274:名無しの心子知らず2016/01/29(金) 13:54:46.67ID:LngQqoBm.net
実の妹にカチムカ。
私は実家の近くに住んでて、去年子どもを産んでから平日はほとんど実家に帰ってる
(さすがにお風呂入ったら帰る)
そしたら最近、妹が「結婚した自覚あるの?」って言うようになってきた。

続きを読む

 

929:恋人は名無しさん2008/09/22(月) 20:35:21 ID:FE1gLSLk0
つい最近の出来事投下します。

私:26歳 会社員
妹子:23歳 会社員 男に奥手
友男:26歳 法律関係の仕事 私の高校の同級生
彼男:32歳 無職

私と彼男は2年前まで付き合ってた(付き合っていた期間は3年ほど)
彼男が資格を取るために25歳から大学に入学、在学中に共通の友人(私子からすると後輩)を通じて知り合い、付き合うことに。
付き合っているときは私と同居していた妹子の3人で出かけることもありました。
しかし、彼男は資格勉強せずゲームや遊びに呆けてしまって留年、何とか卒業したものの資格試験に落ちてしまい、資格浪人に。

もともとモラハラ気味のところがあったのだが、親の金で無職なのに私が仕事の愚痴を言うと馬鹿にしたりけなしたり。
あるとき私が転職を勝手に決めたことで大喧嘩し、別れてそのまま連絡も取っていなかった。

続きを読む

 

264:恋人は名無しさん2011/08/16(火) 19:44:45.78 ID:85BTRu+60
仕事の関/係上、皆いっせいに休むのは無理な業種なので
私(女)は今月初頭にお盆休みを取って帰省し
休みが終わる前日の夜に帰ってきました。

帰宅してゆっくりお風呂して
化粧水を顔に叩きこ…んだら、なんかいつもと違う。

続きを読む

 

461: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/02(火) 19:10:00 ID:0Wxw8Uos
流れ読まずに投下。
武勇伝じゃない気がする上に、かなり昔の話なんだけど。

俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる。
しかも俺が13、妹が3歳の時に母親がタヒんじまったんで、
俺が母親代わり(父親は生きてるからさw)みたいなもんだった。
父親は仕事で忙しかったから、妹の世話はほぼ俺の担当。
飯食わせたり風呂入れたり、つたないながらも自分なりに一生懸命やってたと思う。
妹が5歳の時のこと。
保育園に妹を迎えに行ったら、なぜか大泣きしてやがる。
その日、お遊戯会の役を決めたんだが、妹はやりたかった役になれなかったらしい。
まあそれは仕方ねーだろ、あきらめろと最初は諭してたんだが
よく話を聞いてみると、どうもおかしい。

劇にはいろんな動物や妖.精.や探検家?が登場するらしく、
女の子の一番人気は妖.精.。妹も当然妖.精.がやりたかったようだ。
希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンにゆだねられるも、
妹は見事勝ち抜いて妖.精.5人のうちの一人に選ばれた。
ところが、先生が「○○ちゃん(妹)は動物の方がいいんじゃない」と妹を妖.精.役から外したという。

そんな馬鹿なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめた。
そこで分かったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないこと。
そして、妖.精.のひらひらの衣装はとても難しく、俺の家では無理だと判断され、
お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたことだった。

続きを読む

 

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/15(土)07:26:41 ID:0E8sE1wGY
両親のタヒ後、まだ小学生だった妹を必タヒに育ててきたはずだったんだが
俺は間違ってたのだろうか

続きを読む

 

1:名無しさん@おーぷん2014/08/10(日)01:39:29 ID:kCWRvp4LD

木曜から妹の彼氏泊まりに来てて、俺くそ暑い中、外に追い出されてスレたてしたんだが
今日ついに、堪忍袋破裂したったwwwww


なお、現在、外に避難なうwww
俺絶対悪くないからwwww

続きを読む

 

192:名無しの心子知らず2010/10/25(月) 19:47:01 ID:aC2CUXPc
ちょっと泣きそうっていうか泣いた。
最近引っ越しした小2息子をもつ母です。初めての転校で凄く緊張してた息子が友達と一緒に帰ってきた。
その友達が小4男の子で同じマンションで仲良くなったみたい。
明日一緒に学校行こう〜って言われた!と、とびっきりの笑顔で話してくれた息子。

そして次の日、小4友達が迎えにきた時間は7時ジャスト。(学校までは10分ちょい。もちろん早くて8時頃に着いたらいい)しかもなぜか年長妹も一緒に。
息子も戸惑っていて「ごめん。まだ起きたばかりで今からご飯なんだ〜」と説明していた。しばらくして息子が私のもとへ「なんかね、一緒にご飯食べたいって〜」と言いにきた。
ここを読んでいた私はドキっとしつつ玄関へ行き「お母さんは?」と聞いてみたら
「お母さん寝てます」と言われて、「ここでご飯食べていいって言われたの?」と聞くと「はい!」とorz
ちなみに「この子(年長妹)も?」と聞くと「はい!!」とorz
取りあえず断っていると途中で旦那に呼ばれて「今日だけパンでも焼いてやれ」と言われたが無理と言って、玄関で改めて断って追い返した。
その後旦那はグチグチ言っていたが8時にまた迎えにきて息子は一緒に登校したんだけど、その次の日はもう迎えに来なかった。
それを知った旦那に「せっかく息子にできた新しい友達なのに!息子可哀相」と晩ご飯の席で責められた。
何が悲しいかってそれを見ていた息子が後で私のところに涙ぐみながら「お母さんごめんね」ってきた事。
なんか…私間違ってないよね?教えてちゃんでごめん。でも教えて。

