恐喝

 
825 :名無しの心子知らず 2010/01/29(金) 16:29:18 ID:zWREbf7D
結局K(某国の事じゃない)は何の役にも立たなかったので吐き捨て。
フェイクてんこもりなんで、つじつま合わなかったらごめんなさい。

ちょっと買物に出かけるのに、娘/12歳に留守番させた。
家に帰ると鍵が開いている。私が出たときに必ず閉めるのにと思ってたら
家の中がなんだか荒れている。特にリビングがめちゃくちゃ。
TV画面にひびまで入ってる。で、娘がいない。
すると、外からなんか沢山の警察官が入ってきて、私に向かって
あなたがこれをやったのか?と聞くので、私はこの家の住人であること
買物から帰ってきて娘がいないので何がどうなったのか教えて欲しいと言ったら
娘は今病院にいると教えてもらった。

もう完全にパニックで、とにかく病院へ行ったら娘がいて話が聞けた。
インターホンを連打する人がいるので、出てみたら(画面のないタイプ)
宅配だと言うので開けた。
そしたら妹と同じ幼稚園に通わせてるAちゃんのママが
いきなり殴りかかってきて何だか知らないけど「お金!お金出しなさい!」と言われた。
怖くなった娘は玄関に置いてあったカバンから自分の財布を出したが
「それじゃない!100万円ある!出せ!」と叫ばれてまた殴られて
怖くて仕方ないから家から逃げ出して隣のオバサンに助けてもらったらしい。
お隣さんも大きな音と叫び声がするので、びっくりしてドアあけたら
血塗れの娘・・・安普請のマンションで良かった。
続きを読む

 
125 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 12:54:38 ID:GM+mEoz4.net
まだうちは直接的な被害は受けていないのだが、近所に凄まじいのが引っ越してきたみたい。

引越し作業の段階で狭い道路にヤンキー仕様の軽ワゴン停めて「なんだかな~」と思っていた一家
子供が6人(おそらく夫婦ともに連れ子ありで再婚)で両親はナマポ。
そのくせ父親は旧車会みたいなのに入っていて、家にはカワサキのデカい族車バイク。

子供は上の子が5年生女子で茶髪
子供全員が最初のうちは学校にも行かずに平日昼間からフラフラ。
教育委員会から指導が入ったらしく上の子二人は毎朝教師が家まで迎えに来て何とか登校するように。

既に近隣の家では勝手に上がりこむ・そこの家の子を恐喝するをやらかして学校でも超問題になってるらしい。
憂鬱だ。
続きを読む

 
714 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:13:20 ID:vN64236U.net
誰もいなさそうなので、投下いいかい?

かなり長いので、良ければ分割でいく。
続きを読む

136: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/05(水) 14:51:18.88 ID:Hl/IoZtf
ある中学にAという生徒がいた。その子はBを中心とするグループにいじめられていた
悪態をつかれたり、物を隠されたり壊されたり、突き飛ばすなどの暴力も振るわれていた
Bは成績がよくて外面もよく、グループの仲間と口裏を合わせるので、Aがいじめを教師や親に訴えても取り合ってもらえなかった
限界に達したAは、古新聞で見たいじめに絡む恐喝事件(被害金額4ケタ万円)をヒントに行動を起こした
捨てアドを取得し、そこから自分で自分に恐喝メールを出した。恐喝内容に従い、AはBグループに
「これで勘弁してほしい」と言いながら、教室の片隅で一万円を差し出した
恐喝メールはAが出したものではない。Bは預かり知らないことである。それでもおもちゃのように扱って
人間扱いしてこなかったAが、おどおどと差し出す万札をB達はあっさりと受け取り、それに味をしめた
すぐに一万円を使いきったBグループはAに対し「もっと寄こせ」と口頭で要求した。Aはその内容を後で捨てアドから自分にメールした。
やがてAの所持金は底を尽き、お年玉などでこつこつと貯めてあった預金通帳も数回の引き出しですぐにゼロになっていた
そしてAは再度自分に対して恐喝メールを送り、さらにワープロで脅迫文を作った
内容は「金が無いなら盗ってこい、近くのコンビニに強盗に入れ」というもので、特にワープロ脅迫状の方には
人のいない深夜に行け、顔を隠せ、逃走用に少し離れたところに自転車を用意しておけ、など犯行を指示する内容にした
捨てアドは削除し、Aはへっぴり腰で近くのコンビニに強盗に入り、そしてすぐに捕まった
ポケットにはワープロ脅迫状を忍ばせていた

続きを読む

173: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/27 13:23:28 ID:V0bTXA7/
やっと解決したんで投下、フェイクあり

ある朝突然自宅に刑事数名来訪。意味も分からず連れて行かれ、美人局からの恐喝の容疑者にされる。
まったく意味が分からず、壊れたレコーダーのように「分かりません、知りません」を繰り返すが、
「女が全部白状してるんだ!」とさらに語気を強められる。
取調べが進むにつれて、その女が学生時代に付き合ってた彼女だということが分かった。
その後、自分が言ってること、警察が改めて調べたことの整合性が取れてるんで、
事件とは関わっていないことが証明され無事釈放された。
これが第一の修羅場。

第二の修羅場は共犯者が逮捕されてから。
共犯者というのは、彼女の実家が飲食店を営んでるんだけど、そこによく出入りしてる
ヤの付く職業の方に付いてた下っ端。俺と別れた後、その下っ端と付き合ってたらしい。
で、その上の偉い人が自宅に訪ねて来て、若いモンが迷惑掛けたからって、金を持ってきた。
当然、俺も家族もそんな金受け取れるはずも無く、なんとか帰ってもらった。
相手が折れるまで、一週間ぐらい毎日来られた。

元彼女実家からの接触も断っているんで、なぜ俺の名前を出したのかも知らないし、知りたくも無い。

続きを読む

このページのトップヘ