義弟嫁

 
425 :名無しさん@HOME 2004/04/12(月) 15:40:00
義弟嫁の話なんですが・・・
先週の土曜日、義実家に久々にみんなが集まった時のこと。
義弟嫁が運転する車で2時間かけて義弟夫婦もやってきた。

みんなで食事したりして、途中は何事のなく過ぎていったのだけど
帰る時に問題が勃発した。
車のキーをトメが義弟嫁に渡して
「帰りもあなたが運転するんでしょ?息子は毎日仕事で疲れてるんだから休みの日くらい嫁子が運転するんでしょ?」と
言ったのに対し、義弟嫁が切れた。

「お義母さん、失礼ですけど何か勘違いしてませんか?
私は家事はすべて・仕事で毎晩遅い夫に代わり、子育ても私が一人でやってます。
おまけに仕事もしてますから、決して息子さんに食べさせてもらってる訳ではありません。
私の実家へならともかく、息子さんの実家に来るのに
行きも帰りも私が運転しなければいけない理由が見つかりませんが?」

周りは唖然とした。いつも義弟嫁をかばう義弟も飛んできたが
出番がなく、ポカーンとしていた。
ただトメだけが怒りを抑えたような、諦めたような複雑な表情で
「だって・・・いつも息子ばかりじゃかわいそうじゃない・・・」と
つぶやいていた。

義弟嫁、デキルヤツだとは思っていたが、見習いたい・・・。
続きを読む

 
76 :名無しさん@HOME 2015/08/30(日) 13:25:05 0.net
義父が亡くなった時義母に「家を建ててあげるから一緒に住んで」と言われて
私は断って義弟夫婦が一緒に住み始めた
今年義弟が亡くなって家には義母と義弟嫁とその子供の3人暮らし
土地は義母名義、建物も義母7義弟3の名義なのに
義弟嫁が義母の追い出しを図ってると聞いて夫が話に言った
義母の主張は「相続分はやるからこの家から出ていけ」
         「そしてこの家には長男(夫)夫婦が住め」
義弟嫁の主張「このままここに住むから義母が出ていけ」
夫(私の主張)「頼むから仲良く暮らしてくれ」
話が丸く収まる日は来るのか?
続きを読む

 
751 :名無しさん@HOME 2015/04/19(日) 12:19:51 0.net
不妊治療の事で義弟に相談してみたけど、義弟嫁からあまり良い返事はもらえなかった。
変に気を使わせて申し訳ない事してしまったかな…。
今度義弟嫁と話し合いする予定なんだけど、泣かない自信がないから同席する勇気がない。
続きを読む

 
905 :名無しさん@HOME 2017/05/20(土) 14:02:17 0.net
ちょっと愚痴らせて。
会ったことも無い義弟嫁から電話来て泣かれた。
私は長男嫁、夫は二人兄弟。 私、夫、義弟アラフォー、義弟嫁二十代。
夫は搾取子扱いで、若い頃から親と不仲。義弟は愛玩子でマザコン。
色々あって、夫は義実家からの相続は一切しないと公言。
義実家資産はそこそこ良い場所の戸建て。 義弟は結婚時にマンション買ってもらってる。
車も。 派手な結婚式費用も新婚旅行も。学費は浪人留年含めて私大の費用全額出して貰ったそう。
夫は大学までずっと公立、奨学金返済で二十代は大変だった。
結婚の際も一切出してもらわず、夫婦の収入、私実家からの相続や祝儀でやってきた。
私たち結婚から数年して義弟結婚。 結婚式には出なかったし、義弟嫁には会ったことも無い。
義弟結婚からはや数年。
「会いたい」という連絡が来るようになり、夫は断り、それで義弟が暴れるようになったらしい。
変だと思いつつ放置してたら、先日私の携帯に知らない番号から着信。
別件と勘違いして出たところ、義弟嫁を名乗る女性から、
「長男、長男嫁として義親の老後をどうお考えですか?」と。
そういうことは夫に聞いてくださいなと言っても、どうも話しが噛み合ないので、
「我が家は一切の援助を受けず、相続もしないつもりなので、義親宅を売るなり
なんなり遠慮なくどうぞ、とにかく関与しません」と回答。
聞いてたのと違うって物凄い泣かれた。
以後連絡あっても放置しているけど、なんか気持ち悪い。
続きを読む

 
261: 名無しさん@HOME 2014/04/18(金) 12:41:59.83 0
旦那は弟がいる。私は兄がいる。義弟は既婚者で小梨。
私の兄は若いころに、大恋愛でお嫁さんに病気があるのが
わかっていたけど結婚して氏別した。
続きを読む

 
520 :!omikuji!dama 株価【E】 2011/04/15(金) 09:04:26 0
当時、事情があって無職だったにもかかわらず、でき婚してしまった義弟(私より年上)
義弟嫁は私より3歳年上で、まァ、普通の人だと思ってたけど(義弟の彼女、としては)
結婚しても時期が悪く、義弟の無職期間が長引いたからか、ちょっとアレな人に進化した

