点滴

 
574 :名無しさん@HOME 2011/11/25(金) 18:59:26 0
麻酔で思い出した話。
小学6年の頃、図書館の本で初めて盲腸の存在を知り、そういえば
この本みたいにおへその右下が時々痛いかなーと思いつつも本みたいに
激痛にのたまうほどではなかったんで放置。

中学生になりあれ?これ激痛って程じゃないけど確実にいたいよね?
と学校を早退し学校近くの病院に行くが藪だったのか血を抜いて
痛み止めの点滴だけで終わった。

痛いけど我慢できる・・・?いや出来ない・・・?というような曖昧な
痛みを抱えていた矢先に弟が急性.の盲腸で入院。
何となく言い出せなくなり我慢しだす。
しかし3日ほどで我慢できなくなり、親に泣きつき、別の病院で
見てもらうとやはり盲腸。切った方がいいと言われたが、中間テスト
1週間前だったため、親の願いで、テストが終わるまで毎日痛み止めの
点滴をすることになった。

テスト終了後速やかに手術が執り行われ、局部麻酔を希望したんだが
手術台の上のライト?が光った記憶を最後に、気が付いたら別の部屋で
寝ていて、口には酸素マスクや点滴がされていて、両端には両親が
泣きながら控えていて「ごめんねごめんね!」と叫んでいて自分ぽかーん。

なんでも自分は腹膜炎を起こしかけてたうえ、点滴で痛みを抑えていた
せいか、膿だか水だかが腹にたまっていて、後一日手術が遅かったら
確実にタヒんでたとかで自分gkbl。これは自分も悪いんだが、普段から
仮病を使って学校を休みたがった子だったので、親はあまり盲腸というのを
信じてなかったらしい。それでも親は罪悪感で一杯だったので
当時出たばかりのスーファミかって貰うことでチャラにした事が自分的修羅場。。
続きを読む

 
760 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 07:24:35 ID:y0LaQUje.net
>>734
俺の小学校時代の同級生に虐められたら我慢して逃げる子が居たんだよね
本当に「限界になるまで我慢」をして、関係者大多数と共に割と悲惨な末路を遂げましたは……
続きを読む

389: 名無しさん@HOME 2013/10/04(金) 17:41:12.67 0
>>351の輸血で思い出した今はかなり改善されたけど、当時の最大の修羅場。
子供を妊娠したときに判明したんだが、私は稀血で全国でも数百人しか同じ血液型がいないらしい。
で、何かあった時のために出産に関わりなく自己血を定期的に保存する様に強く勧められた。
問題なのは私が注射恐怖症だったこと。
物心つくぐらいに長期入院したことがあって
長期入院用の長い点滴針を血管にいれるのに失敗されて、手の甲の皮膚に年単位で残る5cmの傷をつけられた。
失敗したときも痛いって訴えてるのに看護士2人がかりでずっと押さえつけられてた。
それ以来、注射と聞くだけで体が震えて涙が出てくる様になった。
(今思えば入院の時稀血だと判明しなかった時点でヤブだったんだと思う)
予防接種とかぐらいはなんとか耐えられたけど、定期的に血を保存しといた方がいいと医者に勧められた時点で
定期的に血を抜く=これからずっと注射され続けると考えた時点で目の前が真っ暗にになって
その場で昏倒してしまった。
これが第一の修羅場。
その後医者に事情を説明してカウンセリングを受けつつ定期的に血を保存していくことになった。
もし自分に何かあったら子供はどうなるの!と自分を励ましつつ病院に通ったけど

毎回泣きながら体を震わせて看護士さんにおさえこまれながら血を抜き取られてた。
カウンセリングの効果でなんとか自分で震えを抑え込めるぐらいになるまでの数年間は、血を抜かれる度に修羅場だった。
その子供も今は成人して後は孫に血液型が遺伝しないかどうか祈るばかりだ。

>>351はこちら↓
音信不通だった従妹から突然連絡が入った。結婚して子供が生まれたが、子供が危険な状態で輸血が必要、でも血液型が特殊で輸血の確保ができるかどうかわからないって…
続きを読む

このページのトップヘ