復縁

 
234 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/20(金) 14:42:58 ID:L/pcF60O.net
家はマンションで、隣に子供三人いる夫婦が住んでいたが
夫は奥さんにDVしていたらしく、警察も来る事態になった為
離婚して奥さんと子供だけがマンションに暮らしていた。
しかし夫(元?)は毎日毎日元奥さんと子供のいるマンションに通いつめて
「俺たちやり直そう?な?」「子供に会いたい」
とかドアホン越しに泣き付いていたがドアは開かず。
ある日、当時学生だった帰宅しようとすると、
マンション廊下で元夫に声をかけられた。
「うちの嫁が鍵を開けるように協力してほしい」
「え?…困りまs」と言うと夫()激怒。
「ヤツにドアを開けさせないとダメなんだよ!」と私に「隣人を装って」ドアを開けさせろ!と脅して来た。
「早くしろ!○すぞガキ!」とドア前まで連れて行かれ、頭を叩かれた。
するとピンポンするまでもなく、ドアが開き
部屋から普通に警察官二人が出てきて
「恐喝、暴行傷害の現行犯、警察で話聞くから」と
夫(元)を抱えて連れて行った。
警官は私には救急車を呼んで「後で話聞かせてね」と
言い、私は病院に行き、後日被害届を出した。
修羅場と言うか、警察官に対しての元夫の態度が
「いや違うんすよ……僕は別に何もしてなくて」とか、私の事も
「この女の子から僕に協力するって言ったんですよ、ね?」とひよった挙げ句
元奥さんが出てきて「そんな訳ないでしょう」と
冷たく言ったら光速で豹変。
「うるせー!オメーは黙って言う事聞いてろ!ウスノロが!俺の金で俺の家に住みやがって
!」
「そのガキ(私)を使ったのもお前がドア開けないせいだからな!お前の責任だからな!」と
泣きながらパトカーで連れて行かれた。
私は大学行くのに家を出たので、後の事はよく知らない。
ケガは打撲でした。
続きを読む

 
670 :名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火) 16:03:42 ID:PUC
身内には誰にも話せないことだから書かせてください

身持ちの固い妹(当時大学生)に社会人の彼氏ができた
「結婚するまでは清い関係で」と言ってくれる男性.で
実家の門限をきっちり守って妹を送り迎えしてくれるうえ
両親や姉(私)にまで手土産持参
盆暮れには仏壇にも供え物してくれる
有名学習塾に正社員勤務している講師で、教養も収入もばっちり

妹と付き合いたての頃に「付き合う以上は結婚を考えたい」と
実家に挨拶に来てくれた人なので、両親もそのつもりで
彼に会うたび毎回大歓迎
彼の実家もしっかりしたお家柄で、結納から披露宴まで
きっちり行ってくれたし、新婚夫婦に家を建ててくれた
(関係ないけど、結納の後に
 「お姉さんよりも先に嫁がせてもいいのですか」
 と私両親にこっそり言ってたのを聞いてしまった。
 その配慮だけは、喪女の私へのダメージになったw)

それが約10年前のこと
妹夫婦には順調に1人+双子と計3人の男児が生まれ、
両家ともにほくほくしてたところに、突然の離婚
親戚一同ショックを受け、なんとか止めようとしたものの
本人たちの意思は固く、報告を受けたときには既に離婚済み
妹が三男、元妹夫が長男・次男の親権を取った
弁護士入れて財産分与から何から何まで文書作ってと
きっちりやって綺麗に別れた
続きを読む

 
11 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/11(木) 23:57:09 .net
少し前に高校の頃の友人が結婚し、二次会で元嫁と再会したのだが…スッキリしたので書き込む事にする。

俺(34)
元嫁(34)
間男(34)
全員高校の同級生。

元嫁と会ったのは高校一年の頃。
後の間男と色恋沙汰でやらかして下さり、後に間男の嫁となる女と大喧嘩し、いじめを受け不登校になったのだが…当時ルーム長だった俺は必然的に間に入る事に。
元嫁は結局退学し、別の高校に入り直すも、それまでの事が縁となり俺と付き合う事に。
結婚も早かったし、俺はこいつを守ると心から思っていた。

結論から言うと、離婚まで間男と水面下で続いていて、結局俺はATMだったわけだがな。

調子に乗った二匹が自宅で事に及びはじめ、家事の大半をしていた俺が気付かぬはずがない。
気の利く連中に相談し、お任せコースでサクッと解決。報告の度に吐き、体重は相当減ったが。
証拠を提示した時に元嫁から浴びせられた言葉は、未だにトラウマになっている。

「そういう細かいところが嫌で嫌で仕方なかった!間男は男らしい!」

精神的に持たず、さっさと離婚。勿論間男からも金を取った。慰謝料は一般的な額。意地でも一括で受け取った。間男も離婚したようだが、こいつらに会わないで済むなら、もうどうでもよかった。
リーマンショックもあり俺は仕事を依頼退職し、退職金慰謝料全てを住宅ローン返済に充て、援助してくれた両親、兄のお陰もあり完済。
晴れて無一文となり、元々やりたかった仕事に就く。
続きを読む

