農家

 
733 :名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土) 21:49:35 ID:gxT
自分の人生をむちゃくちゃにされた。

大学生のときから付き合っていた年下の彼氏と結婚という話になった時、彼氏は婿養子として来ることになりました。
旦那が24歳、私が26歳の時です。
私は地方の農家の一人娘で、彼も同じ県内の別の地方の農家の子供で次男でした。
農家なので、そんな彼と私の実家の利害は一致したらしく、(本人は嫌だったらしいですが)婿養子として私の家に来ること、行くことに歓迎されていました。
それに彼は大学で農業のことも勉強していたので、両方の実家からは何も反対はされませんでした。
私は自分のしたい仕事をしていましたし、彼も会社に勤めながら兼業という形で、私の実家の農業を手伝う事になりました。
しかし、結婚して一ヶ月後に突然辞令が出て、非隣接県に単身赴任することになりました。私にべったりだった夫は最初残念がったのですが、連れていくことも出来なかったので、連絡するからと赴任先に行きました。
赴任先は忙しく、旦那に言ったようにはなかなか連絡を取ることは出来ませんでした。だいたい一ヶ月に1度2度くらいだったと思います。しかし、いくら連絡しても旦那は家にいませんでした。
携帯に連絡しても電波が悪いので全く繋がらなかったですし、家にはいつ電話しても、
「(夜ならば)もう寝てしまった」「(土日祝など休みの日なら)会社から呼び出しがあったみたい」「(Wi-Fiを家につけて欲しいといえば)そんな難しいことわからない」
と両親に言われて、旦那の声を聞けることはほぼ無かったです。
いつ電話しても、家にいないので浮気でもしてるのかな?と思い、興信所に調査を頼みました。頼んだのは実家が農作業で忙しくならない時期だったので、
頼んだ時(忙しくない時期)と農作業で忙しい頃の2回を頼んで一括で報告してもらう事にしました。
報告の結果は、浮気の様子は全くないとのことで、
「平日は真っ直ぐ家に帰っている。休日は、自分の家や近隣の農家の手伝いを朝から夜までしている。繁忙期は農作業に勤しんでいる。」
ということでした。
報告自体は一安心だったのですが、写真の旦那があまりにも痩せているように見えたので、何とか時間を作って、1度実家に黙って帰ることにしました。
続きを読む

 
27 :名無しさん@HOME 2010/10/20(水) 13:33:02 0
昨日まとめサイトを読んで、思い出したネタがあるんだけど書いてもいい?
最近のログは読んでないから流れに合ってるかどうか不安なんだけど。
続きを読む

 
978 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 11:59:52 ID:EZz7MBdd.net
田舎暮らしに憧れ、田舎暮らし体験ツアーに参加した。
集合場所に着くと参加者は私を含めて2~40代の独身女性.ばかり。
バスに長時間揺られて着いたのは、山と田んぼしかない本物の田舎だった。
将来はこんな所で自給自足してみたいと思ってたから、そこは問題無かった。
しかし応募フォームにあった説明と若干違って
夜は地元の人々の田舎暮らし案内と懇親会→農家の独身男達と合コン
宿泊は古民家の民宿→一軒家の農家(牛と鶏付き)で、夕食はそこの農家の夕食に参加、宿泊する部屋は農家の息子の部屋に息子と二人きり。
農家一軒当り女性.が一人ずつ振り分けられていて、早い話が体験ツアーと銘打った嫁探しだったみたい。
結局参加者全員が移動できる台数のタクシーを呼び、その日のうちに最寄りの市まで移動して皆で温泉施設に宿泊した。
主催が○○市だったので後日苦情を入れるも、「本当は××村が企画立案したのですが、名前だけ○○市の名前を貸して欲しいとの事でしたので…」と脱力するような回答しか無かった。
続きを読む

 
829 :名無しさん@おーぷん 2015/08/24(月) 09:46:07 ID:MTH
×が付いたときの事情で田舎暮らしを始めた私

お盆明けから、毎日のように違う人からアドレスを渡されたり
待ち伏せされたりして、何が私に起こっているのか理解不能な状態になった。
言い方は悪いけれど田舎の農家とか絶対に無理だし
そのうち東京に戻るつもりだし。

何と言うか田舎の怖さが私に降りかかるなんて思ってなかったよ。
原因は、同じ場所で働いているオバチャンだった。
東京嫌いが原因で田舎の一人暮らしをしている若い女が
自分の職場に居るってお盆のときに触れ回った事だった。

確かに変な場所に住んでいるし、田舎では目立つクルマに乗っているから
特定はしやすいし、オバチャンに×1とも話していないけどorz
いつも外で遊ばないで、真っ直ぐ帰宅してネコと遊ぶだけだから
他に方法が無いのも理解できるけれど待ち伏せとかされたら怖いんですよ。
嫁不足なら、冬になればやってくるナンパ目的のスキー客とか狙ってください。

