子供

 
888 :おさかなくわえた名無しさん 2003/11/28(金) 16:07:00 ID:IF3k9NPT
頭の悪そうな子供がファミレスで走り回っていて、親の元まで戻ったり、
走り回ったりしていたので、何気なく見ていた。
暫くすれば、親が注意をするだろうと見ていると、親は何も注意せずに
友人とおぼしき人と話に夢中になっている。

仕方がないので俺の出番とばかりに、俺の側まで来たので廊下側にスッと
足を出し、子供を転ばした。
そしてゆっくりと注意をした。
走り回るからこういう事になるのだと。
ところが急に親が俺の所にやって来て、「ウチの子供が何かしました?」と
まくしたててくる。

俺は事情を説明して、友達と話に夢中になるものいいですが、少しは
子供さんにも注意を傾けてくださいね、と。
しかし、この母親の剣幕は収まらない。しつこく俺に絡んでくる。
仕方がないので、店の人を呼んで今までの顛末を説明した。
そして店の人に、ここは店の中で子供が走り回っても構わないお店ですか?と
尋ねた。店の人は当然、そんなお店あるわけないでしょ!と返ってきた。
そこでこの母親に「子供さん、走り回ってましたよね?」と確認すると
見てなかった、と言う。
続きを読む

 
65 :名無しさん@HOME 2010/01/28(木) 00:06:05 0
すみません。どこに書き込めばいいのかわからなくて・・・。相談です。

元旦那には借金があった。
ある日旦那が「働く人がもう一人いれば生活がもっと楽になるね。」と
言ってきたので、「そうだね。」と答えた。
次の日、知らない女が家にいて、
「昨日言ってたもう一人の働く人です。これから一緒に暮らします。」と言われた。
そして私にこっそりと「お前のことは妹ということにしているから話を合わせろ。」とも。
子供も3人いたし、子供は当然元旦那のことを「パパ」と呼ぶし、そんな嘘すぐにばれると思った。
でも女は気づかなかった(気づかないフリをしていた?)
そんな生活がしばらく続いた後、女が妊娠した。
もちろん元旦那の子供だ。
当時、離婚する、元旦那から離れるという選択肢は何故か私にはなかった。
私の給料は全部旦那に取られていて自由になるお金なんて全くなかったし、
ちょっとでも反抗すると殴られていたので・・・。
女は子供を産んだ。
それから私はフルタイムの仕事、自分の子供の世話に加え、
その女の子供の世話もやることになった。
精神的にも肉体的にも限界だった。
そんなある日、女が「今すぐ私と籍を入れて妹と妹の子供をこの家から追い出せ。
じゃないと私が子供を連れて出て行く。」と言い出した。
私はこれで女が出て行く、元の生活に戻れる、と安堵した。
でも出て行く羽目になったのは私と子供たちだった。
実家は頼れないので母子寮に入り、しばらく生活した。
今は母子寮を出て子供3人となんとか暮らしている。
旦那から離れてみて「何で早く出て行かなかったんだろう?」と不思議でならない。 

続きます
続きを読む

 
736 :名無しさん@HOME 2015/10/30(金) 12:51:47 0.net
自分はデブが原因で不妊の義弟嫁を傷つけたことあるよ

もともと義弟夫婦の方が先に結婚していたけど子供がおらず
うちは5年付き合って義弟夫婦の結婚した2年後にやっと結婚で
翌年に妊娠して出産、2年後に二人目妊娠という感じだった。
義弟嫁は資格職でバリバリ働いていたし、
当時義弟嫁はまだ20代後半だったし
会うたびに「子供は特に欲しいとは思わない」「子供で繋がってる夫婦になりたくない」と言っていたので
自立した人なんだな、と思っていた。

私が二人目出産した後の何かの集まり(多分義父の誕生日か何か)で
旦那が「うちの経済力だと一人が限界なんだけど、うっかり二人目も授かってしまったので
頑張って働かなくちゃ」みたいなことを言った途端
義弟嫁が「なんで?デブなのに何でそんなボロボロ産めるのよ!デブの癖に!」って泣きながら喚いた。

後からわかったんだけど、義弟嫁は本当は子供大好きで最低3人、できたら5人くらい欲しいと言っていたらしい。
義弟嫁自身が5人兄妹で兄妹仲がよかったので、そういう家族目指していたって。
でも、1年経ってもできず、通常2年で不妊なんだけど焦りが出て産科に相談したけど
義弟嫁は特に問題はなく、義弟君の精/子の運動率がやや悪い程度だった
不妊というほどじゃない、と言われて安心してその後妊娠したけどすぐに流産
さらに二度流産を繰返して、不育症と診断された直後の集まりだった。

誰もその話を聞いていなかったので仕方ないとは思うんだけど
デブの癖に!って言われたのはやっぱり結構傷ついた。
結局、義弟夫婦のところは今のところは子供は生まれてない。