私が義実家に顔を出すたびに
「長男嫁なのに、私一人に義実家を押しつけて」
「長男嫁なのに、○○しないなんて」
(○○はその時々に違います。法事の手配、旅行に同行などなど)
ただ、義弟嫁も自分でしているわけでなく、ほとんどは姑(かなりイイ姑だと)がしていて
義弟嫁がするのは電話を受けて姑に取り次ぐ、とか
旅行へ行くときに自分たちの荷物を作る、ぐらいwww
私たち家族は共働き&子供スポーツで
確かに休日に旅行にお付き合いできることは年一回ぐらいしかありません。
冠婚葬祭関係はちゃんとお付き合いしています
私も職場で鍛えられているのでwww義弟嫁のアレも絶賛スルー
そのせいか、義弟嫁のアレもバージョンアップwww

『私たち(義弟家族)がいるからこの家はちゃんと成り立っているんです。
もうちょっと(私さん家族=長男一家)は 私 に 感謝したらどうですか?』
とみんなのいる前でヒステリックにわめきたてたよ。
そしたら姑さんがお茶を飲みながら静かに一言
「別にあなたたち、経済的に苦しいから同居させてくれって言ってきたから一緒に住んでいるだけで
そんなに大変なら私とお父さん(舅)だけで暮らすほうが気楽でいいわ。
もうそろそろ別居してもいいわね。
(義弟嫁)さんも大変だそうだから」

義弟は仕事でその場にいなかったんだけど、義弟嫁はプルプルしていた。
姑さんはさっさと『別居ね』と手配を始めてしまったし・・・・・・。

続きを読む

 
791: 名無しさん@HOME
弟が亡くなって三回忌も過ぎたので 
弟嫁に
「これからは自分の人生を考えて」
と声をかけたら 
「は?
アタシを追い出そうって魂胆ですか? 
ダメですよ!
あたしはこの家とつながって
ちゃんと遺産はいただきますから!」 
と得意げに言われた。
続きを読む

 
942: 名無しさん@HOME 2014/12/21(日) 21:02:55.36 0

義弟嫁がムカつく。 
義実家は、義父が亡くなってから
義母1人では寂しいだろうということで、
隔週で土曜の夜に一泊する。 
義実家にくるのは独身の長男、
次男夫婦(私たち夫婦)、三男夫婦とその子供1人。 
それで、交代で夕食を
私と三男嫁で作ることになっているんだけど、
最初はちゃんとやってた義弟嫁が 
妊娠をきっかけに夕食の支度をしなくなった。

 
続きを読む

 
863: 名無しさん@HOME 2013/09/26(木) 14:57:53.48 0
「自分たち家賃いらないなんてずるい!」と
当時私らが住んでた 私のおばあちゃんの家に
義弟嫁に押しかけられたことあるよ。

お前築30年ってボロによう住むわ!とpgrしてたじゃねーかと追い返したけど。
隣家の人が協力してくれて、私らが出勤したあと夕方まで車で道を塞いでくれたり、
顛末を知った祖母から「一度でいいから「どうしても住むというなら俺の屍を越えて行け」
っていうのをやってみたい。家の前をきれいに掃いておくように」と指示が来たりでカオスだった。
続きを読む

 
474: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/09/22(月) 11:02:34.16
愚痴だけどさー 

数ヶ月前に義父がタヒ亡 
ちょっと風邪っぽいかなと病院にいったところ
問題発覚 
→入院して10日ほどであっけなくタヒ亡、という感じ 
それなのに何故か、その葬式の席で
(当然親戚も大勢いる前で) 
経済的事情のため同居してた義弟嫁が 
「義父を介護したのは私だから、遺産は私がもらいます。
当然の権利ですよね」と宣言して顰蹙買ってたよ・・・ 
コトメが「そもそも義弟嫁さんって
相続権ないんじゃないですか」って突っ込んだら 
「でも私が同居してた!
コトメは東京に出て親孝行すらしてないし、
義兄さんは別居だし 
私に相続の権利がある!」ってマジで言ってた。 

介護なんてしてないし、
そもそも病院に荷物届けるの
義母の運転手を1度しただけで 
しかもそれすらブーブー文句言うので、 
義母がタクシー使うようになったのはみんな知ってるし 
義母が大人しい人だからって、
言いように事実捻じ曲げてんじゃねーよ 

結局、義母とコトメと義弟と旦那で色々相談して 
義母はそのまま実家に住めるように家を相続、
ついでに現金もとかやってると 
一々口だしてきて、義弟も反論できないみたいで
「嫁がこう言ってたけど・・」とボソッと言い 
コトメに「アンタは黙ってろ」と毎回ケンカになってた模様 
最終的に義母が「もうこの家にいたくない」と
30年近く住んでた家を義弟夫婦に相続させて 
自分は別の部屋借りて一人暮らしすることになったら 
それはそれで「こんな築古の戸建てもらいたくない!
現金よこせ!」とか言い出して未だに相続でもめまくる 
義弟嫁なしで相談しようとしても、
義弟が漏らしてつれてくるので話にならない 
話がまとまらないので家も売れないし
本当にメンドクサイ女だ・・・
続きを読む

このページのトップヘ