難癖

 
865 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/26(火) 18:57:02 ID:Eb9aw2ex
ここで合ってるかわからない&流れ無視ですみませんが俺の体験。
当時勤めていた会社の上司の話。一言で言うとバカだった。

飲み代の支払いは、毎回たかられていた。理由は俺が大卒で金持ってるから(上司は専門卒)後、仕事ができなくてみんなに迷惑かけているから(当時は新卒1年目)
仕事の評価は上司がするから、まぁ出来の悪い部下だったんだろう。ただ「仕事ができない。皆の気持ちをわかっていない。だからおごれ」「タバコ買ってこい。それくらいしか役にたたない」とパワハラ全開だった。
上司曰く「酒を飲むのも仕事だ。上司の酒を飲めませんは、仕事が出来ませんと一緒。」と常々言われてきた。でもさ、俺の金で飲んでるなら俺の酒じゃね?
続きを読む

 
98 :名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水) 22:59:04 ID:fo5
出てくる名前はみんな仮名です。

息子に、世界に通用する名前を付けたの!と豪語するAさん。息子の名前は真衣蹴(まいける)
それだけなら無害だが、他の親子の名前を貶めるのでタチが悪かった。
一人一人、親兄弟の名前を聞いては難癖付け、「将来苦労する、古くさい名前で可哀想」といった感じ。
気分の良いものではなかったけど、刺激すると面倒くさいし、当たり障りのない感じでうすーい付き合いをしていた。

そんな中、外国生まれのお母さんBさんが近所に越してきた。日本語が達者な方で、すぐに打ち解けた。
キターーー!とばかりにハイテンションなAさん。「うちの息子の名前、マイケルって言うのよ!国際的な名前でry」
とBさんにひとしきりマシンガントークをかます。Bさんはニコニコと「そうなんですか、素敵な名前ですね」と答えてAさんご満悦。

その流れで、みなさんの名前は?という話題になり、ご近所のCさんが自己紹介すると、Bさん驚いたように「妹と同じ名前だわ!」と。
Cさんの名前は「絵美」で、Bさんの妹さんは「エイミー」。へー偶然!と盛り上がる。
Aさんが「マイケルは?Bさんの知り合いにマイケルは居ないの?」と尋ねると、Bさん「いませんねえ」と一言。

最後にBさんの息子の名前の話になって、日本人の旦那さんは「はやと」と名付けたかったが、Bさんがどうしても発音できず「あやと」
なってしまうので「あやと」と名付けた、というエピソードを披露。
そこでまたAさんが出しゃばってきて
「やっぱり国際的な名前じゃないとちゃんと呼んでもらえなくて可哀想よね!
 Bさんも、うちの子の名前なら発音しやすいでしょ?」
とBさんに振ると、Bさんキョトンとして「何でですか?」と。
「え?だって、Bさんの国にもマイケル君沢山居るでしょ?なじみのある名前でしょ?」
「いいえ、マイケルという名前は聞いたこと無いです」
「ウソ付かないで!いるでしょ!マイケルジャクソンとか、ジョージマイケルとか!」
Aさんが声を荒げ、マイケルつながりの名前を言うと、あぁ!と合点がいったようで

「もしかして、Mihael(ミィックォーみたいな発音)のことですか?日本ではそう発音するんですね。Mihaelの綴りは色んな国で
 名前として使われてますが…。たぶん一般的には「マイケル」と読まないと思います。」
とバッサリ。
Mihaelと言う時とマイケル、と言うときの発音の差が明らかで、Aさん、相当ショック受けた模様。
それからは名前ネタを一切出さなくなり、真衣蹴君のことを「マイ」と呼ぶように。

自信満々のAさんをBさんがバッサバッサ切り捨ててく様が爽快でした。
続きを読む

 
674 :名無しさん@おーぷん 2017/06/05(月) 21:31:51 ID:lCY
いわゆる老害な爺さんとその爺さんへの仕返しを目撃したんだけど、オチがスレタイだった

