絶句

 
904 :名無しさん@HOME 2010/02/02(火) 21:42:47 0
私は幼少期に親をなくして施設育ちです。
トメはくだらないことでいつも私を呼び出してた。ゴキブリが出たとか電球が切れたとか。
嫌だったがエネ夫がうるさいので、共働きなのに車で30分の距離を通って用事を足していた私もエネMEだった。
私の妹が事故にあって病院に運び込まれたと連絡が来た。
丁度その時トメから「体が辛いから飯を作りに来い」とコールがきた。
メシを作りに行こうと言うエネにぶちきれて、強行突破で病院に向かった。妹は重症だったが命に別状はなし。
その間なり続けるケータイ。エネ夫からは「どこにいるんだ?早く帰って来い」「捨てられたいのか」
「ふざけるな、さっさと連絡しろ」とメールがばしばし入る。トメからは「捨て子を貰ってやったのに」
「あんたは奴隷なのよ。私と息子ちゃんの命令を聞いていればいいの」「妹生きてるの?タヒんだ?保険金は?」と
留守電がばしばし残されてた。もうメール見て留守電聞いて病院なのに大笑い。お前ら何様のつもりだ?
留守電もメールも全部保存した。で、妹の容態が落ち着いてから弁護士を探してメールを見せて留守電聞かせたら
「これは・・・」と絶句。慰謝料とって別れたいです、と伝えたら「任せてください。分捕ります」と力強いお言葉。
その後エネ夫はロミ夫に進化を遂げたが、離婚を決意したところで頼んだ素行調査で飲み屋のお姉さんと浮気が発覚。
続きを読む

 
686 :おさかなくわえた名無しさん 2018/07/22(日) 19:55:34 ID:SFidLqVT.net
昔派遣で某携帯会社で販売の仕事してたけど
まだ割と新人の時に「販売のエキスパート呼んで研修するから」と
全員強制参加のミーティングに呼ばれた

販売のエキスパートと言うのでどんだけ素晴らしい販売方法を教えてくれるのかと思いきや
手法がどう考えても詐欺のやり口で衝撃だった

クソ長い研修で、クソ長い説明が入ってたけど
簡潔に言うと携帯購入する人に、キッズ携帯や、電子写真立てを
「お客様!ラッキーですね!!実はこれ本日限定で(はないけど)無料なんですよー!(手数料や本体代はかかるけどね)」
「みなさんお持ち帰りいただいてますので是非お客様もお持ち帰りください!」
と言い、手数料や本体代は携帯の料金に組み込んで見積もりを出すという手法
ワンポイントアドバイスとしては、最初の見積りの時点で、携帯料金にキッズ携帯や写真立ての料金を組み込むことがポイント
後からこれ無料であげますって言えばお客様も納得するとの事

もちろんミーティング参加者からは指摘が入る
「それ詐欺じゃ?」→「詐欺じゃないよ、だって掛かる料金伝えてんじゃん」(内訳は伝えてない)
「クレームになったらどうするの?」→「そんなん同意書にサインもらってるんだから突っぱねればいいじゃん」
「詳しい人や細かい人は見積りの時点で内訳聞いてくると思うよ?」→「内訳聞いてきたら教えてあげりゃいいじゃん」(最初に無料って言ってんのに?w)

コレが売り場に立つ時間割いて、エリアの人間全員招集してまでやりたかった内容かよ…と絶句
同じ店舗の先輩が、すっごい売る人で
そんな詐欺みたいな手法じゃなく、親切で丁寧な接客で、メリットデメリットをきちんと伝えた上で
お客様に喜んで買わせる人で、こういう人こそエキスパートだと思ったし
自称エキスパートよりも、同じ店舗の先輩の接客の方が100万倍くらい参考になった
続きを読む

 
717 :おさかなくわえた名無しさん 2009/06/04(木) 13:36:45 ID:bzeuS2Hu
ちょっと長い。

ショッピングセンターや大型銭湯にあるゲームコーナーを管理する仕事をしてた時のこと。
ほとんどは店員を付けるほどの規模ではなかったけど、
1店舗だけ中途半端に大きいところがあったので、
地元の人を数人バイトで雇うことになっていた。
ウダツノ上がらない二十歳そこそこのガキが
2~3人で切り盛りしていたがそこそこ仕事はこなしてくれていた。

ある日所長に呼ばれ
「この店はなんでこんなに電話代がかかるんだ?」
と問いただされ明細を見るとびっくりした。
電話代も当然のことながら、掛けた先が北海道から沖縄まで全国津々浦々。
日付と時間をシフト表に当てはめると一人しか該当者が居ないんだが、
そいつはその中でも一番信頼できてた奴。

本人に問いただしてみても
「僕じゃありません」の一点張り。
部外者が入ってきて電話掛けたのか?と聞いても
「知りません、僕じゃありません」としか言わない。
全員に事情を説明して連帯責任ということで、
私も含めバイト全員で割って支払うことにした。

