育児

 
220 :名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土) 19:08:05 ID:6LB
旦那と子育ての意見が合わなくて昨年末に離婚した。
口は出すけど手は出さないの典型で、仕事で疲れてるからと逃げ出す人だった。
仕事をしているのは私も一緒。仮にこちらが専業主婦でも育児は参加するべきだと話し合っても、巧みに話を脱線させて、
いつのまにか別の事でこちらが責められる事が多かった。
私は完全にエネミーだったけど、遊んで食べるお菓子の件で才柔めたのがきっかけで目が覚めた。
遊んで食べるお菓子というのは、ねるねるねるねとか、たこ焼きそっくりに作るお菓子とか。最近はきのこの山を作るのもあった。
旦那はこれらを「食べ物で遊ぶ事を刷り込む粗悪品」と捉えていて、娘が食べている最中に取り上げて泣かせていた。
私はこれらを頻繁には与えていなかったけど、たまにはと親子のコミュニケーションも兼ねて娘に与えていた。
続きを読む

 
504 :名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火) 07:45:59 ID:qsL
独身時代、服飾の仕事やってた都合でよくハイヒールを履いてた。

結婚後に転職して、今は滅多にヒール靴履く必要ない仕事だし、子供2人の出産育児の期間に
すっかりヒール無し靴に慣れてしまって、今はスニーカー&カッターシューズ最高になった。
外反母趾気味になってたので、良い機会でもあったと思う。

しかし、夫は今でも私の誕生日だ、クリスマスだ、とヒールの靴を買おうとする。
「百貨店でいい靴見たよ。今度一緒に試し履きしに行こう」と言う。
「ヒールの靴は履きたくない、足が痛むので要らない」というとすごくガッカリした顔する。

無理強いはしないが「履け」と思ってるのは明らかで、靴以外にも、私に「20代独身、アパレル仕事
やってた時のようなキッチリお洒落をしてほしい」と思ってる節がある。
しかし今は子供も育ってきて家計に余裕ないし、以前よりカジュアルでも身ぎれいにはしてる
つもりだ。
だいたい昔ほどのテンションでお洒落したいと思わない。

夫は私に飽きてるってことなんだろうか。
あんまり靴靴言ってるから、「ハイヒールで踏んでやろうか」って言ったら、
怒られた。
そういうプレイってことじゃないのか。

じゃあお前が履け、または別れて養育費払って、ヒールの靴履く女と結婚しろと。
続きを読む

 
482 :1/2 2016/06/14(火) 15:58:03 ID:0f0
父が餓タヒしかけてたのを見つけたのが修羅場。
私は結婚して父とは中距離別居(うちから父宅まで40分くらい)なので、月1くらいで顔を見に行っていたが、出産と育児のため2ヶ月くらい顔を見れてなかった。
二週間に1度はメールで子の写メを送ったりしてたから、元気だと思ってた。

子も生後四ヶ月に入ったある日曜日の夕方に、父方伯母から私宛に電話が。
「貴方のお父さんから、『タヒんでしまう、助けて』とメールが入った!私が最速で見に行っても明日朝になってしまうから、様子を見に行ってほしい。」とのこと。
父は以前にも狂言があったので、とりあえずメールをしてみた。が、一時間たっても二時間たっても音沙汰がないので電話をしてみる。やっぱり出ない。
仕方がないので、乳飲み子を夫に見てもらって夜9時半に出発、10時に父宅に到着。

合鍵で入り、父のベッドに行くとそこには江頭みたいにガリガリの父が。(黒の長ズボンに何故か上半身ネ果だった)
『いつもの狂言じゃない!?』と血の気が引き、父を起こすと何とか話せたので救急車を呼ぶ事を伝え、電話したら5分くらいで救急車到着。
担架で運んでもらい、父の荷物を持って救急車に同乗した。
救急車内で聞いたところによると、4日ほど食べ物を食べず、水分もウィスキーだけしか摂取してなかったとか。

すぐに受け入れ先が見つかり、そこで血液検査をしてもらい、とりあえず朝まで父はその病院で寝かせてもらうことに。
私はというと、血液検査やら説明やら聞いて結局深夜2時に解放された。
続きを読む

 
767 :名無しさん@HOME 2017/08/16(水) 09:54:52 0.net
高齢出産の義兄嫁に乳母さん役を期待されたので当分会いませんと宣言してきた
「私さんが第2の母レベルで手伝うのが当然」と信じ切ってたみたい、気持ち悪っ
「アホなこと抜かすな、私は面倒見ない」と断った時に
「向こうのお姉さんの子は育ててたじゃない狡い」と半泣きの切れ声で叫ばれて思い当たった

