血まみれ

 
58 :1/2 2015/05/19(火) 12:49:00 ID:bx6
数年前のGWに義実家の農作業を手伝いに行ったときのこと。
旦那と2人で行ったんだが、初日に旦那が会社から呼び出し受けて私だけ残った。
義両親と独身の義兄の3人世帯だったけど、田舎の農家で家が大きかったので離れの部屋を借りた。

旦那が帰ったその夜に、誰かが部屋に侵入してきた。
超近視だから部屋に入ってきたのが誰だかわからなくて、覆いかぶさられてとにかく怖かったから、
枕もとの目覚まし時計でぶん殴りまくったら逃げてった。
なんとか眼鏡かけて「義父さん、義母さん、不審者です!」と母屋に駆け込んだら
廊下で血まみれの義兄を義母が抱きかかえてた。
義兄も不審者に襲われたんだと思ったんだが、義母に「この親不孝者!」と殴りつけられて
倒れたところを「うちの義兄ちゃんになんてことを!」とわめきながらさらに蹴りつけられたので
ようやく不審者=義兄だと気がついた。
そこに義父もきて、助けてもらえると思ったら、義父にも髪をつかまれて振り回された。

杀殳されると思ったので、隙を見て玄関までなんとか逃げて、傘を振り回して威嚇しながら外に脱出。
物音が聞こえてたみたいで、隣のおばちゃんが出てきたところに「助けて!」と駆け寄って取りすがった。
義父母も追いかけてきて「うちの嫁が酒に酔って暴れて」とか色々言ってたけど、
おばちゃんが「怪我してるからとりあえずうちで手当てを」と言って自宅に連れて行ってくれた。
義父母もついてきたけど、おばちゃんが別室で手当てをするからと引き離してくれて
おばちゃん母が2人にお茶を出してるすきに、救急車を呼んでくれた。
さすがにサイレンの音を聞いたら義父母ともに「世間体が」「嫁のくせに」とか色々騒いでたけど
おばちゃん母と旦那さんが止めててくれた。

結局、鎖骨と肋骨と左手首にヒビ、顔と上半身のいたるところに打撲。
義兄は「寝ぼけて部屋を間違えた」と主張したけど、義兄の部屋は母屋で、私の借りた部屋は離れ。
外廊下を通らないとこちらの部屋にはこれないし、何よりお前のポケットに入ってた違法薬物は何だったんだと。
(警察の人が言うには、催淫効果があるとかいう口コミで有名な薬らしい)
義兄は年齢=彼女いない歴でお見合いもうまくいかなくて結婚の見込みもないような人。
容赦する必要はないと思って、義父母ともども前科つけて慰謝料もがっつり取った。
(ちなみに義父母は義兄が「嫁にやられた」と言うのを聞いて激情しただけで、強カン未遂のほうは
 関係なかったらしい)

旦那は最後まで「義兄に悪気はなかった。お前が騒ぎすぎ」と言うので、弁護士つけて離婚した。
「慰謝料はいらねえ互いの貯金を持って綺麗に別れようぜ」とかっこつけてたけど、そもそもこちらが
慰謝料を払ういわれはないし、私のほうが収入が多かったので、財産分与しないとなるとこっちがお得だった。
元旦那はそのことにあとから気づいてぎゃーぎゃー言ってきたけど、すでにお互いハンコついた後だったので
弁護士に一任して追い払ってもらった。
続きを読む

 
593 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 06:57:21 ID:plJtKQRH.net
先週の金曜日、会社の歓送迎会で地元で有名な焼肉屋に行ってた。


2階の大きめな部屋で飲んでたんだけどもよおしたから1階のトイレへ。
この店の階段ってL字形になってるんだけど、トイレ済ませて階段登ってたら丁度折り返しのところで上から子供が降ってきた。

酒入ってたしあぶねぇってな感じでひょいっと避けたら、その子供そのままの勢いで壁に突っ込んでいって顔面血まみれ。
ギャン泣きするから人がたくさん集まってきて、明らかにオレがその子に何かした感じで見られてた。
一生懸命介抱してたのに何か無駄な正義感丸出しのおっさんに肩つかまれて「何してんだ!」って怒鳴り散らされた。

事情説明するけど話し聞かないし、店員にはオレが殴ったからこうなったみたいなこと吹き込んでるし、一瞬お前を殴ってやろうかと・・・・。
そしたらすぐにその子の親が飛んできて子供の顔見るなり悲鳴上げてた。
父親の方がオレに食って掛かってきたけど、丁度階段の横の席にいた人達が子供が階段飛び降りて遊んでるのを見てて無罪放免。

あれ今の時期みたいに人が沢山いなかったら確実に犯罪者にされてたわ。

ちなみにその親もおっさんも一言も謝ってくれなかったからオレのハンカチが無駄に血まみれになっただけだったわ。
続きを読む

 
199 :名無しさん@HOME 2012/01/04(水) 14:46:20 0
 

歯医者の検診の案内ハガキが来てて思い出したんで、流れを読まず投下。

もう十数年前、中学生の頃の話だけどいまだに忘れられない。
虫歯ができて、近所の個人経営の歯医者さんに通っていた。
40歳ぐらいの優しい先生が治療してて、奥さんが受付。

