小学校

 
816 :おさかなくわえた名無しさん 2019/03/18(月) 01:48:55 ID:FAq4RDHF.net
ちょっと痛い話かも

小学校に上がる前、お化粧に憧れて唇に赤の油性.マジックを塗ってしまった
色味がイマイチで(なんというか角度で緑っぽく光る)しょんぼりしてたら
なんだか唇がチリチリと痛み出してくる
でも母に言ったら怒られると思って母から顔を反らしながら痛みが引くのを待つけど時間が経つにつれて痛みも悪化
とうとう耐えきれず母に泣きついた時には唇は2倍くらいに腫れていた
「なんっでそんな馬鹿なことを!」と呆れる母に濡れティッシュで拭いてもらうも落ちない
というか痛くてそれどころじゃない
母は「除光液なら落ちるかも」と思ったらしいけど目に見えてかぶれてくる娘の唇を見て夜間病院に行く事に(夜ご飯の後だった)
真っ赤な唇お化けになって号泣する私を見た先生はギョッとしたものの理由を聞いて「お化粧したくなるもんねぇ」と温和な口調
しかし処置はその触るだけで痛い唇にクリームをグリグリ
そして「唇の皮がなくなっちゃってるからしばらくはかなり痛いはず。お薬ちゃんと塗って保湿してね」と帰され
翌日からまさに地獄
何を食べても唇に当たると激痛
醤油などの刺激物だとさらに激痛
今なら分かるけど「化学火傷」?という状態で唇は火傷状態だったらしい
あれ以来唇の皮薄くなって冬は皮膚科のリップじゃないと効かないくらい弱い唇になってしまいました
みんな子供の好奇心はやべーから気をつけてね
続きを読む

 
357 :名無しさん@HOME 2011/07/30(土) 15:41:02 0
嫁の修羅場。

小学校から帰ってきたら、知らない男が家にいた。
嫁は怖くて自分の部屋に隠れてた。
帰ってきた両親は男にペコペコして、ごちそうを食べさせ、
酒を注いだり、お世辞を言ったり、世話をしたりする。
嫁も呼ばれて、男の世話をさせられた。

そのまま男は家に居座り続けて、何日経っても帰らない。
次第に男は嫁一家に暴力を振るいだしたり、
物やお金を取り上げたりするようになったけど、両親は完全に言いなり。

一ヶ月ぐらいしたら帰ったけど、その後も男が家に数週間から数ヶ月滞在したり、両親が呼び出し受けたりしてた。
一家で旅行にいく時は必ず男がついてきてたし、
男が買い物に行く時に嫁や両親がお金を払わされたり荷物持ちさせられたりもしてたそう。
続きを読む

 
810 :名無しの心子知らず 2007/09/16(日) 23:01:01 ID:TtmiHnRn
ママじゃなくてパパにだけど、図書館で傘を盗られそうになった。
車に乗っているうちに雨が降り出して、ついた頃には結構大降りに。
建物入り口でビニールの傘袋を貸してくれるんだけど、
夫は持って歩くの面倒だし、と傘立てに入れた。
入れ違いで出てきた男が
「うわー雨すげー降ってきた」と独り言言ってたので、
嫌な予感がして見ていたら、夫の傘を出してさそうとしていた。
思わず「ちょっと!」と声かけたら、
「なんだ~オメー文句あんのかぁ?アアン?」みたいに睨んできた。
「これうちの傘です。返してください」といったけど
「これは男モンだろうが!オレが泥棒したって言いたいんか?」とわめく。
そこへ「どうしたの~?」と来た女性.を見たら
なんと上の子とクラスが同じ、下の子も同じ幼稚園(学年は違う)のママ。
「このババアがオレが傘盗ったって言いがかりつけてくるんだ」と言うので
「そこにしっかりAと名前書いてあるでしょう?あなたはBさんですよね」と言った。
下の子が「あ~○○ちゃんママだ~」と走りよってきたので、そこでようやく気づいたバカ男。
「いや、本が濡れちゃまずいから、ちょっと借りようと…」とトーンダウン。
「だったら図書館の人に借りてください。傘がなかったらうちが困ります」と言ったら
夫婦ですみませんと謝ってきた。
下の子はわかってないっぽいけど、上の子は小2だからわかってしまったらしく
暗い目をしてこっちを見ていたので、気になっていたのだけど、
幸い?うちの子は夫と先に中に入ってしまっていたので、見てないから
子どもから話が広まる事はないと思い、
「この事はここだけの話にしておきますから…」と別れた。
これが夏休み中の事。
続きを読む

