武勇伝

 
406 :おさかなくわえた名無しさん 2006/02/14(火) 18:38:01 ID:l6SgWk3D
去年亡くなった爺様の話。

爺様のところに「俺」から交通事故を起こしたとの電話。
相手が妊婦で事故のショックで流産。示談金にウン十万振り込んでくれってありふれたオレオレ詐欺。
それを聞いた爺様、一喝。

「このバカ孫がぁ!これから母親になろうとする人の幸せを奪っておいて何が示談じゃ!
腹ぁ切って詫びんかい!ワシが介錯してやる!その後ワシも腹切って詫びるわい!
今どこじゃ!刀持って今から行くぞ!」
相手は慌てて電話切ったそうな。

爺「どんなに耄碌しても孫の声は忘れんわい。ちょっとからかってやったんじゃ。わっはっは」
俺「じゃあもし本物の俺が事故起こして電話してきたらどうする?」
爺「さすがのワシでも可愛い孫に腹切れとは言えん。
  猟銃貸してやるからそれで詫びろ。腹切るよりゃ楽じゃろ。」
俺「・・・・・・・」

お洒落でユニークで大好きだった爺様の武勇伝でございました。

続きを読む

 
565 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 23:03:52 ID:v5PDtG63.net
たいしたことはしてないが武勇伝とさせてくれ

某遊べる本屋にて
行ったことのある人は知ってると思うが、あの店は物が多くてとても通路が狭い
従って、人がすれ違うときはとても気を遣わなくてはならない
あるとき、大五郎(子連れ狼の主人公拝一刀の子)が乗りそうな乳母車(ベビーカーとは言いづらいサイズ)を押した女がやってきた
俺は紳士なので、その女と乳母車を楽に通させてあげようと思って、分岐点まで通路を戻り、道をあけてやった
しかしその女は、通路の途中で止まって商品を物色し始めた
それなら、と思い、俺は慎重に先に進み、乳母車の横を苦労して通り抜けた
が、そこには女の夫とみられる小太りだが若い男がいて、俺は少し体に触れてしまった
男は「痛て~!」と叫んで倒れ、商品をなぎ倒した
俺は、うわー、と思いながら、やはり紳士なので落ちた商品を拾ってもとに戻してやった
すると男は俺に向かって「(ぶつかったことを)謝れ」と言ってきた
正直「なにいってんだこいつ」なやる夫状態だった
ここですんなり謝っておけば簡単にすんだのだろうが、先ほどの女に道を譲った際の親切心を台無しにされた件もあったせいか
俺は「は?」と返していた
すると男はキレだし、嫁と子供から俺を遠ざけるためか、店員に怒られるのがイヤなのか、「店の外に出ろ」と俺に言ってきた
俺も、商品がごちゃごちゃしてる中で揉めるのがいやなので素直に従い、店の外へ
そこでも男は「謝れ」、俺は「なんで?」
どうやら男は喧嘩してでも俺に謝らせたいらしい
しかし、俺は内心「ちょっと触れた程度で『痛い』とか言っちゃうやつが強いわけないじゃん」と思っていたので終始相手を舐めていたと思う
そんな気持ちが顔に出ていたのか、相手は更に切れ、携帯電話を取り出して片手でかっこよくパカッと開いた
そして「今、後輩を呼ぶから待ってろ」と言った
俺は「待つわけないじゃん」と即答&半笑い
相手がフリーズしたのでそのまま帰りました

ああいう時って待つのが彼らのルールなのかね?
そういうとき呼ぶのは先輩じゃないの?なんで後輩?もしかしてその後輩にも嫌われてない?
とかいろいろツッコミたかったけど、上記の台詞しか言えませんでした

一応武勇伝に認定してくださいw
続きを読む

 
111 :なごみ 2011/08/07(日) 17:04:59 ID:mEG6ZopwO
少し前の書き込みだけど、まだ貼られていないようなので。
子供注意



212:おさかなくわえた名無しさんsage2011/06/11(土) 18:57:34.44 ID:QPCiOJxr
十数年前姉が病タヒ、姪っ子は私達の母親の養子になった。
そんな姪っ子は当時幼稚園児。
両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、
仕事を辞め姪っ子のケアに専念。
そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。
しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。
夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と
思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
『どうぞ』とお茶を差し出してた。
最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。
元々ホームレス自体少ない地域だったので、姪っ子は気になってたようで
いつも座ってるホームレスが喉乾いてると思ったらしい。
ホームレスは戸惑い『貰っていいのかい?』と私の方に問い掛けてきた。
姪っ子はホームレスにあげたいからお茶を欲しがったので、
『良ければ貰ってください』と答えるとホームレスは泣いてしまった。
『こんなゴミに優しくしてくれるなんて…』泣きながらお茶を受け取ってくれた。
続きを読む

