買い物

 
168 :名無しさん@HOME 2009/03/31(火) 11:30:39 O
トメから三日に一度お決まりの奴隷命令がきた。
いい加減に脱出したかったのもあり、受話器を取って思わずため息が出た。

「ガチャ)はぁーーーー…」
「嫁子か、今日はこんな天気で膝が痛いからな、買い物な」
「あぁ」
「サラダ油とな、醤油がもうないわ、んでいつもの洗剤と、2リットルのお茶な、客くるさかいな、みっつ」
「あぁ」
「よ、嫁子?」
「あ?」
「聞こえた?か・い・も・の」
「なにが?」
「もっかい言うから書きなさい」
「なにを?」
「買ってくるもん!」
「だれが?」
「アンタや!」
「なにが?」

馬鹿にして!とかボケたフリして!だか
金切り声で床をドンドン踏み鳴らす様子が聞こえたので

「その勢いで行ってこいや」

とガチャ切りしてジャック抜いた。
続きを読む

775: 恋人は名無しさん 2013/10/14(月) 13:48:42.79 ID:QFp34jq10
買い物に行った時のこと
手をつないで歩いていたら彼女がエスカレーターの所でつまづいて足をくじいてしまった
続きを読む

 
821: 名無しの心子知らず 2012/06/20(水) 13:15:36.08 ID:lLyVzPZN
学校記念日なので今日は休み。 
午前中にとんでもないキチママに会ったので長文で書き込みます。 

冷蔵庫のお菓子がなくなっていたので、 
義妹(5歳)を連れて、買い物がてら近くのスーパーに行った。 
この義妹にはちょっと事情があって一か月前から我が家で同居してる。 
養子縁組の手続きを進めてる最中。

私は子供嫌いなため、この義妹とは今まであまり話さなかった。
とはいえ私一人で買い物となると不安。「家でもしものことがあったら…」と妹を連れて出ることに。
(両親共働き。普段は家政婦さんが義妹を見てくれている)

義妹も義妹で私の性格を分かっているのか、もしくは嫌われていると思っているのか、


ワガママ言わずに着いてきてくれた。

野菜などを買ってる最中は大人しく手をつないでてくれたんだけど、さすがに子供。
お菓子売り場では足を止めてしまったので「買う?」と聞くと「いいの?」と嬉しそうに笑った。
すると義妹、最初はクッキーやキットカットのところで足を止めたんだけど、
すぐに駄菓子コーナーに行き、うまい棒や5円チョコ程度の駄菓子を選別しだした。
「やっぱ遠慮してるなあ、いい子だなあ。」と思い、
義妹を袋詰めチョコレートコーナーに移動させ、「好きなだけカゴに入れていいから」といい、
私も適当にお菓子をカゴに放り込む。

義妹もそれに倣おうとした時、いきなり義妹が押し飛ばされた。
びっくりして、なぜか私はカゴを身に引き寄せてしまった(義妹を心配すべきだろうに…orzすいません)
義妹を押し飛ばしたのは、5歳くらいの男児。
続きを読む

 
349: その1 2010/06/24(木) 15:26:54 ID:qhAnaoKh0
かなり前の話&まとめ下手で長文ですが…

私子…21歳・大学生
A子…21歳・フリーター・私子の顔見知り
B男…35歳・医師・私子の従兄
C子…36歳・バツイチ・会社員・B男の婚約者
(当時の年齢)
続きを読む

 
605 : 名無しの心子知らず 2012/03/22(木) 05:13:21 ID:XihVD52F
初めてなのでおかしい所あったらすいません 
私は子供もいないし既婚でもなく、大学生です 
書いていたら長くなってしまったので、要点をまとめました 

・一昨日の夜に買い物した後、スーパーを出た所で後ろから飛び蹴りされ転ぶ 
・顔面から転び、台の角に顔をぶつけ額と頬が裂ける 
・見知らぬ子連れのおばさんに買い物バックをとられ、泥棒!と怒鳴られる 
・やってきた店員さんに、バックをとられた事を話す 
・おばさんも店員さんに、この人(私)がバックをとった泥棒だと話す 
・額からの出血がすごい私を見た店員さんがとりあえず救急車を呼んでくれて、病院へ 
・私が未成年で実家は遠いので、とりあえず彼氏を呼ぶ(いい歳のおっさんなので)

治療後、彼氏に付き添ってもらって警察に行ったらお店・おばさん・警察の間で大方の真相解明が終わっていました 
私が使っている買い物袋と、おばさんの買い物袋が一緒なんだそうです 

・おばさん、レジを通過して台まで行くと、袋詰めが終わって店を出ようとする私が見える 
・私が持っている買い物袋とおばさんの買い物袋が一致、泥棒だと思う 
・声をかけるが私は止まらない(音楽を聴いていたのと、周りが賑やかだったせいだと思います) 
・泥棒をとっちめてやる!と思ったおばさんが私にとび蹴り 
(最初は突き飛ばされたと思っていましたが、防犯カメラの映像で飛び蹴りしてました)  
続きを読む

このページのトップヘ