冬が来る前に、東京に帰ろうかと考え始めた。
続きを読む

 
58 :1/2 2015/05/19(火) 12:49:00 ID:bx6
数年前のGWに義実家の農作業を手伝いに行ったときのこと。
旦那と2人で行ったんだが、初日に旦那が会社から呼び出し受けて私だけ残った。
義両親と独身の義兄の3人世帯だったけど、田舎の農家で家が大きかったので離れの部屋を借りた。

旦那が帰ったその夜に、誰かが部屋に侵入してきた。
超近視だから部屋に入ってきたのが誰だかわからなくて、覆いかぶさられてとにかく怖かったから、
枕もとの目覚まし時計でぶん殴りまくったら逃げてった。
なんとか眼鏡かけて「義父さん、義母さん、不審者です!」と母屋に駆け込んだら
廊下で血まみれの義兄を義母が抱きかかえてた。
義兄も不審者に襲われたんだと思ったんだが、義母に「この親不孝者!」と殴りつけられて
倒れたところを「うちの義兄ちゃんになんてことを!」とわめきながらさらに蹴りつけられたので
ようやく不審者=義兄だと気がついた。
そこに義父もきて、助けてもらえると思ったら、義父にも髪をつかまれて振り回された。

杀殳されると思ったので、隙を見て玄関までなんとか逃げて、傘を振り回して威嚇しながら外に脱出。
物音が聞こえてたみたいで、隣のおばちゃんが出てきたところに「助けて!」と駆け寄って取りすがった。
義父母も追いかけてきて「うちの嫁が酒に酔って暴れて」とか色々言ってたけど、
おばちゃんが「怪我してるからとりあえずうちで手当てを」と言って自宅に連れて行ってくれた。
義父母もついてきたけど、おばちゃんが別室で手当てをするからと引き離してくれて
おばちゃん母が2人にお茶を出してるすきに、救急車を呼んでくれた。
さすがにサイレンの音を聞いたら義父母ともに「世間体が」「嫁のくせに」とか色々騒いでたけど
おばちゃん母と旦那さんが止めててくれた。

結局、鎖骨と肋骨と左手首にヒビ、顔と上半身のいたるところに打撲。
義兄は「寝ぼけて部屋を間違えた」と主張したけど、義兄の部屋は母屋で、私の借りた部屋は離れ。
外廊下を通らないとこちらの部屋にはこれないし、何よりお前のポケットに入ってた違法薬物は何だったんだと。
(警察の人が言うには、催淫効果があるとかいう口コミで有名な薬らしい)
義兄は年齢=彼女いない歴でお見合いもうまくいかなくて結婚の見込みもないような人。
容赦する必要はないと思って、義父母ともども前科つけて慰謝料もがっつり取った。
(ちなみに義父母は義兄が「嫁にやられた」と言うのを聞いて激情しただけで、強カン未遂のほうは
 関係なかったらしい)

旦那は最後まで「義兄に悪気はなかった。お前が騒ぎすぎ」と言うので、弁護士つけて離婚した。
「慰謝料はいらねえ互いの貯金を持って綺麗に別れようぜ」とかっこつけてたけど、そもそもこちらが
慰謝料を払ういわれはないし、私のほうが収入が多かったので、財産分与しないとなるとこっちがお得だった。
元旦那はそのことにあとから気づいてぎゃーぎゃー言ってきたけど、すでにお互いハンコついた後だったので
弁護士に一任して追い払ってもらった。
続きを読む

 
669 :名無しさん@HOME 2012/10/13(土) 09:54:46 0
>>668
有難う、兄嫁とはあまり問題がなかったから心配だった

実家から車で小一時間の距離のちょっとした都会に、私と兄が住んでて兄嫁実家がある
兄嫁と私は職業が同じで仲が良かったから、色々聞いてた
兄嫁の両親が根っからの田舎、農家嫌い。もう偏見の塊
「農家って汚いし貧乏で礼儀を知らない、自分が恥だとも知らないなんてプゲラ」と実家農家の私に言って来たのには驚いた

兄は子供が憧れる様な職業で、結婚の挨拶に行った時は凄く喜ばれたみたいなんだけど、話が進んで実家農家を告げたら豹変したらしい
両親は相当苦労したみたいだから、両親の世代で農家終了と決まってた
それを言っても「育ちが悪い、農家は底辺。底辺だからそんな約束守るはずないだろ、労働力欲しさにふじこふじこ」って感じだったらしい

すみません、分けます
続きを読む

 
476 :名無しさん@HOME 2011/06/09(木) 06:40:23 0
書き逃げ

結婚の挨拶に行ったらバカなウトに
「男は殴ってから考える」
「女と子供は殴られて育つ」と殴られた。
事前に「親父はバカだから挨拶なんていらない」と言われていたのに
礼儀立てた私もアホだったが、
というわけで、式もしないで入籍して、以来十年ウトとは会っていない。
距離があるので凸はないものの
ほとんど毎日のように「嫁のくせにその態度は何だ」と罵声の電話が来たが
「殴られるの嫌なのでー」とスルー。
夫も「知るかボケ」で済ませていた。