こういう時理不尽だなぁとちょっと思うわ。
うちは子供好きだけど経済的に本当にギリギリだし
子供はまあできたら嬉しいね、でもいないならいないでいいよね、という程度だったけど
特に何の問題もなく二人を授かれた。
義弟は一部上場勤務だし奥さんも資格職で経済的に余裕があるし
二人とも子供大好きなのに子供に恵まれず。
続きを読む

 
531 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/07/12(木) 20:29:21 ID:jx6n0PKHd.net
さっき嫁から泣きながら
実は不妊なんですって告白されたんだが
どうしていいのかわかんないんだけどwww
続きを読む

 
515 :名無しさん@おーぷん 2015/07/06(月) 17:13:38 ID:bFj
高校生のころ、風疹にかかった。もう風疹は済ませたと思ってたから
全然気がつかなくて、授業中にベテランの女性教師に突然呼ばれて前に出たら、
あちこち見られて、「あなた、風疹!すぐ帰りなさい!」って教室追い出された。

電車通学だったから、電車の中でもできるだけ他の人に近づかないように隅っこに座った。
昼前で、あまり人が乗ってなかったんだけど、ふと気がついたら小さい子が横に座ってた。
運転台が見たいのかと思って、席を譲って別のとこに行ってもついてくる。
そのころにはどんどん体調が悪くなって、ふらふらだった。

子供から離れようと席を変わってたら、女の人が前に立ちふさがった。妊婦だった。
キンキン声で、「こんな時間に電車に乗ってるということは、さぼっている不良だろう。
お前はこのきれいな子供の目を見ろ。そして謝れ!」と叫ばれた。
病気で早退したんです、すいませんと言って席を離れようとしても、顔をくっつけるみたいにして
わーわーぼろくそにけなされた。子供はニヤニヤしながらぺったりくっついてくる。

気分が悪いわ、怖いわで吐きそうになってたら、近くの席の人が、「この子顔色悪いし、本当に
病気だよ」と声をかけてくれた。そしたら、妊婦は今度は「こいつ病気!病気!移ったらどうしてくれる!」って騒ぎ始めた。
だれかが連絡してくれたのか、駅についたら駅員さんが乗ってきて止めてくれたんだけど、
妊婦は私の腕をつかんでぎゃーぎゃー叫んで離さない。
「病気が移った!流産する!どうしてくれる!!!」とか言ってたのは覚えている。
結局、私はぶっ倒れてタクシーで病院へ連れて行かれて、その後のことはわからない。

先日、その路線の電車に乗ったら、知的障害らしい子を二人連れた母親がいたんだけど、それがあの妊婦のような
気がした。ゲソゲソに痩せて、おばあさんみたいになってたから違うかもしれないけど。
もしかしたら、本当に私が風疹を移してしまってああなったのかもと思って、心の中が修羅場中。
続きを読む

 
10 :1/2 2014/10/10(金) 13:06:59 0.net
今の私にちょうどいいスレだわ

三年前に一人っ子の息子が七歳年上のバツイチ子持ちの嫁と結婚
息子が選んだ人だから反対はしなかったよ
ただ子持ちだと私が知らされたのは結婚式の九日前
息子が知らされたのは結婚式の二週間前だと聞いた
子供はほとんど嫁実家で育てられたらしく結婚後もそうするつもりだったから言わなかった
でも嫁実家の同居兄夫婦に自分で育てろ嫁両親が育てるなら別居と拒否されたらしく
引き取って一緒に住むことになるので打ち明けたとのこと
ご挨拶と顔合わせに伺いたいと申し出た私に、遠いから結婚式で済ませましょうと言った嫁両親も
一緒になって隠すつもりだったんだろうね

また息子が子供も一緒に暮らすなら養育費は断って欲しいとお願いしたらしいが
子供の権利だからと結婚後も継続して貰うと主張(間違いではないと思う)
だから私は養子縁組は子供の養育費が終わって本人の希望で決めた方がいいと二人に言って了解させた
息子とふたりだけの時に今ならまだ止めれるよって言ってみたけど、
結婚すると言うので養子縁組のことだけ約束させて黙った

はい、私は嫁が気に入らない息子もバカだと思う
それでも息子や嫁の通勤沿線で分譲貸ししていた駅近マンション(私名義)が空いたので
リフォームをして光熱費込みで駐車場二台分程度の家賃で提供している
でもやっぱり気に入らないから盆正月等帰省や訪問は一切させない法事は息子だけでよいと徹底した
嫁と連れ子には結婚式以来会ってないし電話も息子の携帯にしかしない
だって顔みたら何か言ってしまいそうだしね
息子に会いたくなったら平日限定で私が息子の会社の近くに出向き一緒にランチ年に二回ディナー
もちろん二週間前には連絡入れて予定あわせてだけど
これって嫁いびりらしい
続きを読む

 
829 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 22:08:30 ID:pw6beVGA.net
ありがちな話なんだけどファミレスでの出来事。

