相談

 
368 :名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 08:23:56 0
中学校の時の話。
グズでのろまで根暗な自分は、小学校くらいの頃から親にいびられてた。
友達は少しはいたけど、中学に入って疎遠になり、更にイジメられるようになった。
誰にも、もちろん親にも相談できず、かといって不登校になることもできず、耐えてきた。
やっとの思いで当時の担任に打ち明け、強面のベテラン教師だった担任が一喝し、イジメはある程度治まった。

しかし数ヶ月後の三者面談で、担任が親に、私がイジメられていたことをバラした。
しかも「お宅の娘さんは性格に問題があるので、イジメられて当然です!
イジメられてるって被害者ぶる前に、自分の性格を直すのが先でしょう!」と言われた。
帰宅してから親に、やっぱりお前は出来損ないだ、家でも学校でもうまくやっていけないクズだと殴られ蹴られた。
その後も、新しい友達が出来ても、高校に進学しても、就職して毎日充実していても、
自分が家を出るまで、ずっとそれをネタにいびられ続けた。

もう十数年も前のことだけど、あの時の担任のニヤニヤした顔と、親のキレっぷりと、奈落に突き落とされた感じは未だに夢に見る。
続きを読む

 
42 :彼氏いない歴774年 2009/07/17(金) 16:36:03 ID:lU6t8tUR
長文ごめん。
今勤めてる会社に、3ヶ月程前 親会社の社長の息子が入社してきた。
前の会社を人間関係が嫌になって辞めたっていう、今年31でかなりハイレベルなキ喪男。
普段、朝夕の挨拶ぐらいしかしたことないのに、5日前突然メールが。(社員数人の超子会社だから、みんなの携帯番号とアドレスは連絡網みたいのにまとめて全員に配られてる)
以下はそのやり取り↓↓
『誘惑とか得意??』
私「え?」
『喪子ちゃんなら男を誘惑することくらいできるはず。
だから俺を誘惑して目覚めさせてほしい。

もともとかなり性欲が強かったのに今がこんなんだからいろいろと不安でね。』
私「おっしゃっている意味がよく分かりません。
私がそんなことをしなければならない理由も分からないです。」
『だろーね。
てか黙って付き合ったら?
そのプライド潰してやるよ

私「だからどうして私がそんなことしなきゃいけないんですか?
本当によくわからなくて怖いんですけど。」
『おちついて…。
根に持つタイプだね。

俺が憎い?
こ○したい??』
私「会話が噛み合ってませんよね?
〇〇さん本当に怖いし気持ち悪いです。
メールとかやめて下さい。」
『ひどいこと言うね(笑)
俺と喪子はそんなにかわんないよ。

自分を傷つけて他人も傷つけて生きてる。

違うって言い切れないでしょ?

私「メールしてこないで下さい」
『もうやめるけど。
あきた』
(シカトしてたら数時間後↓↓)
『このキャラを演じさせたのは喪子ちゃんだよ(人差し指を立ててる絵文字)

男をダメにする女。

バイバーイ(手をパーの絵文字)


うちの会社の社長も、親会社の社長(キ喪男の父親)も本当に良い人だから 相談出来なくて怒りの持って行き場がない…
まぁこの後本当にメールはこなくなったけど、思い返す度にイラッとするんだ(;`皿´)
続きを読む

959:おさかなくわえた名無しさん2013/06/28(金) 16:32:53.71 ID:nWtu7afz

結婚して20年以上になる旦那にいきなり離婚したいと言われて、
その理由が「初恋の人が未亡人になった。今すぐ独り身になって
プロポーズしないと、他の男に取られてしまう」だったこと
続きを読む

239 :名無しさん@HOME 2009/11/05(木) 23:35:04 O
絶縁しました。
書ききれない位嫌なことをされましたが、決定的な出来事があったので。
なんと、生後三ヶ月の娘の口に、義父がキムチラーメンの汁を流し込んだのです。
ちょっと目を離した隙にやられました!
娘は火が付いたように泣き叫び、鼻から汁を吹き出すわ、咳込むなんてレベルではなく、ヒィィーとなった後に泣き出しました。
あんまり美味しいから、孫に食べさせたかったと言う糞じじいに残ってたラーメンぶっかけ、いやマジでぶっかけた
腹のあたりに。
おんどれ娘コ□す気かゴラァ!と一喝して帰ってきた。
義母から電話あったから「縁切る、これ以上なんか言ってくるなら、杀殳人罪で訴える」と言った。
旦那はオロオロするだけ
旦那も許さん
興奮して訳わからんカキコすんません
続きを読む

 
372 :名無しの心子知らず 2011/06/12(日) 13:12:56 ID:Htp3BFIO
空気を読まずに投下
娘は服飾関係の義母の影響で手芸が好きで、鞄とか服とか作っていた
親のひいき目抜きで見ても上手いな、と思ったし友達の間で密かに好評だったらしい
そして文化祭の劇の服飾担当になった

続きを読む

このページのトップヘ