結婚式

27: 1/2 2011/05/21(土) 19:24:14.95
私の式の話。複雑な上に長文になると思う。

私は極度の子供嫌い。知人・友人の子供も、親戚の子供もダメ。
就学前の女児が一番苦手。
先に結婚した弟に子供が産まれると聞いたときも、トイレで何時間も吐いたくらいダメ。
このままじゃいけないと思い、カウンセリングに通ったりもしたけど、どうにもならなかった。

自分は両親(故)とは絶縁状態で、弟の結婚式にも出席していない状態。
義理妹には会ったことも話したこともない。顔も知らない。
せめてご祝儀だけはと郵送した際、手紙を書いたことならある。
その中で、自分が極度に子供が嫌いなことを伝えてあった。
姪や甥を可愛がれないかもしれません、こんな姉で申し訳ありませんと、謝っておいた。
弟からはご祝儀のお礼があったが、義理妹からはアクション無し。
特に関わりたくなかったし、弟も何も言わなかったのでこちらも放置していた。

去年の自分の式に、弟と祖母を呼んだ。
控え室に入ってきた弟の後ろに、見知らぬ女がいる…腕に赤ん坊を抱いて。
その赤ん坊は、弟の子供で、抱いているのは義理妹と察しがついた。ということは、赤ん坊は甥か姪。
私が呼んだのは弟と祖母のみ。子供を預けられる環境にないと知っていたので、義理妹はあえて呼ばなかった。
招待されてもないのにやってきた義理妹と赤ん坊は、私を見て「ほら~花嫁さんだよ~」なんて
やっている。弟は無表情。祖母は「おめでとう」と泣いていた。私は気を失った。

幸い、気絶していたのは数分のようで、別場所にいた新郎と新郎の妹が来てくれて、
抱き起こされて気がついた。ドレスが嘔吐物にまみれていた…
義理妹と赤ん坊はまだ部屋にいて、赤ん坊ギャン泣き。
祖母も大泣き。弟オロオロ。新郎大慌て。義理妹は蔑むような目線で見下ろしていた。

32: 27 2011/05/21(土) 19:52:27.46
>>29
弟しか招待していないんだ。
義理妹も子供も招待していない。
子供がまだ赤ん坊だから、義理妹を呼ぶわけにはいかないし…
まさか、連れてくるとは思わなかった。

祖母をどうしても呼びたくて。
私にとって、祖母が母親のようなもので、ずっと育ててもらっていたから。
祖母はパスポートなんてないから、海外っていう選択肢は最初からなかった。

30: 2/2 2011/05/21(土) 19:48:53.19
こんな時でも姉としてのプライドがあって、弟以外に退出してもらい、説教。
私がカウンセリングに通うほど子供がダメで、それでもどうにも治らなかったと彼は知っているはず。
なのに、どうして自分の嫁や子供を連れてきたのか。
招待してもいないのに、非常識だと思わないのか。ほとんど叫んでいたかも。
弟が言うには、「嫁が行きたいと言い出した」、「嫁は初めて会うお姉さんを楽しみにしていた」、
「子供を連れてきたのは、預ける場所がなかったから」とのこと。
小さい頃から、毒両親から私が必死に守ってきた弟だと思っていたので、
裏切られたような気がして、悲しくて私大泣き。そしてまた嘔吐。ここで義理妹乱入。
「こんなに可愛い神様からの贈り物を可愛がれないなんて云々」、
「抱っこしてみれば、女なら分かるはず」と抱かせようとする。
まさか嘔吐物まみれの胸や腕で抱くわけにもいかず、突き飛ばすこともできず、
しばらく弟を間に挟んで逃げ回る。
そうこうしているうちに、赤ん坊の頬が私に当たって、私はまた気絶。

