教師

 
888: コピペ 2012/07/02(月) 21:02:46.96 ID:K2DGUaQe0
中学の時、隣のクラスに凄く体の弱い女の子Aがいた。 
 難病で(病名は覚えてない)、基本は入院しつつたまに登校してくるらしい。 
 2年の時に数回見たけど、3年の時は一回しか見なかった。 
 で、その子が3年の3学期に亡くなった。 
 同い年の子が亡くなるという事はそれはそれで衝撃だったけど、その後が。 
 その子が2年の時に同じクラスだったBと言う男子が居たんだけど、 
 そいつはまさに何でも出来る奴。 
 スポーツ万能、勉強は全国トップクラス、背が高くて色んなコンクールに入賞、 
 正義感が強く、学級委員で、もちろん超モテモテ。 
 そのBがAが登校する時にはなにくれと世話をしていたらしい。 
 それもまた好感度アップ。 

で、Aが亡くなった後、追悼集会が開かれた。 
 そこでAの事を気にかけていたからか、優秀だったからか、Bが作文を読む事に。 
 その内容が凄かった。 
 「僕はAさんに対して酷い事をしていました。 
 わざと車いすを押して転ばせたり、酷い事を言ったりしました。 
 ○○という病気の事を知り、長くないんでしょ、なんて言った事もありました。 
 Aさんはそれを聞いて泣いていました。静かにポロポロと涙を流していました。 
 Aさんが亡くなった事で僕はもうAさんに謝る事が出来ない。 
 これからの人生をAさんに対して謝罪しながら生きて行くしかない。 
 命大事、後悔先に立たず、イジメかっこ悪い」ってな内容。 
 これを涙ながらに全校生徒の前で読んだ。 
 こっちはもうポカーーーーーン。教師はなにか満足げに感無量と言った体で頷いている。 
 読み終わった後、泣き崩れるBを教師が抱きかかえるようにして退場した。 
 ざわつく会場。 
 教師が「いい話でした。皆も命は大事にね!イジメかっこ悪い!改心したB君を見習おうね!」 
 ってな感じの説教をしたが、 
 普段のBのイメージが優等生だっただけに、まさに衝撃的。
続きを読む

  170: :2017/04/02(日) 22:00:44.70 ID: 

当時結婚19年目 
俺42歳 会社員(営業) 年収800万 
嫁40歳 専業主婦   長女17歳 次女15歳(2人とも女子高生) 
間男37歳 嫁の幼馴染 娘の部活の顧問
去年の今頃、3月決算で予想より業績が良く倍の黒字決算で 
俺のノルマで年間の3割の売上があり、150万の「決算特別賞与」というのをもらった 

決算までの3ヶ月間は鬼のような繁忙で嫁にもかなり負担をかけたと思う 
この賞与は嫁や家族の支えがなければ成し得なかった栄光だと思って 
帰宅してそのことをみんなに告げた 

だが嫁と娘2人の反応が薄かった 
しかし俺は旅行か好きなものを買うかで選択肢を投げてみた 
嫁の答えは 「離婚して欲しい」 
娘たち 「ママについていく」 

理由を聞くと 
「家庭を顧みなかった」 
「寂しかった」 
「これだけ家に居ないでいて段々家族、夫婦としての意味がわからなくなった」 

など俺の責任で離婚したいと言ってきた 
どんなに詫びても、懇願しても聞き入れてもらえず 
記入済みの離婚届を差し出してきた 
慰謝料はいらないから財産分与を養育費込みで全て嫁に。
親権も嫁と主張
 


171: :2017/04/02(日) 22:00:59.12 ID:
娘も睨みつけるように俺を見て「あんたが悪いんだろう!」と罵倒された 
家族のために休みなく働いて 
娘の部活費用やそれにかかる道具や合宿費 
受験のための塾費用等、それに残り15年の家のローンを稼ぐために 
どれだけ頑
張ったか。熱が38度あっても這って会社に行ったり小遣い月2万で口には出さなかったが全ては家族のためと頑張ってきたのに 

そん思いが溢れてきて気がついたら涙が頬を伝っていた 

それを見た長女が「何被害者ヅラして泣いてんの?キモ!!」 
それに続いて次女も「お前ばかじゃねぇ?」とか更に罵倒された 

俺は居た堪れなくなって離婚届を手に取り 
そのまま
家を出ていった 

玄関が閉まる瞬間に娘達が歓喜の声を上げていたのが聞こえた 

車に乗ってしばらく宛もなく走った 
気がついたら峠道を走てっていた。途中の休憩所に寄り 
放けていた。もう自〇しようと自分の中で答えが出て 
道挟んだフェンスを越え崖に飛び込もうとした 

