理由

 
546 :名無しさん@おーぷん 2014/12/01(月) 11:01:19 ID:6xj
離婚したいから結婚したと言われたときが、人生最大の修羅場
ある日突然夫に離婚を言い出され、緑の紙を渡されて、混乱しながらも理由を聞いた
お金のことか、好きな人が出来たか、それとも私に至らないところがあったのかと
でもどれも違った
旦那はそもそも離婚したかったから私と結婚したんだと言った
義母は義父(会ったことはない)と離婚してシングルマザーで義姉と夫を育てた人
そんな義母と同じになるように、夫は自分も一度は離婚しようと決めていたんだそうだ
でも本当に好きな人と離婚するのは嫌だ→好きじゃない女と結婚して離婚しよう、と
それで白羽の矢が立ったのが私
もう頭が真っ白だったし、意味が少しも理解できなかった
辛うじて子供はどうするのと聞くと、僕のママンは養育費なんか貰わずに僕たちを育てた!となぜか誇らしげに言われた
当時子供は上が小学生になったばかり、下は幼稚園生
私は一般職を寿退社して専業主婦になった女で、手に職なんかなく、とにかく養育費なしでこの子たちをどうすればいい!?ということで頭がいっぱいだった
今思い返してみると、その時点でもう離婚自体は止む無し、って思ってたんだな
結局、血迷って私は義母に突撃
義母が夫に何か吹き込んだんだと思って、文句を言いに行ったんだ
でも義母は驚くやら呆れるやらで、むしろ夫を必タヒに説得しようとしてくれた
けど夫にはさっぱり通じず、最終的に義母は自分の保険を解約して夫の代わりに私に養育費を一括で払ってくれた
額を考えるに、義母の精一杯の慰謝料も込みだったと思う
どんなに苦労したか見てきたはずなのに、と泣いていた姿が辛かった
突撃したことを今も後悔してる、本当にいい人だったんだ
離婚しても孫には会ってもらおうと思っていたのに、義母はその後すぐに亡くなってしまった
代わりにというか、義姉もすごく気遣ってくれて、義母亡き後も子供のために色々送ってくれたり、お祝いごとも欠かさずしてくれた
夫は、ママンがタヒんだのは私のせいだと今も言っているらしい
孤独タヒなんかで周りに迷惑かけないようにと義姉が様子を見ているそうだが、まるで時が止まったように別れた頃のままの思考だそうだ
子供二人とも家庭を持ち、私も義姉の関係でご縁があり、これから先を共に生きようと思える方と出会えた
やっと私の修羅場が終わったように思います
続きを読む

 
912 :名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月) 14:38:57 ID:WRp
兄嫁が、兄の婚前の貯金を使いこんでたことが発覚して
離婚するしないの騒ぎになった時が衝撃の連続だった
一番衝撃だったのは、その散財の理由が化粧品や服ってこと

だって兄嫁、ルックスは肉付きのいいヤワラちゃんで
いつもジーパンとTシャツ、変な写真のバッグっていう恰好しかしてない。
男の俺から見たらちゃんと化粧をしてる風にも見えない
でも俺従妹は、法事で兄嫁化粧品の話をした時に兄嫁から
「化粧品は伊勢丹の某店で買うに限る。
店員のレベルが高いから色々教えてもらえてメイクのクオリティがあがる」と
力説されたことがあるらしい
クオリティを語る以前にそんなに化粧してたってことにびっくりしたけど
従妹がその時に聞いた義兄嫁の愛用化粧品は高価なものが多かったし
俺にはただのおかっぱにしか見えない髪も表参道の有名なお店に通って手入れをし、
下着も、名前を聞いて思わず笑ったけど修行ブラという
オーダーメードで揃えてると言ってたらしい
後から兄が調べたら、その修行ブラっていうのが1枚1万円以上して
年に3回は新しいのを作ってたから軽く10万
色違いで沢山揃えてた靴は
バレーシューズの有名店のオーダー品で1足5万以上
俺から見れば変な、動物の写真がどーんとのってる変なバッグも
女には有名なブランドのらしくて兄嫁は10個以上所有してた

でも真実が明らかになる度に俺含めた身内みんな
「そんなに金かけても容姿があれってどれだけ費用対効果が悪いんだ」と
怒るのを通りこして呆れるようになってしまった
結局兄夫婦は離婚したけど、
「離婚原因は兄嫁の浪費。浪費の内容は服や化粧品」って説明すると
兄嫁知ってる人は誰も信じてくれなくて
実は兄に非があるのを嫁のせいにしてるんじゃ、と
疑われてたらしいのも衝撃だった
続きを読む

