家族

  588: 名無しさん@おーぷん 2015/07/16(木)17:57:59 ID:Ppz
愚痴兼悩み。

弟がマスオさんになるって言い出した。
弟としては家賃浮くし(我が家では部屋数足りない)、
弟宅は一軒家賃貸(築40年ぐらいだけど最低限のリフォーム済)だけど虫がよく出るらしく、
虫嫌いの弟にとってはその賃貸は苦痛らしい(いかつい顔してるのにね)からマスオさんは問題ない。
でも弟がマスオさんになったら困る事がいくつか出るなと。

・うちの糖質の母にとって孫(私から見ると甥)に会う事が唯一の精神安定剤
→週一で弟宅(車で10分)に、必ず父か私と一緒に行って小一時間遊ばせてる
・一昨年、糖質の母精神科入院直前に、義妹を引っ叩き生後半年の甥を連れ帰る事案発生
→それ以来義妹は母に恐怖心を抱いており、母には出来る限り弟宅に来てほしくないとのこと
→退院して半年経たずに担当医が薬止めたからか現在糖質再発中
・弟がマスオさんになったら孫に会えない母がどうなるかわからない
→母を宥めすかして落ち着かせる努力はより一層しなきゃなと。病院連れて行く段取りしないと。
・私が甥っ子に会えなくなる寂しい
→これ重要

義妹の気持ちは十分理解しているから、
弟には休日、義妹が家事をしている間の30分でいいから甥っ子を連れてきてと頼んでいるけど、
母の病気への理解が足りないのか、ただめんどくさいだけなのか知らないが、滅多に連れて来ない。
以前母を病院に連れて行くつもりで病院と連絡取合ったりとあれこれしてたんだけど、
いざ病院へ行くって日に私はどうしても仕事を休めなかったので父と長兄に任せたものの、
ごねる事が最初から分かり切っている母を病医院へ連れて行く説得を途中で止めて、
結局病院に連れて行かなかった。

話があちこち飛んだけど、
弟がマスオさんになったらまた大変になるんだろうなと。
来年4月に私は県外に嫁ぐけど、その前に一つでも問題減らしたい。
でも非協力的な家族を見てると頑張る気力が無くなってきた。
ちなみにこの間に、
次兄がスキンの仕事を始めて、何も分かっちゃいない母に金の無心に来ている事も悩みの一つ。
お前らほんとつくづくだよ。
続きを読む

 

1 :名無しさん@おーぷん:2016/09/07(水)00:56:21 ID:j4r

1.大きな病気しない
2.ひらがなが全部読める
3.妹が泣いてるとあやしに行ってくれる
4.1年以上してないのに生まれてきてくれた
5.箸を使うのが上手で豆とかも器用に食べる
6.寝坊するとほっぺたつついて起こしてくれる
7.毎日金魚に餌をあげられる
8.コンビニとかスーパーで買い物する時レジの人にありがとうって言える
9.自分からすすんで歯磨きできる

続きを読む

294: 恋人は名無しさん 2010/09/30(木) 19:04:10 ID:uvLkUm+J0
本スレ237を見て思い出したから投下。
最初に書いておくけど、こっちはうまく親子の和解とはいかなかった例。

私と彼男は高校で知り合い、大学は別々になったけど付き合い続けて
就職難の時代ながらもなんとかお互い就職先を見つけ、数年。
環境も落ち着いてきたし、そろそろ、ということで
結婚話が出はじめた。

わが県は田舎ですが、彼男の家はその中でも立派な農村地帯でした。
なにしろその住所に、住宅はたった8件。あと全部たんぼ。
でも彼男両親はいい人で、こころよく歓待してくれ、
これならうまくやっていけそう…と思った。

続きを読む

123: 恋人は名無しさん2009/05/26(火) 13:00:26 ID:N9uH5xDH0
田舎から関東に引越しする前から、何故かほぼ同居状態だった愛人さん。 
この人実は、母の実妹。(叔母さんですね) 
関東に引越しする前から父には、放浪癖?みたいなモノがあり、 
いきなり家出をする人だったみたいです。 
関東に引越ししたのも、父の家出が発端。 
関西まで進出して結局、関東に落ち着いた。 
田舎に戻っても楽しい遊びが出来ない?みたいな感覚で  
私達(母、私、弟)は父の元へ引越し、 
その1年後に叔母が父を追いかけるようにやってきた。 
そして、一応隣のボロ屋を借りて叔母は住むんだけど 寝る時以外はほとんど一緒。 
もう、同居と同じ状態でしたね。 
私は、最初これが普通なのだと思っていたけれど、友達が  

「あんたの家おかしくない?何で叔母さんが同居なの?」 

っと。その言葉で叔母に不信感を持った小学校高学年の私。 
思春期に入っていて叔母の怪しい行動?が、ポロポロ見えてきたわけです。 
それでも母が何も言わず 私は何も言わないまま そんな奇妙な生活は続く。 
そして私が高校に入学する時 一戸建ての家を購入して引越し。 
何故か、叔母さんも一緒に引っ越して完全同居になる。 
 
続きを読む

このページのトップヘ