ある日、治療に行き、待合室で雑誌読みながら待っていた。
治療室の方からはウイーンってあの機械の音。
そしたら「ウワアアアアアア!ギャアアアアア!」って聞いたこともないような
女の人の悲鳴が聞こえてきてさ。
ドタバタン!って音がして、治療室のドアがバーン!って開いて、50代くらい?の
おばちゃんが飛び出してきた。
顔の下半分が真っ赤。口からダラダラ血を吐きまくり、訳のわからないことを
叫びながら泣き叫んでた。
そしたら後ろから先生が「待て!この(聞き取れず)が!」とか叫びながら出てきた。
手にはあの歯を削る機械。電線?が途中でちぎれたのを持ったまま。
先生は怒鳴りながら泣き叫ぶおばちゃんを捕まえ、床に押し倒して口に機械を
ゴリゴリ突っ込んでた。
奥さんと待合室にいた近所のおっちゃんとがあわてて先生を引き剥がしたけど、
先生は大声で訳のわからないことを叫びながら、おばちゃんをガシガシ踏みつけてた。
おっちゃんが先生を床に押さえつけている間に、奥さんが救急車を呼んだ。
おばちゃんは倒れたまま、泣きながら呻きながら口から血をだらだら流してる。
中学生の私はもう怖くて怖くて何もできず、ガタガタふるえてた。
続きを読む

585: 名無しさん@HOME 2014/02/01(土) 03:00:07.95 O
同じ市に従姉妹夫婦が住んでいるんだけど、
従姉妹と娘が遊びに来て、その娘が家で飼ってる猫を見たいと言うので
結構モフモフな猫を見せたら喜んでて、私はお菓子を取りに部屋を離れた。
すると猫の物凄い叫び&唸り声+娘の泣き声がして 私と従姉妹が飛んで行った。
ハサミを持ったまま号泣する娘と毛を血だらけにした猫が唸っていた。。
娘は「毛が長いからカットしてあげよう」として猫を傷つけたらしい。
従姉妹は私にビンタを喰らわし「ちゃんと見てなよ!」と激怒、私も唇から流血。
私は猫が心配で猫の様子を見ようとしたが 従姉妹は私の手を掴み「そんな事より(娘)に謝って!」と激昂。
おろおろする私に妹が「早く!病院!」と私に車のキーをよこし
猫を何とか毛布に包んで動物病院に連れて行こうとした。
従姉妹はそれにも激怒「猫なんかどうだっていいでしょ?!」と言った途端 妹が
「うっせー!!!おまえらもハサミでぶっ刺したろか(゚д゚)ワレ!」と絶叫。阿鼻叫喚の中 私は猫を病院へ連れて行った。
猫が昨日退院したので書きこ。

続きを読む

めちゃくちゃイジメてきた職場の先輩が、即時輸血が必要な俺の娘に輸血しろと言ってきたが断ったの続きです。

138: 本当にあった怖い名無し 2013/03/03(日) 12:27:13.11 ID:/TWzoGrQ0
非常識な先輩と輸血を断った報告者の話で、
・なぜ家で娘が血まみれになる怪我をしたのか
・どうして救急車に乗せてすぐに搬送しないのか

人前では娘を可愛がっているふりして、本当は虐待しまくりだったんだろうね。
娘は可哀想だけど、助かっても虐待する父とそれを黙認した母からは逃げられなかった
かもしれないから、これで良かったんじゃないかと思う。

142: 69 2013/03/03(日) 16:48:06.60 ID:wNXyguN80
ID変わっていますが69です。
何人か疑問に思っておられるようなので補足しておきます。
娘の怪我の理由ですが、何でも室内で遊んでいてガラス戸に勢い良く倒れこんだ事が原因です。
それと汚れた車は後日先輩両親が迷惑料としてお金持ってきました。

続きを読む

501: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/20 23:58:33 ID:6lKFAe54
寒くなると思い出す。ちょっとグロ注意。
数年前のとある夕方、庭の方から兄の凄い悲鳴が聞こえた。
キャアーとギャアーが混じったような。
急いで両親と出て見ると、一番下の妹(当時高校生)が制服姿で立っていた。
見知らぬ大きな猫を抱っこしていた。しかも、
前足の関節がおかしい方向にねじ曲がり、首がぐだんぐだんしていて、
腹から血を流しながら白目を剥いている。
妹がカーディガンでくるんであげていたが、それも血染め。ここで父もウワアアア。
母と妹だけが「どうしたのこの子?」「さっき車に轢かれてた」
と冷静だった。その後、アワアワする男共をさしおいて母と妹は迅速に動物病院へ。
何日間かに分かれた手術と長い入院を経て、最終的にうちの飼い猫になった。
未だに前足の片側だけ不自由で、お腹の毛もぽわぽわしか生えてないが、
性格がとてもいい猫でみんなから可愛がられている。
しかし、あの時は血の苦手だった兄や父も修羅場だっただろうし、
俺はそれよりも血まみれになりながらうつろな目で暗闇に佇んでいる妹が
ホラーよりも何よりもずっとずっと怖かったので俺の中では最大の修羅場。

続きを読む

このページのトップヘ