続きを読む

 
242 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/28(水) 17:57:17 .net
妹が毎朝痴/漢にあっていてそいつが車両を変えても気づいたら後ろにいるという悪質なやつでね
そんなこと聞いた俺は黙っちゃいられないと同行して捕まえてやろうとした
妹からは大体の風貌を聞いてたから奴が近づいてきたらすぐわかった
触った瞬間に捕まえてやると俺は意識を集中

奴が妹のお尻を触った!!今だ!!こんにゃろおぉおお!!と俺は勢い良くそいつの腕を掴んだ!!
なんか俺の腕も掴まれた!!知ったこっちゃねえぇえええ!!
俺「この人痴/漢です!」痴/漢の腕を掴みながら
嫁「この人痴/漢です!」俺の腕を掴みながら
俺&嫁「え?」
2人が同時に声をあげ俺・嫁・痴/漢の3人の腕が上がっている・容疑者は2人
なんだかよくわからない状況になったが駅員に伝えて4人(妹・俺・嫁・痴/漢)で事務所へ……
嫁から見ると俺は妹の尻をガン見してていかにも今から痴/漢しそうで手が伸びたとこで俺を捕まえたんだと(´・ω・`)

嫁すっごい謝る
俺も紛らわしいことをしたので謝る
互いに謝ってばっかなとこに妹の発案で後日「互いにごめんなさい会」として食事する→なんだかんだあってケコーン
続きを読む

 
688 :名無しさん@おーぷん 2017/07/03(月) 11:51:39 ID:Io6
昔からやたら気が強くてあんまり仲良くない年子の妹から、久しぶりに電話来た
要件訊いたら、数年付き合った彼氏と婚約するというので彼氏の家まで挨拶行ったんだと
「めでたいじゃん」って言ったら、挨拶行った翌日、彼氏から『結婚契約書』を渡されたんだと
「離婚の時の財産分与をどうこうとかってやつか」って言ったら、
「違う、何かおかしいの」って言う

取りあえず画像データで送って貰ったら、
『結婚したら、甲(妹彼氏)を主人と敬い、意見を尊重しうんたら』
『働かない妻は家を潰す妻、朝夕は家事、昼間は外で仕事、夜は子供を寝かせたら夫を労いうんたら』
『子供は3人、必ず1人は男を産む、1人目は女が好ましい』
とかもう書ききれないくらいびっしりA3くらいの紙に文字が印刷してある紙
タイトルは結婚契約書、ってなってるけど、
さだまさしの亭主関白だってここまで言ってないってくらいの内容

「え、これ何のギャグなの?」ってラインで返事したら、
「いやマジよ、婚約したんだからハンコ押して渡せって、今まで全然こんなこと言う人じゃなかったのに」って来て、
なんか暗い顔のスタンプ押してるから、

「哀れww大ハズレwwスカwwうちの妹奴隷乙ww三十路前哀れwww」
「おめでとうクソとご結婚、毎日足でもなめてご機嫌伺って旦那様とお幸せにwwww」とか
書いて大爆笑のスタンプを何個も押しまくったら、
「クソ兄タヒね」って返事が来て連絡が終わった

その後母親から妹が弁護士挟んで婚約破棄したと連絡来た
母親も妹に頼まれて一緒に弁護士事務所行って、件の結婚契約書見せたら弁護士大爆笑だったと言ってた
「情けないよ全く、私はちっとも笑えなかったよ」とボヤいてた
俺の父親も大概だったから、うちの女は男運が悪いのだと思う
続きを読む

 
277 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 09:58:11 ID:N0k8Xhy+
両親から、「妹が結婚することになった。相手の家族との顔合わせを
予定しているので、都合が良ければ同席するように。」という連絡を受けたので、
久々に帰省することにした。

ちょうど俺の方もプロポーズ済みで、先方の両親への挨拶を控えていた
時期だったので、自分の両親には「俺の方にもそういう話があるから
帰ってから詳しく説明させてくれ。」ということだけ告げて、当日は
直に会場(地元のホテル)へ向かった。

ホテルのスタッフに会場(単なるレストランの個室だけど)まで案内して
もらったんだが、扉を少し開けて中を覗いたところ、「俺の彼女」がいた。

取り敢えず扉を閉めて彼女に電話を掛けてみたところ、
・確かに同じホテルの同じレストランの個室にいる。
・目的は、「彼女の兄」の結婚相手とその家族との顔合わせ。
・相手の家族(彼女の兄の結婚相手の兄)が、まだ到着していない。
ということが確認できたのだが、どうにも扉を開ける勇気が無く、しばらく
外でモジモジした挙句に思い切って中に入ってみたら、やはり彼女と
その家族の前に座っていたのは、見慣れたウチの家族。

自己紹介の際、滝のように汗をかいたことはよく覚えているが、俺がどういう
台詞を吐いたのか、各々どう反応したのかは、誰もよく覚えていないそうだ。

久々にウチの実家で妹夫婦と会うので、記念に?書き込み。
続きを読む

このページのトップヘ