結婚願望

 

407: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)16:21:14 ID:f3m7aOJYj
当時29歳の私には、結婚願望と出産願望があった。
結婚して子供産んで、夫と子供たちと幸せに暮らしたいと思っていた。
付き合って5年目の彼氏はそんな私の願望をよく知って理解してくれていた。
プロポーズの時の言葉も「10人でも100人でも産ませてやる!結婚してくれ!」だった。
私は喜んでプロポーズを受け入れたが、これが地獄の始まりだった。
結婚後も彼は徹底して避妊。生でヤったことは一度も無い。
私がどれだけ懇願しても避妊具を外してくれることはなかった。
彼は、「子供は作らない。あんな理忄生の無い生き物嫌いだからさ」と言ってきた。
10人でも100人でも産ませてやる!って言ったじゃん!と抗議すると、
「アレは雰囲気作りのノリ。本気にしたの?こちとら結婚できりゃそれでよかったからさ」と返された。
私は顔面蒼白。わんわん泣いた。毎日、話し合いの場を設けようとしてもうざったそうに逃げられる。


私の脳内に離婚がチラつき始めたころ、妊娠が発覚。彼とはずっと避妊し続けてきたのに驚いた。
彼に報告すると、「はああああ!?ありえない!避妊してきたんだぞ俺たちは!他所の男とつくってきたんだろ!」と疑われた。
もちろん浮気もしてないし、男忄生経験は彼だけ。それを何度訴えても聞き入れて貰えず、義両親や私の両親を巻き込む大修羅場となった。
「欲しい物ねだりに失敗したからって浮気するとか最低な人間がすることだ」と両親の前でになじられ、タヒにたくなった。
両親は一貫して私の見方をしてくれた(娘との約束を破った彼君が悪いといってくれた)。
しかし「彼女とそんな約束はしてないし、証拠も無い。どんな理由があろうと浮気はダメでしょ。あなた方は浮気を容認するんですね?」と言われて黙ってしまった。
私はぶち切れ、「私はこの子を産みます。産んだらDNA鑑定をしましょう。もし彼君と親子関係が証明されなかったら慰謝料でもなんでも払いましょう。
逆に親子関係が証明されたらわかってますよね?」と言ったら、彼はキョドり始めた。周りは気づいてないようだったが、私はすぐ違和感に気づいた。
彼は「そこまでしなくてもいいだろ。DNA鑑定という言葉を出せば優勢になれると思った?今更そんな虚勢張らなくていいからw」と、
どうにかDNA鑑定を阻止するような言動を見せてきた。

続きます。

続きを読む

 
684 :名無しさん@おーぷん 2015/07/19(日) 15:46:06 ID:WOW
前の方の書き込みに比べるとすごいプチだった自分の修羅場

昔から男性.に興味がなかった。というか恋愛に興味がない。
ただ夢だけはあって、その夢に向かって20代、30代と邁進していた。
恋愛に興味がないので恋人もいなければ結婚願望もゼロ。子供もいらない。
母親は、そんな私に理解を示し、「夢があるのはいいことだ、結婚が幸せの全てじゃない。おまえは
おまえの生きたい道を行け」と後押しをしてくれていた。
感謝しながら生活し、夢も職業にも就け、そのためにいろいろ苦労してくれた親に
孝行のつもりで家を建ててあげたり、旅行に連れて行ってあげたり、関係は良好だったと思う
そんな母が35過ぎたときに「結婚しない女に価値はない。仕事なんてどうでもいいから
結婚して子供を産め。仕事なんてやめてしまえ!どうしておまえは他の家の娘みたいに「普通」
に育たなかった。私の育て方が悪かったのか」
と言い始めたときが修羅場

今までと正反対のことを言い始めたので、母は気が狂ったんじゃないかと思った。
「好きに生きろといっていたじゃないか」というと
「そんなこといってもさすがに30代になったら結婚すると思っていたからだ!本心じゃない!」
と言われたのが修羅場

30数年母親が私に本心を隠し通して夢を応援した振りをしていたのを知ったのが修羅場
続きを読む

 
1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 15:20:05 ID:/O71evgY.net
1500万Overの婚活パーティー…
もう最悪なので語らせて欲しい
続きを読む

 
122 :名無しさん@おーぷん 2015/05/25(月) 18:44:08 ID:hCQ
身近で起こった、繁忙期なのに意味不明で大変だった出来事

会社に派遣で来ていた男子社員が、休憩中よく
「オレ結婚する気ないんですよ」
「結婚にメリットを見いだせないです」
「他人を養うとか俺には無理ですね」
と言っていた
皆「ふーん、いいんじゃない」「現代っ子だね」「それも一つの選択だよね」とうなずいていた

4月に同じ派遣会社から女子社員が追加された
例の男子社員は、新人の女子社員に休憩のたび
やはり上記のような結婚観を話していた
女子社員は「そうなんですか」と相槌を打っていた
続きを読む

このページのトップヘ