232: 名無しの心子知らず 2009/06/05(金) 18:01:21 ID:JG0+9gkX
近所の泥ママがGも入ってるぐろ虫箱を盗んでいった… 
うちに怒鳴り込んでくるとか怒りを通り越して呆れたわ

続きを読む

 
74 :名無しの心子知らず 2009/03/13(金) 10:36:30 ID:U1LGs/9W
トイレットペーパー繋がりで思い出しました。
久し振りにあった姉から聞いた話だけど。

同じ幼稚園に泥ママさんがいて、トイレットペーパーやら
芳香剤やら石鹸やらの備品ををあちこちのお店から
盗みまくって「節約ママなアテクシ賢いミャハ☆」で自慢してたんだって。
でも、ある日ゴーストバスターズみたいなメカ背負って白い防護服に
身を固めた業者が泥ママさんちにバンでやってきた。
車体には目を回しているGやらネズミの絵が描いてある。
泥ママさんがホームセンターや駅地下とか公園とか所構わず
根こそぎ盗んできたトイレットペーパーの芯や包み紙についていた
Gとかチョ/ンバエ?や得体の知れない蛾の卵が大量孵化したらしい。
家の中は駅地下や公園に比べて適温だし、湿度も食べ物もあるからね。
続きを読む

 
245 :名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金) 21:31:38 ID:xJs
虫の話注意。

私の会社には、遠方に赴任になった社員の持ち家を、家主が戻るまで社宅として貸す制度があって、利用したことがある。
直接社員同士のやりとりはなく、専門の部門Bが仲介してくれるシステム。

借りたA家には大きな桜と椿の木があった。
私自身、蝶の子供(名称を書くのも嫌)の類が人の二倍も三倍も大嫌いで
とにかく徹底的に防虫:杀殳虫しようと決意。
木を痛めないよう注意しながら、自分たちでできる限りのことをした。
そのおかげで、入居中、彼らに遭遇することなくAさんの任期が終了。私たちは引っ越した。

しばらくして、Aさんからクレームの電話が。
前述の通り、明け渡しの際に不備があれば、Bから連絡があるはずなのに、Aさんが直接?
しかも、何で私たちが借りてたと知ってるのか?(こちら側は、表札が残ってたり、ご近所付き合いしてたので知ってる)

クレームの内容は、木に関すること。
今までどんな杀殳虫してもダメだと近所に言って、何もしなくても黙認されてた。
(大きい木なので、彼らが出たら、隣近所が迷惑する可能性.大)
それなのに、あなたたちのせいで、「前の人のときは大丈夫だったのに」と文句を言われるようになった。
責任とって、杀殳虫しに来い。毎年!

桜と椿植えといて、何も対処してなかったの…?とびっくり。
サクッとお断りした後、情報漏洩か?と、Bに連絡したが、Aがこちらの連絡先を聞いてきたが知らせてないと。
どうやら、近所の話から名字を知り、同じ会社内で最近越した人を探し、知人を辿りに辿って連絡先を手に入れたらしい。
そんな暇あるなら杀殳虫しろよ…。

Bに顛末を話したところ、Aさんの上司にまで話が行ったそうで、連絡はそれ以降無い。同じ会社でも、接点無い部署なので接触もない。
ひょっとしたら知らずに会ってるかもしれないけど(お互い顔は知らないので)
害がないならそれでいい。

自分が嫌いだから、植物選ぶときは虫の付きやすさとかも調べて当然と思ってたけど、意外とそうでもないのかな??
続きを読む

 
969 :可愛い奥様 2009/09/08(火) 16:32:06 ID:25annla30
妙に沢山のコクゾウムシ??みたいな小さな黒い虫が
マンションの中を飛ぶようになって、なんだろうなんだろうって
思ってたら。


台所に一年近く放置してあったスパゲッティに
いっっっぱいにコクゾウムシが繁殖してた。
白アリに食われた建物みたいに、スパゲッティの
まわりに木の粉のような何かが小山のように落ちてて
そこにも一杯黒い虫がいた。

速効で綺麗にした。

夫にも子供にも内緒だ。
続きを読む

 
148: 名無しさん@おーぷん 2015/06/24(水)22:27:11 ID:Hni
閲覧注意な。お前らにも俺の衝撃と恐怖分けてやる。読むの辞めとけと一応言っておく。実話だしお前らも知らぬ間に経験してることかもしれないが。

去年の今頃のこと、夢の中で俺は実家で母親が作ってくれたサクサクの唐揚げ食ってたんだ。
何年も家に帰ってなかったからな。うめぇうめぇってとまらなくてさ。泣きながら食ったさ。
中農ソースかけたりマヨネーズかけたり色々味変えてさ。
スゲー美味かったんだ。おふくろもニコニコしてさ。
で、良い夢見たなぁっと朝起きたら口のとこに違和感あって触ったら明らかにゴキブリの足いっぱいついてた。

あれ以来俺は唐揚げも食えなくなったし夜寝る時はマスク常備になった。
 
続きを読む

 
17: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/26(月) 17:51:26.88 ID:3VSV0+wZ
くに、ラーメン屋が出来たので、行ってみた。

注文して、持ってきて、さあ、食べようとして、上に載っている野菜をかき分けたら虫がいた。
別に、事を荒立てようという意志はない、取り替えてくれれば十分なので、店員に声をかけた。

