緑の紙

 
944:修羅場コレクション2006/11/19(日) 23:16:35
豚切ります。ただの愚痴ですが。 

月に1万円の定期をしていたトメが、景品につられ月2万円5年の定期に変更。 
後で考えたら300万円の簡保の支払いもあるし、月2万円はキツい。 
あんたたち、やらないか?と。 
名義は息子ちゃんの名義にするから、って当たり前じゃ。 
中距離別居で月に1度顔を出すので、 
その時に2万円置いて行け、ということらしい。

続きを読む

 
884 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/10(木) 14:16:30
昨年のクリスマスイブに糞嫁に浮気された。まさに地獄の年末年始だった。
糞嫁は当初俺の追及に惚けていたが証拠を突きつけられ逃げ切れないと悟った後は居直った。
なんら抵抗もなく緑の紙に署名捺印し亭主を完全無視。日中はほとんど家にいず寝に帰るだけ。
そして正月明け離婚届を提出し離婚成立。会社の寮に入居し荷物を搬出する。
まさか本気で離婚されるとは思ってもいなかった元嫁はそこで初めて事の重大さを知った。
慌てふためき離婚の撤回を訴えるが当然こちらは無視。元嫁両親、自分両親に離婚の内容を一切隠さず
報告、間に対して弁護士から内容証明を送付。間宅(既婚、子あり)は現在地獄もよう。元嫁気が動転し
ぶっ倒れて入院したそうだ。善良な亭主をなめ、騙し、裏切った結果がこれだ。
慰謝料は間に多め、糞嫁には財産放棄もさせる。今までは怒りが先立ち復讐しか頭になかったが終わりに近づいて
くるにしたがい寂しさとか後悔とかどんどん辛くなってきている。
続きを読む

 
406 :405 2015/11/23(月) 16:28:24 .net
とりあえず、今から4年前の話ですが報告します。

・報告者の年齢職業:38歳 Tローリードライバー
・嫁の年齢職業:36歳 パート
・婚姻期間:10年
・子供の人数、年齢:なし
・分かっているなら間男の年齢職業:30歳 飲食店バイト
・過去の不倫の有無(夫婦共に):なし
・現時点での方針は、決別か再構築か:離婚済み
・その他、経緯と状況説明 :下記参照
年齢・職業はすべて4年前のものです。

俺の職業は中・長距離のトラックドライバーなので、
一度出勤すると早退することはほぼ無かったんです。
ところが、ある日(6月頃だった)トラブルがあり、
何年振りかに早退をしました。

帰宅しても当然ながら嫁はパートで不在でした。
俺はしかたなく昼飯でも作ろうとキッチンに行くと、
テーブルに嫁のシステム手帳が置いてありました。
最初は読む気など全然なかったのですが、
何かの拍子に手帳をテーブルから落としてしまい
偶然開いたページを見ると、
「○月○日、○○クンと(地名)でデート(はぁと)」
と書いてありました。

つづく
続きを読む

 
46 :名無しさん@おーぷん 2014/06/27(金) 02:20:09 ID:HnX6fLCRF
書き逃げ失礼。
忘れもしない5年前。常日頃から「 実 家 の掃除ぐらいしなさい」と言ってくださったトメさん。
「昔のお母さんは朝早くから掃除に食事と頑張っていたのよ」と言ってくださったコトメさん(当時30歳、転職中という名のニート)。
当時エネだった嫁子は吹っ切れてお掃除に参りました。でも嫁子は早寝早起きだから2時半にインターホン連打してみました。トメさんったら泣いて喜んでくれました。1時間かけて掃除しましたわ!
最後に私の胸が大きくなるようにいっぱい揉んでくださったウトさんの位牌をア◯ックを真ん丸一つ使って洗ってみました!
炊事も一生懸命しました。朝食はトメさんが教えてくれた2週間常温保存した肉のしょうが焼きと1ヵ月冷蔵庫に入れた野菜のキャベツを作ってあげました!臭さと戦いながらだったため1時間半もかかってしまいました。丁度朝食の時間でしたね!
コトメさんには「アレルギーは食べれは治る」と言われたので、デザートにリンゴとアップルパイを用意しました。お二人とも食べてくれないので無理やり口に入れてあげたら泣いて喜んでくれました!お二人もそうやって私に食べさせてくれましたもんね。せめてもの恩返しですわ!
帰る際にトメさんから「二度と敷居を跨ぐな!絶縁だ!」と言われたので夫さんが小学生時代に使っていたという金属バットで窓を割って出てきました。あの日は雨でしたけどトメさんは妊婦の私がいる中12月の夜に住んでるマンションの窓を割ってくれましたもんね。お腹の子は逝ってしまいました。

夫さんはトメさんから電話で聞いてママンに謝れと言いましたが緑の神を見せたら絶縁してくれましたわ。でも3年前、携帯を肌身離さず持っていたので興信所に調査を依頼したら1週間に1度、ママンの家に行っているそうですね。片道3時間もかけて。残業だって言ってたのはあれでしたか。

今では晴れて離婚しました。
続きを読む

このページのトップヘ