ボックス席の電車で座席に座ってたら斜め前の女性が一人で座ってる席のその向かいに
60代くらいの爺さんと間柄のよくわからない連れの女性が座った
爺さんは電車に乗ってきた時からずっと大声で最近の若者は最近の女はと喋っていて、
女性はそれにずっと「そうですよね」「そう思います」と相槌を打ってた
うるせえなぁと思ってたら爺さんの話の矛先が向かいの女性に向いた

やれ最近の若者はスマホばかりいじって本を読まないから馬鹿になるだの
別に音漏れしてないのにイヤホンして音楽聴いてることを迷惑行為だと言ったり、
挙げ句の果てには相手の女性の容姿をあげつらって難癖をつけ始めた

向かいの女性はずっとスマホをいじってるだけで、周りには気まずそうな空気が流れてた
爺さんの連れの女性は爺さんを止めるどころか只々相槌打って同意を示すだけ
相手の女性は音楽聴いてて爺さんの声が聞こえてないのかと思ってたんだけど、
不意に顔を上げて無表情で爺さんと連れの女性をじーっと見つめながら
爺さんとその連れに対してスマホの画面を向けて画面をタップした
その途端車内に響きわたる爺さんの難癖と連れの女性の相槌

「おじいちゃん、スマホでも本読めるしこういうこともできるんだよ?
 聴こえてないと思ってた?それとも反撃できなさそうな相手だと思った?残念だったねぇ~」
とそこで初めてにぃっこりって感じで相手の女性が微笑んだ
大人しそうで顔立ちの整った女性の笑うせぇるすまんみたいな笑みは妙な迫力があった

爺さんは言葉にならない言葉を漏らすだけで連れの女性が盗撮だって非難してたけど、
「はぁ?名誉毀損とセクハラの証拠を取っただけのことですけど?
 今この場で謝罪するのと次の駅で降りて最寄りの交番までご一緒するのとどっちを選びます?」
と返されてか細い声で「すみませんでした」と謝罪してた

爺さんの方は俺は間違ったことは言っていないって謝ろうとしなくて
「おじいちゃん、悪いことをしたら謝るってちっちゃい子でもできるよ~?
 それともボケちゃって謝り方を忘れたのかな~?」
って女性に煽られて「なんだその口の利き方は!」って激怒してたけど、
「本当にボケがきてたら大変だから奥さんと娘さんに知らせときますね、○○さん。
 お向かいさんの娘の顔も忘れてるみたいですから。
 まあ私が実家にいた頃から父には相槌返すのに母と私の挨拶は無視してましたし、
 本当に顔を覚えてない可能性もありますけど、万一ボケてたら大変ですからね~
 町内会の皆さんにも気を配るようお伝えしておきますね~」
って返されて絶句してた

顔見知りっていうかご近所だったのか!と驚愕してたら相手の女性が立ち上がって
「お騒がせしてすみませんでした」と周囲に一礼して次の駅で颯爽と電車を降りて行き
爺さんは呆然としたままで連れの女性はひたすら「どうしよう」とおろおろしてた
俺はその次の駅で降りたから爺さん達がどうなったかわからないけど
これで少しは懲りてでかい声で男尊女卑全開の持論を公共の場で展開するようなことをしなくなればいいなと思った
続きを読む

 
578 :576 2016/04/17(日) 16:28:25 ID:uGB
>>577 ありがとうございます!
576です。
少し長くなったんですがまとめたのを投下します。


高校1年生か2年生の時の家庭科の教師が神経わからんだった。

専任の家庭科の先生がいたんだけど産休に入って代理で来たのがそのおばさん教師だった。
50手前くらいで小学校低学年の娘がいるって話してて、うちは女子校だったんだけど、すごく親しみやすそうな話し方をしていたんだよね。
その初回の授業では、「将来設計をなんでも自由に書いて提出して」って言われて、みんな将来就きたい職業とか結婚とかを無難に書いて提出したんだ。

そしたら2回目の授業で名前こそ伏せていたんだけど、その将来設計の作文を音読し始めたんだ。
それも全部バカにしたコメント付きで。

「将来は背が高い人と結婚したい」って書いた人には「背が高い人はスタイルが良い女の子が好きに決まってる。これを書いた人は自分のスタイルが本当に背の高い旦那を捕まえられるくらいに良いのか考え直せ」
「イケメンの旦那が欲しい」には、「イケメンはかわいい子が好きに決まってるから自分の顔を鏡でry」
とにかく全部に難癖つけて唖然としたよ。


