彼氏

 
669 :恋人は名無しさん 2011/11/14(月) 10:59:22 ID:dGeBzm/eP
昨日体調を崩し、早退して家に帰ったら仕事に行ってるはずの彼氏が私の友人女とネ果で寝てた。
二人でくっついて寝入ってた。

ベッドは彼氏の希望でクイーン?かな。めちゃくちゃでかいのを狭い部屋に置いてたんだけど、二人が端の方にいるもんだから反対側は丸空きで、
とりあえずフラフラだったから三人で川の字になって寝た。


しばらくしてガタガタ音がしてうるさいから起きたら、呑気にコーヒー飲んでたらしい二人がこっちに来た。
続きを読む

 
794 :名無しさん@HOME 2009/12/28(月) 10:57:40 O
義弟(旦那の弟)が嫁に行くことになった。
まあゲ/イだから養子縁組だけど、色々な権利関係とか保険とかの都合上そっちのほうがいいみたいで。
私と旦那は義弟の彼氏を昔から知ってたし、トメ(ウトは鬼籍)も意外とあっさり受け入れてて良かった、と思ってた。
だけど、昨日旦那が休日出勤したあと唐突にトメが凸ってきた。
曰く、義弟がゲ/イになったのは私のせいだと。
私が旦那と結婚してからおかしなことばっかり起こると。(急にウトが亡くなったり、空き巣に入られたり、内藤大助が王座から転落したり)
子供もできないし、疫病神は出ていけと。

玄関先でまくしたてるのに呆気に取られてたら、そこへ出てきた義弟(遊びに来てた)
「馬鹿じゃないの?俺のことはお義姉さんに関係ないでしょ?大体内藤大助がチャンプになったのも兄貴たちが結婚してからでしょ?
いつもそんな言いがかりつけてんの?なんで?どうして?楽しい?楽しいの?もし楽しいなら精神的にヤバイからお医者さん行こう。
あと俺が相談したときに『良かった』って言ってくれたのは嘘なの?やっぱり変なことだと思ってたんだ?傷付くわあ」

義弟大好きなトメはあわあわして更に義弟に怒られて、最終的にはなぜか私に土下座してた。 
義弟は「男同士で結婚するなんて実際に『変なこと』だからいいんだけどね」って言ってたけど、上手くフォローする言葉が思い付かなかったorz
続きを読む

 
268 :名無しさん@おーぷん 2016/07/01(金) 23:22:17 ID:Z3d
料理系での冷めた話
彼氏が試験に合格してお祝いにお赤飯が食べたいと言われた
彼が試験勉強を頑張っていたのも知っていたからお赤飯の他にも彼の好きなものを数品とちょっとしたプレゼントを用意した
でもいざお赤飯を出したら彼の顔がすごい顔を歪めてテーブルの上にあったおかずもろとも腕で薙ぎ払って暴言を吐いて部屋を出て行った
そして2、3日後半笑いで家に来た。私の地域のお赤飯が食紅+甘納豆で作るものなんだけどそういうお赤飯があるって知らなかったそうだ。それでメシマズは最初が肝心ってことであんな事したらしい。あと今まで出してた料理は本当は手作りじゃなかったのか!てところも腹が立ったんだって
メシマズかとビビったよーwwって笑ってたけどこっちはせっかく作った料理全部ダメにされたしテーブルから落とされたときにかけたお皿もあったしカーペットもぐちゃぐちゃになった
メシマズだったら話もせずにあんな行動とるのかそもそも今までの料理だって目の前で作ってたのに…と急速に冷めた
続きを読む

 
1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 18:29:48 ID:RpOYi9lj0.net
今日は私がご飯作るね!って事で張り切って揚げ物を作る事にした

突然鍋から火柱が

くぁwせdrftgygyふじこってパニックになってる所に彼氏が
別のフライパンをかぶせてドラゴンボールの気功波を受け止めるポーズをしながら
ここはオレにまかせろ!!と割り込んでくる

パニックになってしまい何を思ったか私、消火器を噴射

キッチン+彼氏消火器まみれ

色々怖くなってしまった逃亡

今家で彼氏から鬼の様に着信鳴りまくり

どうしよ。。。
続きを読む

 
932 :名無しさん@HOME 2019/02/20(水) 02:29:42 0.net
修羅場と言えるのかわからないが今日あった出来事
私・彼氏・彼氏の友達とその彼女の4人で晩ごはんを鍋料理屋に食べに行った
入り口で店員さんに案内してもらうときにその店員が彼氏に対して
「申し訳ございません。そちらの男性.は当店出禁になっておりますので・・・」と

当然彼氏は否定、というか県外の店なので来ること自体私も彼氏も初めて
それを何度も説明しても終いにははやく出ていけよ!ぐらいの態度を取ってくる
その間終始彼氏は笑顔
店長に確認とってもらっていいですか?と彼氏が言い、確認してもらったところ人違いと判明
その後席に案内され謝罪してもらい彼氏も「平気です^^」と笑顔
店員が「お詫びにドリンクは一杯目無料にします」と
彼氏は「大丈夫です^^注文いいですか?」で注文し始める

