玄関

 
908 :名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火) 11:28:15 ID:7aX
夏休みなので一人旅を計画し、妹が一人暮らししている県も通りかかったので
その晩は妹のアパートに泊めてもらった。
妹はちょっと変わっていて、何時に食事、何時に入浴と決まったサイクルで動かないと落ち着かない。
妹が風呂に入っている間、俺はテレビを見ていた。
玄関の方から何か、ガチャガチャ音がした。
ドアの向こうで数人が何か話している気配がする。スコープを覗くと若い男が数人いた。
いやな予感がして、音をたてないようチェーンをかけた。
かけ終わってほんの数秒後、ドアがいきなり開いた。
ニヤニヤ顔の若い男と俺、お見合い。どっちもしばらく呆然としてた。
俺「……誰?」男「あ、いや、間違えました」
ドアが閉まった。
何かゴチャゴチャ話している音がして、一回ドアを思い切り蹴られた。
混乱しすぎて「なんだ?なんだ?」としか思えず、とりあえずまたテレビを観出したが
ぜんぜん頭に入ってこなかった。
妹が風呂から上がってきて、妹の顔を見てようやく「あ!あいつら妹狙いか!」と気づいた。
たぶん妹が風呂に入る時間等も知ってたんじゃないかと…
妹に「こういう人相でこういう服装の男たちが4人来た」と説明するが
妹はまったく知らないと言う。
なぜ合鍵を持っていたのかも謎。
朝一番で大家に連絡し、俺の持ち金で鍵を変えさせた。
おかげで金がなくなりその場で旅行は切り上げになったが、俺がいて本当に運がよかったと思う。
帰ってすぐ親に報告。親父が真っ青になり
「金は出すからすぐ引っ越せ!」と妹に電話していた。
続きを読む

 
436 :名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火) 15:44:28 ID:9zlKm2LJV
彼女とデートに行くぞー!とアパートの玄関を出たら、お向かいの妊婦さんが廊下でうずくまってた。

慌てて駆け寄って事情を聞くと、出掛けようとしたら、予定日よりだいぶ前なのに、お腹の張りと痛みで動けなくなってしまったらしい。

旦那さんは仕事中で連絡がつかなかった。

割と近くに産婦人科の病院があったが、話を聞くと妊婦さんの掛かりつけの病院は結構離れたところだった。

救急車を呼ぼうか?と聞いても大丈夫、休んでいれば良くなる、の一点張りだったが、顔色は悪いし、脂汗もひどく、痛みのせいかぐしゃぐしゃに泣いていた。

意を決して、妊婦さんを抱きかかえて車に乗せて、すぐ近くの方の産婦人科へ連れて行った。彼女は妊婦さんに寄り添って励ましている。

病院に駆け込んで受け付けに事情を説明すると、すぐに数人の看護師さんが飛び出してきてくれて、裏口からストレッチャーで妊婦さんは運ばれて行った。

看護師さんに自分の名前や住所、妊婦さんについて知っていることを伝えて、俺たちは帰宅。
結局デートは行かなかった。

その夜、旦那さんがアパートに訪ねてきて、昼間のお礼を丁寧に伝えてくれた。
残念ながら、赤ちゃんは助からなかったそうだ。対応が遅れていたら妊婦さん自身も危なかったと、泣きながら話してくれた。

旦那さんが帰って、まだ俺の部屋に残っていた彼女に事情を説明。

「そっか。せっかくデートもキャンセルしたのに、結局助からなかったんだ」

この一言に冷めてしまった。

この日は彼女を帰して、一ヶ月後には別れた。
続きを読む

 
571 :名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木) 19:11:19 ID:ipOq7vuO9
修羅場すぎて今でもドキドキしてる。
その日は私も夫も休みで、小学4年生の娘だけ学校でいなかった。
午後3時半ごろ、二階にあがる階段付近で物音がするから二人で見にいった。
そこで見たのは俯いた娘がランドセルを背負ったまま階段をのぼっているところだった。
夫が「あいつ、ただいまも言わずにどうしたんだ?」と二階に上がろうとした瞬間、玄関の扉があいた。
笑顔で「ただいまー」と入ってくる娘。
私と夫は凍りついた。
今娘が帰ってきた。じゃあ、今二階に上がった娘は何?と大パニック。
二階を探索しても誰もいない。

先日も、近距離別居の姑がうちに電話してきたときに娘が出たらしいのだが、「しね!」と言われて切られたという。
ちなみにその姑が電話してきた時間は、娘は不在。ピアノ教室に行っていた。

修羅場すぎてやばい
続きを読む

45: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/23(水) 15:09:54.78
もう何年も前の修羅場。
私が大3の時、高3の妹が居て、妹には彼氏が居た。
秋辺りから妹は彼の為にマフラーを編んでいた。
妹は頑張ってた。不器用ながら学校で友達に教えてもらい、難しい模様を綺麗に編み込んでいった。
そして、渡す日。
我が妹は上手くやっただろうかと講義を終えて帰宅した。
玄関を開けると妹と、知らない女の子が取っ組み合いの喧嘩をしていた。
私が帰ってきた事に双方気づいて居らず、
噛みつき、引っ掻き、きいきい声をあげながらの大乱闘。
長いので分ける

続きを読む

158: 1/2 2013/09/05 13:08:10
当時賃貸マンションに在住してた。ある9月の日曜の午前9時きっかりにチャイムが鳴った。
玄関ドアは開け放し、風通しと簡易防犯用に鎧戸を取り付けてたので、ルーバーの隙間から外を見ると
見知らぬ爺が長さ150㎝くらいの鉄製パイプを杖にして立っていた。
誰ですか?と聞くと、「私はアレだ!」「ここは柔道だろ?」「すぐ開けろ!」外に置いていた植木鉢を持ち
上げて「これはデタラメ!」と、全く意味不明で、お帰り下さいと言っても帰らない。
しまいには私がドアを開けない事に怒って鉄の杖でドンドンドンと鎧戸を叩き出した。
防犯用と言っても簡易なんだから鉄の棒で叩かれたらすぐに潰れて押し入られそうで非常に怖かった。
意味不明の押し問答は続き、ドアもガガガーンとエスカレーターしてきたので、110番へ電話。
事情(暴漢がドアの前で暴れている)を話し、「分かりましたすぐ行きます」と電話を切ってから10分しても
来ない。再び110番へ電話。「暴れてて怖いんです。玄関前でやられてるから私は逃げられません!」
「あーーーー、さっき電話くれた人?んーーーちょっと待っててねーーーー。これから行くからねぇ~」と
ノロマな対応。ドアをガンガンやられながら更に待つ事10分、来ないのでまた電話する。「殺されるから
早く来て!!もういや!!ころされるーー!!!(絶叫)」「あーーー、またさっきの人でしょ??
またさっきの人か~~~~まいったな~~~~今行くからちょっとまっててよ~~~」
更に待つ事10分「まだですか?!まだですか?!こっちは殺されるかもしれないのに、どうなってんの!
早くきてーーキィイイイ (おたけび)」更に待つ事10分、電話し「こ、ろ、さ、れ、る!お願いします、
助けて下さいうぇ~~ん(泣き声)」「はいはいはいはいはい!さっきの人ね♪はいはい!はーい♪
はいはい♪ちょっと♪待っててねぇ~~~~♪」
40分経ってようやく意味不明の爺は立ち去ってくれて玄関前からいなくなった。

続きを読む

このページのトップヘ