発作

 
969 :名無しの心子知らず 2009/08/01(土) 21:50:29 ID:0fL7B6t0
埋めついでに泥ママ遭遇話。

私は持病があって常用薬が複数あるのだけど、それを他ママと一緒に家に来た泥ママに根こそぎ盗まれた。
それまで巧妙に香ばしい言動も見せずにいて、泥と長いつきあいの人も気づかなかったくらいのある意味プロ泥。

ママ達が帰った後に、さて昼の薬を…と思ったら、薬がない。
ピルケースに分けていた分もピルケースごと無い、分ける前の病院の袋に入っていた分も無い、予備も無い無い無い!

慌てて病院へ連絡している間に発作がおき、病院と通話中のまま意識を失った。


意識が戻ったのは翌々日。
一睡もしていない旦那から事の次第を聞いた。

病院が警察に通報、警察がとりあえず何か気づいたことなどなかったか聞こうとママ達の家へ。
泥宅についてみると、何やら悲鳴が…
私から盗んだ薬を飲まされた泥姑と泥子がぶっ倒れた所だった。

すぐさま救急車を呼び、泥はそのまま警察お持ち帰りで聴取→お縄。

泥の姑と子は胃洗浄など繰り返してなんとか無事。

泥がなにを考えて薬を盗み、家族に飲ませたのかはわからないけど、私はしばらく入院するわ、ママ達ともなんだか微妙なお付き合いになってしまい結局疎遠、我が家は転居した。

私は今は別の地で友人もでき普通に暮らしてるけど、色々と未だ吹っ切れなくて、いまだに友人を自宅に呼べないのでもっぱら外でのお付き合いになってしまった…
続きを読む

 
378 :名無しさん@おーぷん 2015/12/25(金) 19:17:57 ID:wQy
現在進行形なんだけど

先日近所の料理店に行ったら、高校生の息子がアレルギーの発作を起こして救急車騒動になった
これまでその食品にアレルギーがあるなんてわからなくて、いきなり発症したと思っていたんだけど
あとから息子に聞いてみたら、その食品を食べると喉や口がかゆくなったことはあったらしい
あまり食卓に並ぶような食品ではないけど、息子が時々自分で買って食べていたということも判明
土日の塾の時の昼食は、息子にお金を渡して好きにさせていたので、夫も私もまったく気がつかなかった

完全にこちらの落ち度なのに、お店の人が病院まで来て平身低頭謝罪してきてすごく申し訳なかった・・・
さすがにお金は受け取れなかったよ
現場を見ていた人か誰かが保健所に通報したらしく保健所がお店に来たそうで、私も息子の診断書を持って
事情を説明に行ってきたけど、店長他、お店の人たちが憔悴しきっていて気の毒だった

息子もアレルギーに対して知識が十分にあったとは言えないし、なにより親が気づかなかったことがすべてだと思う
本当にどう謝っていいのか・・・
すぐにお店の近所の家にお騒がせ致しましたと説明して回った
だいたいの方は理解してくださったけど、それでも年配の方は「食品に問題があったんでしょ」と言うので
なんとか粘って説明をしてきた
町内会の人がいらっしゃって、その方がフォローしてくださると言っていただいたけど大丈夫だろうか・・・
続きを読む

 
812 :おさかなくわえた名無しさん 2003/10/05(日) 01:33:00 ID:TUorbcqv
まあ、わりとあきれた話。

運転中、同僚が苦しみだしてしまった。
その人は昨日、似たような症状で病院に担ぎ込まれていて、発作を起こしたばかりだった。
その後落ち着いて先生からは帰ってよし、明日も働いてよしと言われていたのだが、
夕方になって突然苦しみだしてしまったのだった。
もう汗だらだらでかなりやばい感じ。

たまたま道路沿いに専門病院があり走りこみ、
「すぐ診てください苦しんでいるんです」とつたえると、
受付でおしゃべりしていた若い受付嬢と若い医師がめんどくさそうに
「今日は検査できないよ」的事を念入りに言ってきた。
すごく念入りだった。

(続く)
続きを読む

 
593 :名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木) 11:43:49 ID:1vy
今までで一番衝撃的だったのは高校2年の夏休みに母親の心臓が止まったことだな。

両親が診察から帰ってきて父は庭で花の手入れ、母は疲れたので休むと2階へ上がった。
その時、居間でゲームしていたのだけど「喉が渇いたから何か冷たい飲み物を持って来てくれ」と言われ
すぐに中断できるものだったので麦茶を用意して渡しに行くと
母は畳の上に座布団も敷かずにうつ伏せと横向きの中間ぐらいの感じで寝てた。

帰ってきてからほんの数分で寝てたのでよっぽど疲れていたののかな、と思い
麦茶を置いて「ここに置いとくからね」とすぐ居間に戻ろうとした。

だが普段から人に何か頼んでおきながら寝るような人じゃなかったのと
いびきをかいていたので気になり体を揺すってみると、縮こまっていた体を顔面を畳で擦るようにしながら伸ばした。
「あ、これヤバいやつだ」と思いすぐに窓を開けて父を呼ぼうとしたのだが
俺はしばらく使ってなかった部屋で、鍵の開け方のコツを忘れててすぐに開けられなかった。
(ここがたぶん一番焦った)

階段を駆け下りて「お父さん!お母さんが!なんかヤバい!」と叫び、
すぐに部屋に戻って母を仰向けに引っ繰り返したら息してなかった。
続きを読む

354: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/25(月) 08:45:49.73 ID:31WecD55
幼稚園かその前ぐらいの小さい頃、
母と買い物に行った帰りに近所のおばさんと会った。
道端で母とおばさんがおしゃべり始めて、なかなか終わらないので退屈だったから
そこらへんブラブラ探検してたら狭いビルとビルの間で人がうつぶせで寝ていた。
なんか色んなもんが飛び散ってて汚い所で、その人も汚れてたから
起こしてあげたほうがいいのかなと思って、軽く蹴ってみたけど起きないので
母を呼びに行った。
私に手を引っ張られてきてソレを見た母が絶叫。
で、警察が来たりなんだかんだで、世界が真っ赤っかになった記憶。
(パトカーの赤色灯のせいだと思う)

その後、母が死体(それもかなり酷い状態の)を見てしまったことによる
PTSDでおかしくなってしまって結構長い間入院した。
退院してから何故か私は母に避けられ、母は姉ばかり可愛がった。
あとで聞いた話だけど、母は私の顔を見ると思いだして発作が起きるんだったそうな。
当時の私は自分が目撃したものが何だったのか、はっきり理解出来てなかったけど
わざわざ母を引っ張ってきてそれを見せたことが相当ヤバイことだったのは
なんとなく理解できてた。
だから母は私を嫌うようになったんだ、と。
姉からも「あんたのせいでママがおかしくなった」って言われたし。
それで私は祖父母の家に預けられて、そこから小学校にもあがった。
姉とは違う小学校だった。
祖父母はとてもよくしてくれたし、週1ぐらいで父親も会いに来てくれて
ごめんな、ごめんなってよく謝られたのは覚えている。
それでも私は捨てられたと言う意識がすごくあった。
ある時、姉が通っていた小学校の運動会をこっそり見に行った。
父と母と姉が母が作ったらしいお弁当を囲んで楽しそうに食べてるのを見て
近くにあった砂場で、被っていた帽子に砂を詰めて
それをお弁当にバサーーーー!とぶっかけて、逃げるように家に帰った。
それから暫くは記憶はあまりなくて、
中学に上がるぐらいの頃に元の家に戻った。

続きを読む

このページのトップヘ