気がついたら夜でした。
結局式は中止に。救急車で運ばれたる姿を目撃されていたので、招待客の中に不審に思う人はいなかったようだ。
新郎も新郎家族も、私の過去や実家との関係、子供を産まないこと、嫌いなことを
了承して嫁に迎えてくれているので、そのあたりは責められなかったのが救いでした。
翌日退院し、医師の診断書を元に、弟夫婦に諸々の費用を請求。先日やっと、振り込まれました。
子供がばかりで、まだ若いしお金もないのに可哀想かな…とも思ったのですが、
弟の非常識さ、嘔吐する場面を目の当たりにしても、自分の価値観を押し付けてくる女を選んだバカさ加減、
もうイヤになってしまい、絶縁の道を選びました。

50: 27 2011/05/21(土) 21:27:46.36
見苦しいけど、ごめん。もうちょっとだけいさせてください。

>>33
弟は、優柔不断というか、流されやすいタイプなんだ、昔から。
私にはなかった親の愛情を一身に受け、嫌々ながらも、従っていた。
浮き沈みが激しい両親だったから、普段愛している分、時々急に弟に酷い仕打ちをしていた。
事前に察知できるときは、私がわざと機嫌を損ねて、こちらに向かうように計算していた。
私が嫌な目にあっていると、弟は助けようと努力してくれた。
私が家に入れてもらえなかった日には、窓からお菓子を落としてくれたりしたし。
弟が親を突き放すことはなく、ストレスで円形脱毛症になっても、黙って従っていた。
姉弟仲はさほど悪いわけじゃなかったよ。

だけど、>>37の言うように、そんな気持ちがあったのかもしれないね。
事情があったとはいえ、祖母や親戚が数人しかいない式で、恥ずかしかったのかもしれない。
事前に「呼ばないほうがいい?」と気遣ってくれたんだけど、その言葉に甘えてしまったのが、
いけなかったのかもしれない。
なんか、考えさせられる…

34: 27 2011/05/21(土) 20:02:12.73
>>31
書き忘れました。すみません。

その後の対応は、お食事会にするか解散するか迷って、
結局解散になったそうです。ご祝儀は返さなくていいという声が上がったらしく、
引き出物だけお渡ししました。
退院後、ほとんどすべての方にお電話とお詫び状で謝罪させて頂きました。
本当に申し訳なかった…あちらのご家族にも恥をかかせて、私は倒れていたなんて。

42: 27 2011/05/21(土) 20:48:16.05
>>35
>変質者になんかされた被害者を発見したとか目撃したとかかな
ん??
それって、子供嫌いと繋がることかな?
ごめん、よく分からないや
でも違うよ

正直、自分が何をしたかと。
確かにこんな姉で申し訳ないが、義理妹には、実の姉が二人もいるし、
姉というものへの憧れが裏切られたとかじゃないと思う。
子供を可愛がれないと、事前に告白したのがまずかったのだろうか。
赤ちゃんって可愛いでしょ!っていう、典型的な親バカになって連れてきたのかもしれないけど、
私が吐いて気絶したあとの一連の行動は、明らかに悪意があったと思う。
医療従事者の彼女が、私の体調の予想がつかないはずがない…と思うんだ。
何を恨まれたのやら…

実の兄弟や姉妹ならある程度目が届くし、相手方の親族が…って話は見かけていたけど、
弟の嫁となると盲点でした。っていうか呼んでないし、遠方なのにな。
その辺まで気を配って、細心の注意を払って執り行わなくちゃいけないんだなと痛感。

さすがにもう式は挙げないけど、破談にならなくてほっとした。
祖母に写真だけ贈ります。

そろそろスレ違いになりそうなので、以後名無しに戻りますね。
吐き出させてくださって、ありがとうございました。
子供が可愛くない花嫁なんて…!というレスがつかなかったのが救いでした。
本当にありがとう。