未就学っぽいチビッコ3人が叫びながら鬼ごっこをしていた。走り回ったり、テーブルの下に隠れたり、店員さんを盾にしたり。ギャルちっくな保護者3人は、結構な音量でおしゃべりに夢中だった。
ものすごく混んでいるわけじゃないけれど、それなりにお客さんもいるしぶつかっては危険と思い、保護者の方から注意して貰おうと、ゆっくりとした口調で話しかけた。

私 「あのー、 お 孫 さ ん 達の元気がいいのは大変結構なんですけど、ちょっと声が大きいので、 お ば あ ち ゃ ま 達の方から注意していただけませんか?」
保 「な…!おば…!母親ですけど?!」
私 「エッ…!うそ、ヤダーごめんなさい!…てっきり、 お ば あ ち ゃ ま だからお孫さんの躾に責任を感じていなくて放置しているのかと…。あとやっぱり、お ば あ ち ゃ ま はお耳が遠くていらっしゃるから、騒がれていても気が付かなかったのかと…」
保 「…!…!(絶句)」
私 「でもまあ、私が言いたいこと、分かってくださいましたよね?おま…お子さん?達に注意していただけますよね」
おばあちゃま改めお母様がた、顔真っ赤になっていました。

私は友達が待つ席に戻り、
私 「間違えちゃった!おばあちゃまじゃなくてお母様なんだって!はずいー」
友 「私もおばあちゃんかと思った」

2人とも、やたらハキハキと「おばあちゃま」という単語を口にしていた気がする。周囲で吹き出している人がいた。そしてお母様とお子様達は、その後直ぐにお帰りになっていた。
ちなみに当然その人達がお母様だとは分かっていたよ。彼女達、下手したら当時25歳の私より若かったかもしれないし、おばあちゃまは酷だったよなぁと思う。言い返されなくてよかったよ。

あと、私の祖母は私が悪いことをすればきちんと叱ってくれる人なので、おばあちゃんは孫に責任がないから~は、言っていて祖母の顔がチラつき申し訳ない気持ちになったなぁ…。私という孫はほんとにもう…(´・ω・`)

DQNぽくてごめんね。おしまい。
続きを読む

 
405 :名無しの心子知らず 2012/10/30(火) 13:21:01 ID:tPuTASgi
ここってキチ外パパも含まれるんですか?
続きを読む

 
1 :名無しさん@おーぷん 2018/05/16(水) 13:16:25 ID:UhG
友人の恋愛相談に乗ってたら、急に後ろの席に座ってる女から
「口説くとかさ、そういう話やめてくれる?こっち子供いるの。教育上良くないでしょ」
とか言われて絡まれた。
はあ?と思ったけど、別にどぎつい下ネタとか話してる訳じゃないし無視した。
そしたら女がヒートアップして、
「子供に悪い影響与えたらどうすんのよ!」
って大声あげたから、お店の人が来てしまって、なんか気まずくなったので店を出ようかって流れになった。
そしたら女がまた喚きだして
「まるで私が追い出したみたいじゃない!私が悪いの?」
って言うもんだたら、さすがにカチンと来て、
「教育上の話をするなら、居酒屋にお子さんを連れてくること自体がどうなんですかね?お子さん酔って喚くあなたを見てますよ?」
って返したらビールをぶっかけられた。
ここで店長さんが割って入って、
「お代は結構ですので、ここは何卒穏便に…」
ってお願いされたので、行きつけの店だったのもあって大人しく引き下がって店を出た。
帰り際までずっと女は
「待ちなさいよ。逃げんなよ」
って煽って来たけど、女の子供に
「ごめんなさい。お母さん酔うといつもこうなんです」
って半泣きで言われたから争う気を削がれた。
「君が謝ることじゃないよ」
って言って帰ったけど、なんか思い出したら腹が立ってきたからここで愚痴る。
続きを読む

  384:おさかなくわえた名無しさん2017/10/02(月) 15:06:57.27 ID:DvMMHzIi
もうずっと昔のクリスマスの朝のこと
起きて居間へ行くと、
私と妹がすっぽり入ってしまえそうな大きな箱がおいてあった
脇には一人ずつ入れそうな大きな箱が二つ
今年のクリスマスは違うな!と私たちは大絶叫
親はニコニコしながら妹に大きな箱を開けるように言った
一つ目は机、二つ目はキャスターのついた袖机、
三つ目は椅子とみな来年就学の妹用の物だった
私には両手で抱えられるくらいの包みが一つ…
中身は電動鉛筆削りだった 

震えながら泣き出した私に、
親は泣くなんていらないのかな~?と和まそうとしてか、からかってきた 
笑えるわけもなく、ずっと泣いていた暗いクリスマスだった 

私の机は父が勤めていた会社で不要になった木製の古い机に、
椅子だけは新しいのを合わせて使っていた(結局家を出るまでこの机を使った) 
古い机はがたがきていて、一番上の引き出しを持ち上げながら押し込むと
引き出しが引っ込んでちょっとしたものが隠せた 
親の足音がしたらさっとそこへ漫画を入れて澄ましていられたので便利だったw 
とはいえ、差をつけられたようで悲しかったな
続きを読む

このページのトップヘ