俺「すいません〜」
店 返事をしない。(´・ω・`)な顔で、こっちを見るだけ。若い女性客とおしゃべりで盛り上がっている。
   俺が何も言わないので、おしゃべりに戻る。

俺「すいません〜」
店「はい」 返事はするが、こちらには来ない。また、おしゃべりに戻る。

俺「すいません〜」
店「はい。聞こえますから言ってください」

言いましたよ、聞こえるような大きな声で

「虫 が 入 っ て い る の で、 取 り 替 え て く だ さ い」

水を打った、という表現があるけど、まさに、そうだった。
ざわついていた店内が一瞬で静かになった。

店員は、黙って下げて、黙って新しいのを持ってきた。謝罪も何も言わなかった。
会計時に、「呼んだよ、俺」と声をかけたが、「○円です」だけだった。

しばらくして、前を通ったら、もう店はなかった。

続きを読む

 
942: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/11(水) 16:57:53 ID:IvXiUGmN
大学生のころの話。
母に「最近来るようになった訪問販売が強引で困っている」と打ち明けられた
話を聞いてみると販売員は宅配会社を装ったり家に帰るのを待ち伏せたりしているとのこと
で、ドアを開けたらなかなか帰らないそうだ。
うちの母は気が弱い
押し切られて何か契約をさせられてしまったらどうしよう・・・と嘆いていた
「いりません、必要ないです」とは一応言っているらしいのだが
最近母がやつれてきた理由を知って腹が立った。

母に聞いた販売員が来る時間帯に玄関に待機
馬の被り物と学祭のときに買ってた貞子っぽいワンピース&ヅラを身につけ
ついでにおでこに吸盤の矢をつけた。
引き戸の摺りガラスに人影が写る
チャイムの音が鳴った瞬間に勢いよく開ける

販売員「うあっ!?」
私「こんにちはぁあ・・・ひっ・・どちら様ですかね・・・?(超笑顔)」

私が抱えてる白いプラスチックケースの中には20匹くらいのデュビア。
ケースの中できゅうりに群がっている。

販売員は既に顔がひきつっている。
販売員「あ、あの・・・新聞、を・・・」
私「あ゛っ!?何??えへっ えへへえへえふ(本当にこんな笑い方した)」
販売員「・・・・」
私「ひぃあっははぁ・・・・・・・・・・かわいくね?この子かわいくない?」
私、デュビアをごぱあと素手ですくって首をかしげて販売員に笑いかける。
ぴゃ〜〜はっはああーーー♪とか奇声をあげながら回ったところで逃げ帰っていった。
二度と来なかった。
ありがとう、デュビア。
ちなみにデュビアは父がトカゲの餌用に飼ってます。

続きを読む

480: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/17(月) 16:53:11.43 ID:0eSBnKQc
今も水面下で続いている修羅場

姉が引きこもりニートになって部屋から出てこないのを親が叔父に相談
しばらくして数日泊りに来ていた叔父が、姉が風呂に入ってる間に
謎の虫を部屋に投入するという荒技をかました(叔父の独断)
虫嫌いだから部屋を出て誰かを頼るだろうという浅い考え
ただ姉の部屋ではなく、バイトに行っていて留守だった私の部屋に投入されたというオチ
寝てたら布団の横から枕元にスササーと謎虫が横切って私が修羅場
趣味のもので溢れかえってる部屋なので簡単に見つからない上
その時服を作ってたお人形の上を虫に這われて泣いた。ちなみにGではない

そして今も見つからない

続きを読む

47: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/17(金) 22:56:15.21 ID:ZtpokfeO
インドのアーユルヴェーダによると、起床してすぐ白湯を飲むと便秘にいい。沸かした熱湯をすする様に飲むのだ。
確かにいいので毎日実行してる。夏、起きてすぐ鉄瓶で湯を沸かそうとして中を見た。中に何かある。
ラピスラズリみたいな綺麗な色のぶっといヘアピン。???ヘアピンがヤカンの中に?見覚えがない。
よく見るとピンの内側に櫛状の物が…。櫛状の物は足、だった。ヘアピンかと思ったモノはムカデだったのだ!
夜出たヤツは恐らく鉄瓶の注ぎ口から入ったものと思われる。出られずそのまま母に茹でられた。
鉄瓶は黒いので中にいたムカデは母には見えなかったのだろう。気づかずに母はムカデの茹で汁を飲んでしまった…。
いやーーーーーー。

続きを読む

709: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/29(日) 22:41:00.01 ID:Kho06tgy
自分の中では修羅場だったこと

数年前一人暮らしをしていた時、季節は夏、激務で疲れ果てていて
ブラにキャミとパンツのみで仕事の準備してたんだけど、気がついたら眠ってしまっていた
そんな時、胸(ブラの中)がモゾモゾして飛び起きた
ブラの中に手を突っ込み何かを掴み、その何かをブン投げた
その何かは20センチくらいのすごいでかいムカデだった…
ムカデは投げ出されて、マットの下に逃げ込んだ
私は泣きながらマットの上から水筒でガンガン攻撃し
動かなくなったムカデにトイレットペーパーをかけてトングでつかみ
トイレに流した

刺されたりはしてなかったから痛くも痒くもなかったんだけど
しばらくは汗が谷間を流れる感覚でこのことを思い出してパニクりそうになったな……
あとは、次の日ベランダにムカデ除けパウダーまきまくった……
文才なくてごめんね

続きを読む

このページのトップヘ