貧乏

 

129:名無しさん@HOME2015/04/25(土) 16:53:53.42
うちは子供二人
義弟夫婦は子供一人

義弟嫁は一人目生んだ直後から「二人目はいらない」って言ってて
私に向かっても「二人目生むなんて勇気ありますね」

続きを読む

 
13 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/24(水) 22:35:37 .net
嫁浮気→発覚→離婚前提の話し合い→子供(上娘/下息子)の親権でもめる。
間男は、嫁がパートをしていたスーパーの店長。嫁が浮気したのに
親権=母親という形勢には納得がいかない。

間男(独身)も子連れ了承。汚嫁も強気。調査の中でわかった間男の
住まいを子供に見せる。ここがお前達の家になるかもね。

間男の住まいは、アパート住まい。しかも、父さんへの慰謝料支払いで
超ビンボーな生活になるし、転校もあるよ。とわざとらしく言う。

我家は築浅の戸建。子供には自分達の個室もある。転校もない。
しかも、俺実家は都区内にあって、娘が志望する高校の近く。
さぁ、どうする!!

さすがに中学生の娘。小学生の弟を言いくるめてあっさりと嫁を裏切る。
親族会議の中で「私たちはパパと一緒にいる」宣言。嫁が必タヒに
説得を試みるが、そもそも浮気した嫁に説得力なし、親族の援護も無し。
義父の「お前にはその資格は無い」でジエンド。

慰謝料もらい、親権も取れて、汚嫁と縁が切れたことはよかった。
続きを読む

 
223 :名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金) 11:51:00 ID:Ec6OOCU3t
小学生の時同じクラスに、自分の親を心底嫌っているA子という子がいた。
といっても毒親とかじゃなくほんとーにふつうの親。おとなしくてやさしいお母さん。
でもA子は「ほかの家と違ってオバアチャンなのがイヤ」(高齢になってできた子だった)
「家が貧乏なのがイヤ」「ごはんが年寄りくさい」「服のセンスがヘン」と言って
母親をしょっちゅう叩いたり蹴ったりしていた。
よく「自分は橋の下で拾われた子で本当はもっといい家の子なんだ」って妄想があるけど
あれをもっとひどくした感じだった。
A子はわざと体にあざを作って「虐待されてる」と先生に訴えたり
嘘ばっかり書いた日記をまわりの大人に見せたり、リスカしたりして
どうにかして自分の家を出ようとしていた。
その間もお母さんを殴ってお金をせびったり、「ババア」「みっともないから外出るな」と怒鳴っていじめていた。
A子のお父さんは見たことないけど、やっぱりおとなしい人でA子を止められなかったらしい。
(大人の男の人なら小学生女子ひとりくらい止められるのでは…と思うんだけど
詳しいことは知らない)
続きを読む

 
960 :名無しさん@おーぷん 2017/03/09(木) 23:20:45 ID:11N
それくらいで最大の修羅場なんて・・・と思われるかもしれないけど、子供の頃だったから本当に修羅場だった
高校生になって家が貧乏だから学校に許可をもらってバイトをすることになった
そこは新しくできるラーメンのチェーン店で、新規でバイトを募集してたこと
家から自転車で五分でつけるので、夜遅くなっても安全なことから親にも学校にも勧められて応募した
バイトに受かった子たちは厨房を除いて女性.しかいなくて、それも皆レベルの高い子ばかり
飲食店なのに髪染めてる、ネイルしてるのうな人も混じっていて、飲食店っていってもこんなものなのかな?と思っていた
最初はバイトの女性.だけで25人くらいいたんだけど、短期間にどんどん女性.が辞めていった
一ヶ月後には10人ほどしか残らない
しかも残った子は何やら店長と親密な感じだった
女性.が減っていくに連れて、店長は女性.にバイトの後の予定を聞いて誘い出すようになった
中学卒業してまだ三ヶ月もたってないようなお子様な私にはその意味が全くわからなかった
そのうち店長が私にも声をかけるようになった
だけど私は親との約束もあるので、断ってすぐに帰っていた
でも店長はそんな私に「親の門限なんとかならないの?」と言い出し、それも無理だと断るとイライラした様子を隠そうともせず「俺の誘い断ったらバイト続けられないのわかってる?」と言い出した
本当に意味がわからず、「え、何でですか?私何かしましたか」と真面目に答えると、見かねた厨房の高校生バイトくんが「店長、勘弁してやってください」と言い出した
私だけ状況を理解できなくて、でもとても危険な誘いをされていることだけはわかって怖かった
店長は「処/女っぽいから食ってやろうかと思ったのにこんなブスどうでもいいわ、二度とこなくていいよ」と吐き捨て、何か言おうとする私を厨房の高校生が止めた
家に帰ってバイトを首になったと話したら、両親や祖父母から「飲食店のバイトすら首になるような仕事しかできないのか」と情けない娘だと言われて今でもその時の言葉が胸に刺さってる
大学生になったときに近所のスーパーで厨房の人と再会したんだけど、その時には私はもう大人だったから色々教えてくれた
店長は若くて可愛い女の子だけを採用していたこと
短期間にどんどんやめていったのは店長が食おうとして失敗した子をクビにしてたから
残ってたメンバーは全員店長とセ○クスしまくってたこと
セ○クスしまくってるバイトの人の時間も店長がいじって給料水増ししてたこと
私はまだ16歳だったし手を出したらやばいよなーでも味見したいよなーと店長がよく口にしてたこと
私が本気で真面目に家のために働いてるのを見て、こいつならクビをちらつかせればいいなりになると店長が話してたこと
厨房の人が止めに入ったから未遂に終わったけど、厨房の人がそのせいでクビになったこと

