電車

 

147:名無しさん@HOME2005/11/17(木) 00:30:20
修羅場とは違うかもしれないけど
子供の頃、友人Aちゃんと自転車に乗って
線路脇の道路で遊んでいたら、2~3学年上っぽい男の子二人が0
線路の上で遊んでるのを見た。
しばらくしたら電車が来て、急停止した。
Aちゃんと「どうしたんだろうね~」「なんだろうね~」と
言ってたが、すぐ忘れて夕方になったので家へ帰った。
夕食が終わって、TVを見てたら「ごめんください」と客が来た。
ドアを開けたら、「K察です。」とドラマのように
K察手帳を見せるおっさんが二人立ってた。
昼間の電車の急停止は、線路上に石が約60個並べられてたらしい。
で、近所のバーサンの証言で、私とAちゃんが容疑者になってた。
その後、刑事さんは我が家へ上がりこみ
就寝時間を過ぎて夜中近くまで取調べを受けて
その間約4時間、両親と姉は正座させられた私の後ろで並んで正座。
その晩、両親に「本当にやってないね?」と何度も訊かれて
我が家はどんよりした一夜になった。

翌日容疑は晴れたが、今度はAちゃんの母親が
証言したバーサンの家へ怒鳴り込み
Aちゃんの証言によると、こっちは本当に修羅場だったらしい。

続きを読む

 
242 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/28(水) 17:57:17 .net
妹が毎朝痴/漢にあっていてそいつが車両を変えても気づいたら後ろにいるという悪質なやつでね
そんなこと聞いた俺は黙っちゃいられないと同行して捕まえてやろうとした
妹からは大体の風貌を聞いてたから奴が近づいてきたらすぐわかった
触った瞬間に捕まえてやると俺は意識を集中

奴が妹のお尻を触った!!今だ!!こんにゃろおぉおお!!と俺は勢い良くそいつの腕を掴んだ!!
なんか俺の腕も掴まれた!!知ったこっちゃねえぇえええ!!
俺「この人痴/漢です!」痴/漢の腕を掴みながら
嫁「この人痴/漢です!」俺の腕を掴みながら
俺&嫁「え?」
2人が同時に声をあげ俺・嫁・痴/漢の3人の腕が上がっている・容疑者は2人
なんだかよくわからない状況になったが駅員に伝えて4人(妹・俺・嫁・痴/漢)で事務所へ……
嫁から見ると俺は妹の尻をガン見してていかにも今から痴/漢しそうで手が伸びたとこで俺を捕まえたんだと(´・ω・`)

嫁すっごい謝る
俺も紛らわしいことをしたので謝る
互いに謝ってばっかなとこに妹の発案で後日「互いにごめんなさい会」として食事する→なんだかんだあってケコーン
続きを読む

 
486 :名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金) 11:27:34 ID:H59LZMrOr
昔、痴/漢に横蹴りを食らわせた女性.を見た事がある。

飲み行った帰り、終電間際の電車に乗って帰宅途中だった。
電車はガラガラ。
向かいに、学生っぽい若い男が一人座ってるくらいだった。
途中の駅で、タイトなスカートのスーツ着た若いお姉さんが乗ってきた。
姉さんは俺の向かいの椅子で、学生より少し離れた所に座った。
そしたら、次の駅が近づくにつれて、その学生が少しづつ姉さんに近寄っていった。
こう、尻を少しづつずらして、たまに咳払い(ごまかし?)しながら。
次の駅にもう少しで付くという時には、学生は姉さんのほぼ隣にいた。
で、駅到着、扉が開きますというその瞬間、
学生がでっかい咳をしてその拍子に触っちゃったわー、みたいに
姉さんの太ももから陰部あたりを思いっきりなでまわし
「あ、すいません」と謝罪して、空いたドアからそそくさと逃げようとした。
(ドアは俺の横で姉さん達の真正面)

そしたら、痴/漢に驚いた姉さん、学生を追っかけとび蹴り。
説明が下手で悪いが、こうジャンプして体が横になって蹴るみたいな。
背後から蹴られた学生は、電車のドア跨いで飛んでった。
姉さんは蹴った後、横になったまたドサっと車内の床に落ちた。
俺ポカーン。姉さんもポカーン、で停止。
床で横になった姉さんと目があったので、慌てて「だ、大丈夫ですか?」
と聞いた。
「あ、あの、なんか触られて、あの・・・すいません」
と姉さんは混乱していた。
プシューっとドアが閉まり、腰を抜かした姉さんを介抱した。
痴/漢されて頭真っ白で体が勝手に動いて、それにもビックリしたけど
着地できずに尻を打って痛くて動けなくなったんだって。
結構、見事なとび蹴りを目の前で見たが、すごかった。
続きを読む

 
1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 19:36:33 ID:kEwbLO3od.net
上司「お前通勤中に電車でゲームやってるだろ、お前仕事なめてんのか?」

ぼく「ええ…出勤中じゃないですか…勤務始まってないすよ」

上司「家出てから家に着くまでが仕事だ!」

ぼく「 」


ぼくがわるいの?
続きを読む

 
433 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:34:23 ID:tCTcSqIf
昼過ぎくらいに電車に乗ったときのこと。
電車はそこそこ混んでて、座席は満席、立ってる人がポツリポツリいる感じだった。