 
302 :1/2 2012/01/11(水) 12:07:58 ID:aVP0E05p
先日仕事の取引先の個人商店主(以下Aさん)に接待された
実際は、こっちが接待しないといけない立場なんだけど、俺の事を気に入ってくれてるのか知らないが
これからも宜しくと、駅前の居酒屋に連れて行ってもらった
まあ、その居酒屋ってのが負け組叩きのコピペにもなってる白○屋だったんだけど
俺もAさんもよく飲むから別に何のこだわりも無く適当にツマミを頼んで談笑していた
で、俺達の隣のテーブルは空いていたんだけど、その空席を挟んで老夫婦が座っていた
時々、その夫婦の会話が聞こえてたんだけど、二人共「おいしいねえ」とか「こんな珍しいもの田舎には無いねえ」と
嬉しそうに、そして楽しそうで見ているこっちが微笑ましかった
そうこうしている内に、段々店も込んで来たのか隣にスーツを着た、見た目20代後半の男性二人組が座った
その二人は座るなりお互いノートパソコンを開いて、難しい顔でキーボードを叩いていた
そして、テーブルに置かれた料理を時々食べながら口々に、「なんだこの味?流石負け組御用達チェーンw」とか
「こんなとこいるの○○達に見られたら俺自杀殳もんだよw」←○○は多分同僚の名前だと思う
等々、こいつら周りに人が居るの分かってんのか?と、言いたくなるような事をヘラヘラ喋っていた
当然、その隣の老夫婦もその会話が気になった様で、気まずそうにしていた
続きを読む

 
978:1/22012/04/16(月) 20:25:12.50ID:OnKWCY0u
流れなど読まぬ!

自分は喪女
絶対に似合わない清楚だったり可愛い服を着て夜散歩してにやけるのが趣味

その日も散歩してたらなんか泣き声がした
すわ別れ話か!?リア充爆発しろ!と思いつつこっそり近づいたら

暴行現場ですた

可愛い女の子を猿みたいな金髪DQNが3人で殴って脱がそうとしてた

まだ入ってない
だが助けを呼んでたら間に合わん

ふと思い出したのが喪女板のあるコピペ
幸い自分も黒髪長髪
スイーツ(笑)なバレッタを外してわしゃわしゃにして、バック振り回しつつ

「うええええええええ!ゆるさねえええええええ!呪ってやるうううう!」

と物陰から飛び出して突進
その日の服はゆるふわ森ガール(笑)な白いワンピース
どう見ても貞子、いや頭のおかしいデブ子です、本当に(ry
続きを読む

 
219 :1/3 2014/07/17(木) 17:45:30 ID:???
父の話。
自分今20代なんだけど、父がバツイチだったと知ったのはつい最近。
向こうも「あれ?言ってなかったっけ?」って感じで酒の勢いで色々教えてくれた。
父の最初の結婚相手は取引先の受付嬢だったとかでまぁ美人だったそうだ。
父から口説く形で結婚、半年程は円満な新婚生活を過ごしてた。

しかし嫁の不倫がもりもり発覚。何でも受付嬢をしていた会社では女神様のごとき扱いを
受けていたらしく、寿退社後も男忄生社員その他からのお誘いが絶えなかったらしい。
そしてそれらを全て受け入れてたと。まぁ要はトイレの女神様だった訳だ。
(さすがに父はそうは言わなかったけど)

で、嫁はそんな浮気相手の中から父よりスペックも高くイケメン(仲村トオル似だったらしい)を
選んで夫へと昇格させることを決定。何も気づいていなかった父に洗いざらいぶちまけて離婚を要求した。
父は聞かされた内容があまりにもアレだったもんで逆に冷静になったらしい。
さらに「こんなキ○ガイ女とは一刻も早く縁を切りたい」ということで離婚快諾。
財産分与とかは特に無く慰謝料も当時女忄生から貰う概念が無かったそうで請求せず。
ただし向こうの親御さんから迷惑料名義で数百万貰ったとか(当時はバブルだった)

だが、そうまでして早々に縁を切ったというのにこのバカ女(父はそう呼んでた)は
事ある毎に父の前へ現れ「如何に自分が今幸せか」「夫がどれだけ素敵か」を熱弁したそう。
父は面倒だし興味無いしでハイハイと聞き流し続け、その内今嫁つまり自分の母と出会い再婚。
続きを読む