53: 27 2011/05/21(土) 21:39:36.00
>>44
>>46
さすが普段は大丈夫ですよ。好きではありませんが。
過去に通院していた病院の医師や、カウンセラーが言うには、
子供の頃に、自分は愛されないのに弟は愛されている→
弟がいなければと憎む気持ちと、守らなければという気持ちの葛藤があったのではないか→
一般的に、「守るべき」とされている弱い存在が苦手なのでは?→
すれ違うだけの子供にはさほど「自分が守らなきゃ」と思わないので平気なのでは?
………とのことでした。私も納得しています。
あの日あんな風になってしまったのは、裏切られた気持ちと、悪意を感じたのと、
自分の過去から逃げられないのかという絶望感と…色んなものが入り混じった結果だと思います。

>>45
医療関係者云々は、蛇足だったかもしれませんね。
子供が原因で気絶した人間に、子供をさらに抱かせたらどうなるかなんて、
医療関係者じゃなくても、分かるレベルの話ですしね。


ちょっとしんどくなってきたので、今度こそ本当に名無しに戻ります。
大変失礼致しました。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 101 *****

続きを読む

687: 愛と死の名無しさん 2011/05/09(月) 00:00:12.79
義妹の挙式での話。
・新郎上司が酔っ払って新婦友人達に狼藉を働く。
・一番の被害者Aちゃんが実はかなりの家柄のお嬢様で、A父大激怒。
・新郎上司、幹部を巻き込み土下座行脚の旅に出たが許されず、アフリカに飛ばされた。

三行で終わらすつもりが
・義妹夫妻もついでに色々弁償や慰謝料を新郎上司に請求したので、新郎上司離婚された。

692: 687 2011/05/09(月) 00:52:33.25
新郎上司の狼藉は
・聞くに耐えない男尊女卑発言
・セクハラ
・セクハラの際にAの着物を汚損
・新郎同僚を蹴る

自称九州男児で体育会系とかで、とにかく野卑で下品で今まで会った人の中でぶ
っちぎりの屑でした。

着物詳しくないんですがとてもいいものだったらしく、うちがとりあえず急いで
着物クリーニングに出しに行ったらえらい額の請求が来ました。
もちろん後日新郎上司に請求しましたが。

696: 687 2011/05/09(月) 01:11:11.96
ちなみに新郎、新郎同僚は全くお咎めなしでした。ちゃんと止めようとした事は
みんな知ってたし、Aに対するケアも誠実であったとA父からお褒め頂きました(笑)

新郎上司はアフリカに行くまでずーっと新郎、新郎同僚に腹いせとばかりにネチ
ネチと嫌がらせしてたみたいです。
それでマイナス評価が加算されて定年まで日本に戻る事はないらしいです。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 100 *****

続きを読む

229: 愛と死の名無しさん 2011/04/20(水) 19:14:01.19
新婦が不幸だった結婚式

両親への手紙を新婦が読みあげているときに
「ぶぼぅぅ!」と静かな空間に屁の音が響いた
あまりの爆音に会場がシーンと静まり返った

そんななか新婦の母親が「私です!ごめんなさい!」と叫んだ
新婦母の告白に会場にホッとしたような空気が流れた

だが新婦は違った
新婦がうわあああんと泣き崩れたと思ったら涙声で叫んだ
「お゛か゛あ゛さ゛ん゛~~~~~~!!!
 こ゛め゛ん゛な゛さ゛い゛~~~~!!!」

新婦、黙ってればバレなったのになあ・・・

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 100 *****

続きを読む

225: 愛と死の名無しさん 2011/06/10(金) 20:41:40.14
不幸って程でもないが、友人(♀)の式でアクシデントが起こった話なら。
その時はチャペルウエディングだったんだけど、新婦入場の時に犬が乱入した。