つづく
続きを読む

 
178 :おさかなくわえた名無しさん 2009/05/22(金) 09:20:44 ID:5/w+3DaN
嫁実家近くに転職する事になり、そっちにマンションを探しに行った時の事。
条件にあう物件を探していたら、間取りもいい、立地も中々というマンションが安かった。
なのでさっそく見に行き、中を見て満足。
9割方決定してたんだが、
何となくベランダからの景色も見てみようと思ったら、不動産屋がやたら引き止める。
「雨が降ってるので外に出られるのはちょっと…」だの
「こちら(窓)からご覧になったらいかがですか」だの。
不審に思って、一度納得したふりをして隙を見てベランダを見たら
なんと、隣の部屋との仕切りが無かった。
角部屋だったんだけど、プラチェーンが掛かってるだけで、
反対側の一番端のベランダまで丸見え。
思わず絶句。
嫁が「どうしたの?」と言って来たんだけど、それ見て嫁も絶句。
振り返って不動産屋を見たら「しまった~~」って顔してる。
「なんだよ、このベランダ…」と言うと、慌てたように
「確かにちょっと変わってるように見えるかもしれませんが、
実際このフロアには他の方は入居してませんので平気ですよ!!」と笑顔。
確かにベランダには端から端まで何にも置いてなかった。
すぐ隣のマンションは同じ様な間取りで家賃+4万。
安い理由が分かったよ。
しかし、あのマンション建てた奴はあれで人が入ると思ったんだろうか。
家族世帯向けだっつーに。
結局その近所のマンションに暮らしていて、家からあのマンションが見えるんだけど
3~40世帯は入るマンション、生活してるように見える家はたったの2軒。
もちろんいまだに仕切りはない。
仕切りさえ入れれば変に家賃下げなくっても普通に人は入るだろうに。
立地条件だってそんなに悪くないんだから。
腐らせとく神経が本当に分からん。何なんだ、あれは。
続きを読む

 
484 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 07:00:00 ID:0YhllfQT0.net
学生時代。アジアの某国を旅行中の話。

ビザの必要無い範囲でのんびり気ままに旅をして、最後に滞在した宿での出来事。

その宿には小学校低学年?くらいの小さな女の子が居たんだけど、いきなり初対面の俺の手を掴んで何所かへ連れて行こうとする。

着いた先は駄菓子屋のような商店。女の子はアイスを手に取り、支払いは俺。。。店主の苦笑いを見るに常習犯のようだった。

「なんて糞ガキだ!」
と思ったが、女の子の方は俺を気に入ったらしく部屋に遊びに来るようになった。

天気が悪かったせいで、2泊3日の内、無理に散策に出た数時間以外の大半を子守をして過ごすはめになった。

第一印象は最悪だったが、あれ以来悪さはしないし、一緒に居るうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間だった。

チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。幼い子供が書いた異国の文字。何て書いてあるのかサッパリわからない。
だけどとにかく嬉しくて、彼女の目線までしゃがみ感謝の意を示すと、抱きつかれキスをされた。

帰国後、手紙の内容が気になった俺は知り合いのつてで、留学生に翻訳して貰い、その内容に絶句した。

「とても楽しかった。好きになったからコ□せなかった。一緒にタヒにたかった。さようなら。」

子供が書いた拙い文字と文章だから、真意は不明だし自分の翻訳も自信が無い…と、留学生はフォローしてくれたが、彼の表情を見るに恐らく内容に間違いは無かったと思う。

僅かな時間だったけど一緒に過ごした感じでは、少しおませな至って普通の女の子に見えたが、まさか自さつを考えるほど不遇な生活をしていたのだろうか?それとも不治の病??

それから暫くは、様々な妄想や不安、恐怖が入り混じったモヤモヤした日々が続いた。
最悪、彼女の実態と生存確認をしに行こうとも考えたが怖くて出来なかった。

あれから数年、未だにふとした時に彼女のことを思い出します。
元気に成長してくれていたら良いのだけど。
続きを読む

 
407 :名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木) 08:07:17 ID:A4h
中学生になってから友達になったA。
Aは優しくていい子だったけれど、どこか少し陰があって悲観的だった。
特に「家族なんて」「愛なんて・・・」みたいな発言が多くて、同い年ながら強めの反抗期かな?位に思っていた。

私立の学校だったから、私とAは互いの家は遠いけれど休日には行き来し、泊まり合う位の仲になった。
Aの両親はその都度私を歓迎してくれた。紳士的なお父さんに、明るくて元気なお母さん。
しかし、そんな両親をAは冷笑しているような感じ。
Aは私に「あの人たち上辺だけだから」「こう見えてうちには秘密があるから」とずっと言っていた。
私は私で外からは見えないけど何か複雑な事情があるのだろうと受け入れていた。
続きを読む

このページのトップヘ