 
1 :名無しさんといつまでも一緒 2019/05/20(月) 21:14:46
昨日の子供の小学校の運動会で間男が
自ら公開してくれました。

父兄参加の借り物競争で「一番大切な人」
で迷わす汚嫁を連れて行った間男さん、
バカですね~~。
続きを読む

 
637 :名無しの心子知らず 2012/07/11(水) 14:09:39 ID:x5UA9yDH
キチママスレでキャンプ用品の貸し借り問題話が出てたので思い出した話。
泥棒なのでこっちに。

うちは親父が隔月くらいに近所の人誘って庭でバーベキューとか流しそうめんとか
年末年始とかに餅つきとかのイベントやるんだけど、小学校のPTA役員の方々
(親父イベントに参加しない人たち)が噂を聞いてか、学校でキャンプやるので道具を
貸して欲しいというので親父が貸したら、中も外も真っ黒にされて帰ってきたことがあった。
しかも焦がした状態で一週間以上放置されたので焦げが固着して、もはや洗うのも
無駄でグラインダーで削ってたよ。
それ以降お願いされても道具を貸すことはなくなったんだけど、年末にガレージから
窯と蒸籠と臼と杵を盗まれて、年明け前にガレージに戻されてたんだけど、窯は真っ黒、
臼は真っ二つ、杵は先が割れまくり。
親父が激怒して周りに聞きこんだら、小学校で年末に餅つきやって、そこで臼を正面玄関
階段(8段程度)から落として割ってしまったという話が子供たちから出てきた。
入学式が終わった後で小学校に聞きこみに行くと、
「確かに年末にPTA主体で餅つきをやった」
「臼を割ってしまったのも確認している」
「臼はPTA会長のAママが提供してくれたもの」
「古いものだから割れても仕方がない、問題ないと言われた」
そこで父が杵と臼を盗まれたこと、年末にガレージに放置されていたこと、臼も杵も
受け継いだ年代物であることを写真付きで説明した。
(杵は50年、臼は150年以前のものらしい)

実際立ち会った先生は、見事な年代物であることは見てわかったのに、Aママたちは
臼の縁を力いっぱい叩きまくったり(杵の先が割れる)、横倒しにして足で転がしたり
(斜めにして角で転がすのが正しい)、洗うために階段上の流しに運びあげて、降ろす
際に落として割った時も「あーあ」って感じでどうでもいい感が出てたということだった。
(ホースとか持ち出せばいいのに、なぜわざわざ運びあげたのか理解に苦しむところ)
続きを読む

 
377 :名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土) 22:01:05 ID:8QG

同級生が私父と浮気→離婚→再婚→無職→SOS!!

