482 :1/2 2016/06/14(火) 15:58:03 ID:0f0
父が餓タヒしかけてたのを見つけたのが修羅場。
私は結婚して父とは中距離別居(うちから父宅まで40分くらい)なので、月1くらいで顔を見に行っていたが、出産と育児のため2ヶ月くらい顔を見れてなかった。
二週間に1度はメールで子の写メを送ったりしてたから、元気だと思ってた。

子も生後四ヶ月に入ったある日曜日の夕方に、父方伯母から私宛に電話が。
「貴方のお父さんから、『タヒんでしまう、助けて』とメールが入った!私が最速で見に行っても明日朝になってしまうから、様子を見に行ってほしい。」とのこと。
父は以前にも狂言があったので、とりあえずメールをしてみた。が、一時間たっても二時間たっても音沙汰がないので電話をしてみる。やっぱり出ない。
仕方がないので、乳飲み子を夫に見てもらって夜9時半に出発、10時に父宅に到着。

合鍵で入り、父のベッドに行くとそこには江頭みたいにガリガリの父が。(黒の長ズボンに何故か上半身ネ果だった)
『いつもの狂言じゃない!?』と血の気が引き、父を起こすと何とか話せたので救急車を呼ぶ事を伝え、電話したら5分くらいで救急車到着。
担架で運んでもらい、父の荷物を持って救急車に同乗した。
救急車内で聞いたところによると、4日ほど食べ物を食べず、水分もウィスキーだけしか摂取してなかったとか。

すぐに受け入れ先が見つかり、そこで血液検査をしてもらい、とりあえず朝まで父はその病院で寝かせてもらうことに。
私はというと、血液検査やら説明やら聞いて結局深夜2時に解放された。
続きを読む