夫婦

772:名無しさん@お腹いっぱい。2010/10/09(土) 06:35:49
この話は、知り合いの耳に入った時点で又聞き状態。聞いたときには
酒も入っていたので、詳細はあやふやで信憑性は?です。

なので、細かい部分については脳内補完を施してありますw

サレ夫は産業機器の開発者。 
人員削減のあおりを受け、2年前からサポートにも狩り出されるようになり、 
納入先への長期出張のほか、休日にも急な出張が入るようになった。 

ふと気付くと、夫婦の会話がごく事務的になっていること、夜の生活も 
いつからご無沙汰になっているのか思い出せないほどになっていた。 
忙しくて夫婦の時間がとれず、思った以上に関係が悪化しているようだ。 

以前は仕事を家庭に持ち込まない主義のサレ夫だったが、少しでも 
家庭にいる時間をとるため、簡単な報告書程度であれば持ち帰り 
自宅で済ますことが多くなっていった。 


あるとき、短い期間で家に戻れるよう、出張での業務を効率化したいと考えたサレ夫は、 
プリントアウトした客先担当者とのメール、スケジュールで埋め尽くされた手帳、 
作業日記として使っている大学ノートを用意し、ここ1年分の出張の記録を 
見直しはじめた。 
でも、日頃の疲れが溜まっていたせいか、資料を広げたまま寝込んでしまった。 

ふと、体に重さを感じ目を覚ますと、嫁がサレ夫に抱きつきながら号泣していた。 
手帳を目で示しながら、声にならない声で「今まで誤解していた」「ごめんなさい」と 
繰り返していた。 

ひどく取り乱した様子の嫁の姿に、俺の苦労を理解してくれたという安堵感と、 
これほどまでに追い込んでしまっていたのかという罪悪感から、、嫁に精一杯 
優しい言葉をかけ寝かしつけた。 


続く
続きを読む

  85: 名無しさん@おーぷん 2017/07/11(火)18:36:18 ID:pYh
旦那が癌だった
旦那は手術すると言っているけど正直治療してほしくないです
手術しなければ2年くらいらしいので後2年がんばって働いてもらいたいんですが…
その後は生命保険と遺族年金で何とかなります
手術や治療にお金を使ってほしくないんですが
なんとか旦那に治療をあきらめて貰えるよう説得するいい方法はないでしょうか?
続きを読む

 
298: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 21:22:51
レス7年目。 

最初の数年はレス解消に向けて努力してきた。
続きを読む

  1: :2014/05/31(土)17:34:32 ID:
誰にも相談出来ないからここで聞いてほしい
客観的に見てどんな状況なのか教えてほしい
妻に聞いても何も言ってくれないから。
続きを読む

 
113:名無しさん@おーぷん2014/09/30(火)16:32:10 ID:???
我が家は結婚相談所でのお見合い結婚。
そこで初めてお見合いした人が彼だった。
お見合いは彼からの申し込み。
彼はいわゆる研究職で収入、学歴全てがかなりいい人だった。

なんでこんな人が私なんかにお見合いを申し込んだんだ?
と思ってプロフィールを見たら皮膚の病気があるとの事。
でも普通プロフィールってあんまり悪いこと書かないのにこの人は誠実だなぁって思った。
初お見合いってことで嬉しかったのもあったのでお会いすることにした。

まあ出会った彼は典型的な理系君でちょっと口が重いんだけど優しいのはすごく分かった。
ついでに女性慣れしてないのもよく分かったけどw

やはり皮膚の事は聞いておかないと・・・と思い皮膚の事を聞いてみた。
アトピーではないんだけど皮膚がボロボロ落ちる病気。
アレルギーとかではない。髪の毛も数時間たつと皮膚が浮いてフケに見えてしまうし、
(だから隙見て髪の皮膚を取っている)
保湿剤を塗っている所はまだいいんだけどそれでも皮膚がボロボロおっこってしまう。
だから夏でも股引と靴下、手首のしまった長袖で
身体の皮膚が外に落ちないようにしているということだった。

私は医療関係だからあんまりそういうのに抵抗はなかった。
しかし彼は手の甲だってできるだけ見せたくないみたいだった。
この気遣いと口が足りないけど武骨な優しさが気になったのが最初のきっかけ。
『ああ、なんだか一緒に居てとても楽でいいな・・・
これで振られてもこんないい人に会えただけでもよかった』って
そう思いながらお見合いは終了。
多分お付き合いまではいかないだろうけど・・・と思ったけど相手から
もしよろしければこのままお付き合いしたいという申し出が。正直驚いた。

彼もなんだか一緒に居て楽な感じがしていたらしい。
そして二回目、三回目とデートをした。

彼は想像以上に優しい人で会う度どんどん好きになっていった。
昔高学歴の人に低学歴だと馬鹿にされたトラウマで
高学歴の人は嫌だと思ってたんだけどそんなの吹っ飛ぶくらいどんどん好きになっていった。

そんな時に既婚の友人(と思ってた)に
「まだ一人なの?」「実はお付き合いしている人がいて・・・」という話になった。
「気が合うし、いいなと思うんだけど、
皮膚の病気があって結構ポロポロ皮膚が落ちるんだって。
だからすごく気を使って皮膚を落とさないようにしている優しい人なんだよ。」と話した瞬間、
その友人の言葉が
「え!そんなの無理!!だって汚いじゃん!!私なら絶対結婚しない!!!」と一刀両断。

その瞬間、相手を殴り倒してやりたくなった。
髪の毛も皮膚も同じじゃないか。そしてそれで不快になる人がいることが
分かっているからそうやって皮膚を落とさないように
夏で熱くても長袖で我慢しているんじゃないか!!って
マジ切れしそうになった。
でもこの人はそういう価値観なんだな、と思いそこは何も言わなかった。
(もちろんそのあとこの人とは友人やめました)

だけど彼が優しい理由ってそう言うことなんだなと改めて気が付いた。

その後も彼とデートを続けた。彼は言いにくそうに
「皮膚の事が原因で遺伝とか怖いからってお見合いでお断りされたこと
も多かった。だから嫌だったら無理しないで。」とも言った。それにもムカついた。

「なによ!皮膚なんて髪の毛と一緒よ!
汚くなんかないし、病気なんだから仕方ない。
ちゃんと対策もしているんだから
気にする必要なんてない。
私は医療者だよ!甘く見ないで!」と思わず言ってしまった。

続きを読む

このページのトップヘ