寿退社

 
950 :名無しさん@おーぷん 2015/12/02(水) 23:57:37 ID:PV6
メガネがないと何も見えない私を、メガネなしでドライブ中の車から放り出してくれた婚約者を棄ててきた。

解決したので投下。
身バレしない程度にフェイクをいれるのでご容赦を。

私は極度のド乱視とド近眼で視力が低い。
メガネをしても車の運転は無理。
そのうえドライアイがひどいため、コンタクトを常用するのは無理。

二年付き合った彼のポロポーズを受け、寿退社する予定だった。
相手は同じ会社の同期。

ここまでが前提。

両家の挨拶や挙式の日程も決まり、独身生活もあとわずかというときのことだった。

翌日も休みということもあって、デート帰りに彼と車でドライブを楽しんでいた。

前述のとおりコンタクトを常用するのは無理な私だけれど、一生に一度のお式の日くらいはメガネではなくコンタクトにしようと彼と車のなかで話していた。
前々から彼は私がメガネをかけているのが不満で、「外していたほうが美人なのに」と言っていたので自分のオトメゴコロもあったけれど単純に彼に喜んでもらいたかった。

そこでなぜか彼は「一日コンタクトにできるのならずっとコンタクトでいろよ」と言い出した。

過去に何度か挑戦して、ダメだったことは言ってあったので口論に発展。

最初は私も無理だよ~って感じで軽いノリだったが「メガネのお前、ぶっさいくでマジ引くんだよ」と言われたことでヒートアップ。
そのうち彼は車を停車させて、「見えない見えないって大げさだ。そう言えば運転してもらえると思って調子にのんな!」と私の顔からメガネをむしり取ると、助手席に回り込んで私を車から放り出した。
続きを読む

 
165 :恋人は名無しさん 2012/03/19(月) 17:41:52 ID:dfXDGjnZ0
前の会社に勤めていた時の話です。
A先輩と私はあまり仲がよくありませんでした。
仲良くできない理由は、A先輩がやりたい仕事に後から入社した私が担当してA先輩に嫌われたというのがきっかけです。
趣味も違うしテンションも違うので、それが無くてもあまり親しくはならなかったタイプかもしれません。
しばらくして私はA先輩と同期のBと婚約しました。
A先輩からは「同期だから私の方がBくんと付き合い長いのよね~」と言われたりしてました。
Bに婚約指輪を買ってもらったのですが、「渡すのはまた今度でいい?」と言われ、何か決まった日にちでもあるのかなと了承しました。
すると数日後の月曜日、A先輩がその婚約指輪をつけてきました。
最初はソックリなだけと思い込もうとしてましたが、普通は大きな石のついたリングを職場につけてくる人はまずいないし
A先輩はこちらを見てニヤニヤするので、それが私の婚約指輪だと分かりました。
でもなぜ?と思いましたが、万が一違ったら大ごとだと思い、婚約者のBに聞きに行きました。
するとBはびっくりして「え?あいつ、職場につけてきてるの?非 常識だ」と怒りました。
その時はBが怒ってくれたので私の味方をしてくれてると思ってホッとしてました。
BがA先輩に話をつけに行き、興奮したA先輩が大声を出し始めたので、とうとう主任さんの耳にはいりました。
最初は主任さんと婚約者BとA先輩で話し合いをしてましたが、しばらくして私が呼ばれました。
するといつの間にか私が悪いみたいな流れになってました。
こんな高価なものを職場に持ってくるのは避けた方がいい、いくら親しくても自分の婚約指輪を他人に貸してはトラブルの元。
と、主任さんに注意されました。
なぜ私が持ってきたことになってるの?と思い反論しようとすると、私の肩を抱えて
「まあまあ、後でゆっくり話そう」とBが遮りました。
そして小さい声で「ここは丸く治めると思って。話あわせて」と言われましたが、
「私、持ってきてません。それに婚約指輪はまだ受け取ってません」と主任さんに伝えました。
続きを読む

 
529 :名無しさん@HOME 2005/10/15(土) 14:42:41
昔、同じ職場の友人には付き合って1年くらいになる彼氏がいた。
ある日昼休みに一緒に弁当を食べながらわたしは友人ののろけ話を聞いていた。
そこへ半年前から一緒に働いているAさんがやってきて一緒に食べていい?と言ってきた。
「いいですよ~」とみんなで仲良く楽しい昼休みを過ごすはずだった。
友人ののろけ話が途中だったのでAさんにはだいたいの流れを伝え友人が「でねー〇〇(彼氏の名前)が・・・」と話しを続けようとしたとき顔色の変わったAさんが
「その人ってもしかして名字〇〇じゃない?〇〇に住んでて年28歳じゃない?」
と言ってきた。
どんぴしゃだったので二人で
「知り合いですか?すごい!」
と盛り上がっりだしたとたんAさんが
「それ・・・わたしの旦那・・・」
・・・しーん。
続きを読む

 
191: 恋人は名無しさん 2010/10/11(月) 19:34:49 ID:na1epOe00
現在進行形の修羅場を吐き出し。 
吐き出さないとやってられない。 

彼男=私子の会社Aの下請けB社の営業31歳 
B子=彼男と同じ会社の経理。美人。男性人気絶大 

私と彼男がつきあってもう6年近くなる。 
そのことを知っている人も何人かいるが100%表沙汰にはしていない。 
でもそろそろ結婚話が出はじめて、年明けには結納予定で 
両家の親にあいさつ済み。 

先々週、彼男とB子のいる会社Bに、寿退社する社員の方がいるので 
うちの社の若手からもお祝いを送ろうという話になった。 
うちのA社は女子社員が多いが、B社には少ない。 
そこでB子が「私もA社有志の中に混ぜてもらいたい」と言いだした。 
女同士のプレゼントの方がセンスがいいし、 
一緒に買い物に行くのも楽しいからだそうで。 
続きを読む

このページのトップヘ