無しさん@HOME 2014/01/25(土) 22:20:12.26 0
高1のとき、母親の浮気、父親の借金が原因という
ドラマみたいな理由で両親が離婚した。
数年前からずっと母親が浮気していたのが寂しかったのか、
父親が投資に手をだし失敗して多額の借金を作り、離婚。
小学生のころから離婚する、しないの揉め事は何度かあったし、
母からも「いつかは離婚する」といわれていたから覚悟してたつもりだったけど、
両親とも好きだった私にとってはとても辛かった。
その後、家族の中で一番信頼していた弟がグレて、家のお金を数十万も盗む。
当時過敏性腸症候群で、まともに授業に出られなかったことからいじめにあい、
精神病を患っていた私はさらに病気悪化。
私が死ねば家計が楽になるかな、と自殺を考えたり、まともに眠れない日々が続き、本当に修羅場だった。

なんとか病気を克服し、今は大学に進学して平穏に生活しているけれど、
家族みんなで仲良く暮らしている光景をよく夢に見ては、悲しくなる。

続きを読む

894: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/08(土) 20:19:59.16 ID:oF0FMsRS
昼寝って夢ばんばんみるじゃん、さっきもなんか夢みてたんだわ
トイレに行っておしっこする夢な
…ここまででもうお分かりと思うが、ほんとに衝撃だったわww
あ、一瞬で目が覚めて途中までで無理やり止めて、続きはちゃんとトイレいったけど
しっかりベッドパッドとシーツまで染みてたorz
洗濯機回しながらたそがれてます

続きを読む

このページのトップヘ