ただここで違和感
注文する量が4人で食べ切れる量ではない
店員が注文を受け戻ったあとに彼氏が一言
「じゃあ帰ろう」とスタスタレジに・・・レジ担当の人に
「うちらのお会計はさっき出禁と間違ったお詫びにあのバイトさんが支払ってくれるとのことです」
その後どうなったか知らないし、あの短時間で怒鳴り散らすことなく笑顔で対応しておきながらそこまで考えて平然と店からうちらを出して彼氏自身も出てきたことに
恐怖を感じたわ・・・
続きを読む

 
781 :名無しさん@おーぷん 2015/09/09(水) 08:43:03 ID:YT8
調理師を目指して専門学校に通ってた頃に付き合っていた彼氏。
私はお菓子やパン作りが特に好きで、ある時イチゴを沢山貰ったのでジャムを作った。
で、当時付き合っていた彼氏にイチゴジャムとそれで作ったジャムパンをお裾分け。
一応喜んでくれたけど、ちょっと微妙な感じだったからもしかしてイチゴ嫌いなのかなとか思った。
それからしばらく経ってリンゴ(紅玉)を貰ったのでアップルパイを作った。
ひとりでも(2~3回に分けて)食べきれるぐらいに小さめのホールを作って彼に渡したら
またしても何か微妙な表情。
イチゴの時も今回も会心の出来だったのにな、
もしかしたらイチゴもリンゴも実は嫌いなのかなと思って聞いてみたら
「いや、どっちも好きだけどただ・・・こういうの貧乏臭くね?」って言われた。
全く意味が分からなくて言葉が出なかった。
彼の家では母親がグルメな人で、ジャムとかスイーツ系は有名店で“買うもの”なんだって。
当然家で作るなんてことは一切無かったそうだ。
手作りが嫌いなら嫌いで構わないけど、好きで作っているものを“貧乏臭い”という言葉を使うことに
彼に対して失望しかなかった。
こういう感覚の人とは付き合えないし、ましてや家族になんてなれない。
耳キーンなるぐらい一気に冷めて速攻別れた。
続きを読む

 
865 :名無しさん@おーぷん 2016/08/22(月) 21:58:56 ID:X02
夫婦関係のことで相談したいです。よろしくお願いします。


私は高校生の頃、強カンされた経験があり、それ以来性.交渉というものにトラウマを覚え、
男性.とそのような事が出来なくなってしまいました。
今まで何人かの男性.から告白してもらい、交際したことはあるのですが、その段取りになると、
フラッシュバックを起こし、その理由も説明すると、ドン引きされて別れることになっていました。
(このうちの一人にも無理やりされそうになって、むしろ酷くなりました)

4年前に、同じように現在の旦那から告白を受けたのですが、趣味も話も合うし、優しくて誠実で、一緒にいて
とても安心感を感じられる人だったので、なんとしても離れたくないと思い、
恋人同士のときは、「婚前交渉はできない」といってうまくごまかし、結婚まで運びました。
現在結婚して一年半なのですが、夫婦生活がまったく出来ていません。初夜のときに痛がり、
体の相性.が悪かったといって現在もごまかしています。

お互いから誘うのですが、いざとなると、フラッシュバックが起こり気が狂いそうになるので、結局
スキンシップで終わってしまっています。旦那には本当にごめんなさいと伝え、
「私も処理を手伝うし、夜の店になら行って構わない」ということも言ったのですが、どちらも旦那はいやだそうです。
(前者は、させているみたいで嫌、夫婦じゃないみたい。後者は、考えられない、行った後に私の顔を
見れない。だそうです)

強カンを受けた直後から、月に2度程度カウンセリングには通い続けているのですが(自費です)、
まったく効果がありません。ここまで大事な事を隠し続けてきたというか、嘘をつき続けて、
旦那には本当に申し訳ないです。
今、このことを打ち明けることで、旦那に捨てられてしまうんじゃないかという恐怖と、むしろ打ち明けて
楽になりたいという気持ちが入り混じっています。
この先どうすればいいでしょうか?お知恵をお貸し下さい。
続きを読む

 
124 :名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月) 17:48:44 ID:xtB
当時高校生だった私と友人Aを含めた仲良しグループ
その仲良しグループで皆で浴衣を着て夏祭りに行く事になっていた
当日彼女が待ち合わせ場所にきて、私はAの隣にいた中年男性.を車で送ってくれた父だと思い「Aさんにはいつもお世話になっています」と挨拶をしたら

「違う、彼氏」

とボソっと呟かれた。

衝撃だった。
まだ十代学生のAに40近い男性.が恋人になるという事実が信じられなかった。
外見はイケメンとか背が高いとかでなくごく普通のそのへんの会社にいそうな普通の中肉中背の「おじさん」
当時の制服を着ている私にとっては40代男性.は違う世界の人種で正直相手の男性.に嫌悪感しか持てなくて会話もそれきりだった
その人とどこで出会ったのかとか何も聞かなかった
続きを読む

