話し合い

 
587 :名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日) 10:47:04 ID:8or
娘が猫を飼いたがっていた。だが嫁が断固拒否。理由は、ものすごく猫が怖いらしい。まぁ俺も鳥が無理で姉貴がインコを飼い始めたのを理由に一人暮らしをしたくらいなので気持ちはわかる。
なので、娘には俺からも猫はダメと話していたのだが…
娘、学校で猫嫌いの兄弟が居たが、猫を拾ってきて飼い始めてから猫が好きになったって話を聞いてきたらしい。その話を俺や嫁にしていたが、それでも嫁は無理無理と拒否。
そして娘が一昨日、部活帰りに捨て猫を見つけ、連れて帰って来た。嫁発狂。嫁実家に逃げた。
「猫の譲り先を見つけるまで帰らない」と連絡がきた。しかし娘は「猫嫌いなんておかしい。お母さんなんて要らない」と猫の里親探しに猛反対。
娘は一通り家事が出来るので、嫁が居なくても暮らせると…猫の費用は出さないと言うと、お年玉をずっと貯金し、バイト代も貯めているから、お父さんからお金もらわなくても育てられる…と。
どうすればいいんだ…
続きを読む

 

前編はこちら

846: :2008/09/06(土) 15:27:22 ID:
深夜に相談に乗っていただいた501です。
皆さんのレス見てないですが、報告させてください。
携帯からなんでぶつ切りです。すみません。
続きを読む

126: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/01 19:43:18 ID:su/lBwW7
あんまり大したこともないんだけど、あとで修羅場だったとわかった修羅場。

もう二十年以上前の、私が小学校低学年だった頃の話。
父には年の離れた弟がいて、私も弟もおじさんの事がお兄さんみたいな感じで大好きだった。

ある晩、夜中にトイレに起きたら、なぜか茶の間におじさんと寝間着姿の両親がいて、
低い声でなにか話し合っていた。おじさんは無精髭が伸びていて、すごく怖い顔をしていた。
大人の話を邪魔すると怒られるので、私は「いらっしゃい」と挨拶だけして部屋に戻った。
だけど両親たちの話が気になったので、襖を少しだけ開けて、こっそり聞いていた。
おじさんが低い声でなにか叫んだ。
父の声。「おい、そげなもん、しまえ!」
続いて母の声。「○○(おじさんの名前)さん、そんなことしたらいけんよ!いけんよ!」
その後も低い声で言い争いは続いた。
声の調子から只事じゃないのはわかったが、子供なんでいつの間にか眠ってしまった。
でも翌朝、父も母も何も言わなかったから「もしかして夢だったかも?」ぐらいに思っていた。

おじさんは近所に住んでいて、よくうちに晩御飯を食べに来ていたけど、その晩からは
なぜかうちに顔を出すことはなくなった。

おじさんがどういう状況なのかわかったのは、それから1ヶ月ぐらいしてから。
当時のテレビで、警察の指名手配犯の写真と名前を流す5分ぐらいの番組をやっていて、
ある土曜日に母と私と弟でお昼を食べていたら、テレビの画面ににっこり笑ってる
おじさんの顔と、名前がドーンと…。

おじさんはヤクザみたいな悪い仲間と銀行強盗をやらかして、指名手配されていた。
その事件は地元の新聞にも結構大きく報道されていて、私も読んだ覚えがあった。

続きを読む

このページのトップヘ