結婚式

 
665: 名無しさん@おーぷん 2017/03/20(月)22:47:02 ID:Itj
彼女と結婚式をあげたんですが、僕側の親族のことで彼女が怒ってしまい入籍の延期を言い渡されています
怒ってる理由が僕の従兄妹や叔父叔母が彼女と僕の写真をLineで広めてしまったからです
式のあとに撮影タイムがあったんですが、僕側の親族が彼女側の親族そっちのけで僕と彼女のツーショットを撮影しまくりました
僕が言うのもなんですけど、彼女は美人で可愛くて、従兄妹や叔父叔母も彼女の事が自慢したかったみたいで
職場の人やご近所さんとか、彼女が全く知らない人たちに向けてLineで写真を公開しました
式のあとの食事会のときにその話で盛り上がって、彼女はどんどん無口になってぶすっとしてました
彼女の母からも「お披露目して新しく二人でやっていきますっていう挨拶のための式であって、うちの娘は自慢や客寄せパンダのために式をしたのではないのよ」と言われました
でも皆祝ってくれる気持ちでやったことで、悪いことに使ってやろうとしてやったことじゃないです
それを説明して皆ちゃんと祝ってくれただろう?
集合写真だって出来たらみんなに見せたりするじゃないか
と諭したんですけど彼女はどうしても嫌だったといいます
彼女の母も娘のことを考えるなら入籍は伸ばしてやってと言われて、約束の日から一月もたちます
そろそろいいじゃないかって三連休に話してたんですけど、良い返事はもらえませんでした
彼女は何をそんなに拒んでいるんでしょう?
続きを読む

  496: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 13:10:20.94 ID:eC1fHCYH0.net
旦那とのことで相談です、長い文で申し訳ありません。 

結婚二年目、夫婦共に20代後半。 
プロポーズもされていない、婚約指輪も買ってない、親の顔合わせや結婚式もなにもしてくれなかったことがたまにフラッシュバックしたかのように自分の中で抑えられなくなります。結婚したくないわけじゃないから、とりあえず結婚したそうです。 

予算の関係や大きな理由があってやらない、買わない、というわけではなく旦那があまり自主的に行動しません。 
旦那は今から順次やっていけばいいじゃないかと言いますが、プロポーズをされて指輪を貰いたかった、結婚式をきちんと挙げたかった、結納などもやりたかった、という気持ちをあまり理解してくれません。 
1つずつ必要なことを進めていって、夫婦になりたかったのに全く理想とかけ離れた結婚生活のスタートが、未だ受け入れられません。 
プロポーズをされたとか、婚約指輪を貰ったとか、聞くだけで涙が出てきます。 
結婚する前に、旦那の転勤について私は仕事を辞めたのにもかかわらずきちんとした2人で暮らせるような部屋に引っ越してくれなかったこと、婚約するなど行動してくれなかったこと、全てが本当に許せない気持ちがなぜかまだあります。 
一晩中このことで話して泣いて喧嘩するのも疲れました、自分が傷ついているということはどうしたら諦められるようになるんだろう。辛い。 
頭おかしいんですかね、なんだか疲れました。

続きを読む

  541: 愛と死の名無しさん 2017/02/05(日) 10:59:50.71 ID:nbmUo9qOK.net
職場にネズミーで式を挙げた同僚がいたけど1年で離婚したよ。 
向こう有責だったから慰謝料がわりにブライタルローンの残金はらって貰ったらしいけど、それが原因で向こうの両親も離婚したって言ってた。 

そして去年そいつが二度目の結婚式を挙げた。場所は町外れの小さい式場で私設美術館も併設され雰囲気は最高。料理もまぁまぁで悪くなかったのに花嫁さんの顔がずっと不機嫌なままで二次会も急な体調不良で欠席してた。
続きを読む

 
420: 名無しさん@おーぷん 2015/07/10(金)20:04:34 ID:TIE
家庭の事情で結婚式が延期ORキャンセルになりそう。
まだ招待状を送る前の状態で、事前に日付だけ連絡していた友人に連絡したら
続きを読む

 
747: 1/2 2017/07/07(金) 21:11:02.70 ID:mSr9+K+7
学生時代のバイト仲間が仲が良く、卒業後も時々集まって楽しく飲んでいた 
ところがそのうちのA子が彼氏のグチを言い出すようになってから、 
「なんであいつあんな非常識なの?どうしたらまともになるの?」
と泣くA子をみんなで慰めるばかりになった 

彼氏の非常識行動として、 
・デート中「この店、前カノとも来たんだ。その時も楽しかったよ」と笑顔で自己申告 
・A子が「38度越えの熱が出て仕事休んで寝てる」と連絡したら返事が 
 「じゃあ今日暇だよね、夕飯食べに行くからあれとこれとそれ作っといて!」 
・彼の誕生日には、A子にねだって万単位のプレゼントを買わせたのに、 
 A子の誕生日にはカットケーキ一切れ。
しかもそれを「500円もして高かったんだよ」と自慢 

