駐車場

 
902: 修羅場コレクション 投稿日:2013/09/05(木) 17:17:04.43 ID:4E6Xp2Cj
流れを遮り自分の事でスマン 
以前住んでいたところの駐車場がそれぞれのスペースに道路側から入れて停めるタイプだった 
っで、道路の反対側のお店が改装って事で反対車線はその工事車両が路駐で並んでいた 
その為私の車を駐車場に入れるも出すも路駐車両で狭くなった道路からになった 
とある日、私が自分のスペースに入れようとした時となりに停めてあった車にぶつけてしまった 
大した事なかったので、そのまま停めて自分の家に行こうとしたら後ろから 
「おう、待たんかこらぁ!」っと声が、振り向くと改装工事に来ていた業者からだった(この後DQNに変身) 
DQN「今ぶつけたやろ?見てたぞ?あん?」 
俺「なにか?」 
DQN「この車、俺のダチのじゃ!逃げるんか?」 
俺「別に?」 
DQN(手を出して)「俺が話しつけたるから10万よこせ、嫌なら当て逃げて届けてもいいぜぇ!」 
そのあともダチは893だの大声でギャーギャー言い始めた。 
そしたらDQNの仕事仲間も絡み始め、改装中の店のオーナーも騒ぎを見て出てきた 
その騒ぎが盛り上がって来た時にポケットから鍵を取り出してそのぶつけた車のドアを開けた 
DQN「あwせdrftgyふじこ・・・」っと声にならない奇声を上げて目を丸くして黙り込んだ・・・ 
俺「隣の車も俺のなんだけど・・・この車の持ち主の知り合いだって?俺はお前の事知らんぞ?」 
DQN「・・・」完璧に仲間含め黙り込んだ、そして店のオナーに 
「工事だから路駐我慢していたのにもう我慢ならねぇ」 
「こいつらが停めていたからぶつけたんだろうが」 
「脅迫までしてこういうのが出入りしていいんですかねぇ?」 
って事で工事は一時中断、DQN拝み倒すが「ここに停めんじゃねぇよ」っと言う事で 
DQN共は自分達の駐車場を臨時で借りることにした・・・700m離れたところにw 
それからは挨拶するし見違えるようになりまして事情を知らずにそこに業者が停めようとしても 
率先して「停めないでください」と誘導してました 
あとからDQNの親方の方から「車の修理代」名目で頭下げに来て、 
改装が終わったお店の方から食いきれんくらいの食物頂いてしまった
続きを読む

41:名無しの心子知らず2012/07/13(金) 14:59:20.03 ID:zyutN+BT
4月に引っ越してきたケチママが、近所の空き地に無断で車を止めて、
続きを読む

 

386: 1/2 2008/03/08(土) 18:13:18 ID:AJaJush8
武勇伝ではないけど、会社の先輩の話 

先輩の車に同乗中、個人商店の駐車場でUターンをしたら 
そこの店の爺さんが怒鳴り出てきて 
「ここはUターン禁止だ 看板が出ているだろう」 
「罰金3万円支払え・・・」と言ってきたそうな 
(実際に看板は出ていた)

まぁ他人の敷地でUターンをしたこともあり
先輩は謝罪したが、爺さんは許さず
「罰金支払え」「支払わなければ警察呼ぶぞ」
「金がないなら有るだけ置いていけ」と言ったので
財布から3万円を出し「これで良いのか?」
爺さん一転ニコニコ。
金を取ろうとした瞬間、先輩は手を戻し一言

「領収書は?」



続きを読む

 

1:名無しさん2014/04/24(木)22:55:06ID:w9YGdSNYP
駐車場で絡まれて、車に乗せられそうにもなった
あのまま無抵抗だったら俺も彼女もどうなってたかわからないから
暴力に出たことは後悔してないが、彼女はそんな俺が怖くなったらしい
ちなみに空手とボクシングやってたから素人3人くらいはわけない

続きを読む

 

97:名無しの心子知らず2009/09/18(金) 08:26:15 ID:ww2Z3Zwg
昨日の夜遅くに近所のママさんが
「駐車場貸せ!」って怒鳴り込んできたよ。
そのママさん宅にもカーポートあるのに何故?って思い
「無理です。じゃあ私の車はどうなるんですか。」
「いいじゃない!1日…うん今夜だけでもいいからお願い!」
え〜もう絶対なんかトラブるよ…と思い断固拒否。
ママさん香水一瓶かけてきたみたいなすっげー匂いするし、
いい加減こっちも眠いし、匂いで吐きそうになったんで、
ごねるママさんを「無理無理!」と言って玄関から
グイグイ押し出してインターホン切って寝た。
カーポートのアコーディオンゲートには鍵かけてあるし
第一、私の車が鎮座してるので停めようにも停められないからね。
 
続きを読む

 

754: 
名無しの心子知らず2010/12/06(月) 10:46:23 ID:0zGDhY9C
今まで幸いな事にこのスレは読むばかりだったけどとうとう遭遇してしまいました。 
「斜め上の考え」というのに初遭遇です。 
相手は子の同じクラスのママさんで下に小さい子と赤ちゃんがいるママ。 
小学校が校区が微妙に広いので通学に小学生の足で30分以上かかる地区にお住まい。

