苦手

 
587 :名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日) 10:47:04 ID:8or
娘が猫を飼いたがっていた。だが嫁が断固拒否。理由は、ものすごく猫が怖いらしい。まぁ俺も鳥が無理で姉貴がインコを飼い始めたのを理由に一人暮らしをしたくらいなので気持ちはわかる。
なので、娘には俺からも猫はダメと話していたのだが…
娘、学校で猫嫌いの兄弟が居たが、猫を拾ってきて飼い始めてから猫が好きになったって話を聞いてきたらしい。その話を俺や嫁にしていたが、それでも嫁は無理無理と拒否。
そして娘が一昨日、部活帰りに捨て猫を見つけ、連れて帰って来た。嫁発狂。嫁実家に逃げた。
「猫の譲り先を見つけるまで帰らない」と連絡がきた。しかし娘は「猫嫌いなんておかしい。お母さんなんて要らない」と猫の里親探しに猛反対。
娘は一通り家事が出来るので、嫁が居なくても暮らせると…猫の費用は出さないと言うと、お年玉をずっと貯金し、バイト代も貯めているから、お父さんからお金もらわなくても育てられる…と。
どうすればいいんだ…
続きを読む

943: 嫌い 2013/08/09 21:18:30 ID:ubi8S86e
※生き物の気分の悪くなる描写有り

小学2年生の時窓側にある棚の前でオタマジャクシが飼われていた。私の席も窓側でオタマジャクシの水槽のすぐ近くにあった。
ある朝教室に行くために廊下を歩いていたらクラスメイトが2人ほど教室から走ってきて「私さんの机が大変なことになっている」と言ってきた。
なんだろうと思いながら自分の机まで行ってみると机の上でオタマジャクシが10匹ほど干からびて死んでいた。1匹は椅子の上で干からびてた。
正直うろ覚えなんだけど持ってたティッシュとハンカチで掃除して(こびり付いてて完璧には取れなかった)ボーっと椅子に座ってたら先生が来て大変だったねとか慰めてくれた気がする。
これが第一の修羅場
もともとカエルが苦手だったんだけどこの件でオタマジャクシも苦手になっちゃって、事件後も近くに水槽があるのが怖くなってオタマジャクシを持ってきた子に
「置く場所を変えてくれないか」と頼んだら上手く伝わらなかったようで「置く場所」ではなく「入れ物」が変えられた。
その新しく変えた入れ物が蓋のない発泡スチロールだったから授業中カエルになった元オタマジャクシが飛び出してくるようになったのが第二の修羅場。
しばらくなにも飼ってなくても窓際の席が怖かったしカエル見るとひどく取り乱してしまう

続きを読む

このページのトップヘ