うちの娘と実姉の息子(甥っ子)は2ヶ月違いで産まれた
姉が実親と同居してる実家へ私が里帰りして娘を出産、2ヶ月後に姉出産
産後に姉が大病して手術で病院暮らしになり、生後2ヶ月の甥と4ヶ月の娘は私の実家で母乳でひとまとめに育った
(若くて体力あったのと、母乳以外の乳児二人の世話は看護婦だった実母がやったからできたこと思う)
里帰り期間を大幅延長したので、お食い初めや餅祝をするのに義両親が私実家まで来てくれたので、私が甥っ子を母乳で育ててるのは知ってる
その後、実姉は無事に退院して私も自宅へ戻った
あれは仲のいい実姉の非常事態だから出来たことで、仲の良くない、ぶっちゃけ嫌いな義理の兄の嫁の手伝いする謂れはまったくない

気味悪いのは、乳母さんを当て込んでたのが外れた義兄嫁が「もう産めない、自信ない」とうざうざメソメソしてるらし
ただでさえ高齢出産でリスキーなんだから人に不幸をおすそ分けしないでほしいわ
続きを読む

 
877:名無しの心子知らず2013/07/14(日) 04:20:29 ID:dTM3WKY7
私は直接被害を受けていないけど、近所のキチママが酷いことになってたので投下

そのキチママ(仮にAとします)は同じマンションに住む元ママ友でした
このAは事あるごとに他人を見下します

例えば、あなたたち専業主婦は奴隷のようで可哀想(Aも専業主婦ですが)私は家事をすべて旦那にやらせてる(旦那さんは主夫ではなくお仕事されています)
私は育児に専念できるので娘ちゃんに愛をいっぱい与えてあげられる、あなたたちにはそれが出来なくて可哀想(余計なお世話だ)
女はお洒落を諦めたら駄目(わざわざ公園に来るのにブランド品を身につけてくる)あなたたちは女として終わっている
親が娘に服を買って送ってくるがリサイクルに回してる

こんな調子で見下してくるのでCOしました 

CO後もAをちょくちょく近所で見かけました 
A一家は専業(?)のA、サラリーマン風の旦那さん、1〜2歳の娘さんの三人家族なのです 
なのに平日の昼間に一人で外出しているのを度々目撃されていて、ママ友の間ではネグレクトがあるのではと噂になっていました 


長いので一旦切ります
続きを読む

  425: :2017/07/28(金) 08:06:55.68 ID:
養育費無しで離婚しましたが、後々請求されることはありますか?? 
離婚の際、文書などは一切使ってないです。
続きを読む

  1: :2017/08/19(土) 10:49:06.12 ID:
6月に嫁が息子を出産して、その週末に家を出て今まで別居状態。 
その別居の間に嫁の育児ブログ()らしきものも発見…http://nanos.jp/umino0603/ 

向こうの主張は俺が悪いということだが…第三者の奇譚の無い感想をお願いします。
 
続きを読む

 
872: 名無しさん@HOME 2013/01/25(金) 22:15:54.23 0
トメは基本良トメなんだけど、時々チクチクと嫌みを言う。 
殆ど子供に対する躾で、まだ1歳未満なので言っても解らない事なのに、 
「小さくても言えば解る」とか「母親が甘いから子供がつけあがる」とか 
もの凄くグサリと来る。 
で、先日も食事の前に、子供に用意した物を与えていると(周りに人が多くて 
興奮したみたいで)ぐずって食べようとしない。
続きを読む

 
428: 名無しさん@HOME 2013/10/10(木) 22:27:27.15 0
末っ子かつ兄弟間で一番勉強が出来たので(と言っても大学受験時に他兄弟より偏差値2~3高かった程度) 
ものすごく甘やかされて育った義妹。 
難しい試験を突破し、ハイクラスと呼ばれる職に就き、バリバリ働くのは別にいい。 
週2~3日、車で1時間半の距離の実家から義母を召還し家事を全てさせてたのも別にいい。 
結婚相手も同業で、仕事仕事で家事能力ゼロのまま30過ぎたのも別にいい。

続きを読む

 
71: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)11:27:42 ID:ufroqHqEj
親戚に、二人いる子供の下の子だけを可愛がって
上の子は虐待に近いかたちで放置していた一家がいる。
我が子差別の理由は、下の子がいわゆる天才児だから。
「下の子の能力が十分伸びるよう、お金も愛情も出来る限りかけてやりたい。
でもうちは経済的に豊かじゃないから、上の子には我慢させるしかない」
という理屈。

豊かじゃないって、旅行や外食に行く金はあるのに?
(その間、上の子は留守番)
愛情って容量が決まってるもんじゃないだろ、子供二人とも愛せばいいだろ!
と、周りがいくら言っても
「うちの子が優秀だからって嫉妬するな」と意味不明の逆切れするだけで、埒があかない。

上の子は、思春期ころに荒れたのをきっかけに、完全に親から捨てられ
結局見かねた別の親戚が預かり、その後正式に養子になった。
上の子は知的障害を疑われてたんだけど
親戚の家に行ってからは別人のように言葉が出るようになって、
奇跡的な勢いで勉強の遅れを取り戻し、浪人はしたけど大学に行って
今は結婚して幸せに暮らしてる。

で、因果応報だなと思ったのが、親戚夫婦のその後。
続きを読む

このページのトップヘ