太鼓判

 
387 :名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金) 08:51:40 ID:jBf
昔から「子供は絶対女の子がいいな~!」と言っていた姉。
家系的にも女系でここ何世代も男なんて産まれた事もなかったから、男女どちらでもいい派の私もなんとなく産む時は女だろうな~と考えてた。
時は流れ姉は結婚、2年後には子供を授かった。
妊娠中性.別を見てもらったところ女の子だと太鼓判をもらい姉は大喜び。
ピンクや赤、フリルやリボンたっぷりなまさに女の子!的な服などを買い漁ってた。
が、実際産まれたのは立派なモノを持った男の子。誰が見ても男の子。
皆が子供の誕生を祝う中、姉だけが呆然としてた。
出産の翌々日、姉旦那から母に電話が。
「私の子供は女の子!この子は違う!」と言って授乳やオムツ替えなどを一切拒否していると病院から連絡があったらしい。
ここからは直接見てないから聞いた話だけど、母と姉旦那が何度も病院に行き説得したが聞く耳を持たず、結局入院中は一度もお世話をする事はなかったそうだ。
退院後は本当に大変だった。
「こんな子私の子供じゃないのになんで家に置いとかなきゃいけないのよ!」と暴れるから姉の身体を落ち着かせる為に一旦姉を我が家(姉実家)、赤ん坊は姉旦那実家に移動させた。
ま、姉の身体云々はぶっちゃけ建前で、この状態の姉を赤ん坊の側に置いてたら何かしでかすんじゃないかと心配したからっていうのが本音。
物理的に距離を作った事、病院やカウンセリングに通わせた事で多少は落ち着きを取り戻したけど、それでも赤ん坊の話をたまに聞かせるとまた元の木阿弥。
1年半くらいはこんな状況が続いたと思う。
結局姉旦那が耐えられなくなり離婚となったけど、「あれ(赤ん坊)を持って行ってくれるなら私何もいらないしお金もいくらでも払う!」と清々しい晴れやかな顔で言った姉にはゾッとした。
まだ出産どころか結婚すらしてない自分だからわからないのかもしれないけど、子供の性.別ってそんな大事?
頭狂うほどの一大事なのか?
続きを読む

 
530 :名無しさん@おーぷん 2014/08/17(日) 10:37:06 ID:???
友達や上司の紹介で御付き合いしたら、実はその人が既婚者だった~っていう人を
たまに見るけど、私はそれを実の兄にやられた。
兄が「すごく頼れるいい先輩」と太鼓判で紹介してきた男性が
既婚者だった。
しかも奥さんは妊娠中で、私を妊娠中だけの性慾はけ口にするつもりだったらしい。
ラッキーなことに兄の友人が気づいてくれて忠告に来てくれたので
深いお付き合いになる前に回避することができた。

兄いわく「すごい怖い先輩で逆らえなくてしょうがなかった」だそうだ。
私を名指しで「おめーの妹を献上しろ」という命令だったらしい。
ヘタレな兄だと知っていたがまさかここまでとは。
兄に「お父さんには言わないで」と泣きつかれたが無視して報告した。
父と祖母が激怒し、兄への援助を打ち切ると宣告
(一人暮らしの兄に毎月6~7万援助してた)

兄から「お父さんに誤解だってとりなして」とメールが来たが無視。
兄の先輩からも「一回もやらずにサヨナラなんてもったいなくない?」という
イミフなメールが来たのでこれは兄の友人に転送しておいた。
兄の友人から先輩の奥さんに見せて話を通してくれるそうだ。

27歳にもなって先輩にゲンコツされたくないがために
実妹を売り渡そうとした兄の神経がわからない。
続きを読む

 
151 :名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日) 19:25:13 ID:???
チラ裏って何書いてもいいのかな?
書き込み初めてなんでおかしいとこあったらごめんなさい。


元トメからされたこと。

全体的にはまあまあいいひとだったんだけど、元旦が長男だったから過干渉がすごかった。
別居だったけど電車で3駅の儀実家から自転車で凸してくるし、カギを開けて勝手に入ってきて切迫流産で寝てる私を見て「昼間っから寝てるんじゃない」と説教、お小言。
まあ長男の嫁ってそんなもんだろうなあと思ってた当時の自分w
カップラーメンしか作れなかった嫁だから言われるのも仕方ないと思ってたんだけど、長男を産んだときに病院に来て「おめでとう」でも「おつかれさま」でもなくいきなり「次の子はすぐ作っちゃだめだよ」って。
えええ、それは息子に言ってくれよって思ったんだけど、「できてたらすぐにおろせ、あたしもそうしたから」って言われて怖くなった。

元旦にも言ってできないようにしようねって言ってたのになぜか年子を妊娠。
これはいまでもわからない。避妊もしてたのになあって。

で、妊娠かな?って思って病院言ったらできてた。
ここで元トメの「おろせ」がよみがえってきてめっちゃ怖くなって、母子手帳と診察券を長男産んだ個人病院の先生に事情を話して預けて、
「絶対におろせなくなるまで元旦にも言わないでください」って頼んで5か月か6か月になるまで必タヒで隠し通した。
元々ぽっちゃりしてたから気づかれなかったみたいだけど。

んで、やっと先生から「もう大丈夫」の太鼓判を押してもらってから「なんかいつの間にかできてたみたい、今日病院言ってびっくりしちゃったー」って元旦にマヤって義実家にも報告。
もうおろせないところまで育っちゃったんだから、って言い通して、今無理におろしたら母体に危険が、ってお医者さんにも口添えしてもらって無事に長女を出産。

すごく毎日怖くて、ばれないようにばれないように、この子はあたしが守るんだ!って必タヒだった。
あの時、ちゃんと守れてよかった、と25になった娘を見て当時を懐かしく思い出したのでカキコ。
続きを読む

このページのトップヘ