彼氏

  238::2016/07/25(月) 15:58:49.64 ID:
若い男の人って凄いね
パート先の男の子にお願いされて、酔っていたのとお願いしてくる可愛さで致してしまった

いきなり連続で3回、ちょっと休憩して2回、まだまだ出来るみたいでだったけど時間切れで帰宅
1回だけのつもりだったけど、心を持っていかれたかも知れない

今日もこれから短時間だけど、会いに行ってくる
続きを読む

  988:おさかなくわえた名無しさん2015/01/11(日) 15:03:42.48 ID:qQ6ccepJ
埋め代わりに
結婚する予定で彼氏実家に挨拶に行った時に
彼氏のお母さんに「私子さんは仕事は続けるの?」と聞かれ
彼氏母は専業主婦なのでもしかしたら嫌がられるのかもとgkbrしつつ「続けます」と答えたら
彼氏母「ああ、それは良かったわ。この子、専業主婦は寄生虫だっていう考えだから」
彼氏父「結婚式には出席させてもらうけど、その後のお付き合いはいらないからね」
と言われた 

彼氏は「母さんには俺がビシッと立場を分からせたし、嫁姑問題がなくていいだろ?」
と何故か自慢げ 
彼氏父に「結婚でも何でも好きにすればいいからもう帰ってくれ」
と追い出されるように彼氏実家を出た 
その後結婚を考え直したいと伝えたら 
「お前も仕事続けるとか言って寄生虫になるつもりだったんだな!」
とか怒鳴られて修羅場
続きを読む

  677: :2017/09/06(水) 23:29:35.66 ID:
20台後半、付き合って2ヶ月です。 

私はほとんど性欲がありません。
夜もくっついて寝られれば満足してしまいます。 
彼に告白された時にそういった話はしていて彼も『無理にすることはない』と了承してくれた上で付き合い始めました。 

ですが、彼から誘われ断るのが3回ほど続いたときに
『男の魅力がないと言われているよう』
『すきなら俺の気持ちにも寄ってほしい』
と言われました。


断っている私の方が悪いと思うし、気持ちに応えられなく申し訳ないとも思うので、彼のことは好きですが別れを切り出しました。 
しかし彼は『別れたくない』 『(私)の気持ち考えなくてごめん』と。 
でもそれから数日たつと『なんで、どうして、俺の気持ちは~』と同じことの繰り返しを何度かしています。 

普段の生活において、彼からの愛情は伝わります。私のこと大事にしてくれています。だからこそ、どうしていいか分かりません。 

ただ正直、こう何度も納得→反論→の繰返しがあると、『だから前もって話したじゃん!』と思ってしまいます。 
別れを切り出すのはワガママでしょうか? 
したいという気持ちがなくても応えるべきですか?
続きを読む

  294: :2017/06/04(日) 16:43:44.93 ID:
今日、離婚成立したら再婚しようと思ってる毒彼と彼地元近くでデートしてたら彼両親と会って4人で食事になった 
彼は偶然だって言うけど私には打ち合わせ済みって思えて、彼両親と別れた後 体調悪くなったって言って帰って来ちゃった 
旦那が拒否して離婚話が全然進展しないし、真剣な話し合いしてる内に 
何か気持ちが揺れ始めてるの感じてプレッシャーかけられたのかな

今日は彼女として紹介されたけど、でもこれで彼と再婚って事になったら 
今日の時点ではまだ私が既婚者だったっていずれ義両親になる人にも分かるよね 
それじゃ印象最悪になると思うし、それにだまし討ちみたいに家族に会わせる 
彼に対してちょっと不信感が湧き始めてる
続きを読む

  684: :2017/08/03(木) 16:06:06.00 ID:
投下失礼します。 
自分語りでスマソ 

付き合って1年になる彼氏がいるけど、すでに嫌になりかけてる… 
知り合ってすぐ付き合ったので、全然知らなかった… 
付き合ってから「掃除ができないから掃除のできる彼女か嫁じゃないと」とか 
それなら家政婦雇えば?ってすごい思う… 
私が不満に思ったことを伝えても理解はしてくれずに「価値観の違いだからしょうがないよね~」という始末。


そのほかにも「掃除とか洗濯に、そんな1日もかかるの??」 
※一人暮らししたことがないので、やったことがない 
大事な話をしたくても「いまプレステやってるからあとでね」とか。 

あぁこの人と結婚しても大事にもしてくれないだろうしゲームが優先になるのかな。 結婚したら私は家政婦なんだろうか、とか思うと結婚したくねぇなって思えてきて。 

行為するときは、避妊具絶対つけてくれない。 

将来、結婚すること考えてくれてるのかわからないけど、収入は私の半分くらい。 
(私が専門職だからかなり高いんだけど、相手は養える収入ではない) 
子供が出来たらどうするんだろうか… 

私が高望みしすぎなんだろうか。
続きを読む

このページのトップヘ