本題。
先程、トメを名乗る知らないひと(本当に私は面識がない)から
ウトが急タヒしたと連絡があったが「殴られるの嫌なのでー」とスルー。
やかましいので夫に電話を替わったが「知るかボケ」で済ませた。
本当にタヒんでいても私たち夫婦と子供の知ったことじゃない。勝手にタヒね。
続きを読む

 
422 :名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木) 10:16:09 ID:Z1Q
うちはその昔はこのあたりの豪農で~とネチネチ自慢する、義兄嫁実家が農家な事を馬鹿にするトメ。
義兄や旦那やウトも〆るけど◯◯家の歴史を伝えてあげてるだけよ!で聞かない。
わりと最近義弟が結婚したんだけど義弟嫁ちゃんがかなりの天然さん。
トメ「うちは豪農で~♪」
義弟嫁「豪農??あ!農家さんなんですね!すごい!私のおばあちゃんも農家なんです!」
トメ「農家じゃないわ!豪農よご・う・の・う!」
義弟嫁「え?豪農ってすごい農家さんの事ですよね?」
トメ「農家じゃないわよ!!豪農は偉い人なのよ!!」
義弟嫁「だから農家界で偉い農家さんの事ですよね??あれ??」
トメ「もういいわよ!!むきぃぃぃぃぃ!!」
トメ不貞腐れて自室に引篭もってったwww
義弟嫁ちゃんはなんでトメが怒ったのかわからず涙目でみんなにすみませんすみません!って謝ってたけど、謝るどころか感謝しかないよ!ありがとう!
このあとはトメ抜きで義弟嫁ちゃんが大好物という焼肉に行ってきたwウト奮発して叙々苑www
義兄嫁さんは食べてる途中でこっそり離席して義弟嫁ちゃんに何かプレゼント買ってきてプレゼントしてたwww
続きを読む

259:1/3@転載禁止2014/04/07(月) 10:08:04.23ID:G04D3Im1
私の母の存在で、村1つの在り方と数多くの娘さんの人生が変わっていた話。
30年位前の話でフェイクもりもりなのでつじつま合わないところあったらごめんなさい。

私の母は距離にして北海道→関西くらいまでの大移動をして進学をした人。
進学先と同じ土地で就職。私の父に出会い、結婚した。
父の実家は新幹線の停まらない駅から更に車で2時間の超田舎。
田舎と言うともう少し街側に住んでいる人に「お前らと一緒にスンナ」と言われるくらい田舎。そして農家。
ほとんどの家庭で嫁いびりっぽいことはあったそうだが、周りがそんな環境なので当たり前の雰囲気だった。
しかし私母はそんなこと気にしない。ガンガン正統派にやり返し、陰で鬼嫁と言われていた。
この辺は今回の話とは関係ないので省略。

私は妹と2人姉妹。
祖父母と同居しており、実家は例にもれず農家。

当時は学歴社会と少子化が顕在化し始めたころで、10年ほど前から2~4人くらいの兄弟構成が多くなりつつあった。
そうすると当然ながら男の子のいない家庭が出てくる。
しかし膿家は女の子でも容赦なし。進学先の選択肢などなく長子は農業高校一択。
農高なんて農家がほとんどだからみんな実家を継がなければならず、婿入りしてくれる相手なんて見つからない。
私地元の農高は大変偏差値が低く農業大学に進学するほどの学力はない人が多く
地元に戻る→結婚相手が見つからず途方に暮れる、みたいな流れがちらほら出始めていた。
昔なら養子縁組もあったのだろうが、時代の流れでそれも難しい。

そんな中、私は母の方針で公立普通高に進学。
祖父母が何か言っていたらしいが、父が普通高→農業大学なのでその流れでいくと思わせて了承させる。
まぁ、農業大学ならバイオ系の研究職もあるな~くらいに思っていた高校1年生の時に父が事故で急逝した。
ここで私の人生一変。村の未来も一変。
テンプレ嫁いびりを受けていた母はさっさと妹と私を連れて田舎を脱出。街中で新しい生活を始める。
母は嫁いでからは農業を手伝っていたが、実は結婚前は看護師だった。
あっという間に前の職場のツテを使って好条件で復職。大変だったろうが、女で1つで私たちを育て上げてくれた。
続きを読む

 
560: 名無しさん@HOME 2011/11/13(日) 16:01:17.67 0
私と母は血が繋がっていない。
仲が良く実の親子じゃないことも気にしたことはないのだが、私のトメがそのことをネチネチと言う。

今日もアポ無しで来て、母の顔を見るなり「他人は出ていってくださる?」
ただでさえ格下の家から貰った嫁だってのに、他人までついてくるなんて。
この子は嫁に貰ったんだから介護なんてあてにしないでくださいよ。だって。
母は大爆笑して「トメさんだって、義実家の血は一滴も入ってない他人でしょうに。
格下格上とおっしゃいますけど、それは何が基準?
老後のことも施設は予約済みですわ!ま、現役で働けるうちは働きますけどね!」

その後も間髪入れずに言い返され続け、トメはさっさと御退散。
親子ほど年の違う父の後妻に入り、超膿家脳だった一家を3年たらずで制圧した母に
なんで勝てると思った、トメ
続きを読む

このページのトップヘ