 
863 :名無しさん@おーぷん 2017/06/21(水) 10:13:47 ID:9aa
2年くらい前、2年付き合った彼氏に捨てられた
高学歴高収入だけど激務、会社と実家が近く1日おきしか帰れないのに払う家賃が勿体ないからと実家暮らしだった彼
大体一日おきにうちに泊まりに来ており半同棲状態だった
激務で有名な仕事だし、浮気を疑ったことは一度もなかった
優しいし、食事もデート代もすべて彼もち
優しく包容力もあり、悩み事もその人の手にかかれば簡単に解決した
寄りかかるだけではなく、私を頼ってくれたりもしてすごくいい関係を築けていた
記念日などのお祝いごともサプライズだったり練りに練られたプランだったりと完璧で、愛されてる実感がすごくあった
ある日、大事な話があるからと初デートしたレストランに呼ばれた
夜景の見える素敵なレストランで、その時私は25、彼は28歳で間違いなくプロポーズだ!と思った

実は私が浮気相手だった。2年間。
全く気づかなかった
しかも本命彼女とは交際4年目で、同棲3年目
つまり家に帰れないほどの激務の日はほとんど無く、一日置きに私の家と自分の家を交互に泊まっていたらしい
破局の理由も、本命彼女にプロポーズしたので別れてほしいとだけ
まず自分の他に彼女がいるとは思っていなかったので心底驚いた
今までの素敵な態度や行動もすべて彼女に強請られたことだったが、彼女に対してはやる気が起きなかった
私ちゃんにはやってあげてもいいかなって思ったし、女はこういうのが好きなんだろうなって思って
でも結婚したいのは私ちゃんじゃなくて本命彼女なんだよね
あいつは俺の言うこと何でも聞くし、家政婦欲しいじゃん?
けど結婚して浮気は俺が悪いことになっちゃうから別れてもらわないと困るんだよね
と、ホントにこうのたまった
そんなモラルハラスメント通り越したような発言をするような人ではなかったし、急に人が変わったような気がして怖過ぎてすぐ別れた
知らなかったとはいえ私は浮気相手だし、本命彼女から訴えられたりしなくて本当に良かったと思う
別れてから、合コンも婚活頑張ったけれど、たぶん男性.恐怖症になってしまったんだと思う
恋愛において、男の人を信用することが出来なくなった
あんなに素敵な人があんな一面を隠し持っていたなんて気づかなかった自分も、そんなことして一切の罪悪感がない人間もいるんだなってことも何もかも衝撃的だった
続きを読む

 
733 :名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土) 21:49:35 ID:gxT
自分の人生をむちゃくちゃにされた。

大学生のときから付き合っていた年下の彼氏と結婚という話になった時、彼氏は婿養子として来ることになりました。
旦那が24歳、私が26歳の時です。
私は地方の農家の一人娘で、彼も同じ県内の別の地方の農家の子供で次男でした。
農家なので、そんな彼と私の実家の利害は一致したらしく、(本人は嫌だったらしいですが)婿養子として私の家に来ること、行くことに歓迎されていました。
それに彼は大学で農業のことも勉強していたので、両方の実家からは何も反対はされませんでした。
私は自分のしたい仕事をしていましたし、彼も会社に勤めながら兼業という形で、私の実家の農業を手伝う事になりました。
しかし、結婚して一ヶ月後に突然辞令が出て、非隣接県に単身赴任することになりました。私にべったりだった夫は最初残念がったのですが、連れていくことも出来なかったので、連絡するからと赴任先に行きました。
赴任先は忙しく、旦那に言ったようにはなかなか連絡を取ることは出来ませんでした。だいたい一ヶ月に1度2度くらいだったと思います。しかし、いくら連絡しても旦那は家にいませんでした。
携帯に連絡しても電波が悪いので全く繋がらなかったですし、家にはいつ電話しても、
「(夜ならば)もう寝てしまった」「(土日祝など休みの日なら)会社から呼び出しがあったみたい」「(Wi-Fiを家につけて欲しいといえば)そんな難しいことわからない」
と両親に言われて、旦那の声を聞けることはほぼ無かったです。
いつ電話しても、家にいないので浮気でもしてるのかな?と思い、興信所に調査を頼みました。頼んだのは実家が農作業で忙しくならない時期だったので、
頼んだ時(忙しくない時期)と農作業で忙しい頃の2回を頼んで一括で報告してもらう事にしました。
報告の結果は、浮気の様子は全くないとのことで、
「平日は真っ直ぐ家に帰っている。休日は、自分の家や近隣の農家の手伝いを朝から夜までしている。繁忙期は農作業に勤しんでいる。」
ということでした。
報告自体は一安心だったのですが、写真の旦那があまりにも痩せているように見えたので、何とか時間を作って、1度実家に黙って帰ることにしました。
続きを読む

このページのトップヘ