家族

 
152: 名無しさん@HOME 2015/01/07(水) 14:14:22.84
お正月に姪と甥が遊びに来てちょっとジーンと来たので書かせてください。 
10数年前の話なのでいろいろ記憶が曖昧な部分があったり 
辻褄が合わない部分があるかも知れませんがご容赦ください。 
長いです。ごめんなさい。 

私は関西出身で、父、母、兄、私、弟の5人家族、男ばっかりの3人兄弟です。 
阪神大震災で、自宅は潰れなかったもののあちこちガタがきては 
その都度部分的に修理していました。 
そんな折、私が宝くじに当たり(年末ジャンボの1等前後賞の前賞)、 
いっそのこと上物を建て替えようか、という話になったんですが 
兄が東京の会社へ就職、弟は京都の大学へ進学することになり、 
二人が家を出ることになりました。 

両親と私の3人で暮らすのに上物建て替えるのもどうだろう? 
ならいっそのことマンションでも買って3人で住むか? 
ということになり、土地を売って兄弟3人に生前贈与されました。 
税金等々引かれて600万ずつくらいの分与になったと記憶しています。 
そのお金と宝くじの当選金でマンションを購入しました。私名義で。 
両親は私のマンションで一緒に暮らすこととなりました。

続きを読む

 
34: 名無しさん@HOME 2014/11/28(金) 02:24:20.12 0
小学校時代に修羅場を体験?した話 1/2 


父には義理の兄的存在Aがいた。父方の祖母の姉の子で、Aの両親は彼の幼少時に事故死。祖母の実家で育てられてたけど、昔の田舎の農家のこと、長男嫁からの虐待があって、いつも祖母の所に逃げてきてたらしい。 

Aは高校卒業後、市役所の公務員になった。そこで銀行勤めのBという女性と結婚し、家庭を持ったがBは仕事を辞めなかった。 

うちの父も苦学して数年後、同じ市役所に入職。直後に高校時代の親友の妹である母と結婚し、母も銀行勤めだったが退職して主婦になった。 

ここまでの人間関係が大前提ね。 


さて、小学生当時の自分にとって、うちの祖母を尋ねてくるABという夫妻は、とても奇妙な存在だった。 

まず、AB夫妻の子供(私と同世代の男の子二人)が異常。あいさつもせず口もきかず、いつも客間の隅っこでじっと膝を抱えて死んだような目をしてただすわってる。 
その頃、BにたいするAのDVが親族間で問題になりはじめてたんだけど、今考えると子供たちもAに虐待されてたんだと思う。 


自分が小学校低学年の頃、夜中にBが悲鳴をあげて家に逃げ込んでくることが度々(数ヶ月に一度)続くようになった。Aは酒乱で、Bを殴ったり蹴ったりを隠そうともしなくなったらしい。でも家庭の中だと、当時の警察は何もしてくれなかったそうだ。 

そのうち、虐待されて泣いているはずのBが父に媚びを売り出した。そして酒乱のAは何かと理由をつけてはうちの母に絡むようになった。 

多分理由は、若い頃のうちの父と母が誰が見ても美男美女だったからだ。 
Aは若ハゲのデブで父より出世が遅れ、Bは今で言うゴスロリ趣味に似たファッションセンスの不気味女で、銀行で若い子イジメを繰り返しては支店をたらいまわしにさせられるような性悪女だった。 

Aはその悲惨な生い立ちもあいまってうちの父への嫉妬をずっと持っていたんだと思う。また、Bは仕事をやめて主婦になったうちの母を妬んでいたのかもしれない。 

父も母もABになびく事はなかったけど、Bの夜中の強襲と酔っぱらいAの怒鳴り込みは数年間続いた。ある晩に修羅場が起こるまで。
続きを読む

  385: 名無しさん@おーぷん 2017/04/18(火)14:29:22 ID:W2v
いつでも手伝うから困ったときは声をかけてねが口癖の実母
口だけなのは自分が幼い頃からわかってたから頼まないようにしてた
私の子どもが小1のある日、保護者必須の行事が日曜日にあった
旦那はその数ヶ月海外出張中で下にもだっこ必須月齢の乳児がいた
私はその時期すごく体調が悪くて行事出席どころじゃなかった