ある駅で、杖を付いたおばあさんが乗車。
座ってる男子高校生二人組(AB)の近くを通ったとき、Aがスッと立ち上がって席を譲った。
おばあさんの真ん前には立たず、ドアの前に移動。それに、連れらしいBも付いていった。

いい子だな~と眺めてたら、笑いながら大きな声でBがAをバカにし始めた。
「なにwwお前、アレがカッコイイとか思ってんの?wwキモww」

こんな調子で、「偽善者Aを指摘できる俺カッコイイ」みたいなBに、悪くなる周囲の空気。
あんまりにもネチネチしつこくて、何か言ってやろうと立ち上がろうとしたら、すんごく醒めた声で、Aが言い返した。
続きを読む

 
972 :名無しさん@おーぷん 2016/08/04(木) 18:11:57 ID:81f
うちのオヤジは左足がない。
親戚の間では「私子を助けるために電車がせまっていた中
線路に飛び込んだ英雄扱い」してるけど本当は違う。

実際は電車初の私をからかって私を線路に落としたのは
父だし、やばいとおもって飛び込んでとりあえず私だけ逃したけど財布を落としたのを焦って探して逃げる寸前転んで右足アボン

駅員に「財布なら探してやるから!」って怒号も無視して探してたボロボロの財布の中には2500円しかなかった。

私は目の前で父親の絶叫と飛び散る肉片見たせいで未だに焼肉ダメで生肉の切り身見るだけでゾワゾワする。
この時期になる度に思い出すんだよね、ちょうど夏だったし
続きを読む

 
331 :おさかなくわえた名無しさん 2009/04/17(金) 08:51:18 ID:djvACF2T
ついさっきの出来事。
地方のローカル線(2両編成)の電車を利用して専門学校に通学してるんだが、隣の奴がチラチラ俺の携帯を覗いてくる。
かなりの高頻度で覗きやがるから、新規メール作成でこう書いたんだ。

昨日病院行ったら肺結核だって言われた。
入院しなきゃいけなくなったんだけど、同じ室内に居ると確実に移るからお見舞いには来ないで。

そうしたら隣の覗き魔が慌てて立ち上がって後方車両に逃げて行った。
結核がどんな病気かよくわからなったから適当に書いたんだけど効果覿面だった。
これで駅に着くまでゆっくりと2chが見れるぜ。
続きを読む

 
882 :おさかなくわえた名無しさん 2004/05/27(木) 19:33:00 ID:tQXSbsp4
893で思い出したが、昔電車で通勤していた時、
混雑する車内で怒鳴り声が聞こえた。
「お前俺がどういう関係のもんかわかってんのか!!」
とか
「このまま黙って事務所に帰れねえぞゴラア!!」
とかいかにもそのスジであることを強調した声で怒鳴っていた。
相手は気弱そうに何度も謝っていたが、相手はどんどん調子に
乗っていた。
その時、混雑している人ごみの向こうから、
「本物のヤーさんがなんで電車で通勤してんだ?外車に
乗れないヤーさんかあ?」
と声がして、車内がどっと沸いた。
ヤーさん?は怒って「誰だゴラア!」と吼えていたが、
人ごみでわかる筈も無い。
ザマミロの瞬間だったな。
続きを読む

 
608 :1/2 2006/11/30(木) 14:20:28 ID:FJglmpQh
休日の夕方の電車内でのこと 

座席には空きが無く私を含め4、5人が立っていた車内へ
おもちゃ屋の袋を提げ10歳ぐらいの男の子を連れた母親が乗り込んできた。
 子 「ママァ~ 疲れたぁ~ 座りたいよぉ~」
 母 「そうねぇ 荷物をって歩いてきたからクタクタねぇ・・
    でも席が空いてないけれど誰か代わってくれるでしょう・・・」
と強気な発言をしながら周りを見渡したが、あまりの言い草のためか
すぐに席を譲ってくれる人は現れなかった。 
すると「づかれたぁ~ 座りたいぃ~」と子供が我侭の連発を始めた。

見かねたOLさんらしき人が「どうぞ ここに座りなさい」と子供に席を譲ってあげたのだが
子供はOLさんにお礼もせずすぐさま座りDSを出して元気に遊び始め、
母親はOLさんに軽く頭を下げたのみで子供に「ほ~らね」と言った。
続きを読む

 
106 :おさかなくわえた名無しさん 2006/11/23(木) 09:11:14 ID:Vg9ntPjH
うちの2歳の娘。4歳の兄を泣かすほどの豪傑だけど、
昨日電車の中で大声で携帯でしゃべってるガラの悪いDQN若造に対しいきなり
「うっさい!!!!!」    「だまれ!!!!」 と言った。 
DQN一瞬凍りついてヤバイかと思ったけど、
次の瞬間に他の乗客がクスクス笑いだしたらいたたまれなく
なったのか他の車両に移っていった。
 
続きを読む

このページのトップヘ