父親に手を引かれてバージンロード歩ききったあたりに後ろの席がざわざわし始めて
何事かと思ったらバージンロードを通って新郎新婦のもとにトテトテ歩いてく小型犬が見えた。
犬は誰かに抱えられて外に出されたようだったが、新婦と父親のツボにハマったらしく
二人仲良く吹き出していた。
式の後に「(ハプニングがあって)大変だったね」と話したら「ほんと大変だった。
披露宴終わるまで何度も思い出しちゃって笑い堪えるのに苦労した」と言っていた。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****

続きを読む

958: コピペ1 2011/07/02(土) 01:48:28.78
256 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/13(月) 22:35:38.53 ID:D0DnNn+x
6~7才の時、大好きだったおじが結婚するのが嫌で嫌で。
今度おばになるおじの結婚相手の女の人にやきもちを焼きまくっていた。私の両親が結婚式にどうしても行けず嫌々ながら親戚に引きずられるように結婚式に行った。
私は親がいない事をいい事に、披露宴で困らせてやろうと真面目なシーンとした結婚式の誓いの言葉では、隠し持っていたクラッカーをパンパンならしたり、「あきる。うざい!早く終わらせろ!」とグチった。
披露宴では「この料理まっずい!このジュースまっずい!」と食べては吐き出すの繰り返し。
大きい声で「○○ちゃん(おじ)のお嫁さん、綺麗だね!当たり前だよね!普段超ブサイクなのに、あんな厚化粧に綺麗なドレスじゃ綺麗になって当たり前だよね!メイクした人の技術すごいね!あんなブサイクな女がここまでなるとは!」と、言ったり
小さいながらエロティックな事はすべて知り尽してた私は、大きな声で「静かなコハンの森の影から♪○○ちゃん(おじ)とお嫁さんの声がする♪いやーん!ばか~ん♪そこはだめよ♪」と定番の替歌を歌ったり

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****

続きを読む

751: 愛と死の名無しさん 2011/06/26(日) 00:29:17.48
新婦は三十路になり結婚を焦っていた
お見合いパーティで知り合った年下の男性と交際わずか半年で結婚を決めた

式当日
時間になっても新郎側の招待客が一人も来ていない
新郎も来ていない
何度も電話したがつながらない、このとき会社も住所も架空のものだと判明する
開始時刻を一時間も遅らせたが新郎は現れなかった

折角だからと食事だけ行われたが誰も一言も喋らなかった
ご祝儀は返された

新郎は一目惚れだのなんだのと新婦に猛烈にアタック、新婦は簡単に恋に落ちたそうな。

新郎の弟が大病を患っており、外国でしか手術ができないが費用が足りないと相談され新婦は数十万を渡した
更には、親の借金を返済するまで結婚できないと言われ、これまた数十万と貸し…
貯金をほとんど使ってしまった

何年かして新郎となる筈だった男は別の詐欺罪で逮捕された

新婦はその時親身になって励ましてくれた式場の男性スタッフと結婚した

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****

続きを読む

659: 愛と死の名無しさん 2011/06/23(木) 23:40:32.56
自分だけ不幸な話。

20代前半の頃、新婦(23)の友人として式→披露宴に呼ばれた。
初めて参加する友人の結婚式のため、気合いを入れて精一杯オシャレしようと幼なじみの経営する美容室に行き、肩くらいまでの髪をおしとやかな可愛らしい髪型にしてもらうように注文。

ウキウキして気分が良くなって、途中で寝てしまったんだが…
起きたら「林家パー子」みたいな髪型にされましたorz(しかも幼なじみ母は大絶賛なので何も言えず)

そのまま友人の式に参加したけど、新婦・新婦父は爆笑。
「来てくれてありがとうw」と笑いながら言われたが、新婦が笑ってくれるから、こっちも笑顔になれた。
が、新郎(33)に「ご無沙汰してます。このたびはおめでとうございます。これからは新婦ちゃんを大事にしてくださいね。」とそのままの笑顔で挨拶したが、ガン無視。目も合わさない。

