若夫婦

 
674 :名無しさん@おーぷん 2016/10/20(木) 13:01:01 ID:c1C
こちらのスレで該当するかわからないけど、私にとって衝撃的だったわ

私の旦那は大手の営業してて、社宅に住んでる
その社宅には50代の旦那の上司とその奥さんがいて、社宅を牛耳ってるのよね
この奥さんが専業主婦でヒマすぎるのか、まぁうるさい
この時期健康診断があるんだけど、「夫の健康管理は妻の勤め」と他所の奥さんに絡む絡む
明らかに健康に問題ありとわかる人がいるとその奥さんに嫌味を言いまくる
さらに上司もそんな奥さんの影響か、会社で健康診断に引っかかった人に「お前のは一体何をしとるんだ」と言ってくるらしい
そもそもこの会社、他部署は知らないけど営業は仕事柄飲みが多いのよ
私の旦那はまだ事前に連絡くれるからいいけど、急な飲みで奥さんの夕飯たべないなんてこともあるし、そもそも頻繁に外で勝手に食べてくる人に健康管理もなにもないわ
飲み会した挙句しめでラーメン食べてくるような男性にいくら健康的なメニュー考えたって焼け石に水よ

毎年この時期イライラしてたんだけど、少し前に他部署で中途で入社したという20代の若いご夫婦がいて、早速例の奥さんに絡まれてたわ
若夫婦は奥さんも外にバリバリ働きの出ているらしく、今の若い子にありがちな密なご近所付き合いしませんタイプの子
挨拶したら爽やかな挨拶を返してくれるんだけど、世間話はせずにさっさと行ってしまうタイプ
楽だろうなーと憧れるけど、例の奥さんはそれが気に食わないみたいで若旦那の方を捕まえて根掘り葉掘り話を聞いてた
そのとき若旦那さんが健康診断に引っかかった話しをしちゃったんでしょうね
ごみ捨てに降りたら若奥さんが例の奥さんに捕まってガミガミ言われてたわ
社宅は外で話すとき、声を抑えないと反響して周りに丸聞こえなのよね
相変わらず「あなたがきちんとしないから旦那が病気になるのよ!何のために会社があなたたちみたいな若輩者にも高いお給料を出してると思ってるの!健康を損なって会社に迷惑をかけるつもり!?女が外で働くなんて」と嫌味嫌味嫌味
普段は世間話もせず曖昧に笑ってやり過ごす若奥さんは一方的に言われるがまま
助けてあげたいけど相手は私にとっては上司の奥さんだし、ふと周りを見れば他にお二方、ゴミ出しに来たけど例の奥さんが怖くて出ていけない方たちも様子をうかがってる
面倒くさいわぁなんて思っていると、急に若奥さんが口を開いたのよ
「若く見積もっても50過ぎたいい大人が女に面倒見てもらわなきゃ自分の健康も守れない?本気で言ってんですか?50にもなって?まさか中身幼稚園児ですか?
いやぁそりゃお宅の旦那さんは女の庇護が必要な園児レベルかもしれませんけど、私、自分の管理は自分でできる相手を選びましたんで
自立したうちの旦那と比較されても困りますよ、大体うちの旦那が引っかかったのは先天性の糖尿病ですから
今普通に働けるのはきちんと健康管理できてるからですけど?
あ、仕事遅れるんでどいてくれます?まさか旦那の会社に迷惑かけるなと言った口で私の会社には迷惑かけていいとか言うつもりで?
なるほど?奥さんわかりましたよ、あなた社会に出たことがないから社会人としての責任がわからないんですね
なら仕方ないですね、せいぜい大人の保育に頑張ってください、その年で働きに出るなんて難しいですもんね
それじゃ失礼します」
こんな話をよく通る声で相手が話す声を遮ってバーッと言い切った後、ゴミを捨ててさっさと車に乗り込んで仕事に向かっていったわ
人前で話す仕事をなさってるのか、噛むこともなく淀みなく話してたのがすごく印象に残ってる
早口なのに聞き取りやすかったのよね
私の記憶力の関係で最後の方はうろ覚えなんだけど・・・
その日のことを私の旦那に話したら、若旦那さんは入社して2日目で営業部でも有名になった異例の人らしいわ
会社内の話になるから詳しくは書けないけれど、困ったときの若旦那と言われているくらいトラブル時に営業部は助けられてるみたい
それで強気にでられるのね~と関心
若奥さん、若旦那さんの会社内の立ち位置もわかってての発言だったとしたら凄いわ
でもあのキツすぎる性格でトラブルにならなければいいけどとおばちゃん老婆心ながら心配だわ
続きを読む

