彼女

 
1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 20:52:57.52 ID:ek9ntnU9.net
私26 
彼氏21 

私に結婚願望なかったけど同棲するにあたって彼氏に親に紹介したいと言われた 
だいぶごねたけど覚悟を決めて挨拶に行った

続きを読む

646: 恋人は名無しさん 2011/08/05(金) 16:55:44.23 ID:zv3AWFx6O
落ち着いたみたいなので投下します。
去年の今頃の出来事。
まとめようと思ってたらすげえ長くなってしまった。

◆登場人物◆
俺 25歳 野球ヲタ
元子 27歳 サッパリ系美人
浮男 20代半ば位? チャラい系イケメン 俺とは面識なし


合コンで知り合い、付き合って1年。
俺の仕事が不定休(ほぼ平日)な事もあり、なかなかゆっくりデートもできなかったが、毎日メールや電話はしてた。
俺は元子の事が大好きだったし、同棲したいなー、ゆくゆくは結婚…なんてぼんやり考えてた。

続きを読む

538: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:17:44
1 名前: 恋する名無しさん 投稿日: 2005/06/03(金) 14:37:31 
3年前俺は事故で完全に盲目になった 
当時付き合っていた彼女は、普段は俺が大好きだとか愛してるとかそればかり言っていたくせに 
俺が目が見えなくなってしまってから手のひらを返したようにいなくなった 
結婚までしようと俺は考えていたので本当にショックだった。俺はその程度だったのかと 
それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は俺から離れていなくなっていた 

はじめは暗闇の中での生活に恐怖を感じていたので周りに気を向けるヒマもなかった 
気づいたころには友人とも付き合いはなくなり、 
元々仲がいいわけではなかった兄もしょうがなく面倒を見てるといった感じ 
そもそもこの事故は前彼女を庇った時に巻き込まれて失明したので、いなくなった前彼女に怒りや憎しみを覚えることすらあった 
今思えばその頃は怒りを向けることで一時的にでも自分のことから逃れられていたのでそれが楽だったのかもしれない 
しかししばらく時がたつとそれすらも億劫になるようになり、毎日ボーっとするだけの日々をすごすようになった
何かをやろうとしても目が見えないのだから何もすることが出来ない 
一人では何ひとつできることがないのある 
何度も死んじゃおっか…とも思った 
けれどそんな俺にも2人だけ頼れる友人がいた 
中学時代からの本当の親友A(男)とB(女) 
嫌なことも楽しかったことも色々あったが、目が見えない中そいつらとの楽しかった日々の思い出だけがいつまでも焼きついて離れない 
続きを読む


964:恋人は名無しさん:2009/01/19(月) 01:13:11 ID:jEUSJk6F0
一昨年の話です。

私と彼男は同じ高校に通っていたものの、クラスも部活も違うのでほとんど
面識がなかったけれど、偶然同じ専門学校に進学してから仲良くなり、
いつしか付き合い始める事に。彼男はとても優しい人素敵な人だったんですが、
どちらかというと優柔不断で、長い物には巻かれるタイプ。時折イラッとする事も
ありましたが、そこはまあお互い様だろうし、在学中は特に揉め事も無く、
そのまま卒業を迎えました。

私は地元に、彼男は県外に就職が決まり、彼男は1年間寮生活を送る事に。
県外といっても車で1時間もあれば行ける所だったので、特に別れ話も出ず、
休日は彼男がこっちに帰ってくる(寮と職場位で何も無い場所だったので)か、
中間地点で会おうかー、なんて話をしていました。

実際就職して働き出すようになった後、時々昼と深夜にメールが届くように。
最初は「写メ送って〜」位だったのに、日を追うごとに卑猥な内容に。
(しかも必ず後から「書きすぎた、ごめん」等の謝罪が入る)
今までこんな内容のメールを送ってきた事も無く、変だなーとは思っていたけれど、
それ以外の時間帯にくるメールは今まで通りだったので、疲れてるのかな、
位にしか思っていませんでした。

その後何度か休みの日に彼男と会ったのですが、彼男はとても
疲れている様子で、私もメールの件を問い詰める事もなかったのですが、
変なメールが送られてくるようになった後から、彼男とのデートの度に
「こっち(寮)来て遊ばないか?」と誘われる事が増えたり、誰かと
遊びにおいでよと言われたりするようになり(これもいつもは積極的に
行動しない彼男にしてはおかしいと思ったのですが)、
寮は一応女性禁止になってるし、行っても遊ぶところないよ?と言うと
引き下がるので特に疑問も持たずにいました。

続きを読む

このページのトップヘ