時給

 
861 :おさかなくわえた名無しさん 2006/08/27(日) 01:24:50 ID:wIJGRXhI
武勇伝とは言えないがちょっとスッとした話。

昔、人間観察が楽しくてしょうがなく、ヲチ趣味が高じて会社が終わってから飲み屋にバイトに出ていた。
キャバ系は若いDQNが来るのでつまらんなと思い、対象年齢高めのスナックをチョイス。
それなりにニヤニヤしながら仕事していたある日、えらい人相の悪いおっさんが肩を揺らしながら入ってきた。
いつものように指関節の欠損チェックでそいつの粗相の回数を数えてみようと思ったら揃っているので(中身はまともな極道かも)と思い様子見しながら接客。
しかし二言目には「ワシら渡世人は~」「○○組の誰それ知ってるか?」を連発するので小物と断定、生ぬるく受け流す。

そうこうしているうちにおっさんにアフターに誘われた。
しかし次の日も朝から仕事だし筋者であることを公言しないと酒も呑めないような小物に用はないので
「やー、今日はしんどいので帰ります、ごめんなさい(キャ」と丁重にお断り。
するとおっさん、何を思ったのか
「お前、ワシのことを裏切るつもりか」ときたので
「いや~~~ん!あたしが行きますよって返事しといて約束反故にしたならともかく最初から断ってるじゃないですかぁ~もぉ~(はぁと」と返すも
「今までワシを裏切った飲み屋のネーチャン、何人灰皿で頭割られたかな」と凄まれる。
「えぇ~アフターお断りしたぐらいでいちーち灰皿で頭割られてちゃこの商売も割に合わないなぁ~・・・ママー!時給上げて~~!!!(大声)」と、ここでママを始め他の客も注目するように。


続く。
続きを読む

 
319 :おさかなくわえた名無しさん 2003/11/13(木) 12:54:00 ID:WldtkhIA
銀行員ネタがあったので便乗

今から10年以上も前のバブル全盛期時代の話。
某地方都市にあるうちの会社の経理課長が地方銀行のこれまた地方支店に電話をした。
取引先からの以来を受けて抵当権設定がらみ等の確認の電話をしたのだが
小さい支店だけにいきなり支店長が応対にでその対応が凄まじいものだったらしい。

話が込み入って長くなってきたら支店長から
「今忙しいからこんなことで時間を取られるのはもったいない
 時間単位あたりの賃金はあなたより高いのだから」と言われた。
課長は最初は冗談で言っていたのかと思ったらしいがどうも本気らしく話半ばで
電話を切られた。

あまりのことに呆れた課長は直ぐに上司に報告、上司から課長の好きな通りにやってみろ
とのお墨付きを貰い銀行の本店にいる同級生に電話をして
「○○銀行には苦情処理担当が居るだろう その部署を教えて欲しい」と切り出した。
突然のことに何事だと聞いてきたので事の成り行きを話してやった。
続きを読む

このページのトップヘ