sosが来たのはまさに今日の出来事なんだけど、投下させてください。
長文なうえに前提長いです。

一回で入らないので分割してあげます。



私が25のとき、父(以下アホ)が会社の若い子と不倫し家庭を捨てた。
この若い子(以下S子)が私の小学校時代の同級生だった。
私は三兄弟の一番上で、当時社会人だったのは私だけで下の弟たちは高2と中3だった。
私自身は大学進学と同時に上京し地元を離れていたのだが、上の弟から一連の連絡があり急遽帰省。
S子とは小学校が同じだったくらいだから親同士も顔見知り。
中学で学区が別れて以来没交渉に近かったが、小学生のころはお互いの家に遊びに行ったこともある。
S子は自身の妊娠を理由にアホと結婚を望み、不倫で人の家庭を壊したことを「たまたま奥さんの方が出会うのが早かっただけ」だと主張。
S子の両親が激怒しても、泣いて諫めてもS子は主張を曲げず、愛の試練的なノリでますます火に油だった。
自分の娘と同じ年の子にのぼせ上ったアホも脳みそがすっかりお花畑で家族全員呆れた。
母を裏切りS子にのめり込んだアホをもう父親だとは思えず、兄弟三人で母に離婚するよう勧めた。
とはいえケジメは必要なので、再婚したければ好きにしろ、そのかわり払うものをきっちり払えと弁護士を雇って慰謝料(アホとS子双方に請求)と弟二人の養育費+学費を含む金額をむしり取ることにした。
浮かれきっていた二人は渋ることなく支払った。さっさと払って母に離婚に応じさせたかったんだと思う。
S子は妊娠していたし、アホと母の離婚が成立しなければ生まれても非嫡出子扱いだからこちらが足元を見て結構な金額を吹っ掛けた自覚はある。
アホとS子は、その際に築5年未満の自宅を追い出されるとは思っていなかったらしい。
(S子が新築のきれいな家で愛する人と一緒に暮らせる!と浮かれているのは見ているだけでわかった。)
元々実家は母方の祖父母が住んでいた場所で、祖父母が母の弟夫婦の元に身を寄せる際に家の建て直し費用と一緒に土地を生前贈与で母にくれたもの。
当然名義も母だから、アホには何の権利もなかった。
余談だけど、S子に請求した慰謝料よりも多めに支払われたのはS子の父親が地元のお役所に勤めていた人物だったから、口止め料的なものが含まれていたんだと思う。
この騒動で仕事を続けられたのかどうかは不明。
二人に全部一括で支払わせて、S子にアホをくれてやった。
捨て台詞的なものを吐かれたけどアホに対する愛想が尽きていたこともあって、正直どうでもよかった。


続きを読む

 
9 :名無しさん@HOME 2010/12/11(土) 13:03:05 O
私は中3。兄と奥さん32歳。姪っ子6歳。
来年から姪っ子が小学校に入るんだけど
兄の奥さんが「ここ(私の部屋)娘の部屋にしたいから、あなた全寮制の高校行ってね」「寮が無理なら中学卒業したらすぐ結婚してね」ってうるさい。
私が邪魔ならそっちが出てって欲しい。
しかもこの間は期末前なのに私の部屋に姪っ子おいて出掛けたし。
姪っ子は空気を読んだのか「私は絵のお勉強する」って大人しくお絵かきしてたけど。
これから受験本番なのに…志望校に落ちたら兄の奥さんを一生うらんでしまいそうで、そんな自分も嫌だ。
続きを読む

 
626 :名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火) 00:17:33 ID:Zb2
隣の家の夫婦が私のせいで離婚したかもしれないこと

小学校のとき隣の家のポストに架空の女性.の名前で恋文のような手紙を何度か入れた
ペン習字を習っていて大人っぽい字で大人に成りきって楽しんで書いていたと思う
何故隣の家のポストに入れたのかは自分でもわからない
ある時期から旦那さんの姿を見なくなりそれからずっと奥さんが犬と猫と暮らしてる

大人になってから実家に帰省したとき隣のおばさんと挨拶程度に話をしたら
ずっと別居していて3年前に離婚したと聞いた
「浮気相手の手紙がポストに入ってたこともあるの」「切手が貼ってないから直接届けにきてたのよ」「今でも怖い」と言っていた