2回目にしてボロが出たその教師はその後も、
「タブーを大声で話す私って素敵」アピールをしたいのか、セッ●スは愛を育む素晴らしいもの云々と声高に主張し続けるだけの授業をしたり、

「以前勤めていた男子校では手芸やミシンの時間が一番好きだった。なんでかっていうと若くてかわいい男の子にボディタッチし放題だから」と発言したり、

調理実習のときにケーキをイチゴで好きにデコレーションしましょうって言うから、ある班がヘタ付きのイチゴでデコレーションしたらすごい剣幕で
「ヘタなんてゴミを付けてデコレーションするなんてあなたたちは頭がおかしい」って怒鳴り散らしたり…

などいろいろやらかしてくれた。

結局半年でいなくなったわけなんだけど、もう存在自体が本当に神経わからんだった。
続きを読む

 
352: 名無しさん@HOME 2013/07/21(日) 19:41:04.00
十年ほど前の昔話ですよ。 

義兄嫁はとにかく難癖が好きな人で、我が家のすることを非難する。 
学生結婚した事から気に入らず、年下の私が先に結婚していたのも気に入らず 
私が学生結婚しても大学辞めないで卒業したことも気に入らず 
子供が男の子だったのも気に入らず、私の実家の家業も気に入らず 
なにもかもが非難のねた。 

会いたくなくて義実家にもずらして行くようにしていたら、わざわざ電話して来て
うちの子がどこの学校に行ったのか、何しているか探って来て不用意に言おうものなら
お説教の手紙を送ってきたり、義母に言いつけた。
的を得たものならまだ聞く耳を持つが、まったく筋違いの内容が多いので
旦那と相談の上で固定電話を撤去して、手紙が来たら受け取り拒否でポストに入れた。
義両親にもちゃんと話してあったので、義父からきつく叱らたらしく一応それでその時は
沈静化したようにみえた。

数年後義父が亡くなりました。さすがにその時は会うしかなく通夜葬儀と忙しく済ませて
四十九日で親戚の皆さんが帰られて、義兄夫婦と姪と義母と私達夫婦と息子になった時に
爆弾発言が義兄嫁からありました。
当時義兄夫婦に中三の娘が一人で、弟にあたる我が家には高二の年の息子が一人でした。

すみません、長過ぎって叱られたので続きます。
続きを読む

594: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/05 17:43:24 ID:8GAz7Hqs
2ch初めてだから、不慣れなところがあったらごめん。

思い出したので投下。
個人的に修羅場だったことです。
フェイク入れましたので、矛盾しているところがあっても、軽くスルーしてください。

学生の頃、イオンタウンみたいなところに入っている、小さなテナントでアルバイトをしていた(飲食店ではない)
そこは本当に小さな店舗で、スタッフは基本1人。
店長は他店と掛け持ちなので、普通はいない。
私は遅番で、レジの締め作業もやっていた。

レジ締めは今日の売り上げと、お釣り(種銭)とに分けて計算し、売り上げはその日ごとにテナントの大元の会計係りに預け、種銭はテナントの共同金庫にしまうため、またその係りに渡していた。

私はお金の計算が苦手で、しょっちゅう種銭を1円とか、50円とか狂わせていて、その度に先輩に怒られていた。
だから、お金の計算には細心の注意を払っていた。

ある日、休みで友達と県外に遊びに行っていると、先輩から電話が。
またお金がずれていたのかな…と思い恐る恐る出てみると。
「6000円が無くなっている!どういうことなんだ」と。
私は頭真っ白。

私「えっ…?!私、知らないです…」
先輩「知らないじゃないでしょ!昨日は私子さんが締め作業やっていたじゃない!」
私「でも昨日の時点ではちゃんとありました。万が一ずれていたとしても、10円とかならまだしも、6000円という大金なら私、気づきます」
先輩「とにかく、責任とってもらいます。6000円今から持ってくるか、店長に言ってクビになるかのどちらかです」

長いので分けます。

続きを読む

このページのトップヘ