たしかに変な髪型で出席してしまったので失礼かもしれないが、新郎の態度にガッカリした。
新婦は目と体で『ゴメンネ』とやってくれていた。


結局その新郎新婦は入籍前にDVで別れてしまったが、あの時の写真やビデオが処分されたのと、新郎の態度を思い出して安心してしまった。
他人の不幸なのに安心して申し訳ない。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****

続きを読む

646: 愛と死の名無しさん 2011/06/23(木) 02:29:43.96
携帯からなんで読みづらかったらごめん。


新婦のお母様には脳出血の後遺症があり言葉がうまく喋れず、半身麻痺のため片手が使えない&杖or車椅子。
そのため、式や披露宴は洋式だけど料理は箸で食べれる和食だった結婚式。
結婚後は新婦ご両親との同居が円満に決まっており、両家の仲も良さそうで、和やかなムードで披露宴は進んでいた。
しかし、新郎上司のスピーチがそのムードを台無しにしてしまった。最初こそ普通だったのだが、だんだん
「新郎君はこれからの高齢化社会において尊敬されるべき人物!
他人のオムツを代えるなんてなかなかできない、しかも介護要員にされるために新婦両親と同居だなんてなんという覚悟だ!
わが社の大事な社員なんだからこき使うのは勘弁して下さいよ新婦母さん!まあ言ってもわからないかもしれませんがねワハハ!」
みたいな、新郎ageをしながらも新婦のお母様を貶める発言を連発。
会場はドン引き、新婦&新郎家一同は怒りに震えていたが、新郎上司は気づいていない。
本気でいい話をしているつもりだったらしい。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****

続きを読む

605: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/28(金) 22:57:53.83 ID:M87d5+pg
現在継続中、というか続きがあるであろう修羅場。
フェイク入れるので、辻褄が合わなかったらごめん。

両親が離婚したことで、生まれてずっと生き別れだった父が
結婚式に出てくれることになった。家族全員大喜び。
離婚の原因は父方の母(祖母)のいびり。

結婚式直前のある日、結婚式のことで父が母に
電話をかけたが、母の余計なひと言で二人は喧嘩。
父が激怒し、絶対に式に出ないと言い出した。
すぐに会いに行ける距離ではないのですぐさま
謝罪の電話をして、泣いて懇願したが取りつく島なし。

およそ25年、父とバージンロードを歩くことだけを
夢見て生きてきたのに、母がいらんことをして
おじゃんになってしまった今が心の修羅場。

母は父が怒っていることに気づいておらず
(欠席のメールは私だけに来た)
頭に血が昇ると何をしでかすか分からない人なので
式が終わってから家族で糾弾会をやるつもりでいる。
これが未来の修羅場かな。
およそ1週間、ショックで全く眠れていない。
文にするとすごくしょぼいw
けど自分でもどう気持ちの整理を付けたらいいかわからなくて
誰かに聞いてもらいたかったんだ。愚痴ごめん。

続きを読む

122: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/11(火) 17:16:43.09
だいぶ前の事だけど、いつの間にか結婚式に出る事にされてた
中学校が一緒だった子(以下A)…とはいえあまり話した事はなかったし、
3年間同じクラスになった事も無かったし、おまけに出身小学校すら違う
卒業アルバム見ても「こんな子いたんだ」と思うレベル

そんなAから結婚式の招待状が来た
差出人見ても誰だか分からない、送り間違いかと思ったら宛先は私宛で間違いない、
親同士仲が良かったのかと両親に聞いてみても「誰?あんたこんな友達いたの?」だし…
こんな状態で出席も欠席もないよな…と思ってたら付き合いの長い友達(B)から
「こんな招待状が来たんだけど」とメールが来て、そこで卒業アルバムをひっくり返して送り主が判明
ただBもAの事を全く知らなくて困っていたらしい
結局「中学が同じとはいえ、全く知らない子の式に出たって…」と二人で欠席を選んだ…はずだった

続きを読む

このページのトップヘ