 
743 :名無しさん@HOME 2015/04/07(火) 18:00:21 0.net
もう十年くらい前のはなし

当時、私は二十代で三十代の夫がいた
ある時めでたく妊娠して、夫に妊娠三ヶ月目だと伝えたら浮気したなと激怒された
見に覚えはもちろんなくて、なぜ浮気だと思ったのか問いただしたけど「浮気」「慰謝料」「離婚」「裁判」とこちらを一方的に責めるだけだった
義両親も夫になぜ浮気だと思ったのか尋ねたけれど相変わらず一方的に責めるだけで話をしてくれなかった
友人宅に籠城して話をしようとすらせずあちら側の要求を一方的にfaxしてきていた
こちらからfaxしても無視されるばかりで、夫友人に連絡を取ってもアバズレと言われるだけだった
そうこうしているうちに赤ちゃんが流れてしまって、炎症も起こしてしまって入院した
かなり憔悴してたのだと思う
退院した頃にようやく夫が実家に戻ってきて、両家族で話し合いの場を持つことができた
夫は離婚届を机に出して慰謝料の額やらなんやら言ってきたけれど、相変わらず理由は言わなかった
業を煮やした義母が浮気だと思った過程を問いただしたらとんでもないことがわかった
「妊娠三ヶ月目って言ってたが、二ヶ月前は長期出張でいなかっただろ」とのことだった
それを聞いた義母が泣き叫びながら夫を張り倒して殴り続けた
私もなにがなんだか、呆れるやら悲しいやらで呆然とした
そのあと夫に冷めてしまって、両家族のすすめもあり離婚した
勘違いを知った夫がごねたけれどなんとか離婚
けれどそのあと義両親が心労から続けて倒れてしまって、夫が世話をしないものだからうちに来てもらった
結局一年もしないうちに亡くなってしまった
勘違いひとつでこうも色んなものが狂うのか、と怖くなった修羅場です
せめてひとこと、浮気を疑ったときに理由を言ってくれていれば違った結果になったのかもしれないのに
続きを読む

 
369 :名無しさん@おーぷん 2017/02/23(木) 19:44:50 ID:qoN
顔見知りの男性が、地味で大人しそうな小柄な女性に対して
しつこく付きまといや嫌がらせをしていた。
それがとても信じられないような理由から行われたもので、
なんとその男性は、なぜだか分からないが、女性の方が自分に惚れて、
結婚しようと迫ってきていると本気で思い込んでいた。
しかもその女性は、自分と両想いなんだと勘違いしていると。

だからその女性が自分につきまとわないように、両想いだなんて勘違いなんだと伝えないといけないと
その女性の連絡先を聞きまわって調べようとしたり
何時間も待ち伏せしたり、隠れてその女性を尾行しようとしたり
偶然その女性を見かけたら、遠くからその女性の悪口と、結婚する気がない事を大声で叫んだり、
罵詈雑言だらけの手紙を渡そうとしたりして、何とかその女性が勘違いブスであること自覚するようにと
男は本気で思って実行していた。
あととにかく女性の弱点を探ろうととしていた。
男性はその女性の危険性を何とか周囲にも伝えようと、妄想や悪口を懸命に訴えてきたけど
どうみてもおかしいので、その男の親友以外は皆ドン引きしていたが、
それも男性にしてみれば、女性の工作によるものだそうで
己の思考がおかしいことに気がつくことはなかった。

ちなみにその女性と仲が良い知り合いによると、
女性はその男性とはたまに挨拶をする程度
嫌がらせをされるまで、男のことはほんとんど意識しておらず
当然惚れてもいないのに、突然意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした模様。
幸い周囲に状況を理解してくれる人が多かったので
男が本格的に女性の個人情報を調べて、妄想から女性に害をなす前になんとか逃げた。

その後、男は女性がいなくなったことで、新たなる妄想を展開してとにかく怒っていたけど
そのうちこの男も急にどこかにいなくなった。
女性を追いかけたのではなくて、しかるべき病院に入院していることを願っている。

この男の言動にはいろいろ衝撃を受けたけど
こんな思考の人が実際に身近にいたのも衝撃的だった。
普通の容姿の女性だったのに、男性がとにかく女性の容姿にばかりこだわって
攻撃してたのもなんだかとても気持ち悪かった。
続きを読む

801: 可愛い奥様 2012/06/15(金) 22:52:34.82 ID:tgJQbt090
>>何よりも信頼を裏切られた事が一番ショック 
>>私ももう旦那がどういう人間なのか分かんなくなっちゃったし… 

うちの旦那ももう私の知ってる旦那じゃなくなってる。
でも私はそれを受け入れられないでいるので
この期に及んで「別れたくない」なんて思ってる。
自分がツライだけなのに。

引用元: ・【再構築】 旦那の浮気 【離婚】24

続きを読む

44: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/05(日) 01:56:33.48 ID:8xudUiZ9
昨年のXmasに、友人の嫁が自殺した。
10日後の昨日、友人が自殺した。

嫁が自殺した理由も知ってるし、友人が後追いした理由も
解るから、今現在心の中が大修羅場

2日の夜、同窓会があって事情(嫁さんが死んだという事実)を知った
同級生たちは彼是慰めていたけれど

同窓会が終わった直後に自殺したという連絡が来た時も
ああ!やはり!という感じで言葉にならなかった。

続きを読む

989: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/12(木) 14:32:58.47 ID:aOSWj8m/
修羅場とまではいかないけど、
勤めた会社で、ある1人の人にいじめられた理由が理不尽だった。

私が住んでる地域は、少年ジャンプが当日販売されないような、閉鎖的な僻地。
昔から村の中だけで結婚を繰り返してきたから
昭和の中ごろから、他の地域の人間を入れるようになった。
私がそんな村に嫁いだのは20年前。
よそ者をとことん嫌う姑との同居で、心身ともに苦労を重ねたが
子供がある程度大きくなって、私は外で働くことにした。

勤めた会社には同世代が多く、私は中でも「れい子さん」という人と仲良くなった。
どちらかというと、あちらが私に近寄ってきた形だった。
数週間後、他の人とも仲良くなって楽しく働いてた時、社長が親睦会で
「いまさらだが、改めてみんな自己紹介をしてくれないか?」なんて言い出したので
みんな一人ひとり前に立って、簡単な自己紹介を始めた。
私も、緊張したけど住所や家族構成、趣味なんかを話した。なんとかうまく言えたと思う。
しかし、次の日から突然、れい子さんの態度が変わった。

続きを読む

このページのトップヘ