全部教えてもらったら急に怖くなって初めて膝が笑う経験をした
初めて味わう部類の恐怖心に体が火照ってなんでか笑いが止まらなかった
でも膝は笑ってるし怖くて仕方なかった
私が辞めて三ヶ月くらいで店は潰れてなくなったんだけど、厨房の人の話を聞いたら全部納得できる

今は結婚もしてるけど、バイトのときの経験と厨房の人の話から、性.交渉が汚いものだって気持ちが拭えない
続きを読む

 
127 :名無しさん@おーぷん 2016/10/20(木) 22:47:16 ID:Vx2
うちは上の兄が取り違えだったよ。
うちは大家族で8にん兄弟なんだけど
いわゆる貧乏一家で障子ビリビリがデフォな感じ。
父親はトラックの運転手でおふくろは親の自営手伝いで私が物事つく頃には大姉が家の家事回してた。
大兄はすでに家計を助けていた。
服は基本親戚や親の友達とかお下がり着る感じで、新品の服とか下着ぐらいで制服すらないレベル…ここまできけばどんな感じかイメージつくと思う。
ある日病院から電話があって取り違いだったと説明されて呼ばれたらしい。
相手は普通よりかなり裕福な家庭で一人っ子だった。
一緒に会いにいったけど「親戚?」って感じですぐ血縁者って分かった。
相手の父親はかなり高圧的でそんだけガキがいんだからいままで育てた子も実の子も両方よこせって態度…というか実際会食中にいわれてた。
しかも子供から見てもかなり小馬鹿にした対応だと感じたから両親は辛かったと思う。
子供くれたらいままでかかった養育費もやるよーって言われてた。
父親は切れて「金の問題じゃねー」とか「子供は物じゃない」ってキレていたけど、母には7人目と8人目がお腹にいてタダでさえカツカツなのに母親の稼ぎが無くなって久しい。
そのせいで優秀な成績なのに大学諦めろって
圧力かけられピリピリしてる中兄もいて家はかなり荒れた。
いままで一人っ子育ちだった本当の兄も玄関みただけで「こういう古くて汚い家は無理、部屋が無いとか人の生活じゃない」と言ってお試しの宿泊すら拒否されて母親が泣いた。
結局「子供本人の意向」って事で本当の兄もいままで兄だった方も向こうに言った。
同じく優秀だったが気が弱くて、中兄に気を使ってお金に負担がかからない道を選んだんだと思う。
父親は念仏のように「上の子も働いてるんだから今更2人増えても変わらない」
「子供なんて中卒高卒ぐらいでいいんだ」って言ってた。
引き取りたいオーラだしてたけど、多分引きとられてたら私や中兄は大学無理だったわ。
下に限っては中卒だったかもしれん。

相手のお母さんすげー嬉しそうにしてホクホクして帰っていった。
本当は子供2人ほしかったんだって。

感情論としてはお互いの子供を引き取るか両方引き取りたかったんだろうか
大家族で中出汁婚の親に「計画的に子作りしろ」なんて不粋な事は言わないであげてくれw
続きを読む

 
350: 名無しの心子知らず 2011/05/05(木) 22:08:22.28 ID:QvxxFN9J
スレチな気もするが、泥ママ関連だし、ここでいいかな? 

以前からアクセやら化粧水やらを盗んでいった泥奥(以下A)を、
テンプレ通りのあぶり出しメールで捕捉。 
喫茶店にて私、友人(我が旦那は沖縄出張中のため、代役)、
A旦那、Aの四人で話し合いの席を設けることになった。 
もちろんレコーダー持参。 

A旦那は平謝りなのに、Aは反省してる様子無し。 
「わたしが使うんじゃなくて、姫ちゃん(A娘)に使うんだし大目に見なさいよ」 
「いちいち目くじらたてる私さんは心が狭い」 
などなど、言いたい放題。 

(つづく)
続きを読む

 
371 :名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木) 18:58:00 ID:byo
長い。フェイク有。