手紙だけじゃなく実際に浮気していたのもしれないけど罪悪感で詳しく聞けなかった
続きを読む

 
264 :名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水) 14:51:43 ID:tDY
結構昔の話ですが・・・
次女が3歳のときに顔にやけどを負った。原因は元旦那。
長女が小学校の宿泊訓練があるということで、その説明会に私が参加しているときのことでした。
旦那はその日休み。長女は友人宅。旦那に次女の面倒を頼んでいたのですが
旦那が勝手に次女に料理をやらせてやけどを負わせてしまいました。
晩御飯は私が帰ってきてから作ると言っているのに、自分が小腹がすいたからと言って
何故か3歳の子供にラーメンを作らせようと指示してた。
次女はインスタントラーメンを茹でるところから、具のもやしとキャベツを炒めるところまで旦那の監督無しでやろうとしたそうだ。
その間、旦那は自分の部屋でゴロゴロ。
次女は何度もやりかたがわからないと聞きに来たそうだが、
いつもママのお手伝いをしてるだろ!なんでわからないの?と台所に行ってやることもせず。(次女談)
次女は不安定なダンボールの上に乗り足元を滑らせ顔が火のついたコンロに直撃。
顔を大やけど。野菜などはまだ刻んでいませんでした。
そこに長女が帰宅して泣き叫ぶ次女を発見。旦那は寝室でぐーすか寝ていたそうだ。
救急車を呼んだのも、濡れたタオルで顔を冷やしたのも長女。
旦那は長女の怒号にようやく目を覚まし、自体を把握。

次女の顔はときがたてばやけどが目立たなくなる程度で済みました。あと少し髪が焦げたくらい。
旦那は謝罪はしていましたが、いつも手伝ってたからできると思ったと長々言い訳してたよ・・。
手伝いって言っても皿に盛り付ける程度なんですけど。包丁や火を使う手伝いをするのは長女。
その長女ですら私の監督下でやってくれているのに。
それがきっかけで私たち夫婦間はギクシャクしてしまいました。
その後旦那に好きな人ができたから離婚してくれと言われてたけれどショックでもなんでもなかった。


続きを読む

 
894 :名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金) 09:25:48 ID:87O
なんとなく思い出した小学校低学年の頃の話。
長文愚痴すみません。

私の通っていた小学校は毎年ある絵画コンクールに応募していた。全校生徒がテーマに沿った絵を描いて先生が皆の分をまとめて応募する。
その年のテーマは「動物の絵」

友達はペットの絵を描いたり親に動物園に連れてってもらって絵を描いたり、外にいる野生動物の絵を描いたりしていた。
私はアレルギーで動物に近寄れなくて、空想で絵を描いた。

そうしたら私の描いた絵が入賞した。
私が描いたのは猫の親子の絵。
お母さん猫に寄り添う子猫、お母さん猫はお魚をくわえていて、それを子猫に与えようとしている絵。

それが自分でもビックリするくらい大人達に絶賛された。街で発行される冊子に載ったり、偉い人がわざわざ学校に来て表彰式をしたり。
「こんなあたたかい絵を描けるのは日頃お母さんと素敵な関係を築けているからだね」みたいな言葉を貰った。

母親も町内のスーパーに行けば周りの大人達に声をかけられていたらしい。
「娘さんの絵とっても素敵ね」とか「育て方がいいのね」みたいな事をたくさん言われた、鼻高々だわ!と喜んで私に報告してきた。

私自身も大人達に声をかけられた。
素敵な家庭、素敵なお母さん、素敵な関係。
皆が私の家を褒めていた。
私は「大人はなにもわかってない」と落ち込んだ。

あの絵は私の憧れで希望で妄想を詰め込んだもの。
私の母親はパチンカスで、街の人達に見つかったらうるさいからってわざわざ遠くのパチ〇コ店に行っていた。
ギャンブルが向いていないのか、だいたいが負けるかプラマイゼロ。
勝てた日はゴキゲンだけど、そうじゃない日は八つ当たりの嵐。私を叩く殴る蹴るつねる。
服で見えない場所は常にどこかしらに痣があった。

母親が私に触れてくれた記憶はほとんどない、しいて言えば暴力の時に触られる程度。
食事はたまにしかくれない、くれてもお米とお惣菜1個。給食が生命線。

母親の機嫌が悪い時に私が絵を描いていたりブロックで遊んだりしていたら怒られ蹴られる。
だから黙って部屋の隅っこで体育座り。母親の機嫌が治るまでずーっと。

大人達はなにも知らない。
絵を見て勝手に幸せで素敵な家庭と決める。
私の願望を描いたたった一枚の絵が、ここまで私の家庭の汚さを隠すものになると思わなかった。
オチはない、ごめん。お目汚し失礼しました。
続きを読む

このページのトップヘ