 
951 :名無しさんといつまでも一緒 2009/04/30(木) 01:38:41 O
好きな人ができたから別れて欲しい子供の前で言われた俺。

子供は血の繋がりのない子供を育てるのは間男がかわいそうだから置いていく、慰謝料はいらないから別れて下さいと土下座された。

アホかと思いつつ弁護士入れて、慰謝料請求して財産分与なし、親権は当たり前に俺の請求した逆ギレされたけど無事離婚。
嫁の告白から離婚まで約1ヶ月、思ったより早く片づいた。


間男が元嫁に本気じゃないのはわかってたが、案の定あっさり捨てられた元嫁。
間男は引っ越して行方知れず、元嫁は親に縁切られたらしい。

昨日よりを戻したいと元嫁から電話があった。言ってくるのも予想してたけど、早すぎるだろ!
離婚してまだ10日だっちゅーのw
続きを読む

 
1 :名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水) 21:07:23 ID:dgK
理由聞いても答えないしなんなんだよ
妹に何かされたわけでもないらしいのに
続きを読む

 
807 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/27(金) 17:29:09
元汚嫁と別れて半年たった。間男と汚嫁は傷害事件をおこしたそうだ。
汚嫁は前歯が差し歯になったらしい。間男を告訴したってさ。

まあ頑張ってくれ。
続きを読む

 
866 :名無しさん@おーぷん 2016/02/25(木) 11:51:39 ID:q46
元旦那に女子供を養う気はないと言われた。
三つ子の男の子を妊娠したが、経済的にも余裕があったし義母と同居、更には実母が近くにいてくれる状況だったので生むことは決まっていた。
しかし実際産まれてみると元旦那ら息子らを邪険に扱うようになり義母も私も激怒。
元旦那がいなくても人手があったおかげで余裕をもっていたのが気に食わなかったんだって。
昔の女は一人で何人もの子を育てていた。三つ子くらいなんだ、一人でやれよ情けない!とグチグチ。
その時に女子供を養う気はない。人生においてこんな無駄な事はないと言っていた。
なら何故結婚した?子作りした?そんな疑問も屁理屈で言い返して、こちらの気持ちを不快にしていく。
義母は情けない情けないと泣きながら離婚を勧めてきた。
私の職はがっつり稼げる。完全に元旦那に寄りかかっているつもりはなかった。
続きを読む

 
866 :名無しさん@おーぷん 2016/02/25(木) 11:51:39 ID:q46
元旦那に女子供を養う気はないと言われた。
三つ子の男の子を妊娠したが、経済的にも余裕があったし義母と同居、更には実母が近くにいてくれる状況だったので生むことは決まっていた。
しかし実際産まれてみると元旦那ら息子らを邪険に扱うようになり義母も私も激怒。
元旦那がいなくても人手があったおかげで余裕をもっていたのが気に食わなかったんだって。
昔の女は一人で何人もの子を育てていた。三つ子くらいなんだ、一人でやれよ情けない!とグチグチ。
その時に女子供を養う気はない。人生においてこんな無駄な事はないと言っていた。
なら何故結婚した?子作りした?そんな疑問も屁理屈で言い返して、こちらの気持ちを不快にしていく。
義母は情けない情けないと泣きながら離婚を勧めてきた。
私の職はがっつり稼げる。完全に元旦那に寄りかかっているつもりはなかった。
続きを読む

 
946 :名無しさん@HOME 2011/09/11(日) 22:41:00 0
ややフェイクあり。長文。

私が中学生の頃、近所に異質な方言を話す一家が引っ越してきた。
田舎なので自分たちとは違う方言を話す人がかなり珍しく
「うわーテレビの漫才と同じ口調だ」とwktkした。

母子家庭らしく父親はおらず、子どもは男2女2だった。
一家が地元になじんだ頃、その家に新しい旦那が済みついた。
これまた同じ方言の人だった。

一年くらいしてその家に役所の人がよく出入りしているのが目撃されるようになった。
「地元民じゃないのでいろいろ手続きがややこしゅうて」
と母親は言っていた。
続きを読む

 
314 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/12(日) 16:17:57
なんかネタがないみたいだからさ。

実は俺の嫁も昔、不倫しててね。
修羅場になって、関係者全員不幸になった。
何もかも捨てて間のところに行く、って口走ったんで
離婚しても親権ではもめなかったな。
幸い、俺の両親、商売をたたんだばっかりだったので、呼び寄せて
なんとか生活は軌道に乗った。

嫁、案の定間男から、遊びでした、あなたとは一緒になれません、なんて言われて
実家からも半勘当状態。
嫁の兄嫁にうまく取り入って兄貴のところに転がり込んだものの、長続きするわけもなく。
しばらく消息も途絶えてた。

ところが3年位して、俺の祖父が大往生を遂げたとき、ひょっこり葬式にやってきた。
それも、こそこそ、おどおど、挙動不審で、隠れてるつもりみたいだけど逆に目立ってて。
ところがその姿が、俺には凄く懐かしくて。

昔、手違いで、会社の方の葬儀に、俺と嫁が別々に出たことがあって、その時の様子そのままなのな。
後ろから忍び寄って、ポンと肩叩いてやったときの、驚きとも安堵ともつかぬ表情まで一緒で。
そこから泣き出しちゃったんだけど、事情を知ってる親戚が、親族控え室の一角に連れて行ってくれて、
ゆっくり話しな、って。
続きを読む

このページのトップヘ