中学生の時に私を貧乏人でオタク臭いと酷くいじめてくる女がいた。A子とする。
家が金持ちらしく、小学生時代からの子分を従えてた。
やられたことは教科書や机に落書き、持ち物隠す、ハブる、お弁当捨てられる、汚水をかけられる、男子に強制告白など。
男子もいじめられてる子で、告白もいじめの一環と分かってたらしく引っかからず、私は怒ったA子に髪の毛バッサリ切られた。
「これで髪ちゃんとしとけ」って千円札3枚。
私もA子も母子家庭だったけど、うちは子沢山の貧乏人。
悔しいけど、働いてる母を心配させたくなくて、そのお金で帰る前に散髪して整えてもらった。
そしたら私がA子の財布からお金を盗ったことにされて、無実を主張しても無駄で、結局母に迷惑をかけてしまった。

それから高校はA子と別になった。
A子は制服のかわいい私学に。A子の子分と私は同じ高校に。
私の通った高校はそこそこ学力が必要だったが、定員割れのところに子分が滑りこんできてた。
子分と2年の時に一緒になったが、オドオドビクビクキョドる哀れな子になってた。
どうやら1年のときに、勘違いしてA子のように上から目線の態度でいたため一部で締められたらしい。
私に気付いて擦り寄ってきたけど、盗難疑惑の時に偽証した子分になにかしてやる義理は無いので、
その件をボカしてクラスの子達に流しといた。
2年目もボッチ決定した子分は3年になる前に居なくなった。
続きを読む

 
314 :おさかなくわえた名無しさん 2008/06/17(火) 23:37:41 ID:oaEsLd8A
62 おさかなくわえた名無しさん :2007/03/17(土) 11:26:24 ID:tjoF3F//
大学に受かって上京して一人暮らしを始めたのはいいんだけど、友達が全然できず
講義が終わるなり部屋に直行し2ちゃん覗いてるような負け組生活を送っていた。
仕送りも底をつきロクに食うものもなく、それでも「東京で頑張ってね」と手紙で親に励まされる日々が続き、
情けなさと申し訳なさと寂しさとひもじさと相談相手のいなさでタヒにそうになっていた時、強盗に入られた。
刃物向けられて「金出せ。刺すぞ」と言われたが、そもそも出せるお金なんてない。
俺はどうしようもない気持ちになり、男の癖にオイオイ泣きはじめた。戸惑う強盗。
「泣けばどうとでもなると思ってんのか!早く出せ!」
「泣いてどうにかなるならずっと泣いてるよ!ふざけんな!
貧乏なのに高いお金出して東京行かせてもらってるのに、こんな生活送ってるなんてバレたら親に泣かれるよ!
友達もいないお金もない、でも今更田舎になんか帰れない、どうすりゃいいんだよ!!!!1111」
大体↑みたいな内容だったと思う。目の前に包丁があるというのにこんなに喋れた。
強盗は俺の発言にびびったみたいで、「頑張れよ…」と言うとそのまま何も取らずに逃げていった。

今は無事(少ないけど)友達もできたけど、この話をしても一度も信じてもらったことがない。
「こ○されかけてるのにそんな発言ができるはずないし、逃げる強盗も弱すぎ」と言われる。
続きを読む

 
546: おさかなくわえた名無しさん\(^o^)/ 2014/05/18(日) 15:16:05.05 ID:boZaYGTm
俺は父親から家訓とまでは言わないが一種の戒めとして
「女性と仲良くなったら必ず実家が貧乏である振りをしろ」と言われていた。 
具体的に何と言えとかは言われてなかったが、
俺は「実家が貧しくて借金も多少あるんだ」と告げるようにしていた。 

お察しの通り、それで疎遠になった相手が何人かいたんだが、
中でも最も冷めた相手が容姿のレベルは高かった大学時代の後輩。
最初は向こうが積極的だったが実家が貧しいと告げた途端に態度が急変して
向こうからは連絡も来なくなった。 
俺も若気の至りで「あの子可愛かったのにな~」なんて少し未練もあったんだが 
疎遠になって暫くしたある日、突然連絡が来て
「私実家が貧しいとか全然気にはしないし借金なんて一緒に協力して返していこうよ!」
と熱弁された。 
もちろん何か変だなと思ったし、
同郷の古い友人がその子と面識があることを思い出して
念のために何か知らないか尋ねてみた。
すると偶然共通の知人がいて 
会って話したらしく
「お前の実家がメチャクチャ金持ちだって話したら(事実です) 
何かスゲー驚いてたけど何かあったの?」と言われた。 
あの時は人間ってここまで一瞬で冷めるんだなって感動するくらい冷めたわ。 
ちなみに今の嫁はその逆ハッタリのハードルを楽々飛び越えてきた女w 
続きを読む

669:名無しさん@おーぷん2015/10/13(火)08:37:40 ID:???
クソ貧乏底辺低所得旦那のせいでうちは家が持てない。
私は独身時代からバリバリ働いて
持ち家購入が夢で貯めていたのに、
クソいわく帰って寝るだけの家に
金かける理由がわからない。賃貸で十分。
とクソ狭い4畳半のアパート住まい。

昨日はクソが仕事から帰って寝てて、
私は会社から仕事を持ち帰りでしていたら
いきなりブチギレだした。
続きを読む

このページのトップヘ