我が家は小学校のすぐ横で狙われたのはうちの車庫スペース。
旦那の出勤後は1台空いてるのだけどそこへ小学校の行事や参観日のごとに泊めさせてと言われました。
うちの車庫は2台でぎりぎりのスペースで私は運転下手なので狭いのはつらいから嫌だったし、
宅急便や実家の親たちがとめることもあるので「ごめんね、空いていないから貸せないんですよ」と断った。

そしたらすごい興奮してしゃべり始めた内容がもう「斜め上」で…びっくりた。
「うち(相手ママ)は学校から遠いし赤ちゃん連れてるから車じゃないと動けない、冬なのに赤ちゃん風邪ひいたらどうする。
あなたんとこは学校から近いんだから車なんかいらないのに車を停めててズルい!」
言ってることを理解するのにしばらくかかった…

理解した途端発作のように大笑いが出て笑いながら「だったら引っ越してきたらいいじゃない~あーおかしい」と文字通り笑い事にしてしまった。
 
続きを読む

 

778:名無しさん@HOME2013/03/03(日) 17:58:34.74
十数年前、うちが郊外に家を買うと、数件先のマンションに義兄夫婦が越して来た。
義実家も嫁実家からも離れた町にマンション住まい?と不思議に思っていたら、
義兄から「これから嫁と子の事で色々迷惑かけますが、ヨロシクお願いします」と
頭を下げられて初めて、義兄嫁が勝手にうちをあてにして引っ越して来た事が判明。
義兄嫁は、買い物から託児まで私が助けると約束してくれた、と嘘をついてたらしい。

私は何も聞いてないし何も頼まれてないし頼まれてもお断りだと言うと、義兄はぽかーん。
その後ウトメ含めて色々あったが、嫁が産後鬱っぽかった事もあり、ウトメと嫁親が
電車を乗り継いで交代で通い、フォローする事で話はついた。
その後、義兄嫁とは最低限しか会ってないので患わされる事は無かったけど、
先日、うちの駐車スペースを貸せと言って来た。
なんでも、マンションの大規模修繕で一時期車を外部に停めることになるが、
抽選で一番遠い駐車場を引いてしまったらしい。
朝は義兄を駅まで送り、夕方は子供の塾への送迎と義兄のお迎えで、一日最低4回は
車を出すので、遠くの駐車場は嫌だとのこと。
貸したく無いけど、貸した方がいいのかなぁ〜とぼんやり考えてたら、ついでに
義兄嫁のママ友の分までヨロシク〜と言われて???
うちは2台分しか駐車スペースありませんよと答えると、義兄嫁が引き当てた
徒歩15分の駐車場を使わせてあげる!との事。
勿論断わった。ママ友の分だけでなく、義兄嫁の分も断わった。
またウトメを巻き込んでギャースカ喚ぎ始めたけど、皆が義家嫁を〆てくれた。
その後、手土産を持った女性が何も知らずに『駐車場を借りるお礼』に来た。
話を聞くと、義兄嫁のママ友で、うちの駐車場を月1万円で貸すと言われたらしい。
うちは義兄嫁の要求は断わったし、うちには無料で貸せと言ってた事を伝えると、
すごく驚きながらも、膝が悪いので、できれば貸して欲しいと粘られ、ものすごく
気の毒だったけど必タヒに断わると、気落ちして帰って行った。
勿論、義兄にもウトメにもこの件はチクったし、その後、義兄からの
「余計な事を言うな!人でなし!健康な人間は歩け」
というメールも転送した。
義兄嫁って、想像もつかない様な厄介ごとを運んで来る。
 
続きを読む

 

778:2011/07/05(火) 01:03:21.24ID:tQkwy93U
目撃者になった話。
少し遠くのスーパーに、食材や日用品を買い出しに行く。
夏場は不便だけど日陰の多い第2駐車場に車とめてる(ひと気があまりない)。
量がすごいから、マイカゴ持って行って、袋詰めの手間省いてるけど、
それでも2回に分けてる(10日分)。
こないだ一回目買ったものを車に積んで、2回目買いに行ったんだけど、
途中で駐車券忘れた事に気づいて、車に戻ったら、
車の周りを見知らぬ女性.がウロウロしてた。

続きを読む

 

868:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/04(土) 11:44:27.47 ID:cGERWWKO.net
先月、よく行くホームセンターの駐車場で携帯を拾ったから
店の中の総合カウンターに届けたら
「トラブル防止のために落し物カードの記入にご協力願えますか?」と言われたから
拾った場所や時間帯の質問に答え、最後に自分の事(名前や住所や電話番号)について書いた

続きを読む

 

45:名無しの心子知らず2013/01/27(日) 18:54:24.50 ID:ZOMXUPid
とある夜の話、
私が家の駐車場に向かうとお向かいのキチママが

続きを読む

このページのトップヘ