 
443 :名無しさん@おーぷん 2015/09/17(木) 11:20:30 ID:SQc
昔、まだうちの車にナビが付いていなかった頃、
岐阜にドライブに行って山道で迷ってしまった。
そのうちどこかの町に出るだろうと適当に走っていたら舗装じゃなくなるし
本格的に迷ってしまって、地図を見ても自分たちがどこら辺にいるのかも分からない。
嫁(当時は彼女)は半泣きだし、どうしたものかと思っていたら
前方から軽トラが走って来たので車をギリギリ端に寄せてから外に出て
腕を広げて道を塞いで止めて、運転手のおっさんに聞こうとしたら
ニッコニコして出て来たおっさん、俺が「すみませんが・・・」と言い終わる前に食い気味に
「おお、あんたら、いいもん見せたるわ!」と俺の腕を掴んで車の後方に引っ張っていた。
「これこれ!さっきわしが仕留めたんじゃ!」と、軽トラに荷台には子熊。
初めて間近で見る熊に嫁悲鳴。俺固まる。
おっさん上機嫌で、身振り手振りで武勇伝を語りだした。
「へー」「凄いですね」「そうなんですかー」と答えながら
なんとかここが何処か聞かないととタイミングを見計らっていたが
「~ってわけなんじゃ!じゃな!」としゃべりたい事しゃべり倒したら即、車に乗り込もうとした。
「いや、おじさん!あの」「あんたも気ぃつけろよ!」
「いや、聞きたいことが」「熊が出たらクマっちゃうぞ!」
「おおおおじさん!ちょっ」「じゃ!」
・・・去って行ってしまった。
でもあの車を追っていけばなんとかなる!と思ったが
簡単にUターンできる道幅じゃなかったので、
何度も何度も何度も何度も切り返してるうちに見失ってしまった。
暫く迷い続けて漸く町に出た時にはグッタリ。
とりあえず腹がへったのでなんか食おうと思って
駐車場に沢山車が止まってる店があったので、そこに入ったら
なんかみんな熊の背中が割れてフタになってるような変な鉄鍋で熊食ってた。
珍しいので俺らもそれ食ったけど、なんかもう色々衝撃だったのと疲れたのとで
味が全然わからんかった。

続きを読む

 
372: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 20:11:50.21 ID:BARh4QI6.net
完全勝利とはいかないが言い負かした話を1つ 

通勤は電車なのだが、地方都市とはいえ19時頃、電車はそれなりに混雑する。 
一本前の列車が行った直後だったので俺はドアの位置に並んだ。 
その時には既に俺の前には二人ほど並んでいた。 
次の電車までは十分ちょい。携帯いじったりして時間を潰してた。 
電車到着一分前くらいに俺の右側におっさんがすっと現れた。 
俺は見た瞬間確信した。こいつは割り込む気だなと。
続きを読む

 
352: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:37:41.89 ID:avD3LcUF.net
東日本大震災で、自分が所属する某サークルのメンバーでいらっしゃる飲食店経営のおじさん、 
店舗兼ご自宅を失い意気消沈していた。おじさんは仮設住宅に引っ越したので住所を教えてもらった。 
俺は自宅にあったサークル関連のグッズ多数(自分のお手製の品もある)を箱に詰めて贈り手紙を添えた。 

「代金は必ず払っていただきます。おじさんが作る○○で」 

半年後、おじさんと偶然再会した。公園で屋台をやっていて、 
俺の顔を見るなり「この前の代金だ」と一食分の料理を包んで持たせてくれた。 
おじさんは今、店舗を構えて復興の道を歩んでいる。
続きを読む

 
384 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 15:30:37 ID:89p1ezCi.net
スレ違いだったらごめんなさい。
話には、全て元がつきます。

結婚して、当然のように義実家(義両親・義弟)での同居となった私は、当然のように、義実家の家事を全て行い、夫やウトメからDVをうけ、自由になるお金は全くありませんでした。
また義弟はDVなどはありませんでしたが、私がDVを受けてる時は携帯に夢中で無視、
たまに私が物を捨てた後のゴミ箱を漁ったり、一度机でで眠ってしまったときには、起きると真後ろにいたりなど、少し気味が悪かったです。
勿論毎日作っていたお弁当のお礼を言われたこともありません。

今ならおかしいと分かるのですがその当時は、親が毒親だったこともあり、結婚とはそういうものだと思い込んで堪え忍んでいました。
続きを読む

このページのトップヘ