A子が怒っても、何が悪かったのかわからないらしくおろおろするだけなんだと 
はたから見てもなんじゃそりゃとしか思えない男だから、
みんなで「別れろ」と説得したけど別れない 
そして次に集まるときも泣いて怒るA子をみんなで一生懸命説得。その繰り返し 
楽しかったバイト仲間の飲み会が、ぜんっぜん楽しくなくなっていた 

あるとき面子の一人Bが「別れないならもう飲み会で愚痴を言うな」とはっきり言ってからは 
A子はグチを言わなくなり、みんなホッとして、また楽しい飲み会になった
続きを読む

 
904: 素敵な旦那様 2005/11/08(火) 14:18:20
自分の娘の嫁ぎ先から非常識婆のヒス電話が入ったときに 
冷静に対応できると思うやつ挙手しる。 


俺はむりー。 
いつでも離婚して帰って来いって言うぞー。 
続きを読む

  1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/04(日)22:44:36 ID:KHc
祝儀いくら入れたか聞かれたんだよ。1万5千円だった。
そしたら別の友人にものすごい責められた「いくら本人がそれでもいいから来てほしいって言っても、
実際に来るなら、ちゃんと3万入れろ」
「本来の結婚式はどうだとか関係ない。今はそういう風習なんだからそれに従え」
「祝う気持ちがないのか。あるなら3万は当たり前だろ。ただ飯食いに来たのか」

ボロクソ言われて途中でトイレで抜けるふりして帰ってきちゃった
どう思う?
続きを読む

  530: 愛と死の名無しさん 2011/03/04 08:11:43
兄の妹の結婚式に出た時のことなんだけど、 

妹さんには、実姉と旦那の交際時代にチラっと会っただけで、ほぼ面識なし(名前も知らない) 
微妙な距離の親戚とはいえ、面識ほぼゼロだし仕事が忙しい時期だから、断らせて欲しいと母と姉に懇願した 
結局いろいろ逆らえず、なし崩しに出席することに 4


面識無い人の結婚式ってどう祝えばいいか分からないなと思いつつ、不思議な気分で参加 
式場で新婦(妹さん)に挨拶したら 
「えーと…、すいませんどなたでしたっけ?」と言われた 
そこは「ありがとうございます~」で流せばいいのに 

新郎には露骨に誰?って顔されるし、最悪だった 
ケチ臭いかもしれないけど、祝儀返せって気分になったよ
続きを読む

603: 名無しさん@HOME 2011/10/14(金) 12:47:36.56 O
なにかと私を見下す発言をするクソコトメの勤める式場で、 
結婚式をすることになってた(入籍済み)。 
ドレス選びしてる時に、呼んでもないのにきやがった。 
仕事しろよ。 
「これ清楚でクラシカルでステキ」と言った私に、 
「清楚でクラシカルって柄じゃないでしょ」って大笑いされた。
続きを読む

 
146 : 名無しさん@HOME 2008/08/25(月) 17:37:02
今月頭に結婚式を挙げた。 
婚約前に何度か義実家へ遊びに行ったときもトメコトメの言動や行動に 
不安は感じていたけど、旦那がいつも〆てくれていたので 
余り考えないようにしていたが、結納の時に私の両親の前でトメが 

「私子さんは、これから○○家の人間になるのですから私たちを一番に考えなさい」 
「これで私たちの老後は心配ないわ〜」 
等と言って旦那・ウトに〆られたトメ。 

「何で弟君がこんな女と・・・姉弟じゃなければ私が・・・」と泣き出し 
旦那・ウトに〆られ、気持ち悪がられた毒コトメ。 

それからはまだ籍も入ってないのに「家の嫁なんだから!」「同居は当たり前よ!」 
と言われ続けて、私も旦那も仕方なく同居に承諾した。もちろんその時は義実家との 
同居に・・・ 
でも、今月頭の結婚式にコトメが真っ白なウェディングドレスで出席し、式をめちゃくちゃにしてくれたのをきっかけに旦那と共にDQ返し決行! 
はらわたが煮え切る思いをしたままキャンセルもせずに新婚旅行へ出発。 
その間に私の両親、妹、弟に頼み旦那家(一人暮らしだった)と私家(一人暮らし)の 
荷物を私実家へ。 
元々、実家は両親・祖母祖父での完全二世帯で祖母祖父が亡くなっているため 
1世帯分あいてる。本当は弟夫婦が住む予定だったんだけど、弟嫁が同居はまだ嫌! 
っ事で私たちに・・・同居嫌な弟嫁も大喜び!基○外トメ・コトメと縁を切りたがってた 
旦那も大喜び!ウトもトメと離婚予定で大賛成! 
もちろん、籍も私性に・・・ 

「いつ荷物を運ぶの?」「早く来て家の仕事をしなさい!」と私携帯へガンガンかかってきてるけど知らない!明日には携帯番号変えちゃうし。 
旦那が今晩トメ・コトメに絶縁を言い渡しに義実家に行くらしい。あ〜笑いが止まらない! 


続きを読む

このページのトップヘ