592:おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止2016/01/20(水) 15:51:16.99ID:xZZcRNpF
長文失礼します。
数年前の話だけど近所の一軒家を貸していた。
借り主Aが12月末で退去すると不動産屋から連絡があったので、1月中旬に青空駐車部分と車庫を除雪した。
で、車庫のシャッターを開けたらナンバーのない旧車他があったので不動産屋に連絡すると、
「新居の車庫」がまだ完成してないから「3月いっぱいまで置かせて欲しい」とのこと。
次の借主B(2月から入居希望)が現れガレージが使えないのは困るというので、自宅の使ってない車庫を借り主Aに無償で貸した。
同年5月末、車庫を使うので車を引き取ってもらった。
数ヵ月後に普段通らない近所を通ったら新築の家と借り主A嫁の車とシートに覆われた青空駐車の旧車があった。

置き場に困るような旧車を買って、嘘までついて人の善意を踏みにじるなんてずうずうしい。
続きを読む

 
979:名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/12(土) 19:25:47.16 .net
ずっとROMだったのに書き込む日が来るとは。 

不在中、嫁が俺の車を勝手に嫁友人夫婦に貸して、
傷物になって帰ってきた。

続きを読む

 
344: 名無しさん@おーぷん 2015/08/25(火)20:43:41 ID:Kvp
衝撃的スレと迷ったけどこっちに。

地元の大型スーパーには、駐車場の店内入り口に一番近い場所に充電車両用のチャージャー付きスペースが3台分ある。
ウチは旦那の趣味で今年PHVの某ヨタ車に買い換えたんだけど、
いつもその店で買い物するときはそのスペースに停めて充電中に買い物してる。

今日買い物が終わって車に戻ったところ、知らないオバサマがウチの車の充電ケーブルを引っこ抜こうと力任せに叩いたりガチャガチャと踏ん張ってる所に遭遇。
慌てて「何してるんですか!危ないですよ!」と駆け寄ったら、
オバサマ曰く「こっちは障害者なの!端っこは障害者用って常識でしょ!すぐどかしなさい!」とガチ切れ。
そしてオバサマの指差した先には身障者マークを貼った高級ミニバン。

でもこのお店は、正面入り口すぐ脇の直近に身障者専用の駐車スペースが10台分ほど一般とは別に用意されててる。
悪用防止のためにそのスペースの出入り口にはコインパーキングみたいなゲートがあって、
サービスカウンターに手帳?かなんかの証明書を提示するとゲート開閉用のカードを発行してもらえるってシステム。

そっちは半分も埋まってなかったから、
「障害者用はあちらですよ、ほら空いてるあそこ」とこっちもムカムカしつつ言ったのだが
「私は障害者だ!あのマークが見えないのか!」
と全く会話にならず。

またケーブルを掴んで引き抜こうとしだしたので、荷物を放り出して
「危ないからやめて!あっち停めて!」
と半泣き状態でもみ合ってたら巡回の警備員さんが駆けつけてくれた。

2人でオバサマを車から引き剥がして、警備員さんが上に書いたようなシステムを説明、しかしそれにも納得いかないらしく、
「この店は弱者を脅すのか!障害者だって客なのに!こんな五体満足の小娘をひいきするのか!」
と今度は警備員さんに食ってかかってもう散々わめき散らすわで手に負えない。

警備員さんが「店内でご説明しますから、一旦他の場所に停めてご一緒にいらしてください」
と案内しようとしたら
「そんなのは知ってるバカにするな!あんたもこのマークが見えないのか!もういいわ!」
と怒鳴って車に乗り込んでどっかに行っちゃった。

呆然としてたら警備員さんにお怪我は無いですか?と聞かれてやっと我に返り、
「あ、大丈夫です・・・すみません」とだけ答えて、自分も帰宅。
家に着いてから、ケーブルのイタズラ防止用ロック部分が少しガタガタと緩くなってるのに気づいたけど、旦那が帰ってきたらなんて言おう。

買ってきたバナナが1本グチャっと潰れてるのを見てまたムカムカしてきた。
続きを読む

 
382 :名無しさん@HOME 2012/09/18(火) 12:07:15 0
1ヵ月くらい前に実家に土地内で義嫁に車ぶつけられて修理してもらいました。
ごめんね~っていって修理代金4万円は渡してもらい修理の手間(ディーラーに行くだの代車の手続きなど)
かかったものの一段落と思いきや、先日3人目
の赤ちゃんが産まれワンボックスの車が欲しいな~
と妊娠中から考えていたものの産まれるとやはり
今の車では狭くて不便と思い、5日前に契約してきました。
昨日急に兄が「修理したのに車買い変えるなら修理代4万返せ」と怒っていってきました。

おかしいですよね?兄嫁も返してほしいと兄に言っているようです。2カ月前くらいにも兄の娘3人
に石で落書きされこちらは保険で治せたもののかなりむかつきます。よくその口で返せと言えるなと
続きを読む

このページのトップヘ