弁護士

 
460 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 10:01:14 ID:s+IgKK97
引っ越し先のマンションに駐車場がなかったので、近所の駐車場を借りた
駐車場を使い始めて1週間くらいたったころ、夜になって帰ってきたら
自分の駐車スペースに工事機材を積んだ軽トラックが止まっていた
何回かクラクションを鳴らしてみたけど誰も出てこない
駐車場をの仲介をした不動産屋に電話してみたが、夜なので誰も出ない
駐車場の地主宅に直接行って交渉してみたけど、地主さんにもどうしようもない
そんなことをしてる間に、止める場所もなく路駐しておいた私の車が駐車違反で切符を切られてるし……
その日は泣く泣く近くのコインパーキングに止めた

翌日も車で出かけて、帰ってきたら自分のスペースが空いていたので止めたんだけど
その次の日、駐車場に行ってみたら愛車の前にぴったりと件の軽トラックが止められていて
愛車のボディや窓ガラスが何で殴られたのか見るも無惨なくらいボコボコになっていた
あまりのできごとに駐車場にへたり込んでいたら、軽トラの持ち主がやってきた
まあ絵に描いたようなDQNタイプだったんだけど、どうも話が噛み合わない
不動産屋に間に入ってもらってよくよく話をしたら、不動産屋のミスで二重契約になっていた
私の愛車をボコボコにしたのはDQNで、自分のスペースに勝手に止められたと思ったかららしい
でも自分は悪くないからと謝らないし、不動産屋も車の補償まではできないっていうし
愛車は窓全損・ボディ全面要鈑金・タイヤ全損・ラジエータとかまで破損とあって
直すのにとんでもない金額がかかることが分かったので、泣く泣く廃車にした
自分の自動車保険から、自損事故扱いで雀の涙の金は下りたけどね
コインパーキングの料金だけは不動産屋が出してくれたが、駐禁切符は自腹
なんで金を払ってこんな思いをしなくちゃならないのかと呆然としたよ
続きを読む

 
558 :1 2016/07/18(月) 06:25:54 ID:tCJ
自分名義の土地を、適正価格で売ったというだけの話。
書いてみたら愚痴まじりで長くなったので、お暇な人だけどうぞ。

私が中学生の時、両親が離婚した。
父の愛人(不倫より本気で、何年か“囲って”いた)に子供が生まれたからだった。
私には15歳下の(異母)弟ができた。
それから25年、父が病気でしんだ。
生前に弁護士を頼んで遺言が作ってあって、
私の相続分は、父の家の土地の、何分の一かだった。
驚いたことに、母に払った慰謝料が、私に対する生前贈与として算入されていて
(そんなことができるのかと思うだろうけど、弁護士を入れれば何でもできるさ)
その分と、土地の評価額を足して、遺留分きっちりの金額だった。
その土地には家が建っていて父家族が暮らしていて、
その一画が私の名義といっても、私には何もできない。

その時私は40歳独身、父の考えとしては
→どうせ私は独身のままだろう
→15も年上の私はどうせ弟より先にしぬ
→その頃には私の母もいってるだろうし、法定相続人は弟1人
→土地はそのまま弟のもの
→俺ってよい父親!
だったと思う。

父は愛人の子が男の子とわかって狂喜して、母に離婚を突き付けたからね。
その前から、私にもよく「おまえが男の子だったらなあ」って言ってたからね。
男の子にすべてを遺してやりたかったんだろうね。
弟には、私の時とは桁違いに、教育にも習い事にも遊びにもお金をかけてやってたしね。
続きを読む

  833: :2017/09/02(土) 21:00:42.01 ID:
先週駅のホームを歩いていたら、物凄い勢いでオッサンがぶつかってきた。思いっきり吹っ飛ばされて何が起きたか分からず動揺。 
「歩きスマホしてるからだ馬鹿女!○ね!」って怒鳴られたけど、スマホなんて持ってない。手ぶら。ますます訳が分からない。 

サラリーマンが「その子スマホなんて持ってないよ。真っ直ぐ前見て歩いてたのに、いきなり柱の陰から体当たりしたのはあなたでしょう」って間に入ってくれた。 
(あぁ、わざとスマホにぶつかるの流行ってるんだっけ)と思いながら立ち上がったら頭から流血してたので、迷わず警察に被害届出した。 

オッサン泣きながら弁解してきたけどシカト。
サラリーマンの方にはお礼を言って帰ってきた。 
家族がいて娘さんが学生らしいけど知るか。こっちは包帯巻いて仕事なんか出来ないから売り上げ0になるんだよクソが。
地獄に落ちろ。来月どうしよう。
続きを読む

 
282 :名無しさん@おーぷん 2016/10/04(火) 09:00:56 ID:FW5
1人の男に結婚生活をめちゃくちゃにされた話。
学生時代に1つ歳上のAに告白されたけど振った過去がある。ただ好みではなかったのと、当時だれかと交際する気はなかったから。
そんな事はAには伝えずに「好きです」「ごめんなさい」で終了。
それから社会人となって出会った男性と結婚。子供も出来て幸せな生活を送っていたんだけど
親子3人で買い物をしていり最中に偶然Aと再会。
Aが突然「ウリは辞めたの?」と言ってきた。旦那が驚いて、売春してたのかと責めてきた。
私は全力で否定。もちろん売春なんかしてない。ずっと優しかった旦那が豹変してこちらの話に聞く耳もたない。いつのまにかAは消えていた。
ずっと汚い女だと責められて離婚が決まった。状況的にこちらが有責になる流れだったから
必タヒに弁護士探して有責は免れたよ。学生時代のAとのエピソードをあらゆる人間からかき集めるのは大変たまった。
上記の通り、「好きです」「ごめんなさい」のみの関わりだったし。目撃者なんていなかった。友人が色々知ってたけど口裏合わせだと思われてた。
Aが弁護士に「いつか嘘がバレた時には莫大な責任が君(A)に降りかかるよ。完璧だと思っていても思ってもみない所から綻びが生じる」と言われてビビって白状した。
続きを読む

 
311 :名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水) 13:08:23 ID:J0m
はるか昔、私が幼稚園児だった頃、母に「バス乗って街に行こう」と言われた。
私の住んでいる所は何もない海辺の町で、街に行けるのは滅多にないことだった。
バスの中でお菓子と「この言葉を覚えれ」と紙を渡された。
バスには近所のおじいちゃん達とおばちゃん達も乗っていた。

着いたのは料亭みたいな場所。部屋に通されると、知らない人達がいた。
スーツ姿の男性や、きれいな服を着た女性。その向かいに病気っぽい(と当時は見えた)女性がいた。
病気っぽい女性の側に座り、私はバスの中で覚えた台詞を言った。
そのうち漁に出てたおじさん達もやって来て、部屋の人数はどんどん増えていった。
スーツの男の人たちは最初偉そうだったのに、最後はうつむいていた。
病気っぽい女性が泣きはじめ、おばちゃん達がなぐさめていた。
女性は私達と一緒にバスに乗って帰った。
続きを読む

このページのトップヘ