 
26 :名無しさん@おーぷん 2017/07/16(日) 15:10:53 ID:2hc
知り合いの奥さんが妊娠中にタモさんから安産お守りの例の落書き貰ったそうで、
その奥さん初産で高齢で小柄低身長だったのにマジで安産だったらしく、タモさんすげえと思った

以前不動産屋の仕事してたんだけど、億越え物件(マンション、低層階だけどめちゃ広いし都心近し)を若夫婦?に案内した時、
「冬だけは近くのビルの日陰に入る時間が少しだけあるけど、春~秋は全く日当たり問題ない」みたいなこと言ったら、
全く話が通じなかった
「冬だけって(クスクス」みたいなこと言って夫婦で笑ってた
何がおかしかったか訊いたんだけど、「ビルが春や冬で伸びるわけないのにw」と面白かったらしい

その他本当に九九レベルの計算のお金の話しても「えーわかんない(クスクス」みたいな感じで、
こいつら本当にこの物件買えるのかと思ったけど、後日どっちだかのパパがサラリと買ってくれた
あれは色々むなしい気持ちになった
あれ、スレタイなのは俺か?
続きを読む

 
757 :名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土) 10:20:40 ID:NwY
天然(いい意味で)と噂の若夫妻とお出かけした
正しく言うなら二人の行きつけの店を紹介してもらうために自分が二人の後ろにひっついていった感じ
二人はほんとに仲が良いんだけど、奥さんのほうがマシンガントークで終始ボケ倒して、旦那さんがにこやかに更にボケかえすという素晴らしいやり取り

例えば駅の階段の途中、「○○部門売上第一位!」と王冠のイラストが書かれた化粧品なんかによくついてるシールが落ちていた
他の人にとってはそれは単なるゴミなんだけど、若夫妻にとっては違う
奥さん「旦那くん!第一位だって第一位!あの階段第一位らしいよ!あの段に止まったら一位になれるよ!」
早口で喋ると、旦那さんは「そうだな、上にもっと段が続いてたけどあそこが第一位でいいのかな」
奥さん「いいんだよ、ほら隠しゴール的な。ガキ使のマリオのコース!一生懸命最後まで登りましたがそこは一位ではありません!的な!」
旦那さん「そうだったのか、危うくだまされるところだったぜ」
その後もこの話で盛り上がっていた
ゴミ一つでここまでにこやかな会話が広がるとは

その後、奥さんがお店でこんなものを見つけた

奥さん「旦那くん、ゴマちゃんが網にかかって捕まってるよー!」
旦那さん「ほんとだ」
奥さん「ゴマちゃん捕まえたらちゃんと網から出さないとだめなんだよー!じゃないと本体が傷ついて鮮度落ちちゃうからおいしくないんだよ!」
旦那さん「あざらしを食べようとしない」
奥さん「あれ?よく見たらこのゴマちゃん、点々が無いからゴマアザラシじゃないよ、白アザラシだよ、ゴマちゃんじゃなくてシロちゃんだったよ!」
旦那さん「でも少年アシベの白アザラシはゴマちゃんじゃなかった?」
奥さん「・・・ゴマちゃん!!」

奥さんは周りをよく見てる人で、何かよくあるありふれた日常に目を向けては独自の世界観を展開していた
旦那さんは馬鹿にするでも無視するでもなく、一つ一つの事に対応していて終始ほんわかしたムードで見ていて楽しかった
続きを読む

このページのトップヘ