武勇伝

 
47: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/22(木) 18:02:32.62 ID:Ev55RKy7
小学校の頃からいじめられてて 
 進学先も公立の中学だったから、ほとんど面子は変わらないだろうし 
 「中学になってもいじめは続くんだろうなー」って思ってた入学式の前後 
 案の定、新しいクラスにも前からいじめてきた連中が五人くらい居て 
 「お前wwwキモいくせになに中学にまで来てんだよwwwwww」 
 「慰謝料払えよwww慰謝料wwwwwww」 
 みたいに絡んで来たんだけど 
 公立だから他の小学校出身のやつがいるわけで、そのうち一人に身長低いけど活発そうな男子がいて(こっちはいじめっ子含めて女子) 
 「なにやってんのー?」 
 とか、本当に無邪気な感じで、いじめの輪の中に突っ込んでくるのよ 
 「喧嘩? 喧嘩してるの?」 
 小さいのは、喧嘩してたら先生に怒られる、とかいって止めるんだけど 
 いじめっ子のほうはべつにそんな喧嘩してる気なんてさらさら無いわけで 
 「いやwww遊んでるだけだしwwwwwwゲームだよwwwwwww」 
 「○○小の奴は引っ込んでろよwwwwww」 
 とか言って、追い払おうとしたんだけど
続きを読む

 
84: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/26(月) 23:00:27 ID:bUyYzYGt
大学落ちてすぐくらいの時。 
家の都合上、予備校にも通わせてもらえなくて、 
いろんなことにイライラしながら道を歩いてた。 
か細い悲鳴が聞こえた気がして、 
近くの裏路地のぞき込んだら、 
女の子がワンボックスカーに無理やり連れ込まれる場面に遭遇した。 

それを見てなんか切れちゃったらしい。 
道端に転がってたコンクリートブロックを車めがけて投げた。 
工事中標識の黄黒の看板を投げた。 
車から出てきたアホどもにボッコボコになぐられながら、 
車をけり続けた。 

そのときの俺は、 
いわゆる人生終わったから何でもやってやる、 
みたいな感覚で、かなり高揚してた。 
なぐられても痛くなかった。 
なぐられた手に噛みついて、そのまま車のガラスに突進したりした。 

我にかえったら警察署で、女の人が泣きながら感謝?してくれてた。 
上記の内容はほとんど覚えてなくて、 
警官がこうだったらしいよ、と教えてくれたんだけど。 
俺は肋骨二本と前歯三本、両拳骨折の被害。 

ボコボコになった車から足がついて、奴らは捕まった。 

タヒぬ気になれば、なんでもできるとか思ったよ 


長文すまぬ 
続きを読む

 
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 22:58:36.62 ID:0Dw8ti44
20年以上前、私と旦那は小学六年生で友達以上恋人未満だった。 
二人で夏祭りに行ったときに数人の不良に絡まれてタカりにあった。 
旦那は一見太っちょだけど実は本当にただの太っちょで、私もヒョロヒョロ眼鏡。 
二人して思いっきり文化系オタクの見た目で良いカモだったんだと思う。 
めちゃくちゃビビってた私たちは素直にお金を渡したけど 
調子に乗った不良たちは解放してくれずに旦那を馬鹿にしだした。 
ムカッとして「あなたたちに関係ないじゃないですか」って言い返したら 
不良が怒りだして仲間を呼んで取り囲まれた。 
小突き回されそうになったとき、俯いて泣いてた旦那が私の手を握って 
体当たりで不良の包囲網を強行突破。そのまま旦那に引っ張られ無事祭りから帰還した。 
あのときの不良を吹っ飛ばす姿、私の手を引いて走る旦那はヒーローだった。 
泣いてたし△△△△△△してたけど、それだけ怖かったのに私を助けてくれたってことがすごいと思う。 
二人合わせて三千円もタカられたのは悔しかったけど、旦那は格好良かった。
続きを読む

259:1/3@転載禁止2014/04/07(月) 10:08:04.23ID:G04D3Im1
私の母の存在で、村1つの在り方と数多くの娘さんの人生が変わっていた話。
30年位前の話でフェイクもりもりなのでつじつま合わないところあったらごめんなさい。

私の母は距離にして北海道→関西くらいまでの大移動をして進学をした人。
進学先と同じ土地で就職。私の父に出会い、結婚した。
父の実家は新幹線の停まらない駅から更に車で2時間の超田舎。
田舎と言うともう少し街側に住んでいる人に「お前らと一緒にスンナ」と言われるくらい田舎。そして農家。
ほとんどの家庭で嫁いびりっぽいことはあったそうだが、周りがそんな環境なので当たり前の雰囲気だった。
しかし私母はそんなこと気にしない。ガンガン正統派にやり返し、陰で鬼嫁と言われていた。
この辺は今回の話とは関係ないので省略。

私は妹と2人姉妹。
祖父母と同居しており、実家は例にもれず農家。

当時は学歴社会と少子化が顕在化し始めたころで、10年ほど前から2~4人くらいの兄弟構成が多くなりつつあった。
そうすると当然ながら男の子のいない家庭が出てくる。
しかし膿家は女の子でも容赦なし。進学先の選択肢などなく長子は農業高校一択。
農高なんて農家がほとんどだからみんな実家を継がなければならず、婿入りしてくれる相手なんて見つからない。
私地元の農高は大変偏差値が低く農業大学に進学するほどの学力はない人が多く
地元に戻る→結婚相手が見つからず途方に暮れる、みたいな流れがちらほら出始めていた。
昔なら養子縁組もあったのだろうが、時代の流れでそれも難しい。

そんな中、私は母の方針で公立普通高に進学。
祖父母が何か言っていたらしいが、父が普通高→農業大学なのでその流れでいくと思わせて了承させる。
まぁ、農業大学ならバイオ系の研究職もあるな~くらいに思っていた高校1年生の時に父が事故で急逝した。
ここで私の人生一変。村の未来も一変。
テンプレ嫁いびりを受けていた母はさっさと妹と私を連れて田舎を脱出。街中で新しい生活を始める。
母は嫁いでからは農業を手伝っていたが、実は結婚前は看護師だった。
あっという間に前の職場のツテを使って好条件で復職。大変だったろうが、女で1つで私たちを育て上げてくれた。
続きを読む

 
618: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 18:16:11.24 ID:p0XGqXis
俺が電車に乗ってた時なんだけど、電車内はやや混んでるくらいで俺はドアの傍の吊革
を右手で掴んでたんだ。
続きを読む

このページのトップヘ