腹をくくって本当に仕方なく母に頭を下げて頼んだら、
「それ、私の休みが日曜しかないのわかってて言ってる言葉?いやよ」
学校に相談してどうしても親が出られない子グループに入れて貰えることになった

それから半月ほどで旦那帰国
一目見て病んでいるのがわかって救急に連れて行かれた
重度の心不全でそのまま入院
きちんと病名を確定するための検査(心臓カテーテル)をするには
BNPと言う値が1/10以下にならなくては安全上できなかった
下がるまでには約3ヶ月を要した
頭を下げたときに会っている母には
「そんな妻を放置して出張だなんて離婚して親元に帰してちょうだい」ってグダグダ言われた
一応医療従事者の端くれのあなたがわからなったことを旦那はすぐわかったんだよ
私は調子の悪い状態を日記でつけてて医師に旦那出発後暫く経ってからだし、
病気の妻を置いて行った訳じゃないって言われました
むしろ母が気付けなかったのがちょっとね…と母の目の前で言われて少しスッとしました

手伝う気がないなら手伝うからとか言わないで!
心のどこかで最後の拠り所にしてしまうんだからー
そんな母は今でもいつでも手伝うからは口癖のように言ってる
まるで神経わからんです
続きを読む

167:名無しさん@おーぷん2015/07/23(木)13:48:57 ID:2C3
流れを切って申し訳ないがちょっとした愚痴

2011に起きた震災で仕事を辞めざるを得なくなった時、俺に向けて鼻息荒くしながら親父が言った言葉
「糞爺(祖父)がタヒんだら家売って、俺達(両親)はマンションの一室に引っ越すからな。お前たち(俺と姉)には一銭も残さねぇから! 何処へなりとも勝手に行って勝手にタヒね!」
こりゃアカンと地元の就職を止めて某車の工場に期間工として就職。そして一か月位して掛かってきた親父の電話

「やっぱお前が居ないと駄目だわ(鼻声)」
そして明かされる。俺が居なくなってから数日もしない内に母が鬱病に成ったという事を……! ……だから何? そりゃご愁傷様って感じなんだが、学校の教師なのに大丈夫か?
半年経ち、一度実家に戻った際親父が言った計画(世迷言)
「家をリフォームするからお前も金出せよ」
……仕送りとして4~5万渡してるし、発言が二転も三転もしてるのですがそれは……
そして今現在、特別延長ももうすぐで終了し仕事探すかぁ、と思っていた時に掛かってきた電話
「戻ってこい」

……馬鹿なのかな? 
続きを読む

 
49: 名無しさん@おーぷん2016/07/12(火)23:01:07 ID:lPt
嫁が昨夜仕事柄終わるなり倒れるようにかえって来てしゃべるのも辛そうに頭が割れそうだと伝えたきた
明るいのも物音も頭に響くと電気消してテレビも消して、背中を痛がるから背中をさすって
寒い寒いと言いながら体中あせびっしょり、でも熱は低い
薬を飲ませようとしても体を持ち上げられず、起こしてコップをもたせたら手の震えが止まらなくて持てない
寒くて震えて踏んじゃなくて痙攣してる感じ
薬を飲ませて暫くしたらトイレで吐いた
飲み直して吐いてを繰り返してたらなんとか薬吸収した分で痛みが引いたらしくて動けるようにはなってた
今日病院に連れて行ったら熱もないし喉も鼻も異状なしでロキソニン出して終わり
なのに寒い寒いとまた言っていて薬を飲んでも頭痛と背中の痛みが引かない
相変わらず熱はないが汗はすごい
これ本当にロキソニンだけでいいのか?
痛みが取れないと四時間に一回一錠ずつ飲んでる
連れて行ったのは頭痛で看板上げてる病院 
続きを読む

このページのトップヘ