崖下見ると怖くなり、だんだんと怒りがこみ上げてきた 
「なんで俺がタヒななきゃならんのだ?」 
そう思ったら友人に電話していた。
事情を話すと友人が家に呼んでくれた 
友人宅に着くと友嫁と友娘が迎えてくれて3人で俺の話を聞いてくれた 
嫁と娘の言動が余りにも
不自然過ぎると友娘が興信所を探してくれた 

そこから調査して1週間で嫁と娘のクロ発覚 
奴ら4人でしてやがった
続きを読む

 
762 :名無しの心子知らず 2010/08/25(水) 13:10:27 ID:2gWPGYTQ
セコかキチ泥かと迷ったけど、止まってるようなので。

会社の同僚(♂)が他校のPTA会長になった。
秋にバザーがあるそうで、不用品クレクレうるさかった。
借りも有るし、ウチの子供の学校は今年度バザー無いのでトメから押し付けられた贈答品
のリネン系をいくつか渡した。
トメが大切に押入れに取っておいた(でも箱に品名書いてある)ので状態も良い。
後日
同僚「私さんがバザーにってくれた、平織り綿100%ブランドシーツ昨日俺の布団に付けてあったんだよ~」
私 「は?・・・・奥さんバザーの事知ってるよね?」
同僚「そーなんだけどさぁ~せっかくくれたのに、出せなくなっちゃったよごめんねぇ」
私 「(これが噂のバザー品横流しか)まぁ家に有っても、平織りシーツ使えないから良いよ」

そんな愚痴をお弁当仲間にもらしたら。
同僚の嫁・・・小学校の教師だってorz (子供達の通学している学校ではないです)
しかも、じき卒園するからってインフルエンザに罹って、まだ微熱が有る子供を登園させて
卒園式当日欠席者だらけにしたとか・・・・
同僚に個人的に関わるの止めよう。
続きを読む

 
920: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)05:19:01 ID:QPA
小中と結構えげつなくいじめられた上に別段仕返しとかもせず、
防衛本能?からかいじめてきた相手の名前なんかもほとんど忘れているんだけど

(ある意味これも修羅場なのかはわからん)


うちの通っていた中学では「眉毛の処理禁止」という校則があった。
とか言っても女子は大体みんなやっていたけど。
しかし、私は女子にしては昔からあまりにも毛深く、眉毛が濃い。
腕の産毛なんかも剃るのを少しでもサボるともはやすね毛。

なので当然ありとあらゆる毛の処理が必須だったし、
ただでさえ苛められていたのでこれ以上いじられるのはノーセンキューなので、
眉毛も最低限処理していた。

それを運悪く無神経な教師に見咎められた。
あからさまに私よりも細く薄く処理している人がいるのにそっちには声をかけない。
たぶん濃すぎて処理あとが残るのが原因かな、と。
指導室で教師に注意されるだけされたあと、

「なんの手入れもしない状態にすると眉毛が両◯◯吉になる」
「(放置すると)太さが二センチもある眉毛なんて女子としてどうなのか」
「他の女子も目立たない程度に処理している」
「処理しても、毛深くない人程度におさまるようにしている」と真顔で説明をしたあと、
「それでも処理をしないのは女の子として生きるなと言うことですよね」と言ったら、
無言のまま返されたことをいまだに忘れられない。


当時はそれ以上いじめられたくなくてなんとか言い返したものの、
自分でもこの毛深さには呆れるものがあり、
三十路を過ぎた今更ながらに過去の自分の必タヒさにじわじわ来つつ
いまだに顔も名前も覚えていない女性教師には腹をたててる。

下らないことではあるけど、今でも毛深さは衰えず困ってるうえ、
昔から母も姉も全く毛深くないので私の心は未だに修羅場です。
 
続きを読む

390:愛とタヒの名無しさん2013/12/12(木) 00:27:02.88
先日思い出した、会社の後輩(♀)の不幸な結婚式。

美人で有名な後輩が結婚するとなって、
わくわくしながら出席した。
多少新郎側の出席者が少ない気もしたけど、
気にならない程度。
新郎新婦は美男美女、式も滞りなく進み、披露宴の余興も
押し付けがましくなく、とても良い式だった。
途中まで。


続きを読む

このページのトップヘ